KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しん
  • 令和
  • 再建
  • 創建
  • 山頂
  • 王審知
  • めい
  • 光緒
  • 同地
  • 大小

「後梁」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (24)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月05日
    (24)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、鐘楼と鼓楼の間の庭に置かれた神亀の彫像と宋代の石で作られた貯水槽。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800280

  •  莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月05日
    莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前から見た定光塔。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800282

  •  莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月05日
    莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の法堂。無了禅師の真身舎利(遺骨)と慧中、月中両祖師の像が安置されている。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800281

  •  (2)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (2)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の禅堂。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801554

  •  (11)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (11)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801573

  •  (6)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (6)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801647

  •  (25)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (25)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、斎堂(食堂)前の雲板と木魚。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801562

  •  (22)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (22)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後から見た鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801565

  •  (4)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (4)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿に掲げられている趙樸初(ちょう・ぼくしょ)居士が揮毫(きごう)した「万徳荘厳」の扁額(へんがく)。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801541

  •  (20)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (20)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の前に立つ七仏塔。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801502

  •  (23)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (23)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801510

  •  (13)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (13)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、観音閣から見た大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801579

  •  (3)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (3)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿脇の廊下から見える鼓楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801543

  •  (17)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (17)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の小道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801592

  •  (7)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (7)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、定光塔山門の前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801601

  •  (15)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (15)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の傍らに作られた菜園。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801533

  •  (5)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (5)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、大雄宝殿前から見た天王殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801542

  •  (1)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (1)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の参道。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801632

  •  (16)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (16)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の山門前に置かれた石亀。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801644

  •  (14)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (14)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の亀泉井。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801514

  •  (12)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (12)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の観音殿と鐘楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801493

  •  (18)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (18)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺山門前の広場。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801652

  •  (9)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (9)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺法堂の前庭と廊下。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801595

  •  (10)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (10)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の放生池。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801572

  •  (21)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省
    2021年02月17日
    (21)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後に見える大雄宝殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801492

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (9)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    湧泉寺の喝水岩摩崖石刻群。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (10)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    湧泉寺の霊源洞。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407937

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (15)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    天王殿の前にたたずむ宋代に建てられた陶製の塔。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408412

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (3)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の乗雲亭。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407890

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (20)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    豊かな緑に囲まれた湧泉寺。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408669

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (18)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    涌泉寺にある天王殿の正面。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408660

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (16)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    摩崖石刻に刻まれた、南宋の宰相、文天祥(ぶん・てんしょう)が記したとされる「忠孝廉節」の文字。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408431

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (2)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    大雄宝殿の正面。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407862

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (5)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の摩崖石刻。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (17)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    湧泉寺の山門。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408659

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (6)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の摩崖石刻。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407897

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (7)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の喝水岩摩崖石刻群。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407899

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (11)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    魚の形をした木製の鳴らし物、魚梆(ぎょほう)。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407941

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (8)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    湧泉寺の喝水岩摩崖石刻群。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407928

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (4)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の摩崖石刻。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407891

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (14)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    「石鼓名山」と記された牌坊。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (12)福建省を代表する古刹、湧泉寺を訪ねて

    山門の内部。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407942

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (1)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    涌泉寺の半山凉亭(あずまや)。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある涌泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰涌泉院と改名された。宋、明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「涌泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と涌泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407860

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月14日
    (19)福建省を代表する古刹、涌泉寺を訪ねて

    康熙帝から下賜された「湧泉寺」の扁額。(7月6日撮影)中国福建省福州市の東南に位置する鼓山の中腹にある湧泉寺は、寺の前に泉「羅漢泉」が湧き出ていることからその名がついた。「閩刹之冠(福建省随一の名刹)」と称えられている。鼓山は山頂にある太鼓に似た巨石にちなんで名付けられたという。同寺は後梁の開平2(908)年の創建で、十国閩の初代の王、王審知(おう・しんち)が雪峰寺の高僧、神晏(しん・あん)を招いたことで知られる。乾化5(915)年に鼓山白雲峰湧泉院と改名された。宋・明代に再建されたが、明の嘉靖21(1542)年に火災に遭い焼失した。清の順治元年に再建され、康熙38(1699)年、康熙帝から「湧泉寺」の扁額を下賜された。明・清代における曹洞宗の三大流派の一つ「鼓山禅」と湧泉寺は、日本、マレーシアのマラッカ、中国台湾地区の仏教と深い縁があり、同地区の仏教四大宗派の祖庭(開祖ゆかりの寺院)でもある。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101408662

  • 1