KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 徳川家康
  • 水戸徳川家
  • 徳川幕府
  • 徳川喜久子
  • 徳川光圀
  • 徳川家達
  • 徳川夢声
  • 徳川家広
  • 徳川氏
  • 徳川慶喜

「徳川」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,043
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,043
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    知恩院三門

    知恩院三門を西側から東に望む。門前の南方には「説教」と記された大高札が立てられ、その前に人力車に乗った人の姿が見える。知恩院三門は5間3戸、重層、入母屋造、本瓦葺で、元和5年(1619)に徳川家忠によって建立された日本最大の楼門である。楼上には霊元天皇筆の「華頂山」の額が掲げられる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐89‐0]

    商品コード: 2017080902883

  • -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    増上寺は浄土宗六大本山のひとつで、徳川家の菩提寺。有章院は七代将軍徳川家継の法号。勅額門は銅板葺で軒唐破風、側面は千鳥破風の四脚唐門。正面からの撮影(整理番号22-9および整理番号27-2を見よ)。開いた門から拝殿中門が見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐44‐0]

    商品コード: 2017080902744

  • -
    芝公園 二代将軍御霊家奥の院

    キーワード:二代将軍御霊家奥の院、徳川家霊廟=明治後期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019013021871

  • -
    芝増上寺有章院鐘楼

    有章院は徳川家継の法号。拝殿右側から勅額門?(写真右後方)に向かって鐘楼を撮したもの。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐27‐0]

    商品コード: 2017080902286

  • -
    芝増上寺有章院鐘楼

    七代将軍家継(有章院)霊廟本殿の入口となる勅額門と鐘楼を南側から撮影したものである。勅額門の柱には龍の彫物があり、増上寺の徳川家霊廟の中では、最も華麗なものであった。将軍霊廟として最後の建築で、これ以後の将軍は、八代将軍吉宗の遺命により既存の霊廟に合祀する形で奥院だけを造るようになる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐5‐0]

    商品コード: 2017081401032

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐11‐0]

    商品コード: 2017081400827

  • -
    名古屋城

    徳川家康が築城させた名古屋城天守閣。屋根の上には名高い金鯱が見える。土台をなす堅固な石垣のために、石崎山、篠島、幡豆(はず)を初め、紀伊や讃岐の各所から多くの巨石が集められた。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐3‐0]

    商品コード: 2017080902394

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。整理番号14-17と同じものである。=撮影年月日不明、今市、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐8‐0]

    商品コード: 2017080902478

  • -
    (とくがわ・いえさと) 徳川家達

    貴族院議長、日本赤十字社社長=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201910

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐21‐0]

    商品コード: 2017081400776

  • -
    向島佐竹庭園

    仲之郷瓦町(現墨田区吾妻橋1丁目で墨田区役所とアサヒビール本社のある場所)にあった庭園。文政年間(1818~1830)沼津藩主水野忠成(ただあきら)が将軍徳川家斉から賜った。築造は三河島村の伊藤門三郎とされる。その後、越前福井藩松平越前守の所有になり、幕末(墨田区説明板によると万延元年1860)に秋田藩佐竹左京太夫のものとなった。池を中心に石を多く用いた林泉式(りんせんしき)庭園である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐8‐0]

    商品コード: 2017081401478

  • -
    王子の茶屋

    右が料亭の扇屋で音無川を挟んで左手が庭。扇屋は慶安元年(1648)初代弥左衛門が掛茶屋を出したのが始まりとのこと(扇屋パンフレットによる)。三代将軍徳川家光の時代である。当代早船武彦氏は十四代目とのこと。現在は鉄筋コンクリート5階建てのビルとなり、2階が扇屋である。1階入口に門構えだけ残している。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐3‐0]

    商品コード: 2017081400907

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐16‐0]

    商品コード: 2017081401029

  • -
    芝増上寺の弁天池

    上野と芝、 寛永寺と増上寺は、 いずれも徳川家の菩提寺で、 弁天池は不忍池に、 中の島は弁天島とパラレルな関係にある。 蓮の花の咲く池の上にかかる石橋を渡り、 中の島の弁天様にお参りすることになっていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐21‐0]

