KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 原告
  • 会見
  • 遺族
  • 損害賠償
  • 韓国
  • 中央
  • 従事
  • 勝訴
  • 和解
  • 捕虜

「強制労働」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
523
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
523
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Aleksandr Isayevich Solzhenitsyn

    Aleksandr Isayevich Solzhenitsyn (December 11, 1918 August 3, 2008)[2] was a Russian novelist, dramatist and historian. Through his writings he made the world aware of the Gulag, the Soviet Union‘s forced labor camp system particularly The Gulag Archipelago and One Day in the Life of Ivan Denisovich, his two best-known works. For these efforts Solzhenitsyn was awarded the Nobel Prize in Literature in 1970, and exiled from the Soviet Union in 1974. He returned to Russia in 1994、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122516804

  • -
    Prisoners of war rebuilding the city of Lachish. Palace of Sennacherib. Nineveh, c. 700 BC. Neo-Assyrian Empire. British Museum.

    Prisoners of war rebuilding the city of Lachish. Palace of Sennacherib. Nineveh, c. 700 BC. Neo-Assyrian Empire. British Museum. London, United Kingdom.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019101503811

  • -
    An illustration of Chinese men being pulled by their long hair by a man and directed to move forward

    An illustration of Chinese men being pulled by their long hair by a man and directed to move forward.、クレジット:John Short/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020020608969

  • 1905年12月31日
    A chain gang from the southern states of the USA .

    A chain gang from the southern states of the USA . The chain gang comprised a group of prisoners chained together to perform menial or physically challenging work as a form of punishment. Such punishment might include repairing buildings, building roads, or clearing land. This system existed primarily in the southern parts of the United States, and by 1955 had been phased out nationwide, with Georgia the last state to abandon the practice. 1905、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051406854

  • 1917年02月27日
    German army conducting forced labour march

    German army conducting forced labour march by male citizens of the French town of Guiscard during World War one; February 1917、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092715204

  • 1930年12月31日
    Concentration camp political prisoners in Germany 1930s

    Concentration camp political prisoners in Germany 1930s, in prison uniform, engaged in forced labour.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113034577

  • 1938年12月31日
    World War II - Anti-Semitism : Jews being forced to scrub the streets of Vienna in 1938.

    World War II - Anti-Semitism : Jews being forced to scrub the streets of Vienna in 1938.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403802

  • 1942年10月22日
    強制連行のセルビア人墓地 欧州戦線・ノルウェー

    ノルウェー北部イエルンバンネットで見つかった強制労働者の墓地。ドイツ軍によりユーゴスラビアから連行され、奴隷労働に駆り出されたセルビア人200人が埋葬されていた。不衛生な環境下でチフスにかかったため射殺され、遺体は焼かれた。ユーゴからはほかにも700人が連行された=1942年10月(ACME)

    商品コード: 2011051200390

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年09月23日
    強制労働収容棟も爆撃 欧州戦線

    ドイツ東部ペーネミュンデに英国軍機が奇襲攻撃を掛けた際に、強制労働に駆り出された収容者の居住棟も爆撃を受けた。45棟のうち少なくとも23棟が全壊、ないしは大破した=1943年9月(英空軍提供)

    商品コード: 2015040200150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年09月01日
    欧州戦線

    野営地の入り口に立ち、連合軍からの命令を待つフランス陸軍徴用大隊のメンバー(インドシナ人)。ドイツ軍が要塞建設のために強制労働させていた=1944年8月、米陸軍通信隊撮影

    商品コード: 2015010700718

  • 1944年10月15日
    フランス 欧州戦線

    ルクセンブルク国境に近いティルの地下で発見された「飛行爆弾」工場。かつては鉱山だったこの工場の旋盤で、強制労働収容者が、ドイツ軍の命令で飛行爆弾を製造した=1944年10月(ACME)

