KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 重要文化財
  • 再建
  • れんが
  • れいな
  • 元豊
  • 全国重点文物保護単位
  • 内部
  • 北宋

「徳慶」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
79
( 1 79 件を表示)
  • 1
79
( 1 79 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年01月18日
    浜中裕徳・慶応大教授 欧州との対話進む可能性

    インタビューに答える浜中裕徳・慶応大教授

    商品コード: 2009011800104

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟寝宮前の庭。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500461

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の山門。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500560

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の山門前に立つ石獅子。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500692

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の西客庁(応接室)。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500501

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の大殿と寝宮をつなぐ廊下の屋根。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500378

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の程渓書院。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500483

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の山門の内部。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500515

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の西客庁(応接室)。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500523

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の入り口に立つ牌坊(はいぼう)。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500625

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の山門。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500686

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟にある竜母墓。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500498

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の寝宮から見た山門(奥)と大殿の屋根。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500503

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の大殿の屋根。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500613

  • 2020年09月28日
    悦城竜母祖廟を訪ねて広東省肇慶市

    9月28日、悦城竜母祖廟の香亭。中国広東省肇慶市徳慶県の悦城鎮に、竜母を祭る「悦城竜母祖廟」がある。創建は秦漢時代で、現存する建築は清の光緒年間末期に再建された。石材とれんが、木材を使って建てられている。広州市の陳家祠(陳氏書院)、仏山市の仏山祖廟と並び嶺南建築の三つの宝と呼ばれる。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500657

  • 01:17.12
    2021年03月27日
    「新華社」宋代からの伝統茶広東省で収穫始まる

    中国広東省肇慶市徳慶県高良鎮江南村の茶畑では清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)を前に、特産品「単叢茶」の摘み取りが始まった。単叢茶はウーロン茶(青茶)の一種で、約5千ムー(約333ヘクタール)に及ぶ茶畑の多くは大頂山の麓にある。宋代から続く伝統製法を守りながら生産の標準化を進めた結果、供給が追い付かないほどの人気となり、多くの生産者を豊かにした。単叢茶は同省潮安市の鳳凰山が原産で、900年以上の歴史を持ち、中国六大銘茶の一つに数えられる。古くは「鳥嘴茶」、後に「鳳凰水仙茶」と呼ばれた。1950年代には広東省で大規模な栽培が行われるようになった。(記者/壮錦、映像提供/徳慶県融媒体センター) =配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:徳慶県融媒体センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032702943

  • 00:52.94
    2021年08月06日
    「新華社」貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。同高速鉄道は2023年末に開通予定で、南寧市から貴陽市までの所要時間を2時間余りに短縮する。(記者/梁舜、黄凱瑩) =配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080704490

  • 2021年08月06日
    (5)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604788

  • 2021年08月06日
    (9)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    3日、広西チワン族自治区河池市でトンネルの貫通を祝う作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080704356

  • 2021年08月06日
    (8)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、広西チワン族自治区河池市にある徳慶トンネルの工事現場。(小型無人機から)インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080704489

  • 2021年08月06日
    (1)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、広西チワン族自治区河池市にある徳慶トンネルの工事現場。(小型無人機から)インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604776

  • 2021年08月06日
    (4)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604757

  • 2021年08月06日
    (2)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    3日、徳慶トンネル内で発破前に3Dスキャナーで岩層データを収集し分析する技術スタッフ。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/劉嶺逸)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604791

  • 2021年08月06日
    (3)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    3日、徳慶トンネル内で発破前に3Dスキャナーで岩層データを収集し分析する技術スタッフ。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080604789

  • 2021年08月06日
    (7)貴南高速鉄道の徳慶トンネルが貫通広西チワン族自治区

    2日、徳慶トンネル内で切羽面にエアードリルを使って発破孔を開ける作業員。インフラ建設大手、中国中鉄傘下の中鉄二局集団が建設を請け負う貴南(貴州省貴陽市-広西チワン族自治区南寧市)高速鉄道の徳慶トンネルが3日、無事貫通した。同トンネルは広西チワン族自治区河池市内に位置し、全長6610メートル、貴南高速鉄道で最も重要なプロジェクトの一つとなっている。(河池=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080704312

  • 2022年03月31日
    (SP)CHINA-HANGZHOU-19TH ASIAN GAMES-VENUES(CN)

    (220331) -- HANGZHOU, March 31, 2022 (Xinhua) -- Areial photo taken on March 31, 2022, shows a view of Deqing Geographic Information Park Basketball Court, a venue of the 19th Asian Games Hangzhou 2022 in Huzhou, east China‘s Zhejiang Province. (Xinhua/Xu Yu)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041202715

  • 2022年05月07日
    (4)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の入り口。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709702

  • 2022年05月07日
    (10)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の塔室から見た西江。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709707

  • 2022年05月07日
    (5)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔の台座と塔身。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709699

  • 2022年05月07日
    (17)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709726

  • 2022年05月07日
    (14)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709723

  • 2022年05月07日
    (1)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709681

  • 2022年05月07日
    (2)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709685

  • 2022年05月07日
    (8)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔の塔室。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709697