    商品コード: 2017080200844

  • -
    日光大猷院仁王門

    徳川家光公の廟所大猷院の表門は一対の金剛力士像が安置されていて仁王門と呼ばれる。 東照宮の表門とよく似て朱塗りの八脚門であるが、 東照宮の様に神仏混合ではなく仏式である。 大猷院は朱と黒と金色を用いて落ちついた趣きがある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号7‐5‐0]

    商品コード: 2017080201003

  • -
    日光大猷院夜叉門

    徳川家光公の廟所大猷院の夜叉門は主殿の入口である唐門の前にある。 東照宮の方角に向いている。 両側に夜叉像を安置し、 極彩色の牡丹の彫刻で埋め尽くされ、 別名牡丹門という。 拝殿側から夜叉門の裏面を見ている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号8‐43‐0]

    商品コード: 2017080201135

  • -
    日光大猷院二天門

    徳川家光公の廟所大猷院の表門を抜けて左手の階段を登ると二天門がある。御水尾上皇の直筆である大猷院の扁額が正面上部にあり、正面左右の棚内に持国夫と広目天の二天が祀られている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐62‐0]

    商品コード: 2017080902325

  • -
    Hiroshige - 53 Stations of the Tokaido - Print 39

    39 Okazaki - A daimyo‘s cort觥 crossing the bridge over the Yahagi River towards the village and castle on the further bank; in the background a blue hill, printed from colour blocks only. Tokugawa Ieyasu, the founder of the Tokugawa Shogunate, was born in the castle shown in the prints. The bridge over the Yahagi River, flowing west of the castle, was the largest on the entire highway. Utagawa Hiroshige (1797 - 1858). The Fifty-Three Stations of the Tokaido - Hoeido edition (1831-4) Date: 1831 - 1834、クレジット:Mary Evans Picture Library/ROBERT GILLMOR/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080210974

  • -
    上野東照宮

    土着の神を仏の化身と見なす場合「権現」と呼ぶが、徳川家康は人間でありながらこの権現とされ東照大権現と呼ばれた。この家康を祀った社殿が東照宮であり、写真の上野東照宮の他にも、栃木県の日光と静岡県の久能山にもある。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐156‐0]

    商品コード: 2017080902955

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐43‐0]

    商品コード: 2017081002697

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    日光東照宮本殿東回廊にある有名な彫刻「眠り猫」の下をくぐり、坂下門を抜けるとこの長く勾配の急な石段の参道に出る。石段を上ると杉木立に囲まれて徳川家康の墓所である奥社がある。石段の個々の踏み石は重い1枚石で作られている。画面の上方に奥社が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐42‐0]

    商品コード: 2017081002712

  • -
    日光大猷院皇嘉門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の奥院への入り口。宮中大内裏外郭十二門の名前のひとつをとった皇嘉門は中国明朝の建築様式を模しており、別名「竜宮門」とも呼ばれている。門の天井には艶やかな天女の絵が描かれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐5‐0]

    商品コード: 2017081002673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。左手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐41‐2]

    商品コード: 2017081002691

  • -
    池上本門寺

    元禄年間(1688~1704)年に建造の総門(現存)を入り、加藤清正が寄進して元禄年間(1596~1615)に造られた石段を上り、慶長13年(1603)二代将軍徳川秀忠が五重塔と共に建立した三門を潜った所から右側を見ると、この写真の風景になる。左は大太鼓の納められていた鼓楼。三門も鼓楼も戦災で焼失。五重塔は焼けずに現存。関東で最古の五重塔である。高さ29、5m。国の重要文化財。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐19‐0]

    商品コード: 2017081400637

  • -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    目録番号4163・4712とは正反対の方向から写されたものである。勅額門、左右廊を持つ拝殿唐門、唐門からまっすぐ拝殿に伸びる前廊、拝殿・相之間・本殿が一直線に並んでいる徳川家御霊殿の典型的な配置が良く分かる写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐57‐0]