    商品コード: 2017041300185

  • 1944年11月08日
    独からの逃亡機が墜落 欧州戦線・フランス

    フランスの米軍前線後方に墜落したドイツ空軍のユンカースJU88爆撃機。操縦していたのはユダヤ系ドイツ人のエンジン整備士で、ドイツ当局からライプチヒ近くの強制労働キャンプに出頭を命じられたため、爆撃機を盗んで逃亡。600キロ飛行し、米軍の後方で撃墜されたが、無事だった=1944年11月(ACME)

    商品コード: 2011040400304

  • 1944年12月19日
    囚人殺害の毒ガス装置 欧州戦線・フランス

    フランス東部ボージュ地方の山岳地帯にある町シルメックやナッツビラーで発見されたナチス・ドイツの毒ガス発生装置。強制労働に駆り出された囚人は役立たずになった途端、処刑室に送り込まれ、この装置からパイプを取って流れる毒ガスで一度に大量の囚人が殺害された=1944年12月、米陸軍通信隊撮影(ACME)

    商品コード: 2011040400320

  • 1944年12月31日
    Photograph of Chinese labourers working to reopen the Burma Road in southwest China.

    Photograph of Chinese labourers working to reopen the Burma Road in southwest China. Dated 1944、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403889

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年12月31日
    アウシュビッツ強制収容所 強制労働に連れ出される女性収容者

    強制労働に連れ出される女性収容者 アウシュビッツ強制収容所  Female inmates of Auschwitz concentration camp being transported to work in the territory of the German Reich. In Auschwitz near Krakow、 Poland、 a concentration camp was built by the SS in 1940、 which was extended to an extermination camp in 1941、 especially for Jewish people.、 キーワード:第2次世界大戦、gesture facial_expression uniform POL historic_archive Politics People、 クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015062500326

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月01日
    ほぼ完成した独潜水艦 欧州戦線

    ライン川東岸に位置する工場でほぼ完成した潜水艦を見上げる米軍兵士。工場は米軍が制圧。工場内で強制労働に使われていたロシア人多数を解放した=1945年3月(ACME)

    商品コード: 2016060700145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月13日
    腕に入れ墨の識別番号 欧州戦線

    米国軍によって弾薬工場での強制労働から解放されたユダヤ人の女性たち。めくり上げた腕には入れ墨の番号が。ナチスが占領地域から連行し、識別のために書き込んだものだ=1945年4月(ACME)

    商品コード: 2014102900413

  • 1945年04月13日
    ユダヤ女性に強制労働 欧州戦線

    ドイツ西部カウニッツの弾薬工場で強制的に働かされていたユダヤ人の女性たち。背中にユダヤ人であることを示す黄色の十字架がペンキで書かれている。制圧した米国軍部隊に解放された=1945年4月(ACME)

    商品コード: 2014102900411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月14日
    欧州戦線

    ドイツ南部アルテンドルフで強制労働収容所から収容所所長を連れ出す米軍兵士。米軍当局に引き渡され、彼の迫害について取り調べを受ける。門の周辺で見送るのは解放されたばかりの元収容者たち=1945年4月、米陸軍通信隊撮影(ACME)

    商品コード: 2017062100185

  • 1945年04月17日
    収容所から囚人を搬出 欧州戦線

    ドイツ中部ノルトハウゼンの強制労働収容所から囚人たちを運び出す米国軍救護兵=1945年4月(ACME)

    商品コード: 2015100700481

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月24日
    独軍の秘密施設明かす 欧州戦線

    ドイツ軍のV2ロケット用に地下に建設された燃料タンクを米軍兵士に見せるフランス人の政治犯(縞模様の囚人服姿)。ロケットの部品生産のため、強制労働に駆り出されていた=1945年4月、場所不明(ACME)

    商品コード: 2016061400128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月26日
    爆撃で寝台車さかさまに 欧州戦線

    英国軍機の爆撃を受けたドイツ西部ハムの鉄道操車場でレールごとひっくり返った寝台車。ハムは連合国軍の手に落ちたが、操車場はその時までにがれきを撤去、線路もほぼ修復されていた。この作業は強制労働のため連行された外国人を中心に約5000人を動員して行われた=1945年4月、英政府提供(ACME)

