KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • イタリア
  • インターンシップ
  • コモンズ
  • ダビンチ
  • ダ・ビンチ
  • モノのインターネット
  • リン
  • レオナルド
  • 事業
  • 人工知能

「循環系」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Physician William Harvey

    England: c. 1630 An engraving of English physician William Harvey who was the first person to describe the blood circulatory system of the human body.、クレジット:Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020020511597

  • -
    Cardiovascular system‘s drawing.

    Cardiovascular system‘s drawing. In 1513 Leonardo da Vinci to study the heart and the circulatory system through animal dissections. Windsor, Royal Library 19073, 1510-1513. The Science and Technology Museum Leonardo da Vinci. Milan. Italy.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031605568

  • 2021年10月28日
    Ifema presents an exhibition on preventive medicine, self-care and health education

    October 28, 2021, Madrid, Spain: A circulatory system of the head during the international exhibition ‘Body Worlds. The Rhythm of Life‘ at Ifema, on 28 October 2021, in Madrid, (Spain). It is an exhibition that brings together anatomy and the most recent discoveries about health and wellbeing. This time it is about preventive medicine, self-care and health education...28 OCTOBER 2021;IFEMA;ANATOMY;HEALTH;WELLNESS;MADRID;PREVENTIVE CARE..Eduardo Parra / Europa Press..10/28/2021 (Credit Image: © Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press)、クレジット:©Eduardo Parra/Contacto via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany, and UK Rights OUT

    商品コード: 2021102904993

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    産学協創協定を締結した東京大学とクボタ

    東京大学とクボタは30日、産学協創協定を結んだ。100年後の地球に向けて食料・水・環境の3分野で、自然生態系と人工循環系を結びつけた「ビオループ」創成を目指す。多面的な議論によるビジョン共有から共同研究、同社の世界拠点を活用したインターンシップ(就業体験)や社員を含めた人材育成、ベンチャー創出に取り組む。同社が10年間で100億円を提供する。東大は循環型経済のサーキュラーエコノミー、生物科学による経済活動のバイオエコノミーなどの研究・教育で実績がある。クボタは水道管、農業機械、焼却炉などの事業での社会実装の経験が豊富だ。双方の知を融合し自然共生、脱炭素化、循環型社会の具現化を図っていく。研究テーマ例は食料なら、栽培計画や作業機械に人工知能(AI)を活用するスマート農業が挙がる。循環プラントのモノのインターネット(IoT)による遠隔管理、廃棄物からのリンや金属の回収・再生もある。東大での会見で藤井輝夫総長は「3分野のループと(人材育成の)コモンズを、ともに議論してビジョンをつくっていく。我々が持つ農場、牧場、演習林、水産試験場なども活用できる」と強調。北尾裕一クボタ社長は「農業機械などで課題解決に取り組んできたが、社会全体に関わるには東大のさまざまな学知と合わせないと生き残れない」と決意を語った。写真は写真は藤井輝夫 東京大学総長(左)と北尾裕一 クボタ代表取締役社長(右)。=2021(令和3)年11月30日、東京都文京区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120314513

  • 2022年04月27日
    Science lesson at school in Turmanin, northwest Syria

    April 27, 2022, Turmanin, Idlib governorate, Syria: Idlib, Syria. 27 April 2022. Pupils are delivered a lesson on blood and blood cells at the Turmanin school, in the Idlib countryside. The students were then encouraged to look at blood through microscopes for a better understanding of the new information provided to them (Credit Image: © Juma Mohammad/IMAGESLIVE via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Juma Mohammad/IMAGESLIVE via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050806592

  • 1