KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 資料
  • 麻布
  • 弔問
  • 一蔵
  • 夫妻
  • 長男
  • 関東大震災
  • 大正
  • 市政会館
  • 葬儀

「後藤新平」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1944年03月16日
    (ごとう・しんぺい) 後藤新平

    政治家=昭和19年3月16日

    商品コード: 1944031600002

  • -
    (ごとう・しんぺい) 後藤新平

    政治家=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080202199

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月12日
    後藤新平の医校長展

    後藤新平の愛知医学校(現名古屋大医学部)校長時代を紹介するミニ展示

    商品コード: 2013101200175

  • 2007年06月01日
    笑顔の李登輝氏 李登輝氏、後藤新平賞受賞

    「後藤新平賞」を受賞し笑顔の台湾の李登輝前総統=1日午前、東京・六本木の国際文化会館

    商品コード: 2007060100059

  • 2007年06月01日
    講演する李登輝氏 李登輝氏、後藤新平賞受賞

    「後藤新平賞」を受賞し、講演する台湾の李登輝前総統=1日午前、東京・六本木の国際文化会館

    商品コード: 2007060100061

  • 2020年06月12日
    後藤新平賞に宇梶静江さん

    宇梶静江さん

    商品コード: 2020061204963

  • 1999年09月03日
    後藤新平 世界の東京目指し大計画

    )、企画11S、モノクロのみ、14日付朝刊以降使用、解禁厳守  逓信相、内相、外相、東京放送局(現NHK)総裁などを歴任した後藤新平

    商品コード: 1999090300160

  • 2020年09月23日
    アイヌの精神性を伝えて

    後藤新平賞の授賞式で喜びの表情を見せる宇梶静江さん(右)と弟の浦川治造さん=7月、東京都千代田区

    商品コード: 2020092305841

  • 1929年04月13日
    日本電報通信社資料

    後藤新平伯爵邸を弔問し玄関前で列を作る少年団代表たち=1929(昭和4)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041800294

  • 1929年04月03日
    日本電報通信社資料

    自邸玄関前で少年団(ボーイスカウト)を観閲する後藤新平伯爵=1929(昭和4)年4月3日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929040300001

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    後藤新平伯爵邸を弔問する少年団代表たち=1929(昭和4)年4月14日、東京・麻布(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042000109

  • 1929年04月13日
    日本電報通信社資料

    後藤新平伯爵邸を弔問し敬礼する少年団代表たち=1929(昭和4)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041800293

  • 1929年04月16日
    日本電報通信社資料

    故後藤新平伯爵の葬儀で青山斎場に向かう喪主の長男一蔵氏(左)=1929(昭和4)年4月16日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042200065

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    弔問を終え後藤新平伯爵邸を出る牧野伸顕侍従(中央)=1929(昭和4)年4月14日、東京・麻布(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042000117

  • 1929年04月28日
    日本電報通信社資料

    少年団日本連盟(ボーイスカウト)主催の追悼会で故後藤新平総裁に黙とうを捧げる団員たち=1929(昭和4)年4月28日、東京・日比谷音楽堂(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929042800001

  • 1929年04月03日
    日本電報通信社資料

    東京少年団を大礼服姿で閲兵する後藤新平伯爵=1929(昭和4)年4月3日、東京・麻布の自邸玄関前(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041300154

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    東京駅ホームで後藤新平伯爵の遺体の入った柩を迎える関係者たち=1929(昭和4)年4月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042000106

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    本邸に後藤新平伯爵の枢を迎える長男の一蔵氏夫妻と孫たち=1929(昭和4)年4月14日、東京・麻布(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042000107

  • 1929年04月16日
    日本電報通信社資料

    後藤新平伯爵の葬儀のため青山斎場へ向かう車列。左側は整列した近衛第一連隊の儀仗兵=1929(昭和4)年4月16日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929041600001

  • 1929年04月13日
    日本電報通信社資料

    後藤新平伯爵を弔問する若槻礼次郎元首相(階段2段目の羽織はかま)=1929(昭和4)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041800292

  • 1929年04月16日
    日本電報通信社資料

    故後藤新平伯爵の葬儀で式場に並ぶ喪主の長男一蔵(右端)夫妻と孫たち=1929(昭和4)年4月16日、東京・青山斎場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042200125

