KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 全国重点文物保護単位
  • 指定
  • 高さ
  • 千年
  • 記者
  • 令和
  • しゅう
  • 仏教
  • 価値
  • 全長

「後周」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102322

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    安陽文峰塔に施されたレンガ彫刻。五代十国の後周時代の建立。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102295

  • 2017年04月25日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102307

  • 2017年10月25日
    「中国のピサの斜塔」蘇州の虎丘塔

    蘇州の虎丘塔。(2017年10月25日撮影)中国江蘇省蘇州市の北西部にある小高い丘、虎丘(こきゅう)の上にそびえる虎丘塔は、雲岩寺(うんがんじ)塔とも呼ばれ、古都・蘇州のシンボル的な建築物の一つに数えられる。五代最後の王朝、後周の顕徳6(959)年に着工、北宋の建隆2(961)年に完成した。八角七層で、高さは約48メートル。塔身がやや北に傾いていることから「中国のピサの斜塔」と呼ばれる。1961年に国務院により第1陣の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(蘇州=新華社配信)=2017(平成29)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507714

  • 2018年02月06日
    「中国のピサの斜塔」蘇州の虎丘塔

    蘇州の虎丘塔。(2018年2月6日撮影)中国江蘇省蘇州市の北西部にある小高い丘、虎丘(こきゅう)の上にそびえる虎丘塔は、雲岩寺(うんがんじ)塔とも呼ばれ、古都・蘇州のシンボル的な建築物の一つに数えられる。五代最後の王朝、後周の顕徳6(959)年に着工、北宋の建隆2(961)年に完成した。八角七層で、高さは約48メートル。塔身がやや北に傾いていることから「中国のピサの斜塔」と呼ばれる。1961年に国務院により第1陣の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(蘇州=新華社配信)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507688

  • 2018年10月11日
    Frankfurt Book Fair

    11 October 2018, Hessen, Frankfurt_Main: The Swedish bestselling author Jonas Jonasson looks around after his appearance on the “Blue Sofa“ of ZDF. The world‘s largest book show takes place until 14 October. Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101229269

  • 2018年10月11日
    Frankfurt Book Fair

    11 October 2018, Hessen, Frankfurt_Main: The Swedish bestselling author Jonas Jonasson looks around after his appearance on the “Blue Sofa“ of ZDF. The world‘s largest book show takes place until 14 October. Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101229254

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501372

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501334

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501309

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501367

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501313

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501316

  • 2019年10月17日
    滄州鉄獅子、千年の雄姿河北省

    17日、河北省滄州市の滄州鉄獅子。中国河北省滄州(そうしゅう)市には、今をさかのぼること千年以上、後周の広順3(953)年に鋳造された鉄製の獅子像「滄州鉄獅子」が建っている。鉄獅子は全長6・3メートル、幅3メートル、高さ5・5メートルで、重さは約40トン。内部は空洞になっており、本体を構成する鉄は最も厚い部分で35センチメートル、最も薄い部分で3センチメートル。鉄獅子は足を開き、歩行姿勢をとっている。真に迫った雄々しい姿は鋳造工芸の逸品と言える。滄州鉄獅子は1961年3月、中国国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。滄州鉄獅子は中国古代の冶金、彫刻、仏教史の研究に貴重な実物資料を提供し、歴史的、科学的、芸術的にも高い価値を持っている。(滄州=新華社記者/李継偉)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501332

  • 2020年05月26日
    「中国のピサの斜塔」蘇州の虎丘塔

    蘇州の虎丘塔。(5月26日撮影)中国江蘇省蘇州市の北西部にある小高い丘、虎丘(こきゅう)の上にそびえる虎丘塔は、雲岩寺(うんがんじ)塔とも呼ばれ、古都・蘇州のシンボル的な建築物の一つに数えられる。五代最後の王朝、後周の顕徳6(959)年に着工、北宋の建隆2(961)年に完成した。八角七層で、高さは約48メートル。塔身がやや北に傾いていることから「中国のピサの斜塔」と呼ばれる。1961年に国務院により第1陣の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507732

  • 2020年05月26日
    「中国のピサの斜塔」蘇州の虎丘塔

    蘇州の虎丘塔。(5月26日撮影)中国江蘇省蘇州市の北西部にある小高い丘、虎丘(こきゅう)の上にそびえる虎丘塔は、雲岩寺(うんがんじ)塔とも呼ばれ、古都・蘇州のシンボル的な建築物の一つに数えられる。五代最後の王朝、後周の顕徳6(959)年に着工、北宋の建隆2(961)年に完成した。八角七層で、高さは約48メートル。塔身がやや北に傾いていることから「中国のピサの斜塔」と呼ばれる。1961年に国務院により第1陣の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507715

  • 1