    商品コード: 2017081600833

  • -
    向島八百松楼

    右手の八百松は広大な水戸徳川家下屋敷の御船蔵跡を改装して造られた。手前は源森川でおそらく枕橋上から撮っている。枕橋の袂には山之宿の渡し(枕橋の渡し)があり、対岸の浅草側と結んでいた。浅草寺の観音堂・五重塔・仁王門が見えている。五重塔の左には凌雲閣がぼんやり写っているので、凌雲閣竣工の明治23年(1890)年以降の写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐7‐0]

    商品コード: 2017080903005

  • -
    (とくがわ・よりさだ) 徳川頼貞

    政治家、貴族院議員=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080400281

  • -
    王子滝野川の紅葉

    三宝寺池・石神井池・富士見池などを源とする緩やかな流れの石神井川が、台地を貫いて流れる王子附近では、急流になり滝のように轟いたことから王子附近では滝野川と呼ばれていた。一方で音無川とも呼ばれる。紀州の音無川に因み名付けたとのこと。この地に享保6年(1721)、八代将軍徳川吉宗が100本の紅葉を植えることを命じたことで、滝野川は紅葉の名所となった。紅葉を愛でる女性が一人佇む。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐12‐0]

    商品コード: 2017091301349

  • -
    芝増上寺宝塔

    有章院霊廟奥院の最奥部に建てられた有章院(家継)の宝塔である。徳川将軍家の宝塔は、二代秀忠が木製であったが四代家綱の時に銅製となり六代家宣まで引き継がれた。しかし、七代家継からは石製に変更され、以後十四代家茂まで石製の宝塔が建てられた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐12‐0]

    商品コード: 2017082300891

  • -
    日光大猷院相の間

    徳川家光公の廟所大猷院の相の間である。 拝殿より本殿を見る。 本殿入口左右に昇龍降龍が描かれている。 中央に置かれた香炉などの三具足は前田利常公(家光公妹君の夫君)の献上したものである。 本殿の扉は閉じている。 この相の間内部は金箔で覆われている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐32‐0]

    商品コード: 2017080200703

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 並木中央に人力車と車夫を配して杉並木の大きさを際立たせている。=撮影年月日不明、今市、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐27‐0]

    商品コード: 2017080200706

  • -
    輪王寺舞楽図屏風

    輪王寺にある金屏風一双の片幅である。 徳川家康公二十一回忌の大法会の為に新調されたこの舞楽図屏風には72人の舞人が描かれている。 舞楽は大陸より伝来した舞で、 中国やペルシャ等の舞が描かれ舞の名称で書き込まれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐16‐0]

    商品コード: 2017080200753

  • -
    八坂神社境内

    八坂神社境内を東部から西に望む。右端に同社の本殿、左端に拝殿が建つ。本殿は承応3年(1654)に徳川家綱が紫宸殿を模して再建したもので、正面7間、側面6間、単層、入母屋造、檜皮葺である。中央の間に素戔鳴尊、東の間に奇稲田姫命、西の間に八王子神を祀る。F・ベアド撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐17‐0]

    商品コード: 2017082300973

  • -
    日光大猷院夜叉門

    徳川家光公の廟所大猷院の夜叉門は主殿の入り口である唐門の前にある。両側に夜叉像を安置し極彩色の彫刻で埋めつくされている。別名牡丹門という。写真は夜叉門を表より望み、整理番号41-4と同じ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐1‐0]

    商品コード: 2017080400627

  • -
    知恩院三門

    京都市東山区新橋通。知恩院は、法然上人の吉水禅房にはじまる、浄土宗総本山。三門は、徳川秀忠による日本最大の楼門である。元和5年(1619)着工、2年後完成している。写真は、境内の右手の池にかかる石橋ごしに斜め横から三門を見る。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐40‐0]