    商品コード: 2015040900223

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年04月28日
    解放後に捕虜を治療 欧州戦線

    ドイツ南部フックスミュールの捕虜収容所を解放し、捕虜の治療に当たる米軍部隊。捕虜はいずれも米国軍兵士。1944年12月、ベルギーでドイツ軍の捕虜となり、当地に収容されたが、粗末な食事に加え、塩山での強制労働や医療軽視のため自力で立てないほど衰弱が進んだ=1945年4月、米陸軍通信隊撮影(ACME)

    商品コード: 2015102000248

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年05月02日
    つり下がった線路伝って 欧州戦線

    ドイツ東部タンガーミュンデ近郊のエルベ川を渡る避難民たち。鉄道橋は連合国軍の進撃を阻むためドイツ軍が爆破した。かろうじてつり下がった線路を伝って渡り切ろうと列が続く。フランス、オランダなどから強制労働のため連行された人々だ。連合国軍により解放され、本国帰還を急いでいる=1945年5月(ACME)

    商品コード: 2015052200213

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年05月10日
    崩落の橋伝いに川渡る 欧州戦線

    ドイツ東部タンガーミュンデ近郊で崩落した鉄道橋を伝ってエルベ川を渡る避難民たち。ソ連軍が迫り大混乱に陥ったベルリン戦線から逃げ出した。いずれもフランス、オランダなどから強制労働のため連行された。橋は連合国軍の首都接近を遅らせるためドイツ軍が爆破した=1945年5月(ACME)

    商品コード: 2015052200212

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年05月10日
    崩落した線路にドラマ 欧州戦線

    ソ連軍進撃でパニック状態に陥ったベルリン戦線から逃れ、崩落した鉄道橋の線路を伝ってエルベ川を渡る人々。女性はフランスやオランダなどから強制労働に駆り出された避難民の1人。病気で行動をともにできない夫を残し、祖国を目指したものの、置き去りはできないと思い直し、枕木を伝って引き返すところ。隣の男性は脱走した捕虜とみられる。片腕しか使えず、必死の逃避行を試みている=1945年5月(ACME)

    商品コード: 2015052600330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年07月10日
    乗車前にまずパンを 欧州戦線

    ドイツ東部ワイマールの駅構内で連合国救済復興機関が配給するパンを受け取るため辛抱強く行列に並ぶ労働者たち。ナチスの占領地域から連行され、強制労働に就いていた。戦争終結により、これから祖国への列車に乗り込む=1945年7月(ACME)

    商品コード: 2014102900415

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年07月10日
    帰国前にパンの配給 欧州戦線

    ドイツ東部ワイマールの駅構内で連合国救済復興帰還が用意したパンの配給を受ける人々。ナチスの占領地域から強制労働のため連行されてきた。ようやく列車で祖国に帰還できる=1945年7月(ACME)

    商品コード: 2014102900417

  • 1945年08月15日
    植民地時代に強制労働

    キーワード:日本、韓国、植民地、強制労働、Ruling on Japan‘s forced labor This file photo shows Korean workers forcibly taken to Japan during the Japanese colonial rule of Korea (1910-45). On Oct. 30, 2018, the Supreme Court upheld a 2013 ruling on damages claims filed by four victims and ordered Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp. (NSSM) to pay each victim 100 million won (US$87,720). (Yonhap)/2018-10-30 15:51:41/ < 1980-2018 YONHAPNEWS AGENCY. .>、クレジット:Yonhap News/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110515504

  • 1945年08月15日
    植民地時代に強制労働

    キーワード:日本、韓国、植民地、強制労働、Ruling on Japan‘s forced labor This file photo shows Korean workers forcibly taken to Japan during the Japanese colonial rule of Korea (1910-45). On Oct. 30, 2018, the Supreme Court upheld a 2013 ruling on damages claims filed by four victims and ordered Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp. (NSSM) to pay each victim 100 million won (US$87,720). (Yonhap)/2018-10-30 15:51:30/ < 1980-2018 YONHAPNEWS AGENCY. .>、クレジット:Yonhap News/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110515499

