KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 発掘調査
  • 記者
  • カルスト地形
  • 中国十大考古新発見
  • 人間
  • 副葬品
  • 磨製石器
  • 関連
  • 骨角器

「後期旧石器時代」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Cave of Niaux. Black Hall panel. Painting of injured bisons, executed in a Black-outlined style. Late Upper Paleolithic. Magdale

    Cave of Niaux. Black Hall panel. Painting of injured bisons, executed in a Black-outlined style. Late Upper Paleolithic. Magdalenian Culture, c. 13.000 BCE. Ariege, southwestern France. Europe.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019101705078

  • 1989年06月14日
    大型動物の足跡 2万年前のシカの足跡

    京都市動物園の地表下2・5メートルの泥層から見つかった2万年前の足跡。約2万年前(後期旧石器時代)のオオツノシカか野牛などの大型動物の足跡とみられる=京都市左京区岡崎

    商品コード: 2019122400427

  • 1997年05月07日
    発見された遺跡 後期旧石器時代の工房跡か

    神奈川県相模原市の相模川沿い土地区画整理事業用地で、後期旧石器時代の矢の先端に付ける多数の尖頭器(せんとうき)と炉、柱跡と思われる穴が見つかった。遺跡を調査している「田名塩田遺跡群発掘調査団」は、日本最大級の工房だった可能性があるとしている

    商品コード: 1997050700018

  • 2000年09月06日
    水迫遺跡 住居跡ともに炉跡を発見

    後期旧石器時代の炉跡が発見された水迫遺跡=6日午前、鹿児島県指宿市

    商品コード: 2000090600047

  • 2000年09月06日
    発見された炉跡 住居跡ともに炉跡を発見

    水迫遺跡で確認された後期旧石器時代の炉跡=6日午前、鹿児島県指宿市

    商品コード: 2000090600050

  • 2002年10月28日
    出土した打製石斧 最大の旧石器石斧出土

    早坂平(はやさかたい)遺跡から出土した後期旧石器時代としては国内最大の打製石斧(せきふ)=28日午後、岩手県山形村

    商品コード: 2002102800218

  • 2009年11月12日
    満り久保遺跡 石器・石片1800点出土

    後期旧石器時代の石やり「槍先形尖頭器」など約1800点の石器・石片が出土した満り久保遺跡=12日午後、長野県佐久穂町

    商品コード: 2009111200359

  • 05:28.02
    2016年09月19日
    世界最古の釣り針出土 沖縄・サキタリ洞遺跡

    沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡から、世界最古となる約2万3千年前(後期旧石器時代)の釣り針が出土したと発表した。巻き貝製で、旧石器時代の漁労具は国内でも初の発見。同館は「陸上での狩猟が中心と考えられていた旧石器時代の新たな一面がうかがえる貴重な資料だ」としている。 <映像内容>記者会見のもよう(右から1人目は沖縄県立博物館・美術館の山崎真治主任、2人目が藤田祐樹主任)と、釣り針などの出土物の物撮り、発掘現場とその場での説明、沖縄県立博物館・美術館の藤田祐樹主任のインタビュー、撮影日:2016(平成28)年9月19日、撮影場所:沖縄県那覇市

    商品コード: 2020062408582

  • 2019年07月05日
    朝鮮通信資料 新豊里遺跡から出土した石器

    北朝鮮・平安南道粛川郡の田野で発掘された新豊里遺跡(後期旧石器時代)から出土した石器=撮影日不明。朝鮮中央通信が2019年7月4日報道(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2019070902093

  • 2019年07月05日
    朝鮮通信資料 新豊里遺跡から出土した骨器

    北朝鮮・平安南道粛川郡の田野で発掘された新豊里遺跡(後期旧石器時代)から出土した骨器(獣の骨で作った道具)=撮影日不明。朝鮮中央通信が2019年7月4日報道(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2019070902096

  • 2019年07月05日
    朝鮮通信資料 新豊里遺跡から出土した獣骨化石

    北朝鮮・平安南道粛川郡の田野で発掘された新豊里遺跡(後期旧石器時代)から出土した獣骨化石=撮影日不明。朝鮮中央通信が2019年7月4日報道(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2019070902099

  • 00:57.19
    2020年11月03日
    「新華社」「東洋人の故郷」泥河湾で石器時代の文化に触れる河北省

    中国河北省の北西部に、先史時代の大型遺跡群「泥河湾(でいかわん)遺跡群」がある。世界の地質考古学界が認める第四紀の国際標準地層であり、哺乳類化石や旧石器人類の遺構も多く出土していることから「東洋人の故郷」と呼ばれる。遺跡は主に張家口市陽原県内の東西82キロ、南北27キロの細長い範囲に分布している。大型旧石器文化遺跡群に属し、中国の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)と国家級地質遺跡自然保護区に指定されている。2019年末時点の統計では、確認・試掘調査や発掘調査で前・中・後期旧石器時代と新石器時代の遺跡400カ所近くが確認されている。(記者/秦婧)<映像内容>泥河湾遺跡群の空撮、発掘の様子、観光の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500399

  • 2020年11月26日
    稚児野遺跡 最古級の後期旧石器を発見

    後期旧石器時代前半の石器が出土した稚児野遺跡=26日午後、京都府福知山市

    商品コード: 2020112604938

  • 2021年04月16日
    古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208241

  • 2021年04月19日
    (6)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000645

  • 2021年04月19日
    (9)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡での考古学発見を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000649

  • 2021年04月19日
    (12)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、土壌から古DNAが検出された土層の穴を指すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000667

  • 2021年04月19日
    (10)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000663

  • 2021年04月19日
    (14)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した動物の骨。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000665

  • 2021年04月19日
    (2)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000631

  • 2021年04月19日
    古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した石器。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208184

  • 2021年04月19日
    (3)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の層序を示す番号を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000632

  • 01:16.93
    2021年04月19日
    「新華社」古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(記者/陳嬙、欧東衢、施銭貴) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000630

  • 2021年04月19日
    (5)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で調査を実施するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000647

  • 2021年04月19日
    (11)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000664

  • 2021年04月19日
    (7)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。(小型無人機から)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000648

  • 2021年04月19日
    (13)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    招果洞遺跡から出土した磨製石器。(資料写真)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000666

  • 2021年04月19日
    (1)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡で層序を説明するスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000633

  • 2021年04月19日
    (4)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、招果洞遺跡の土層に露出した動物化石を示すスタッフ。中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042000646

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011814

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (4)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050505867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (2)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050505868

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (3)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050505869

  • 1