    商品コード: 2017080200928

  • -
    Noblewomen of the Tokugawa Period; Thirty-six Beauties (Sanjuroko kasensoro, Meiji period (1868–1912), 1891–93, Japan,

    Noblewomen of the Tokugawa Period; Thirty-six Beauties (Sanjuroko kasensoro, Meiji period (1868–1912), 1891–93, Japan, Album of 72 polychrome woodblock prints; ink and color on paper, Overall (each): 14 x 9 1/2 in. (35.6 x 24.1 cm), Prints, Mizuno Toshikata (Japanese, 1866–1908).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021081009380

  • -
    Noh Robe (Karigi), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silk, compound weave; metal thread;

    Noh Robe (Karigi), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silk, compound weave; metal thread; overall: 168.3 x 195.6 cm (66 1/4 x 77 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101609622

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611677

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611815

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613201

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613506

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613755

  • -
    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2 cm (1 9/16 x 13/16 in.).

    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2 cm (1 9/16 x 13/16 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613694

  • -
    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.7 x 1.8 cm (1 7/16 x 11/16 in.).

    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.7 x 1.8 cm (1 7/16 x 11/16 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101612857

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611615

  • -
    日光大猷院拝殿

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の拝殿。大猷院は拝殿、相の間(中殿)、本殿が連なる建築物である。拝殿の広さは64畳。天井には狩野派一門の作と伝わる140の竜の絵がある。画面の右に法要の際に将軍が着座するための相の間(中殿)が見える。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐23‐0]

    商品コード: 2017081400711

  • -
    日光東照宮奥社参道の石段

    徳川家康公の墓所、 東照宮奥社への参道である。 うっそうとした巨杉の中に207段の石段が続く。 石段が一枚石であるだけでなく、 石柵も一枚石をくりぬいたものである。 石段を降りると坂下門にいたる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐15‐0]

    商品コード: 2017080201277

  • -
    日光東照宮奥社唐門

    日光東照宮奥社は老杉の木立の中にあり、徳川家康の墓所である。墓を欄干つきの石垣が取り囲み、入口に銅の鋳抜門がある。その前左右に狛犬が座している。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐19‐0]

    商品コード: 2017080902093

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。道中央に人を配して杉並木の大きさが際立っている。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐10‐0]

    商品コード: 2017080902103

  • -
    日光大猷院夜叉門の夜叉像

    徳川家光公の廟所大猷院の夜叉門には四つの夜叉像が安置されている。 写真は、裏面にある鳥摩勒伽像である。現在は青で着色されている。 円柱は朱塗り、 欄間と羽目は牡丹の彫刻で埋め尽くされている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号20‐9‐0]

    商品コード: 2017080201877

  • -
    徳川慶喜

    徳川慶喜=明治初期、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐113‐0]

    商品コード: 2017081601408

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衛で、御成(日光)街道、例幣使街道と会津西街道が合している。これらの街道に徳川家康の三十三回忌に松平正綱が寄進した杉並木がある。整理番号25-57と同一写真である。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐80‐0]

    商品コード: 2017080902297

  • -
    芝増上寺鐘楼

    徳川家の霊廟がある増上寺は観光名所でもあった。7人の人物が写っているが、鐘の下に座っている人物と柱に寄りかかっている人物は外国の軍人のようである。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐34‐0]

    商品コード: 2017080902088

  • -
    増上寺御鷹門

    キーワード:芝公園、増上寺、東照神君(徳川家康)、御鷹門、絵葉書=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019082803893

  • -
    神社

    徳川家の庇護を受けた江戸総鎮守の神社。祭神大己戸貴尊(おおあなむちのみこと)に平将門を配祀(はいし)する。元和元年(1616)に駿河台から現在の地(現外神田2丁目)に移った。明治5年(1872)に神田神社と改称。江戸三大祭りである神田祭は隔年の9月15日に行われた(現在は5月)。これは幕末来日のプロシャ(現ドイツ)遠征隊の画家が写生した絵(多分石版画)である。後に写真師が複写したのだろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐27‐2]