  • 1945年11月21日
    解放され帰還列車待つ 欧州戦線

    ドイツの首都ベルリンで駅の外に腰をおろして列車を待つ老齢の女性。後ろには男性が横たわり、カメラをにらんでいる。駅に殺到する人々の多くは強制労働のためドイツに連行され、戦後解放された。帰還できても、食料、燃料、住居の確保と、荒廃したベルリンと同様の試練が待ち受ける=1945年11月(ACME)

    商品コード: 2015052600306

  • 1946年12月08日
    シベリア復員

    シベリアからの復員第1船大久丸が京都府の舞鶴港に入港。収容所生活を送り、強制労働に従事していた復員兵約2500人が故国の土を踏んだ=1946(昭和21)年12月8日

    商品コード: 2002111200019

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年11月30日
    朝鮮戦争

    板門店で、北朝鮮の強制労働収容所から脱出、救出された弟にすがり付く姉=1953年11月、米陸軍撮影(UP)

    商品コード: 2011112800199

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年11月30日
    朝鮮戦争

    板門店で、北朝鮮の強制労働収容所から脱走した弟と抱き合う姉。姉は身元確認のため板門店に呼ばれた=1953年11月、米陸軍撮影(UP)

    商品コード: 2011112800198

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年12月19日
    朝鮮戦争

    板門店で、北朝鮮の強制労働所から脱走、母親と再会した韓国軍兵士。5000人の捕虜が海岸陣地建設や鉄道修理を強制されたという=1953年12月(UP)

    商品コード: 2011112800200

  • 1958年03月26日
    劉連人さん事件

    上野駅で出迎えの人にあいさつする北海道から上京した劉連仁さん=1958(昭和33)年3月26日(強制労働)(33年内地2454)

    商品コード: 2012012500287

  • 1964年12月31日
    MY WAY HOME

    MY WAY HOME Directed by Miklos Jansco Original language title: Igy Jottem Andras Kozak doing forced labour Date: 1964、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019053002876

  • 1979年09月18日
    「上訪大衆」が訴え 北京市革命委員会前

    18日、北京に帰すよう求めて北京市革命委員会前に押しかけた人たち。文革初期に「なんの理由もなく」北京から農村に「強制労働」に送られたという。約300人が石段に問題解決を訴えるビラを並べ、責任者への面会を求めた(共同)

    商品コード: 2015110400313

  • 1989年04月18日
    東京地裁に入廷する原告ら 抑留者らの補償請求棄却

    ソ連のシベリア抑留・強制労働による損害賠償訴訟の判決で、東京地裁に入廷する原告ら=1989(平成元)年4月18日午後2時50分

    商品コード: 2019101802631

  • 1989年04月18日
    集会を開き抗議する原告ら 抑留者らの補償請求棄却

    ソ連のシベリア抑留・強制労働による損害賠償訴訟で請求棄却の判決後、集会を開き抗議する原告ら=1989(平成元)年4月18日午後4時55分、東京・日比谷野外音楽堂

    商品コード: 2019101802634

  • 1989年08月05日
    強制労働の”つめ跡”視察

    戦時中、本土決戦に備えるために掘られた地下壕を視察するハンス・シュイーラーさん夫妻(左から3、4人目)ら西独の平和運動家=1989(平成元)年8月5日午前11時、兵庫県西宮市甲陽園

    商品コード: 2020031303602

  • 1991年11月11日
    旧満州の炭鉱で 過酷な強制労働の実態告発

    (1)老頭溝炭鉱の「万人坑」。現在は入り口をコンクリートで閉ざされ、「万人坑碑」も荒れたままだ=中国・吉林省延辺朝鮮族自治州竜井市(共同)

    商品コード: 1991111100057

  • 1994年01月01日
    THE SHAWSHANK REDEMPTION (1994), directed by FRANK DARABONT.

