KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • うしょう
  • 彩色
  • 分布
  • 世界
  • 最初
  • 中心
  • 千年
  • 国際博物館の日

「彩文土器」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
74
( 1 74 件を表示)
  • 1
74
( 1 74 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:08.15
    2018年08月10日
    「新華社」千年の技を継承する「90年代生まれ」の陶芸の達人甘粛省

    中国甘粛省天水市秦安県興国鎮康坡村では「康家」といえば、多くの人がすぐに彩文土器を思い浮かべる。康暁竜さんと弟の康暁剛さんはそんな村の「陶芸の家」に生まれた。小さい頃から泥が「遊び仲間」だった兄弟は、今では彩文土器作りで村の有名人になっている。ともに「90後」(1990年代生まれ)で、甘粛省の無形文化財である「秦安陶器焼成技術」の4代目後継者だ。8千年以上前の大地湾一期文化(中国の新石器文化の一つ)や2千年以上前の沙井文化(中国の青銅器時代末期の文化)の彩文土器などを見本として、復元製作をしている。彩文土器は採土や水簸(すいひ)、成形、絵付け、乾燥、焼成などのいくつかの工程を経て作られる。康兄弟の作品は現在、中国で展示・販売されているだけでなく、英国やフランス、ドイツ、日本などにも輸出されている。(記者/馬莎、李笑)<映像内容>陶芸製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801918

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示パネルを撮影する来館者。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801661

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    澠池県仰韶村の仰韶文化博物館。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801710

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示されている「彩陶盆」。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801801

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館でレリーフの解説をする博物館ガイド。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801668

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示品を見る来館者。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801684

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示されている彩文土器。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801723

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示品を鑑賞する来館者。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801733

  • 2020年06月12日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    仰韶文化博物館で展示されている「小口尖底瓶」。(6月12日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801667

  • 2020年07月15日
    仰韶遺跡博物館を訪ねて河南省澠池県

    澠池県仰韶村の仰韶文化博物館。(小型無人機から、7月15日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の中心市街地から北9キロの仰韶(ぎょうしょう)村に、中国新石器時代の著名な遺跡「仰韶遺跡」をテーマにした仰韶遺跡博物館がある。1921年に同村で行われた最初の発掘調査で、赤と黒で文様が描かれた彩文土器と磨製石器が出土し、その後の研究で5、6千年前の新石器時中・晩期の文化遺跡であることが分かった。同年の発掘調査は中国近代考古学の始まりとされており、中国に非常に発達した石器文化が存在したことを証明した。中国で初めて定められた考古学上の文化区分「仰韶文化」の名称も同遺跡に由来する。遺跡は北側の山を背に三方が水に囲まれている。面積は約30万平方メートルで、文化層の堆積は4メートルに及ぶ。石斧や石鏟(せきさん)、石鋤(いしすき)、紡輪(ぼうりん)、骨製の錐・針のほか、鉢や甕(かめ)、碗、壺などの土器が出土し、器物の表面の多くに彩色文様が施されていた。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801688

  • 2021年05月23日
    (9)青海省で文化・観光フェスティバル

    19日、2021青海文化・観光フェスティバルの会場に展示された柳湾彩陶(青海省で発見された新石器~青銅器時代の彩文土器)のレプリカ。中国青海省西寧市で19~23日、2021青海文化・観光フェスティバルが開催された。会場となった青海国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)には、13の展示エリアに56のブースが設けられ、全国各地から出展者が集まった。伝統文化や民族要素を取り入れ、現代生活にもマッチする文化クリエイティブ製品が来場者の人気を集めた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052407573

  • 2021年05月23日
    (7)第8回中国特色商品博覧交易会が開幕河南省三門峡市

    20日、中国特色商品博覧交易会の会場で、仰韶(ぎょうしょう)文化を代表する彩文土器(彩陶)をモチーフにした商品を展示する「仰韶彩陶ブース」を見学する来場者。中国河南省三門峡市で20日、第8回中国特色商品博覧交易会が開幕した。展示面積は1万2千平方メートル。会場には530のブースが設けられ、5千種以上の商品が展示されている。(鄭州=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309794