    商品コード: 2017081002773

  • -
    日光東照宮

    日光東照宮の本社の建物を西側から写したもの。中央の建物は本殿。その手前に一段窪んでいる部分が石の間。画面右端に拝殿の一部が見える。画面奥の石垣上の山中に徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められた奥社がある。本殿の扉の上方に獏(ばく)の彫刻が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐3‐0]

    商品コード: 2017081401014

  • -
    日光東照宮

    日光東照宮の奥社の拝殿右側から本社の拝殿や陽明門などを見下ろしている。奥社の宝塔には徳川家康の眠る神柩(しんきゅう)が納められている。画面手前に見えるのは本社拝殿の屋根。画面中央の杉の右側にある白い柱の建物が陽明門。右端は神輿舎(しんよしゃ)である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐24‐0]

    商品コード: 2017080903117

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。右手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐38‐0]

    商品コード: 2017081002692

  • -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    増上寺は浄土宗六大本山のひとつで、徳川家の菩提寺。有章院は七代将軍徳川家継の法号。勅額門は銅板葺で軒唐破風、側面は千鳥破風の四脚唐門。右手前からの撮影(整理番号22-9 および整理番号42-44を見よ)。左隅、塀越しに見えるのは水盤舎の屋根。=撮影年月日不明、東京、撮影者:[スチルフリ-ド]、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号27‐2‐0]

    商品コード: 2017080902068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    芝増上寺

    増上寺は慶長3年(1598)に江戸貝塚(現千代田区紀尾井町)から芝に移り、慶長10年(1605)頃造営された本堂。本写真の本堂は当時のもの。関東浄土宗の首座として幕府の庇護を受け、徳川家菩提寺だったことで、屋根の大棟の前後に金葵紋が5つずつ施されている。明治6年(1873)12月に放火により焼失。明治23年(1890)再建されるも、明治42年(1909)4月に浮浪者の焚き火で焼失。大正11年(1922)再々建の本堂も昭和20年(1945)の空襲で焼失する。現在の本堂は昭和49年(1974)年の建立。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐27‐0]

    商品コード: 2017081401128

  • -
    王子滝野川の紅葉

    享保5~6年(1720~21)頃、この地に遊んだ八代将軍徳川吉宗は、王子権現や音無川の由来が自らの故郷である紀州にあることを知り大層喜んだ。それで飛鳥山には吉野桜を、滝野川には紅葉を植えさせ花の名所とした。以後、王子一帯は江戸市民の行楽地となったのである。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐34‐0]

    商品コード: 2017081401259

  • -
    日光東照宮奥社宝塔

    東照宮本殿の奥に徳川家康公の墓所、 奥社がある。 鋳抜き門に連らなる石棚の囲いの内には八色五段の石積みの上に青銅の宝塔がある。 その前に鶴と亀の燭台、 香炉と花立ての三具足がある。 うっそうとした老杉に取り囲まれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐38‐0]

    商品コード: 2017080200749

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    芝増上寺昭徳院奥院中門と宝塔

    欄外に「東京にある将軍の墓所」とドイツ語で書き込まれている。これは東京芝の増上寺境内にある昭徳院(徳川十四代将軍家茂)の墓所の中門と宝塔である。震災で消失したものであるが、往時の中門の豪壮な彫刻がみれる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐48‐0]

    商品コード: 2017080200692

  • -
    熱海全景

    伊豆半島の基部に位置する。南、西、北の三法を山に囲まれ、平地はかつてここにあった火山の火口底の一部と言う。海中に湯が沸いたところから、熱海の名前がついたといい、徳川家康も慶長2年(1597)にはじめて入湯し、武将たちの湯治の場所であったが、江戸中期以降は大衆の湯治場となり、湯宿多く、温泉は村中に20余所湧出したという。=撮影年月日不明、熱海、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐34‐0]

