KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 英雄
  • 再建
  • 風景
  • 記者
  • 令和
  • ちょう
  • 蜀漢
  • 埋葬
  • 移転

「張飛」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
87
( 1 87 件を表示)
  • 1
87
( 1 87 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    China: Zhang Fei (- 221 CE) whips the government official, from a Ming Dynasty edition of ‘Romance of the Three Kingdoms‘, calle

    Zhang Fei (-221 CE), courtesy name Yide, was a military general serving under the warlord Liu Bei during the Three Kingdoms period. He shared a close brotherly relationship with Liu Bei and Guan Yu, with Zhang Fei and Guan Yu being among the earliest of Liu Bei‘s supporters.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401611

  • -
    China: Three heroes swear brotherhood in the peach garden, from a Ming Dynasty edition of ‘Romance of the Three Kingdoms‘

    A fictional event in the historical novel ‘Romance of the Three Kingdoms‘, the Oath of the Peach Garden was an event that occurred sometime in the 180s CE, where Liu Bei, Guan Yu and Zhang Fei swore an oath of fraternity to each other in a peach garden (believed to be in present-day Zhuozhou, Hebei). They became sworn brothers, binding them together in devotion and loyalty. It is an important event that paved the way for the establishment of the Shu Han, with all three men playing significant roles during the Three Kingdoms period. (Newscom TagID: pfhphotos033150.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401612

  • -
    Chōhi (azana yokutoku)

    Chōhi (azana yokutoku), The Chinese Three Kingdoms warrior Zhang Fei., Utagawa, Yoshiume, 1819-1879, artist, [186-], 1 print : woodcut, color ; 34.9 x 23.7 cm., Print shows Zhang Fei, full-length portrait, facing left, carrying a staff, walking in snow.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020022100176

  • -
    China: Portrait of Zhang Fei (-221 CE), from a Qing Dynasty edition of ‘Romance of the Three Kingdoms‘

    Zhang Fei (-221 CE), courtesy name Yide, was a military general serving under the warlord Liu Bei during the Three Kingdoms period. He shared a close brotherly relationship with Liu Bei and Guan Yu, with Zhang Fei and Guan Yu being among the earliest of Liu Bei‘s supporters.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401610

  • 2012年10月13日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)で披露された竜舞。(2012年10月13日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2012(平成24)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100493

  • 2013年08月25日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2013年8月25日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2013(平成25)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100502

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜に輝く張飛廟の一角。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100492

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある「桃園の誓い」の彫像。蜀の英雄、劉備、関羽、張飛の3人が、劉備を長兄とする義兄弟の契りを交わした場面を再現している。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100487

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100510

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100495

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    闇夜の中で美しく輝く張飛廟。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100498

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある書画が飾られた廊下。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100505

  • 2017年01月27日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟で線香を焚き、幸福を祈る参拝者。(2017年1月27日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2017(平成29)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100484

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100494

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100501

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100482

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100474

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100508

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100509

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内に建つ張飛像。(2017年11月7日撮影、小型無人機機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100488

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100479

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100500

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100504

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100489

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    重慶市雲陽(うんよう)県にある張飛廟の境内の一角。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100477

  • 2017年11月07日
    環境に配慮した発展の道を歩む重慶市

    重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(小型無人機から、2017年11月7日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006746

  • 2017年11月07日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100491

  • 2018年06月05日
    劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進

    5日、成都の武侯祠にある張飛の塑像。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701013

  • 2018年10月01日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    大勢の人出で賑わう年に一度の張飛廟の廟会(びょうえ、縁日)。(2018年10月1日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100497

  • 01:05.43
    2018年10月10日
    「新華社」中国伝統文化の神髄「川劇」、国内外の観光客を魅了四川省

    中国四川省に伝わる古典劇「川劇」の瞬時に臉譜(隈取)を変える「変臉」や口から火を吹く「吐火」、火のついたランプを頭に乗せバランスを取りながら演技をする「滾灯」は三大妙技で、中国伝統文化の神髄でもある。同省成都市川劇院では国慶節の長期休暇期間中、三大妙技と現代演劇を融合した同院創作の革新的な川劇「伝奇変臉」が上演され、国内外の観光客を魅了した。「伝奇変臉」は川劇の伝統的な歌、せりふ回し、動作、立ち回り、絶技などの芸術的特徴を生かしながら、雑技や踊り、マジック、影絵などその他の芸術表現を革新的に融合させ、川劇の芸術的魅力が一層増した演劇。同劇は国家一級役者と梅花賞(2年に一度選考される中国の演劇最高賞)受賞者のダブル主演で行われ、小三慶と小浣花の恋の物語を描き出している。2人のラブストーリーを主軸に、変臉、吐火、雑技、滾灯など川劇の最大の特徴である絶技を織り込み、劇中では劉備、関羽、張飛などよく知られた役柄も登場する。(記者/童芳)<映像内容>古典劇「川劇」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111442