    THE SHAWSHANK REDEMPTION (1994), directed by FRANK DARABONT.、クレジット:CASTLE ROCK ENTERTAINMENT/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021080410828

  • 1994年01月25日
    元軍人らが提訴 オランダ人が戦後補償提訴

    日本政府に捕虜虐待や強制労働などによる被害の補償を求め提訴した「対日道義賠償請求財団」のS・A・ラプレー代表(左)=25日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

    商品コード: 1994012500062

  • 1994年03月01日
    保存運動が進む光顕寺 強制労働ゆかりの寺保存へ

    強制労働の歴史を伝える場として保存運動が進められている光顕寺=北海道・幌加内町朱鞠内(戦時中、強制労働の果てに死亡した朝鮮人労働者らが一時安置されていた寺)

    商品コード: 1994030100007

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年04月09日
    記者会見する劉喜亘さん 国連で元軍属が初証言へ

    旧日本軍の軍属として国連人権委員会の作業部会で証言することが決まった劉喜亘さん(中央)=9日、大阪市東淀川区(朝鮮人強制労働問題)

    商品コード: 1994040900088

  • 1994年05月10日
    「ひと・立ちばなし」 趙冠英さん

    戦時中、強制労働させられた北海道室蘭市を半世紀ぶりに再訪した中国人の趙冠英さん(サングラス)

    商品コード: 1994051000036

  • 1994年10月13日
    本を手にする殿平さん 強制労働の記録の本出版

    「朱鞠内・韓国・民衆 和解のかけ橋」を手にする殿平善彦・空知民衆史講座事務局長

    商品コード: 1994101300046

  • 1994年11月07日
    巨大なトンネル跡 強制労働の傷跡残る地下壕

    徴兵された朝鮮人兵士らが建設に従事したとみられる軍事用トンネル跡=平成3年10月、奈良県香芝市穴虫

    商品コード: 1994110700068

  • 1994年12月20日
    市民団体のカレンダー 強制労働現場を写真で記録

    戦時中の強制労働現場を記録したカレンダー「REMEMBER広島一九九五年」(カラーネガ)

    商品コード: 1994122000003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月04日
    強制労働伝える寺保存

    7月1日から資料館として公開される光顕寺=北海道雨竜郡幌加内町

    商品コード: 1995050400001

  • 1995年05月19日
    ウイリアム・アリスターさん

    )、企画61S、20日付夕刊以降使用 「戦争の原因は誤解から」とウイリアム・アリスターさん。(第二次世界大戦で日本軍の捕虜になり、日本での強制労働の経験を持つカナダ人の画家で作家のウイリアム・アリスターさん(75))

    商品コード: 1995051900026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月27日
    話を聞く参加者 朝鮮人強制労働現場たどる

    戦時中に強制労働に従事した崔英植さん(左端)から話を聞く参加者=27日午後、山口県下関市江の浦の旧国鉄地下変電所跡

    商品コード: 1995052700087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年06月30日
    花をささげる土井衆院議長 「花岡事件」慰霊祭

    秋田県大館市で大戦末期、強制労働させられていた中国人が集団脱走し、捕らえられて拷問を受けた「花岡事件」の慰霊祭に出席し、花をささげる土井たか子衆院議長=1995(平成7)年6月30日、秋田県・大館市民体育館 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P47)

    商品コード: 2015070700322

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年08月10日
    体験を語る鄭さん 強制労働朝鮮人の追悼式

    追悼式で胸に残る暴行の傷跡を見せながら強制労働の体験を語る鄭雲模さん=栃木県足尾町の専念寺

    商品コード: 1995081000099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月24日
    半世紀ぶりに写真明るみに 捕虜の強制労働生々しく

    )、社会11S  収容所内の部屋でクリスマスパーティーを楽しむ旧連合国軍の捕虜=岩手県釜石市

    商品コード: 1996032400007

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月24日
    半世紀ぶりに写真明るみに 捕虜の強制労働生々しく

    )、社会11S  日鉄鉱業釜石鉱業所の坑道内で鉄鉱石を採掘する旧連合国軍の捕虜=岩手県釜石市

    商品コード: 1996032400008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月24日
    半世紀ぶりに写真明るみに 捕虜の強制労働生々しく