    商品コード: 2017080200950

  • -
    名古屋城

    名古屋市中区に所在する平城。尾張徳川家の居城であった。堀の外側から天守閣を望む。天守閣は、慶長17(1612)年、小堀遠州の作事奉行で建てられ、昭和20(1945)年、戦災により焼失した。現在のものは、昭和34(1959)年の再建になる。外観五層、内部石蔵一階、石垣上五階、初期層塔型天守閣である。=撮影年月日不明、名古屋、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐45‐0]

    商品コード: 2017080200873

  • -
    日光東照宮オランダ灯篭

    陽明門前の境内にオランダ国王から寄進された回転燈籠がある。 その後は鼓楼で、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂と言われていたが、 現在薬師堂ともいう。 右に陽明門への階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐24‐0]

    商品コード: 2017080200981

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 杉並木中央に人を配して両側の杉並木の高さを強調している。=撮影年月日不明、今市、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐5‐0]

    商品コード: 2017080201271

  • -
    千人武者行列

    日光東照宮の百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろえせんにんむしゃぎょうれつ)は正式には神輿渡御祭(しんよとぎょさい)という。徳川家康の神霊を静岡県の久能山から日光へ移した当時の様子を再現する祭典である。5月と10月の2度行われる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号69‐20‐2]

    商品コード: 2017082800571

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号61‐22‐0]

    商品コード: 2017082300884

  • -
    皇居吹上御苑

    享保10年(1725)頃、八代将軍徳川吉宗が半蔵門北側の吹上御苑一帯に竹を植えたとされる。幕府財政逼迫の際で、実用になる竹が選ばれたという。現在も半蔵門を入ると孟宗竹の林が残されている。昭和天皇は春にここで竹の子狩りを楽しんでおられたそうである。明治10年代の撮影か。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号77‐6‐0]

    商品コード: 2017082400635

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。梢の上には道なりに空が見える。当時は、月明かりや星明りを頼りにして、空を見ながら夜道を往来できたという。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐38‐0]

    商品コード: 2017081501622

  • -
    日光大夜叉門

    徳川家光公の廟所大猷院の夜叉門は主殿の入口である唐門の前にある。両側に夜叉像を安置し、極彩色の牡丹の彫刻で埋め尽くされ、別名牡丹門という。拝殿側から夜叉門の背面を見ている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐40‐0]

    商品コード: 2017080902484

  • -
    六孫王神社の神竜池と楼門

    六孫王神社唐門を神竜池北東側から東に望む。六孫王神社は元禄15年(1702)遍照心院の南谷上人が徳川家の援助で再興したもので、宝永4年(1707)に竣工した。祭神は源氏の嫡流である六孫王源経基。池を取り囲む石柵の形から、写真が撮影されたのは明治44年(1911)以前であると推定される。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号56‐20‐0]

    商品コード: 2017081002547

  • -
    日光東照宮本殿

    日光東照宮の本社の建物を西側から写したもの。中央の建物は本殿。画面右端に一段窪んでいる部分が石の間。画面奥の石垣上の山中に徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められた奥社がある。本殿の扉の上方に獏(ばく)の彫刻が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐40‐0]

    商品コード: 2017081401435

  • -
    日光街道の杉並木

    今市は日光に入る交通の要衝で、 この地で御成(日光)街道、 例幣使街道と会津西街道が合している。 これらの街道に徳川家康の三十三回忌にあたって松平正綱が寄進した杉並木がある。 並木中央に香具師のような風采の人を配して杉並木の大きさを強調している。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐17‐0]

    商品コード: 2017080201436

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    日光東照宮奥社宝塔

    日光東照宮の奥社宝塔には徳川家康の神柩(しんきゅう)が納められている。木造から石造に替えられた宝塔は、天和3(1683)年の大地震で破損したため、五代将軍綱吉が唐銅(からがね)製に造り替えた。手前にある鶴の燭台や香炉、花瓶は朝鮮国王から贈られた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐14‐0]

    商品コード: 2017081002688

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐13‐0]