  • 1930年04月10日
    日本電報通信社資料

    帝都復興の恩人、故後藤新平伯爵の1周忌追悼会で祭文朗読する堀切善次郎東京市長=1930(昭和5)年4月10日、東京・日比谷の市政会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012070600160

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    大勢の人に見送られ東京駅を出発、麻布の自宅へ向かう後藤新平伯爵の柩を乗せた車=1929(昭和4)年4月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929041400002

  • 1923年09月15日
    関東大震災

    上野公園で焼け跡御巡視中の摂政宮殿下。中央右から後藤新平内相、1人おいて状況を説明する湯浅倉平警視総監、永田秀次郎東京市長=1923(大正12)年9月15日(昭和天皇・裕仁、皇太子時代、皇室)

    商品コード: 2011031600199

  • 1929年04月04日
    日本電報通信社資料

    講演旅行中に倒れた後藤新平伯爵の入院先の京都病院に列車で向かう女婿の佐野彪太医学博士(左)夫妻と跡継ぎの一蔵氏(中央)=1929(昭和4)年4月4日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041300239

  • 1999年09月03日
    佃の高層住宅街と隅田川 世界の東京目指し大計画

    )、企画11S、14日付朝刊以降使用、解禁厳守  高層住宅街を手前にした隅田川。内務大臣・後藤新平による関東大震災後の復興事業計画で永代橋をはじめいくつもの橋が整備された=東京都中央区佃で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1999090300161

  • 1929年04月14日
    日本電報通信社資料

    後藤邸の大広間に安置された故後藤新平伯爵の柩と遺族席に並ぶ長男の一蔵氏(左一団の右端)夫妻と孫たち=1929(昭和4)年4月14日、東京・麻布(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011042000270

  • 1923年09月30日
    関東大震災

    仮事務所となった永田町の村井吉兵衛邸(現在の日比谷高校敷地)で開かれた帝都復興院の初会合。左手前から時計回りで、総裁の後藤新平内相、宮尾舜次副総裁(後頭部のみ)、松木幹一郎副総裁、丹羽七郎、直木倫太郎技官(右端)、池田宏計画局長(右手前)=1923(大正12)年9月30日(復興、政府)

    商品コード: 2009042800162

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    復興院幹部が初会合 関東大震災と東京の復興

    1923(大正12)年9月30日、仮事務所となった永田町の村井吉兵衛邸(現在の都立日比谷高校敷地)で開かれた帝都復興院の初会合に出席した幹部たち。左手前から時計回りで、総裁の後藤新平内相、宮尾舜次副総裁(後頭部のみ)、松木幹一郎副総裁、丹羽七郎(肩書不明、後に岩手県知事に就任)、直木倫太郎技監(右端、後に復興局長官就任)、池田宏計画局長(右手前)

    商品コード: 2012040200377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1942年12月31日

    本社記録 1235 ◎同盟通信社本社(市政会館) 後藤新平の発案になる地方自治の調査研究機関「東京市政調査会」の本拠地として日比谷公園の一角に建設され、1929年(昭和4年)落成。設計佐藤功一。日比谷公園に面した建物の北側半分は日比谷公会堂、残る通り側の半分を市政会館が占める。1942(昭和17)年1月11日より同盟通信社本社が置かれた。戦後はその後身である共同通信社と時事通信社が、共同は1966年まで、時事は2003年まで引き続き本社を置いた=1942(昭和17)年夏撮影(撮影月日不詳)、東京

    商品コード: 2011072700437

  • 1936年01月31日

    ◎市政会館 後藤新平の発案になる地方自治の調査研究機関「東京市政調査会」の本拠地として日比谷公園の一角に建設され、1929年(昭和4年)に落成。設計佐藤功一。日比谷公園に面した建物の北側半分は日比谷公会堂、残る通り側の半分を市政会館が占める。1942(昭和17)年1月11日より同盟通信社本社が置かれた。戦後はその後身である共同通信社と時事通信社が、共同は1966年まで、時事は2003年まで引き続き本社を置いた=1936年1月(撮影日不詳)、複写モノクロ

    商品コード: 2004031200081

  • 1