KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 五言律詩
  • いにしえ
  • 令和
  • 作品
  • 描写
  • 敦煌文献
  • 旋律
  • 物語
  • 生命力
  • 発見

「律詩」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400218

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400236

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400205

  • 00:55.14
    2020年10月11日
    「新華社」声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(記者/張智敏)<映像内容>声楽組曲「敦煌廿咏」の初公演の様子、撮影日:2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408348

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400216

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400271

  • 2020年10月11日
    声楽組曲「敦煌廿咏」が初公演甘粛省蘭州市

    11日、甘粛省蘭州市で行われた声楽組曲「敦煌廿咏」の初演。中国甘粛省敦煌市の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された「敦煌文献」から題材を得て創作された声楽組曲「敦煌廿咏(とんこうじゅうえい)」の初公演が11日、同省蘭州市で行われた。作品の元となった五言律詩「敦煌廿詠」(または「敦煌古跡二十詠」)は唐代の作で、主に敦煌の名所旧跡と歴史上の人物を描写した20首から成る。蘭州大学中華詩楽文化研究センターは3年近くを費やし、「敦煌廿詠」に対する旋律を作って歌をつけた。詩と音楽、舞踏を組み合わせ、歌で敦煌の物語を語ることで、いにしえの敦煌芸術に新たな生命力を注ぎ込んでいる。(蘭州=新華社記者/張智敏)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101408159

  • 1