    商品コード: 2017080903365

  • -
    日光街道の杉並木

    日光街道の杉並木は徳川家康の三十三回忌にあたり松平正綱が寄進したものである。画面の奥に見える建物は今市の追分地蔵付近ではないかと思われる。写真に見るかぎり、当時の杉並木周辺は整然として美しい。梢の上には道なりに空が見える。=撮影年月日不明、今市、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐18‐0]

    商品コード: 2017081002646

  • -
    日光東照宮奥社鋳抜の門と宝塔

    徳川家康の墓所である日光東照宮の奥社を写したもの。石段の上に鋳抜門(いぬきもん)があり、奥に家康の神柩(しんきゅう)を納めた宝塔が見える。鋳抜門は柱や梁がひとつの鋳型で作られたことからそう呼ばれている。宝塔は五代将軍綱吉が石造りから唐銅製に造り替えた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐21‐0]

    商品コード: 2017081400778

  • -
    日光大猷院二天門

    三代将軍・徳川家光の墓所「大猷院(たいゆういん)」の境内にあり、仁王門の次にくぐる門。後水尾天皇の筆による「大猷院」の額が掲げられている。門の表側に「持国天」と「広目天」の二天がまつられており、裏側には「風神」「雷神」が安置されている。日光山内で最大の門。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐22‐0]

    商品コード: 2017081400789

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。 破風の下に雌雄の双鶴、 平桁上に白竜の彫刻がある。 唐門に連らなる透塀は上羽目に松竹梅と鳩の彫刻がある。 金地の門扉が開かれた向うは拝殿である。 端垣の前に御三家、 諸大名の献納した灯籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐17‐0]

    商品コード: 2017080201364

  • -
    日光東照宮御水舎

    左より御水舎、 輪蔵と銅鳥居がある。 御水舎の水盤と十二角柱は御影石で作られ、 唐破風造の屋根下に鯉と飛龍の彫刻がある。 輪蔵には一切経と傳大士父子の像が納められている。 唐銅の鳥居は徳川秀忠公の御手許金で作られた。 右端上段に鼓楼がある。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐15‐0]

    商品コード: 2017080201418

  • -
    日光東照宮陽明門

    陽明門前の境内に写真左のように鐘楼と鼓楼があり、 その奥に本地堂がある。 徳川家康の本地仏、 薬師如来を安置するので本地堂といわれていたが、 現在薬師堂ともいう。 天井には龍が描かれ、 手をたたくと天井が共鳴するので鳴龍と呼ばれる。 右に陽明門への階段と回廊が写っている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐13‐0]

    商品コード: 2017080201430

  • -
    芝増上寺有章院霊廟勅額門

    増上寺は浄土宗六大本山のひとつで、徳川家の菩提寺。有章院は七代将軍徳川家継の法号。勅額門は銅板葺で軒唐破風、側面は千鳥破風の四脚唐門。左手前からの撮影(整理番号27-2および整理番号42-44を見よ)。右手、塀越しに鐘楼が見える。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号22‐9‐0]

    商品コード: 2017080400466

  • -
    (とくがわ・いえさと) 徳川家達

    貴族院議長、日本赤十字社社長=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201897

  • -
    日光大猷院二天門

    徳川家光公の廟所大猷院の表門を抜けて左手の階段を登ると二天門がある。御水尾上皇の直筆である大猷院の扁額が正面上部にあり、正面左右の棚内に持国夫と広目天の二天が祀られている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐41‐0]

    商品コード: 2017080902055

  • -
    Japan: ‘The Incident at Honnoji‘

    Oda Nobunaga (June 23, 1534 June 21, 1582) was the initiator of the unification of Japan under the rule of the shogun in the late 16th century, a rule that ended only with the opening of Japan to the Western world in 1868. He was also a major daimyo during the Sengoku period of Japanese history. His work was continued, completed and finalized by his successors Toyotomi Hideyoshi and Tokugawa Ieyasu. He was the second son of Oda Nobuhide, a deputy shugo (military governor) with land holdings in Owari Province.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061804084

