KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 千年
  • 詩人
  • はく
  • 墓所
  • 市民
  • 参加
  • 友好都市
  • 学者

「当塗県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年03月31日
    千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白墓園で、李白の墓の周囲を掃き清める谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)=配信日:2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041312014

  • 2021年04月09日
    (12)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    1日、李白文化園で、自身も編集に加わった書籍「李白遊踪(李白遊歴の足跡)」を開く谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909469

  • 2021年04月09日
    (3)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白の墓前に設けられた祭壇を拭く谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909240

  • 2021年04月09日
    (7)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白墓園。(小型無人機から)中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909265

  • 2021年04月09日
    (6)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白文化園で谷氏の家系図に目を通す谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909258

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.68
    2021年04月09日
    「新華社」千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    長江からの風が大地を湿らす早朝6時、谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の新たな1日の仕事が始まる。掃除、修繕、設備の点検を終わらせ、中国の「詩仙」、唐代の大詩人・李白(り・はく)の墓を参拝する人々を受け入れる。「李白墓園」は安徽省馬鞍山市当塗県にある。李白永眠の地であり、谷氏一族が代々守り続けてきた「聖地」でもある。李白は762年、当塗県の青山の麓にある谷家村で死去した。最後を看取ったのは、谷蘭馨(らんけい)という地元の若者だった。言い伝えによると、若者は詩人に向かい、村に所有する良田を墓地として提供し、一族が代々墓所を守ると約束したという。月日が流れても、谷氏一族は墓を守り続けた。抗日戦争の時には日本軍の砲火も恐れず、硝煙が晴れれば村人総出で墓の修復にあたったという。常新さんは49代目の墓守に当たる。1985年に当塗県が墓園の修復と拡張を行った際、谷さんの家も農地の半分を提供した。当時18歳だった谷さんは、これを機に墓園で働くようになった。結婚し、子どもができた後は、住居も墓園内に移した。「当時は仕事の環境も厳しく、経費も限られていた。叔父や兄、妹らと共に耕運機で地ならしをし、弁当を持って草木や奇石を捜しに行った。墓園らしく体裁を整えたかった」と谷さんは振り返る。彼らは長年かけて、1万株以上の竹や木、切り株を植え、800トンの石で斜面を覆い、1万メートル余りの遊歩道と1万平方メートル余りの芝生を整備した。大規模な盆栽園も建設した。墓守の仕事は単調で、生活も貧しかったが、精神的には大きな成長をもたらした。敬虔(けいけん)な参拝者に感化されたのか、一族の血がそうさせたのかは分からないが、仕事を続ける中で、内に秘めた李白の詩に対する熱情が呼び覚まされたという。詩を読み、歴史をひもとき、碑文を研究するうちに、少しずつ詩人・李白の精神世界に近づいていった。谷さんは、長年李白の詩歌に親しんだだけでなく、「李白と青山」「李白と谷氏家族」などの著作もある。墓園では特別解説員として30年以上にわたり、1万回近くのボランティア解説を行ってきた。「話し始めると止まらなくなる。李白の詩からその生涯、墓園の建物や碑文、聞き手が夢中になってくれるのが楽しくてたまらない。いつも1、2時間は話している」とさわやかな笑顔を見せる。墓守を始めた頃には、地元を離れたことのない普通の農民が詩 =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレ...

    商品コード: 2021040908035

  • 2021年04月09日
    (8)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白の墓前で焼香する谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909268

  • 2021年04月09日
    (9)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白墓園で、園内を掃き清める谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909273

  • 2021年04月09日
    (11)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白文化園の「太白碑林」で詩碑を見る谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909465

  • 2021年04月09日
    (10)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白の墓前に設けられた祭壇を拭く谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909270

  • 2021年04月09日
    (13)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    1日、李白文化園の「太白碑林」で詩碑を見る谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909467

  • 2021年04月09日
    (2)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    1日、李白墓園で、参観者に李白の墓を案内する谷常新さん(奥)。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909241

  • 2021年04月09日
    (1)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    1日、李白墓園で、参観者に李白の墓を案内する谷常新さん(奥)。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909238

  • 2021年04月09日
    (5)千年の墓守、李白の墓を見守り続ける一族安徽省馬鞍山市

    3月31日、李白文化園にある李白像を見つめる谷常新さん。中国安徽省馬鞍山市当塗県に唐代の大詩人・李白(り・はく)が眠る「李白墓園」がある。谷常新(こく・じょうしん)さん(54)の一族が代々その墓所を守り続けてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040909256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月28日
    (1)台風6号「インファ」の接近に警戒安徽省馬鞍山市

    27日、馬鞍山市当塗県にある河南防災倉庫で、災害対策用物資を準備する従業員。台風6号「インファ」が中国安徽省東部地区に近づく中、同省馬鞍山(まあんさん)市の応急管理、水利、電力などの部門は全力で警戒に当たり、災害対策用物資の備蓄や防災パトロール、重要インフラの安全確保などの取り組みを強化することで、市民の命と財産、安全を守っている。(馬鞍山=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904496

  • 01:15.52
    2021年10月17日
    「新華社」李白詩歌祭開幕中日の詩歌愛好家がオンラインで交流

    中国安徽省馬鞍山市にある浜江公園で13日、第33回馬鞍山李白詩歌節(祭)が開幕し、全国から専門家や学者、詩歌愛好家500人余りが開幕式に参加した。同市は詩歌祭の期間中、李白に関する展示イベントを行い、李白関連の文化クリエーティブ作品200点余り、李白と詩歌に登場する人物の彫像100体以上を広く市民に公開する。また中日詩吟交流大会がオンラインで行われ、中国側と日本吟道学院および友好都市の群馬県伊勢崎市から80人余りが参加した。同学院は1991年、馬鞍山で詩吟を披露したことをきっかけに、長年訪問交流を続けている。両国の詩歌愛好家は詩で友好を深め、中日文化交流を促進し、中国の伝統的な詩歌文化を発展させてきた。馬鞍山と詩歌には切っても切れない縁がある。千年以上にわたり詩人600人余りが相次いで馬鞍山に住み、うち「詩仙」李白は何度も同地を訪れ、詩編50作品余りを残し、晩年は定住した。死後は馬鞍山市当塗県大青山の麓に葬られたと伝えられている。2014年、馬鞍山は中国詩歌学会から「中国詩歌の都市」の称号を授けられた。(記者/湯陽) =配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101804034

  • 2021年10月17日
    (5)李白詩歌祭開幕中日の詩歌愛好家がオンラインで交流

    14日、安徽省馬鞍山市当塗県にある李白文化園の正面入り口。李白の墓は同文化園内にある。中国安徽省馬鞍山市にある浜江公園で13日、第33回馬鞍山李白詩歌節(祭)が開幕し、全国から専門家や学者、詩歌愛好家500人余りが開幕式に参加した。同市は詩歌祭の期間中、李白に関する展示イベントを行い、李白関連の文化クリエーティブ作品200点余り、李白と詩歌に登場する人物の彫像100体以上を広く市民に公開する。また中日詩吟交流大会がオンラインで行われ、中国側と日本吟道学院および友好都市の群馬県伊勢崎市から80人余りが参加した。(合肥=新華社記者/劉方強)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101803990

  • 1