  • 2022年05月07日
    (12)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709724

  • 2022年05月07日
    (13)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709725

  • 2022年05月07日
    (16)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709727

  • 2022年05月07日
    (9)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔の塔室。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709704

  • 2022年05月07日
    (6)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省の重点文物保護単位に指定されていることを示す石碑。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709706

  • 2022年05月07日
    (3)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、広東省肇慶市徳慶県にある三元塔。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709686

  • 2022年05月07日
    (7)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔風景区に立つ南宋時代の宰相、李綱(り・こう)の像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709695

  • 2022年05月07日
    (15)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709722

  • 2022年05月07日
    (11)美しさを今にとどめる三元塔広東省徳慶県

    4日、三元塔の台座に彫られた力士の彫刻。中国広東省肇慶(ちょうけい)市徳慶県にある三元塔は、明代万暦27(1599)年に建立され、広東省の重点文物保護単位(重要文化財)に指定されている。当時の人々が各級(郷試、会試、殿試)の科挙試験で首席合格者(状元、会元、解元)になるよう願ったことに由来して「三元」と名付けられた。三元塔には400年余りの歴史があり、独特の建築構造を持つ。楼閣式の横断型平座れんが塔で、平面は八角形、外観は9層、内部は17層となっている。塔は高さ約58メートル、壁の厚さが3・8メートルの青れんが造りで、土台は赤色砂岩と花こう岩からなる。塔脚にはさまざまな表情の力士の石彫が刻まれている。塔身を作る際に職人が貴重な銀朱のしっくいを用いたため、現在も美しさを保っていると言い伝えられており、「只新不旧(常に新しく、色あせない)」と称されている。(徳慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050709720

  • 2022年05月09日
    (2)西蔵自治区の先天性心疾患患児、治療のため江蘇省へ出発

    8日、ラサのクンガ空港ターミナルで搭乗を待つ親子。中国江蘇省衛生健康委員会と同省の西蔵(シーザン)自治区支援指揮部(対策本部)はこのほど、医療専門家を組織して西蔵自治区ラサ市で住民向けの医療支援活動を行った。専門家は市内のチュシュル(曲水)県、ルンドゥプ(林周)県、タクツェ(達孜)区、ダムシュン(当雄)県、ニェモ(尼木)県、トゥールン・デチェン(堆竜徳慶)区を訪れ、0~18歳を対象に先天性心疾患のスクリーニングを実施した。検査結果を基に選ばれた第1陣の患児23人は8日、家族に付き添われ飛行機で江蘇省南京市に出発、南京医科大学第二付属病院で無料の手術を受けるという。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051001160

  • 2022年05月09日
    (1)西蔵自治区の先天性心疾患患児、治療のため江蘇省へ出発

    8日、ラサのクンガ空港ターミナルで搭乗者の情報を登録する空港職員(右)。中国江蘇省衛生健康委員会と同省の西蔵(シーザン)自治区支援指揮部(対策本部)はこのほど、医療専門家を組織して西蔵自治区ラサ市で住民向けの医療支援活動を行った。専門家は市内のチュシュル(曲水)県、ルンドゥプ(林周)県、タクツェ(達孜)区、ダムシュン(当雄)県、ニェモ(尼木)県、トゥールン・デチェン(堆竜徳慶)区を訪れ、0~18歳を対象に先天性心疾患のスクリーニングを実施した。検査結果を基に選ばれた第1陣の患児23人は8日、家族に付き添われ飛行機で江蘇省南京市に出発、南京医科大学第二付属病院で無料の手術を受けるという。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051001161

  • 2022年05月09日
    (3)西蔵自治区の先天性心疾患患児、治療のため江蘇省へ出発

    8日、ラサのクンガ空港ターミナルで搭乗を待つ親子。中国江蘇省衛生健康委員会と同省の西蔵(シーザン)自治区支援指揮部(対策本部)はこのほど、医療専門家を組織して西蔵自治区ラサ市で住民向けの医療支援活動を行った。専門家は市内のチュシュル(曲水)県、ルンドゥプ(林周)県、タクツェ(達孜)区、ダムシュン(当雄)県、ニェモ(尼木)県、トゥールン・デチェン(堆竜徳慶)区を訪れ、0~18歳を対象に先天性心疾患のスクリーニングを実施した。検査結果を基に選ばれた第1陣の患児23人は8日、家族に付き添われ飛行機で江蘇省南京市に出発、南京医科大学第二付属病院で無料の手術を受けるという。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051001181

  • 2022年05月10日
    (7)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、自動気象観測装置を設置する徳慶欧珠さん(左)。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/索朗多吉)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100558

  • 2022年05月10日
    (9)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    チョモランマ頂上で中国国旗、五輪旗、北京五輪エンブレム旗を掲げる北京オリンピック聖火リレー登山隊。右から5人目が徳慶欧珠さん。(2008年5月8日撮影)チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100584

  • 2022年05月10日
    (4)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、チョモランマベースキャンプに無事帰還した徳慶欧珠さんら。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100557

  • 2022年05月10日
    (2)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、チョモランマ頂上で手を開いて「5」を示し、写真に納まる徳慶欧珠さん。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100579