  • -
    日本橋雪晴

    Japan: Spring: Nihonbashi: Clearing Edo‘s iconic ‘Bridge of Japan‘ after snow (日本橋雪晴) . Image 1 of ‘100 Famous Views of Edo‘. Hiroshige‘s One Hundred Famous Views of Edo , actually composed of 118 woodblock landscape and genre scenes of mid-19th century Tokyo, is one of the greatest achievements of Japanese art. The series includes many of Hiroshige‘s most famous prints. It represents a celebration of the style and world of Japan‘s finest cultural flowering at the end of the Tokugawa Shogunate.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019073101565

  • -
    View from the Other Side of Fuji from the Minobu River (Minobugawa ura Fuji), from the series Thirty-six Views of Mount

    ☆View from the Other Side of Fuji from the Minobu River (Minobugawa ura Fuji), from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei), 冨嶽三十六景 身延川裏不二, Edo period (1615–1868), ca. 1830–32, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 10 x 14 5/8 in. (25.4 x 37.1 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo)), Servants with two horses meet a group of travelers on the bank of the roaring Minobu River. On the opposite side of the river, Fuji rises between rugged brown and blue crags. The tree in the foreground reaches across the rough waters, directing the viewer‘s eye toward the majestic mountain.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405420

  • -
    Portable Picnic Set (sagejū) with Chrysanthemums, Foliage Scroll, and Tokugawa Family Crest, 菊唐草葵紋蒔絵提重, Edo period

    Portable Picnic Set (sagejū) with Chrysanthemums, Foliage Scroll, and Tokugawa Family Crest, 菊唐草葵紋蒔絵提重, Edo period (1615–1868), 18th century, Japan, Lacquered wood with gold, silver hiramaki-e, gold and silver foil application on nashiji lacquer ground, H. 8 5/8 in. (21.9 cm); W. 5 in. (12.7 cm); D. 9 1/2 in. (24.1 cm), Lacquer.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101609060

  • -
    Headdress (Dzu-Kin), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silksatin weave; metal thread weft;

    Headdress (Dzu-Kin), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silksatin weave; metal thread weft; average: 257.2 x 67.3 cm (101 1/4 x 26 1/2 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101609585

  • -
    Noh Robe ((Karigi), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silk,

    Noh Robe ((Karigi), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silk, satin weave (?) with supplementary metal thread weft; overall: 162.6 x 190.5 cm (64 x 75 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101610067

  • -
    Noh Robe (Kataginu), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Brocade; silk and metal thread;

    Noh Robe (Kataginu), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Brocade; silk and metal thread; overall: 105.4 x 66.7 cm (41 1/2 x 26 1/4 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101610011

  • -
    Noh Robe (Karaori), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850).

    Noh Robe (Karaori), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silk, twill weave with supplementary weft, brocaded; metal thread; overall: 151.2 x 137.2 cm (59 1/2 x 54 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101610126

  • -
    Noh Robe (Karaori), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silkwith supplementary weft, brocaded;

    Noh Robe (Karaori), 1800-1850. Japan, 19th century, Tokugawa Period (1600-1850). Silkwith supplementary weft, brocaded; metal thread; overall: 147.9 x 137.2 cm (58 1/4 x 54 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611673

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611906

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101611859

  • -
    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).

    Fuchi, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 3.9 x 2.3 cm (1 9/16 x 7/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101613576

  • -
    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 4.5 x 2 cm (1 3/4 x 13/16 in.).

    Kashira, 1700-1850. Japan, Tokugawa period. Shakudo; average: 4.5 x 2 cm (1 3/4 x 13/16 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101612842

  • -
    芝増上寺有章院鐘楼

    有章院御霊殿の勅額門(右)と鐘楼である。徳川家霊廟御霊殿拝殿前庭には、勅額門に向かって左に鐘楼、右に水屋と井戸屋形を配するのが典型的な姿である。この鐘楼は、昭和20年3月10日の空襲からは焼失を逃れたが、続く5月25日の空襲で残念ながら焼失した。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号61‐3‐0]

    商品コード: 2017082300886

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...