  • 2019年04月03日
    様相が全く異なる三国時代の英雄劉備と趙雲の墓四川省

    3日、成都市の武侯祠の西配殿にある張飛の塑像。先祖を祭る中国の伝統的な祭日である清明節(今年は4月5日)に、墓参りをするのが中国人の習慣だ。しかし同じ三国志の英雄の墓地でありながら、かなり違った様相を見せるところもある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県錦屏山(きんぺいさん)の麓にある趙雲の墓と三国文化関連の古代遺跡の中でも最もよく知られた武侯祠(ぶこうし)では、その様相が全く異なっている。(成都=新華社記者/陳健)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101312

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625314

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625444

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625409

  • 2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都市武侯祠にある張飛像。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625205

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟の正門。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100478

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日、武官の帽子のような形をした張飛廟の屋根。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100507

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日、張飛廟の壁に飾られた書画。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100483

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100506

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟の外観。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100475

  • 2019年06月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    19日に撮影した張飛廟。「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2019(令和元)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100476

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、忠義店村の張飛像。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601514

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、「涿州市文物保護単位」に指定されている張飛廟。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601504

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、忠義店村の「張飛古井」。若い頃、肉を売って暮らしていた張飛が、この井戸で肉を保存していたといわれている。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601565

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、張飛廟の敷地内の一角。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601534

  • 2019年06月20日
    「三国志」の英雄、張飛の故郷「涿州」をゆく

    20日、忠義店村の「張飛古井」。若い頃、肉を売って暮らしていた張飛が、この井戸で肉を保存していたといわれている。中国河北省涿州(たくしゅう)市忠義店村は「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)の故郷として知られている。もともとは「桃荘」と呼ばれていたが、後に彼の名を取って「張飛店」と呼ばれるようになった。清朝末期には、英雄の名前を直接呼ぶのは失礼だとみなした涿州の知州(明清時代の州の長官)によって、「忠義店」と改名された。張飛は没後、「桓侯」と諡された。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601519

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800128

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800133

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」(石碑の前に置かれた石)。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800112

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625361

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明の正徳3年に武宗(正徳帝)が直筆し授けた「勅建三義宮」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625404

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿に祭られている劉備の愛馬「的盧(てきろ)」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625503

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮に祭られている劉備、関羽、張飛の像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625440

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800126

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑の台座に施された竜の文様。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625310

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625416

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625386

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800135

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿。三国志に登場する名馬、劉備の「的驢(てきろ)」と関羽の「赤兎(せきと)」が祭られている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625334

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の本殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625413

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625412

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625348

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある関羽像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625499

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮の香炉。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625458

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625498

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625501

  • 01:03.27
    2019年06月26日
    「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。最も目立つ場所に置かれているのは劉備とその義兄弟の関羽と張飛、そして諸葛亮の塑像。劉備殿の両側の廊下にはそれぞれ武将と文官が並んでおり、武将の最前列は日本でも人気の高い趙雲、文官の最前列は諸葛亮に並ぶ軍師として称えられた龐統(ほう・とう)となっている。武侯祠では8日から10月31日まで「2019成都武侯祠三国志フェア」が開催されており「三国志」愛好家は文化展示や三国書院、クリエイティブ・マーケット、文化クリエイティブ・コンテストなど十数項目の「三国志」関連イベントを楽しむことができる。(記者/陳健)<映像内容>「三国志」の登場人物の塑像など成都武侯祠の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625283

  • 2019年07月06日
    関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市

    6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある関羽(左)と張飛の銅像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202451

  • 2019年07月08日
    特別展「三国志」9日に開幕新たな三国志像の構築目指す

    8日、「三国志演義」に記された長さで再現した張飛の蛇矛(じゃぼう)と出土した蛇矛(左側)を比較できる展示室。中日文化交流協定締結40周年を記念して東京・上野の東京国立博物館で9日から始まる特別展「三国志」の開会式と内覧会が8日、同博物館の平成館で行われた。同展は東京国立博物館と中国文物交流中心、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社が共同で主催し、中国で近年発掘された最新の考古学成果161点を展示、「三国志」の世界の実像に迫る。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902530

