KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • キャンパス
  • ダンス
  • プラカード
  • 人々
  • 児童
  • 再建
  • 四川大地震
  • 子ども
  • 学年

「徐広」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、給食を食べるマル小学校の児童たち。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、寮の部屋を整理するマル小学校5年生の児童たち。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、空から眺めたマル小学校の新キャンパス(ドローン撮影)。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、国語のテストに臨むマル小学校3年生の女の子。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、給食を食べるマル小学校の児童たち。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、英語の授業を受けるマル小学校5年1組の児童たち。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800095

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    感謝の気持ちを忘れない子どもたちの新生活

    4月25日、記者の10年ぶりの訪問を知り、手でポーズを作り、全国の人々の思いやりに対し感謝の気持ちを表すマル小学校4年1組の子どもたち。2008年5月16日、中国四川省青川県馬鹿(マル)小学校の徐広君と仲間たち100余人は、自分から進んで同村の道路脇に3つの活動ポイントを設けて、全国各地からやって来た支援関係者に向け、感謝の気持ちを記したプラカードを掲げた。子どもたちのこの取り組みは多くの人々を感動させ、各地から寄せられた子どもたちへのあいさつや同校に対する支援活動も、途切れることなく続いている。汶川地震(四川大地震)から10年目を迎える今、記者はマル小学校を再度訪れた。地震で倒壊した校舎は思いやりの寄付によって建てられた新校舎に代わり、キャンパスには子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていた。マル小学校の新校舎は全額、浙江省湖州市の負担で再建され、敷地面積は18484平方メートル、建築面積は8208平方メートル。校内の施設や設備はどれも先進的なものが揃い、音楽室、美術室、ダンス室、コンピュータールーム、電子ホワイトボード(電子黒板)ルーム、図書閲覧室、科学実験室、マルチメディアルームなどが全て備わっている。現在の児童数は536人、6学年14クラスで、全寮制を採用している。(青川=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050800108

  • 2021年09月18日
    (3)行方不明の認知症高齢者をボランティアで探す民間組織北京市

    志援応急救援サービスセンターを創設した蘇斆(そ・かく)さん(右)と徐広春(じょ・こうしゅん)さん。(5月28日撮影)21日の「世界アルツハイマーデー」に先立ち、行方不明になったアルツハイマー型認知症の高齢者を探す活動を続ける中国北京市の民間組織、志援応急救援サービスセンターを取材した。2016年に立ち上げた公益活動では、これまでに320人を無事に自宅まで送り届けたという。(北京=新華社記者/王暁潔)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091806639

  • 1