KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 伝承
  • 模様
  • 表面
  • 登録
  • 継承
  • 国家
  • 指導
  • 授業

「彫漆」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  堆朱楊成
    1950年10月28日
    堆朱楊成

    堆朱工芸の堆朱楊成(彫漆)=1950(昭和25)年10月28日(25年内地番号なし) (ついしゅ ようぜい)

    商品コード: 2014022400332

  •  媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省
    2019年05月15日
    媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省

    15日、莆田市博物館に展示されている「清硬木透彫漆金卓灯」(硬材を透かし彫りにして金粉を塗った清代のテーブルランプ)。中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002190

  •  媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省
    2019年05月15日
    媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省

    15日、莆田市博物館に展示されている「清硬木透彫漆金卓灯」(硬材を透かし彫りにして金粉を塗った清代のテーブルランプ)を眺める来場者。中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002187

  •  漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省
    2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された彫漆(ちょうしつ)の獅子像。彫漆とは、漆を塗り重ねた厚い層を彫刻して文様を表わす技法を指す。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051502183

  •  伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市
    2020年06月17日
    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市

    17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、使用する木材を選ぶ張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204750

  •  伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市
    2020年06月17日
    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市

    17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴の半製品の検査を行う張濤さん。古琴1面を制作するには少なくとも1年を要するという。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204778

  •  伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市
    2020年06月17日
    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市

    17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴を制作する張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204820

  •  伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市
    2020年06月17日
    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市

    17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、琴の胴の部分に当たる板を削る張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204883

  •  無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月11日
    無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、彫漆の技法を学ぶ上海台商子女学校の在校生ら。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)=2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710022

  •  (2)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (2)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、上海台商子女学校で彫漆の技法を指導する「漆器制作技法」の家族伝承者、兪平(ゆ・へい)さん(左)。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313083

  •  (9)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (9)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、彫漆作品を手に記念撮影する上海台商子女学校の在校生ら。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313086

  •  (8)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (8)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、彫漆に取り組む上海台商子女学校の在校生ら。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313087

  •  (7)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (7)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、彫漆に取り組む上海台商子女学校の在校生。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313089

  •  (1)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (1)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、梅花鹿(ハナジカ)を描いた彫漆作品を見せる上海台商子女学校の在校生。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313082

  •  (3)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (3)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、彫漆に取り組む上海台商子女学校の在校生。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313084

  •  (5)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (5)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、漆に彫刻をした後、色付けする上海台商子女学校の在校生。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313085

  •  (4)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市
    2021年05月13日
    (4)無形文化遺産「漆器制作技法」を学ぶ子どもたち上海市

    11日、上海台商子女学校で彫漆の技法を指導する「漆器制作技法」の家族伝承者、兪昇寿(ゆ・しょうじゅ)さん(右)。中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の上海台商子女学校で11日、漆器工芸の授業が行われた。無形文化遺産「漆器制作技法」の伝承者が学校を訪れ、器物の表面に漆を塗り重ねて模様を彫り込む「彫漆(ちょうしつ)」の技法を指導した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051313080

  •  (1)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (1)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、福建省工芸美術ビルで漆絵を鑑賞する愛好家。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403263

  •  (4)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (4)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、福建省工芸美術ビルに展示された漆器。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403267

  •  (5)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (5)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、福建省工芸美術ビルで漆絵を撮影する愛好家。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403253

  •  (6)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (6)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、福建省工芸美術ビルで彫漆を鑑賞する愛好家。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403222

  •  (3)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (3)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、福建省工芸美術ビルで漆芸作品を鑑賞する愛好家。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403237

  •  (2)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市
    2021年07月24日
    (2)漆芸作品200点余りを展示福建省福州市

    21日、漆芸の技法で制作された古琴を鑑賞する愛好家。中国福建省福州市の福建省工芸美術ビルで21日、省内の漆芸界を代表する中国工芸美術大師や無形文化遺産の継承者、名匠ら約100人が手掛けた福州脱胎漆器、彫漆(ちょうしつ)、漆絵、アモイ漆線彫(しつせんちょう)などの作品200点(組)余りが展示された。同省の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」と「アモイ漆線彫技法」は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403264

  •  (4)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (4)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を制作する、福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307826

  •  (14)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (14)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を紹介する福建省紅門漆芸術研究院の袁師永(えん・しえい)さん。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307840

  •  (5)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力
    2021年08月03日
    (5)福建省福州市、現代漆絵の伝承と発展に尽力

    7月27日、福州彫漆(ちょうしつ、表面に漆を塗り重ねて模様を彫る技法)の作品を制作する、福建省紅門漆芸術研究院のスタッフ。中国福建省福州市は漆工芸が盛んな町で、2012年に「中国脱胎漆芸の都」として評価された。同市の漆塗り技法「福州脱胎漆器髹飾(きゅうしょく)技芸」は2006年、第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。同市は現在、漆塗り工芸と絵画創作を融合させた現代漆絵の重要な発信地で、現代漆絵の創作と交流に有利な条件を提供している。特に近年、同市政府は無形文化遺産を保護するため、漆工芸人材の育成や漆工芸技法の革新・研究などに尽力。福州漆芸の伝承と普及を図りながら、無形文化遺産の保護・継承と革新的な発展に向けた取り組みを進めている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080307829

  • 1