KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中山王
  • 乾隆
  • 会館
  • 全国重点文物保護単位
  • 功臣
  • 北側
  • 商人
  • 商売
  • 国務院
  • 場所

「徐達」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある芝居を演じる場所、戯楼。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604465

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物の一角。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604428

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604435

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物に飾られた竜の木彫。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604409

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604416

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物に飾られた木彫。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604454

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604485

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物に飾られた木彫。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604417

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある目隠し用の塀、照壁(しょうへき)を見学する観光客。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604432

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物の一角。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604472

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物に飾られた木彫。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604457

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の内部を見学する観光客。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604418

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物を飾るレンガ彫刻。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604462

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある建物の一角。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604495

  • 2015年10月17日
    豪商たちの情報交換の場、山陜甘会館を訪ねて河南省開封市

    山陜甘会館の敷地内にある芝居を演じる場所、戯楼。(2015年10月17日撮影)中国河南省開封市竜亭区徐府街の北側にある山陜甘会館は、清の乾隆41年(1776年)に開封に住んでいた山西、陝西、甘粛3省の豪商が、明建国の功臣で後に中山王に追封された徐達(じょ・たつ)の屋敷跡に資金を出し合って建造した建物。清代にこれら3省の商人たちが商売や貿易の情報交換を行った場所で、200年以上の歴史を誇る。2001年6月に国務院により第5回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604466

  • 1