    )、社会11S  日鉄鉱業釜石鉱業所の電気工場で部品の修理をする旧連合国軍の捕虜=岩手県釜石市

    商品コード: 1996032400006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月25日
    会見する弁護団 強制連行の補償求め提訴

    提訴後、記者会見する高橋融弁護団長(左から3人目)ら=25日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(カラーネガ)(戦争中、強制労働させられていた北海道の炭鉱から逃亡、戦後十三年間近く道内の山林に隠れて生活していた中国人劉連仁さん(82)が二十五日、国を相手に強制連行の補償など二千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。)

    商品コード: 1996032500102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年05月09日
    会見する鄭雲模さん 鄭さんの開示「前向きに」

    労働省に朝鮮人強制連行者名簿の公開を要請後、記者会見する鄭雲模さん(中央)=9日午後、東京都千代田区の日本弁護士連合会(国などに戦時中の強制連行、強制労働に対する謝罪と賠償を求め、日本弁護士連合会に人権救済を申し立てた千葉市の在日朝鮮人鄭雲模さん(75)と「朝鮮人強制連行真相調査団」(洪祥進事務局長)が九日、労働省に朝鮮人強制連行者約九万人の名簿の公開を求める要請文を提出した)

    商品コード: 1997050900128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年07月31日
    発掘作業をする学生ら 日韓学生らが発掘作業開始

    強制労働犠牲者の遺骨の発掘作業をする日韓の学生ら=7月31日午前、北海道幌加内町

    商品コード: 1997073100073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年11月23日
    遺骨を前にする遺族 59年ぶりに遺骨を引き渡す

    戦前の強制労働の犠牲者とみられる穂積三樹さんの遺骨を死後59年ぶりに引き取ったおいの穂積稔さん(前列右)ら遺族=23日午後、北海道幌加内町の旧光顕寺(笹の墓標展示館)

    商品コード: 1997112300056

  • 1998年12月07日
    元挺身隊員の韓国人女性 三菱重工に謝罪求める

    強制労働の謝罪を求め三菱重工業の工場に向かう金恵玉さん(左)と梁錦徳さん=7日午後、名古屋市港区大江町

    商品コード: 1998120700171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年02月16日
    発表するシュレーダー首相 共同基金設立を正式発表

    ナチス時代の強制労働被害者を救済するための共同基金設立を記者会見で発表するドイツのシュレーダー首相(右端)ら(ロイター=共同)

    商品コード: 1999021600138

  • 1999年08月02日
    インドネシアの元慰安婦ら 日の丸「悲しい」と涙

    記者会見する元慰安婦のスハナさん(右)と強制労働をさせられたサストロ・ディブヨさん=2日午後、東京・永田町の衆院第二議員会館

    商品コード: 1999080200113

  • 1999年08月14日
    発売されるガイドブック 地下施設の実態知って

    大阪府高槻市の市民グループがまとめ、終戦記念日の15日に発売される「朝鮮人強制連行・強制労働ガイドブック 高槻『タチソ』編」

    商品コード: 1999081400047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年09月22日
    提訴した元米兵ら 強制労働の賠償訴訟が急増

    第二次大戦中の強制労働で損害賠償請求訴訟を起こし、ニューヨークで記者会見する元米兵ら(共同)

    商品コード: 1999092200040

  • 1999年09月22日
    レスター・テニーさん

    戦時中の強制労働をめぐり日本企業に賠償を求め訴訟を起こしたレスター・テニーさん

    商品コード: 1999092200036

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年12月08日
    スピーチする元米兵 元米兵強制労働で提訴

    米ロサンゼルス地裁前で7日、新日本製鉄などに損害賠償を求めて起こした訴訟についてスピーチする元米兵のプールさん(手前右)。左隣はハッチ上院議員(共同)

    商品コード: 1999120800023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年02月29日
    「異郷の炭鉱」 炭鉱強制労働の記録が本に