  • 2021年05月23日
    (6)第8回中国特色商品博覧交易会が開幕河南省三門峡市

    20日、中国特色商品博覧交易会の会場で、仰韶(ぎょうしょう)文化を代表する彩文土器(彩陶)をモチーフにした商品を展示する「仰韶彩陶ブース」を見学する来場者。中国河南省三門峡市で20日、第8回中国特色商品博覧交易会が開幕した。展示面積は1万2千平方メートル。会場には530のブースが設けられ、5千種以上の商品が展示されている。(鄭州=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052309791

  • 2021年06月20日
    (5)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500070

  • 2021年06月20日
    (4)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展で彩陶を観賞する来場者。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500087

  • 2021年06月20日
    (3)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500086

  • 2021年06月20日
    (9)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100016

  • 2021年06月20日
    (2)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009550

  • 2021年06月20日
    (6)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示 甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062500136

  • 2021年06月20日
    (10)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100017

  • 2021年06月20日
    (8)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100020

  • 2021年06月20日
    (7)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展で彩陶を観賞する来場者。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062100018

  • 2021年06月20日
    (1)馬家窯彩陶文物展、太古の魅力を展示甘粛省臨夏市

    19日、馬家窯文化彩陶珍品展の展示品。中国甘粛省の臨夏回族自治州彩陶館(臨夏市)で19日、馬家窯文化彩陶珍品展が開幕した。新石器時代後期に属する馬家窯文化各時期の珍しい彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。会期は約1カ月間で、器物に残る変幻自在な文様を通じ、人々に多種多彩な太古の世界に触れてもらう。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062009551

  • 2021年06月21日
    (3)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709631

  • 2021年06月21日
    (1)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709587

  • 2021年06月22日
    (4)現代に息づく伝統、彩陶職人の技 甘粛省臨夏回族自治州

    22日、馬黒麦さんが制作した彩陶。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070709588

  • 2021年06月24日
    (6)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412727

  • 2021年06月24日
    (2)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    21日、彩陶を制作する馬黒麦さん。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412661

  • 2021年06月24日
    (5)現代に息づく伝統、彩陶職人の技甘粛省臨夏回族自治州

    22日、馬黒麦さんが制作した彩陶。中国甘粛省臨夏回族自治州は歴史が長く、多くの遺跡を有し、大量の馬家窯彩陶(彩文土器)が出土している。同自治州出身の陶芸家、馬黒麦(ば・こくばく)さん(50)の育った家も新石器時代後期に属する馬家窯文化の分布域にあり、祖父はれんが、父は植木鉢を作る職人だった。小さい頃から泥遊びが好きで、よく父の手伝いをしていた馬さんはやがて、こうした趣味を事業へと発展させ、地元で有名な彩陶職人になった。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062412726

  • 00:53.46
    2021年10月02日
    「新華社」頤和園博物館で福寿文化にまつわる特別展北京市

    中国北京市の頤和園博物館が9月28日、正式にオープンした。同館の前身は文昌院景勝地で、文化財展示ホールの面積は2777平方メートル。「皇家園林」の特色を備えた博物館となっている。同館で同日、初の展示会となる「園説Ⅲ-文化財に見る福寿文化と芸術特別展」が開幕し、福寿文化にまつわる国内外の文化財286点(セット)が展示された。特別展のため、同館は新石器時代の彩陶(彩文土器)や西周時代の青銅器、漢代の瓦、唐代の銅鏡、宋代の磁器、明・清代の器物、書画などの文化財145点を、故宮博物院など18の機関から借り受けた。中国の四千年以上に及ぶ歴史が生んだ逸品を展示する同展は、来年1月8日まで開かれる。(記者/楊淑君) =配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100210974

  • 2022年01月26日
    (5)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐(部分)。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613628

  • 2022年01月26日
    (8)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613597

  • 2022年01月26日
    (10)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613598

  • 2022年01月26日
    (2)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613482

  • 2022年01月26日
    (1)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613486

  • 2022年01月26日
    (12)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613623

  • 2022年01月26日
    (13)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613625

  • 2022年01月26日
    (14)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の附加堆文単耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613626

  • 2022年01月26日
    (18)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613630

  • 2022年01月26日
    (9)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶単耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613596

  • 2022年01月26日
    (6)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館にある馬家窯遺跡発掘現場の復元模型。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613601

  • 01:17.84
    2022年01月26日
    「新華社」5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布している。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料が彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(記者/范培珅、馬莎、王紫軒) =配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613398

  • 2022年01月26日
    (19)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613639