  • 2022年05月10日
    (8)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    7日、チョモランマベースキャンプで休憩する徳慶欧珠さん(左)。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100568

  • 2022年05月10日
    (10)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    チョモランマの標高約6千メートル地点にあるロンブク氷河の氷塔近くを歩く徳慶欧珠さん(右端)。(2019年5月21日撮影)チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100440

  • 2022年05月10日
    (1)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、自動気象観測装置を設置する徳慶欧珠さん(左)。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/索朗多吉)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100562

  • 2022年05月10日
    (5)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、自動気象観測装置を設置する調査チームのメンバーら。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信/索朗多吉)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100578

  • 2022年05月10日
    (6)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    7日、チョモランマベースキャンプで身だしなみを整える徳慶欧珠さん。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100580

  • 2022年05月10日
    (3)チョモランマ調査隊リーダー、5回目の登頂に成功

    4日、チョモランマベースキャンプに無事帰還した調査チーム。チョモランマ山頂付近では現在、標高8800メートル以上の地点に自動気象観測所を設置し、高精度レーダーで山頂エリアの氷雪の厚さを測定する科学調査「ピークミッション2022」が展開されている。調査チームのリーダーで5回目の登頂となる徳慶欧珠(デチェンオウチュ)さんには、隊員のケアや安全確保に加え、困難な研究課題の達成が求められた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100564

  • 2022年05月25日
    (11)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の前廊。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600689

  • 2022年05月25日
    (2)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600692

  • 2022年05月25日
    (10)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿内の彩絵藻井(そうせい、天井装飾の一種)と清康熙帝自筆の「万世師表」扁額。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600700

  • 2022年05月25日
    (9)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿内の彩絵藻井(そうせい、天井装飾の一種)と清康熙帝自筆の「万世師表」扁額。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600709

  • 2022年05月25日
    (8)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿内部。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600711

  • 2022年05月25日
    (4)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿(裏側)。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600699

  • 2022年05月25日
    (6)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の屋根装飾。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600687

  • 2022年05月25日
    (14)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成門。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600760

  • 2022年05月25日
    (13)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の天井に届いていない中央4本の柱と、省略された左右重檐下の各2本の柱。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600809

  • 2022年05月25日
    (18)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の泮橋(はんきょう)と大成門。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600826

  • 2022年05月25日
    (15)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮と「古建瑰宝」題字石刻。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600757

  • 2022年05月25日
    (16)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の櫺星門(れいせいもん)。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600813

  • 2022年05月25日
    (17)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の明倫堂。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600814

  • 2022年05月25日
    (5)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮大成殿の屋根装飾。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600707

  • 2022年05月25日
    (7)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿内部。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600688

  • 2022年05月25日
    (3)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600693

  • 2022年05月25日
    (20)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の尊経閣。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600908

  • 2022年05月25日
    (1)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の崇聖殿。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600691

  • 2022年05月25日
    (12)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の大成殿。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600712

  • 2022年05月25日
    (19)中国南部に残る最古の孔子廟「徳慶学宮」を訪ねて広東省肇慶市

    徳慶学宮の仰聖園。(5月4日撮影)中国広東省肇慶市徳慶県にある徳慶学宮は、北宋の大中祥符4(1011)年に建てられ、元豊4(1081)年に現在の場所に移された。元の大德元(1297)年に再建され、嶺南(れいなん、中国南部の南嶺山脈以南)、さらには中国南部で現存する最古の孔子廟として知られる。1996年、徳慶学宮(孔子廟)は国務院によって、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052600810

  • 2022年06月03日
    #CHINA-DRAGON BOAT FESTIVAL-FOLK CUSTOM(CN)

    (220602) -- DEQING, June 2, 2022 (Xinhua) -- Fishermen perform during a celebration for the upcoming Dragon Boat Festival at Luoshe Township in Deqing County of Huzhou City, east China‘s Zhejiang Province, June 2, 2022. The Dragon Boat Festival will fall on June 3 this year. (Photo by Xie Shangguo/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060300263

  • 2022年06月03日
    #CHINA-DRAGON BOAT FESTIVAL-FOLK CUSTOM(CN)

    (220603) -- DEQING, June 3, 2022 (Xinhua) -- Villagers wearing folk costumes on a dragon boat use paddles to splash water onto a silkworm-raising basket with the Chinese calligraph of Duanwu (traditional Chinese solar term) to pray for favourable weather in a traditional way in Tangjing Village of Deqing County, east China‘s Zhejiang Province, June 3, 2022, the day of China‘s traditional Dragon Boat Festival. (Photo by Xie Shangguo/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060312536

  • 2022年06月05日
    #CHINA-DRAGON BOAT FESTIVAL HOLIDAY-DRAGON BOAT RACE (CN)

    (220605) -- DEQING, June 5, 2022 (Xinhua) -- Villagers splash water with paddles to pray for favorable weather in a traditional way during the Dragon Boat Festival holiday in Tangjing Village, Deqing County, east China‘s Zhejiang Province, June 3, 2022. (Photo by Xie Shangguo/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060508458

  • 1