    炭鉱で強制労働させられた朝鮮人の証言や収容施設の設計図などをまとめた「異郷の炭鉱」

    商品コード: 2000022900002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年07月17日
    調印式に参加した外相ら 最終合意文書に調印

    ナチス強制労働の補償問題で、最終合意文書調印式に参加したドイツのフィッシャー外相(右)とラムスドルフ強制労働問題担当官(ロイター=共同)

    商品コード: 2000071700133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年08月17日
    意見交換する田中議員ら 戦争被害の究明で協力

    強制労働の問題などでサイモン・ウィーゼンタール・センター副所長のアブラハム・クーパー師(中央)らと意見交換する田中甲衆院議員(左)=16日、ロサンゼルス市内の同センター(共同)

    商品コード: 2000081700089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年04月26日
    説明受ける田中長野県知事 松代大本営地下壕を視察

    朝鮮人の強制労働の実態について地元高校生から説明を受ける田中康夫長野県知事(左)=26日午後、長野市の松代大本営地下壕

    商品コード: 2001042600227

  • 2001年05月11日
    談笑するカレニー人 「強制労働」の訴え絶えず

    タイ・メホンソン近くの難民キャンプの井戸の前で談笑するミャンマーの少数民族カレニー人。手工芸品などを観光客に売るなどして生計を立てている(共同)

    商品コード: 2001051100077

  • 2001年07月01日
    証言する張二牛さん いえない傷に涙流す

    雪の中での強制労働で今も残る凍傷のあとを見せながら、涙を流し証言する「花岡事件」生存者の張二牛さん=1日午後、秋田県大館市

    商品コード: 2001070100060

  • 2001年08月10日
    日韓の学生らが発掘作業 強制労働犠牲者3体発見

    強制労働犠牲者の遺骨発掘作業をする日韓の学生ら=10日午後、北海道幌加内町朱鞠内

    商品コード: 2001081000191

  • 2001年08月16日
    テニー元アリゾナ大学教授 漏れ出す米政府の本音

    )の(イ)、企画77S、19日付朝刊以降使用  米議会で日本での過酷な強制労働を告発するレスター・テニー元アリゾナ大学教授(中央)(共同)

    商品コード: 2001081600163

  • 2001年09月05日
    元米兵が提訴 賠償求め訴訟相次ぐ

    1999年12月7日、第二次大戦中の強制労働の損害賠償を求め、新日本製鉄などをロサンゼルス地裁に訴えた元米兵ハロルド・プールさん(手前右)(共同)(K99・4761)

    商品コード: 2001090500065

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年09月18日
    会見する原告団 強制労働訴訟が審理入り

    第2次大戦中の強制労働をめぐる訴訟の審理入り決定を受け、記者会見する原告の韓国系米国人ジェ・ウォン・ジョンさん(左端)と弁護団ら=17日、ロサンゼルス(共同)

    商品コード: 2001091800063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月20日
    地裁に入る原告・弁護団 戦後補償勝訴の流れ続くか

    強制連行の賠償を求める提訴のため、福岡地裁に入る原告の張宝恒さん(手前)と弁護団=2000年5月

    商品コード: 2002042000096

  • 2002年04月25日
    心境語る張さんら 強制労働訴訟原告が来日

    三池強制労働訴訟の判決を前に心境を語る、張五奎さん(右)と杜宗仁さん=25日午後、福岡市中央区のホテル

    商品コード: 2002042500264

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    支援者と握手する原告 三池強制労働訴訟で判決

    開廷を前に、駆けつけた支援者と握手を交わす「三池強制労働訴訟」原告の杜宗仁さん(中央)と張五奎さん(左端)=26日午後、福岡地裁前

    商品コード: 2002042600107

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    勝訴喜ぶ原告 強制労働訴訟で原告勝訴

    勝訴判決に手をたたいて喜ぶ原告の(左から)張五奎さんと杜宗仁さん=26日午後、福岡地裁

    商品コード: 2002042600180

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    垂れ幕と判決喜ぶ原告 強制労働訴訟で原告勝訴

    勝訴を伝える垂れ幕が掲げられ、判決を喜ぶ原告の(左から)張五奎さんと杜宗仁さん=26日午後、福岡地裁

    商品コード: 2002042600221

  • 2002年04月26日
    木村元昭裁判長 三池強制労働訴訟で判決

    木村元昭裁判長

    商品コード: 2002042600010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    福岡地裁の法廷 三池強制労働訴訟で判決

