KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 入院
  • 記録
  • ちょう
  • アドバイス
  • メッセージ
  • 世帯
  • 体温
  • 内地
  • 副作用

「微熱」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年12月15日
    インターフェロン 副作用の発熱物除去に成功

    ウイルス病の特効薬として期待されるインターフェロン。東京都臨床医学総合研究所を中心としたプロジェクトチームが唯一の副作用とされていた微熱を起こす物質の解明、除去に世界で初めて成功(52年内地 9547)

    商品コード: 2015030900273

  • 1977年12月15日
    発表する西岡副所長 副作用の発熱物除去に成功

    インターフェロンの開発を発表する西岡久寿弥(くすや)東京都臨床医学総合研究所副所長(右)とインターフェロンプロジェクトの小林茂保リーダー。唯一の副作用とされていた微熱を起こす物質の解明、除去に世界で初めて成功した=1977(昭和52)年12月15日、東京都庁(52年内地 9548)

    商品コード: 2015030900276

  • 1988年10月04日
    夜の皇居前の記帳者 陛下、微熱傾向続く

    終了間近になっても天皇陛下の見舞いの記帳に訪れる勤め帰りの人たち=1988(昭和63)年10月4日午後5時50分、皇居・坂下門(昭和天皇)

    商品コード: 2021101910665

  • 1988年10月05日
    雨の坂下門 陛下、微熱続く

    夕方から雨が降り、天皇陛下の見舞いの記帳に訪れる人も少なくなった皇居・坂下門=1988(昭和63)年10月5日午後6時30分

    商品コード: 2021101910684

  • 1998年12月25日
    中村元さん

    ジュゴンの記録「人魚の微熱」を書いた鳥羽水族館の中村元(なかむら・はじめ)さん

    商品コード: 1998122500099

  • 2006年05月15日
    様子を話す広岡広報 松井秀、微熱続き休養

    松井秀喜外野手の様子について話すヤンキースの広岡勲広報(中央)=14日、ニューヨーク(共同)

    商品コード: 2006051500014

  • 2016年05月30日
    三笠宮さま 入院の三笠宮さまに微熱

    三笠宮さま

    商品コード: 2016053000359

  • 2019年05月27日
    ネットによる貧困救済で「デジタル村」が続々出現

    27日、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会で、「2018年度全国『ビッグデータ+貧困救済』十大応用事例」について説明する新浪微熱点の李鵬(り・ほう)副総裁。中国貴州省貴陽市で26日から29日まで、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会が開催され、「ビッグデータ+貧困救済」がホットな議題となった。中国インターネット社会組織連合会(CFIS)が発表したデータによると、2018年末までに、国の関係部・委員会と電子商取引(EC)プラットフォームの主導的企業が共同で行った農村EC業務による貧困県のネット販売小売総額は1千億元(1元=約16円)を突破した。(貴陽=新華社配信/中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター提供)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403040

  • 2020年05月14日
    上皇后美智子さま 上皇后さま微熱症状

    上皇后美智子さま

    商品コード: 2020051402722

  • 2021年12月21日
    (1)中国の医師、オンライン問診で日本在住華僑華人のコロナ克服を後押し

    6日、日本在住華僑華人団体の家族から、花やペナント、感謝状を受け取る趙紅さん(右)。中国の安徽医科大学第二付属医院放射線科の趙紅(ちょう・こう)医師は5月、日本留学中の息子から電話を受けた。息子は通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の日本在住華僑華人のグループで、ある夫婦が新型コロナウイルスに感染し、微熱と咳の症状があるが入院できずに助けを求めているメッセージを見て、趙さんに連絡した。趙さんは直ちにこの夫婦と連絡を取った。趙さんはウィーチャットで患者夫婦の質問に答え、夫婦の体温を聞き取って記録し、不安を抱いている夫婦を励ました。10日後、夫婦は無事回復した。その後、趙さんは日本の華僑華人団体が作った感染者のウィーチャットグループに参加し、夜間や週末を利用して、助けを求める海外の同胞に無償でアドバイスを続けた。趙さんの数カ月にわたる「オンライン問診」により、日本にいる525世帯、千人以上が新型コロナの感染拡大期を無事乗り切った。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122113027

  • 2021年12月21日
    (2)中国の医師、オンライン問診で日本在住華僑華人のコロナ克服を後押し

    14日、事務室で同僚と話し合う趙紅さん(右)。中国の安徽医科大学第二付属医院放射線科の趙紅(ちょう・こう)医師は5月、日本留学中の息子から電話を受けた。息子は通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の日本在住華僑華人のグループで、ある夫婦が新型コロナウイルスに感染し、微熱と咳の症状があるが入院できずに助けを求めているメッセージを見て、趙さんに連絡した。趙さんは直ちにこの夫婦と連絡を取った。趙さんはウィーチャットで患者夫婦の質問に答え、夫婦の体温を聞き取って記録し、不安を抱いている夫婦を励ました。10日後、夫婦は無事回復した。その後、趙さんは日本の華僑華人団体が作った感染者のウィーチャットグループに参加し、夜間や週末を利用して、助けを求める海外の同胞に無償でアドバイスを続けた。趙さんの数カ月にわたる「オンライン問診」により、日本にいる525世帯、千人以上が新型コロナの感染拡大期を無事乗り切った。(合肥=新華社記者/劉方強)= 配信日: 2021(令和3)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122113029

  • 1