  • 2022年01月26日
    (4)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で馬家窯文化半山類型の彩陶を鑑賞する来館者。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613493

  • 2022年01月26日
    (7)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館にある馬家窯文化の土器に残されていた記号の概略図。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613593

  • 2022年01月26日
    (17)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬廠類型の貝文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613637

  • 2022年01月26日
    (15)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で馬家窯文化馬廠類型の彩陶を鑑賞する来館者。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613622

  • 2022年01月26日
    (16)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の彩陶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613624

  • 2022年01月26日
    (20)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬廠類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613642

  • 2022年01月26日
    (11)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の葫蘆網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613621

  • 2022年01月26日
    (3)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613492

  • 2022年05月17日
    (13)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712335

  • 2022年05月17日
    (12)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712339

  • 2022年05月17日
    (6)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712208

  • 2022年05月17日
    (14)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712388

  • 2022年05月17日
    (3)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712210

  • 2022年05月17日
    (11)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712309

  • 2022年05月17日
    (7)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712204

  • 2022年05月17日
    (1)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712248

  • 2022年05月17日
    (9)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712289

  • 2022年05月17日
    (15)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712386

  • 2022年05月17日
    (2)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712170

  • 2022年05月17日
    (8)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712384

  • 2022年05月17日
    (4)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712203

  • 2022年05月17日
    (5)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712209

  • 2022年05月17日
    (10)彩文土器の特別展、甘粛省敦煌市で間もなく開幕

    15日、甘粛省敦煌市博物館で展示された彩文土器。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕する。同博物館が省内の博物館7館と共同で企画・主催し、彩陶(彩文土器)80点余りを展示する。河隴地区(現在の甘粛省西部地域)は中華文明の重要な発祥地の一つで、古代中国と世界をつなぐ回廊といわれている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域は今から8千年前に大地湾文化が中華文明に最初の光を灯し、約5千年前の洮河(とうが)流域の馬家窯(ばかよう)文化では先史文明の典型的な具象として彩文土器が頂点に達した。彩陶は中華文明の魂といわれる。彩陶文化は紀元前4300年ごろには渭水上流から洮河を経て祁連(きれん)山を越えて敦煌に至り、さらに天山北路に沿って西に向かい伊犁(いり)河谷に入り、バルハシ湖東岸に至る。先史シルクロードの重要な構成部分である「彩陶の道」は、東西の人文交流に重要な役割を果たした。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051712306

  • 2022年05月19日
    (4)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で見学する観光客。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908535

  • 2022年05月19日
    (6)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で展示された彩陶。(組み合わせ写真)中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908543

  • 2022年05月19日
    (3)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で見学する観光客。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908537

  • 2022年05月19日
    (7)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で撮影する観光客。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908532

  • 2022年05月19日
    (1)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で見学する観光客。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908534

  • 2022年05月19日
    (2)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で見学する観光客。中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908546

  • 2022年05月19日
    (5)彩文土器の特別展開幕甘粛省敦煌市

    18日、特別展の会場で展示された彩陶。(組み合わせ写真)中国甘粛省の敦煌市博物館で18日の「国際博物館の日」に合わせ、「華夏之魂-河隴(かろう)彩陶文化特別展」が開幕した。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051908547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年05月20日
    (1)高原の博物館で働く「文化財の医師」青海省

    彩陶(彩文土器)に脱塩処理を施す呉海濤氏。(2018年2月6日撮影)中国青海省博物館文化財保護センターの呉海濤(ご・かいとう)主任(55)は、1992年に青海省博物館に就職し、以来30年間、同館所蔵文化財の保護と修復に従事し、これまで400件近くの文化財を修復してきた。呉主任は自分たちの役割について「文化財の医師のように、文化財の病を治し、健康維持に努めている」と述べ、博物館の文化財修復には、文化財に対する情報調査、科学的検査、保護修復プランの作成、専門家による合同審査、保護修復作業や文書保管など一連の作業があり、文化財の質やその損傷の程度によって、修復には数日から数年かかると紹介した。2000年に新しい場所に移転した青海省博物館は、文化財1万点以上を有する。同博物館は12年に文化財保護センターを設立し、呉主任率いるチームがこれまで紡績品、金属類、紙類、陶器類などの文化財700点以上の保護と修復を行ってきた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052011475

  • 1