  • 2019年07月12日
    関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市

    湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある劉備(中央)と関羽(右)、張飛の銅像。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    三国志の英雄、張飛が馬をつないだクスノキ「拴馬樟」湖南省株洲市

    湖南省株洲市淥口区朱亭鎮にある張飛がかつて馬をつないだとされる「拴馬樟」。(資料写真)中国湖南省株洲(しゅしゅう)市淥口(ろくこう)区の朱亭鎮は古くは浦湾と呼ばれ、三国時代には呉と蜀の戦いの最前線として必争の地となったといわれる。同鎮には三国志の英雄、張飛が馬をつないだといわれるクスノキの古木がある。言い伝えによると、劉備が荊州を奪取した後、三軍随一の猛将と呼ばれる張飛が命令を受け部下を率いて北から船で同地を訪れた。ある日の午前、「祖師殿」前の川岸の港に泊めた張飛は、馬を引いて船から降り、港沿いの階段を上がると、1本の大きなクスノキに馬をつなぎ、一丈八尺の蛇矛(じゃぼう)をその木に立てかけた。兵士を引き連れて殿内に入り、線香をたいて叩頭し武運を祈った。果たしてこの地から出発した蜀の兵士は、呉国の軍勢に向かって山河を駆け抜け無敗を誇った。後世の人は、この逸話からクスノキを「拴馬樟(せんばしょう)」として大切にしてきた。(株洲=新華社配信/朱剛)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202470

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501334

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501329

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501368

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501392

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501441

  • 2019年07月31日
    空から望む張飛廟重慶市雲陽県

    7月31日、空から見た張飛廟。(小型無人機から)蜀漢(221年~263年)末期に建てられ、張桓侯(ちょうかんこう)廟とも呼ばれる「張飛廟」は、1700年余りの歴史を持ち、今では中国の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同廟は中国重慶市雲陽県の旧県城(県政府所在地)対岸、飛鳳山(ひほうさん)の麓にあり、三国時代の名将、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この重要な歴史文化遺産を保護するため、同廟は「文化財の原状は変えない」という原則に基づき、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた同県盤竜街道竜安社区(コミュニティー)に移転・再建された。また、「山に寄り添い、岩の上にあり、川を望む」という地理的な特徴が維持されたことから、三峡ダムエリア最大の「移民」とも呼ばれている。再建後は2003年7月から再び公開されている。(雲陽=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮甘家溝村で、ショート動画のライブ配信を通じて、同村産のリンゴの販売をサポートする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ランチの支度をする張飛さんと妻の李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)をチェックする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603242

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮の宅配会社で、配送先の情報を入力する張飛さんの妻、李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603228

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村で、動画を撮影する張飛さんの妻、李萍(り・へい)さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603183

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、ソーセージと臘肉をチェックする張飛さん。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮甘家溝村で、ショート動画のライブ配信を通じて、同村産のリンゴの販売をサポートする張飛さん(右)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「インフルエンサー第一書記」、動画配信で貧困脱却を後押し四川省

    8日、小金県美興鎮下馬廠村の農家レストランで、お客と昼食を共にする張飛さん(右から2番目)。中国共産党四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県美興鎮委員会宣伝委員兼甘家溝村扶貧(貧困扶助)第一書記を務める張飛(ちょう・ひ)さんは現在、ショート動画配信サイトの「快手短視頻」で82万5千人のフォロワーを持つ。山奥にある甘家溝村は、平均海抜3300メートル。交通が不便で、村民の多くは農業と出稼ぎ労働で生計を維持している。張さんは2016年にこの村に来てから、記録する価値のある場面を撮影し、ショート動画サイトに配信してきた。2018年末に6万人以上のフォロワーを持つようになった張さんは同年、30万元(1元=約16円)余りの現地産ソーセージと臘肉(豚バラを干したもの)を販売した。2019年の夏には村民をサポートし、30万元以上の松茸を販売した。(アバ=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603220

  • 2020年11月28日
    蘇州市で「三国志」文化展、英雄の時代を再現江蘇省

    11月28日、「三国志」文化展で展示された関羽・張飛像。中国江蘇省蘇州市の呉中博物館で11月28日、「三国志」文化展が開幕した。三国時代と関わりの深い出土文化財200点近くが展示され、来場者を三国志の英雄の時代へいざなった。(蘇州=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204557

  • 2021年01月20日
    (6)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、甘露寺の扁額。張飛(ちょう・ひ)の揮毫と伝えられる。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008021

  • 1