    「三池強制労働訴訟」の判決が言い渡された福岡地裁の301号法廷=26日午後1時10分(代表撮影)

    商品コード: 2002042600127

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    会見する原告 強制労働訴訟で原告勝訴

    判決後、記者会見する原告の張五奎さん(左)と杜宗仁さん=26日午後、福岡市中央区

    商品コード: 2002042600225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年04月26日
    地裁に入る原告ら 三池強制労働訴訟で判決

    福岡地裁に入る「三池強制労働訴訟」原告の杜宗仁さん(前列左から2人目)と張五奎さん(同3人目)ら=26日午後0時30分

    商品コード: 2002042600122

  • 2002年07月08日
    会見する韓国の元挺身隊員 元挺身隊員が提訴の意向

    記者会見する、「不二越」で強制労働させられたとする韓国の元女子挺身(ていしん)隊員たち=8日午後、富山市舟橋北町

    商品コード: 2002070800166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月09日
    広島地裁の法廷 西松強制労働訴訟で判決

    西松強制労働訴訟の判決が言い渡された広島地裁の法廷=9日午前(代表撮影)

    商品コード: 2002070900023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月09日
    「不当判決」の垂れ幕 西松強制労働訴訟で判決

    「不当判決」の垂れ幕が掲げられ、うなだれる支援者ら=9日午前10時6分、広島地裁前

    商品コード: 2002070900024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月09日
    シュプレヒコール 西松建設への賠償請求棄却

    西松強制労働訴訟で賠償請求が棄却され、抗議のシュプレヒコールをする支援者ら=9日午前10時8分、広島地裁前

    商品コード: 2002070900029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月09日
    地裁に入る原告ら 西松強制労働訴訟で判決

    広島地裁に入る西松強制労働訴訟の原告の呂学文さん(中央)ら=9日午前9時35分

    商品コード: 2002070900015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年10月04日
    福岡高裁に入る高さん 強制労働で国の責任追及

    福岡高裁に入る原告の高国棟さん(手前中央)ら=4日午後

    商品コード: 2002100400171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年11月19日
    呂さんと申さん 強制労働の賠償認めず

    判決後、記者会見する原告の呂運沢さん(右)と申千洙さん=19日午後、大阪市北区の大阪司法記者クラブ

    商品コード: 2002111900154

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年11月22日
    シベリア抑留者ら集会 強制労働に国家補償を

    横断幕を持ち強制労働に国家補償を訴えるシベリア抑留者ら=22日午前、東京・永田町の衆院第二議員会館前

    商品コード: 2002112200052

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年01月15日
    京都地裁に入る原告ら 中国人元労働者の請求棄却

    大江山強制労働訴訟の判決で京都地裁に入る原告ら=15日午前9時50分

    商品コード: 2003011500026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年01月15日
    垂れ幕を掲げる弁護士 中国人元労働者の請求棄却

    大江山強制労働訴訟で請求棄却の判決を受け垂れ幕を掲げる弁護士=15日午前、京都地裁

    商品コード: 2003011500034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年02月16日
    署名呼び掛ける元抑留者 強制労働の賃金支払いを

    署名を呼び掛ける元シベリア抑留者の稲田泰夫さん(右)=16日午後、大阪市中央区

    商品コード: 2003021600029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年09月04日
    記者会見する劉宗根さん 「こんな理屈通るか」

    大江山強制労働訴訟の控訴審第一回口頭弁論での意見陳述を終え、記者会見する原告の劉宗根さん=4日午後、大阪市北区の大阪司法記者クラブ

    商品コード: 2003090400122

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6