KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • しゅう
  • 伝統
  • 風景
  • 国家
  • 歴史
  • 観光客
  • 人々
  • 農家

「徽州」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
152
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
152
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2011年11月14日
    切り絵で徽州の自然を再現無形文化遺産伝承人の呉笑梅氏

    呉笑梅氏が制作した大型切り絵作品「徽商情韻」。(2011年11月14月撮影)中国特有の婚礼の習慣に、切り絵で作った喜花(花などをモチーフに「喜」の文字を2つ並べたもの)を張り付けるというものがある。人々は喜花で各種嫁入り道具を飾り、幸せな生活への憧れや質素さの中にある美しさと情趣に思いを込める。安徽省の省級無形文化遺産「徽州(きしゅう)切り絵」の代表的伝承者、呉笑梅(ご・しょうばい)氏は喜花の創作だけでは飽き足らず、その視線を身近に広がる自然や田園、市街地などに向けている。(合肥=新華社配信/呉笑梅氏提供)=2011(平成23)年11月14日、クレジット:呉笑梅氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625842

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700530

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を散策する観光客。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700539

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700502

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を散策する観光客。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700500

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700549

  • 2018年04月14日
    絵画のような美しさを誇る皖南の春

    14日、安徽省黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を散策する観光客。(ドローンで撮影)多くの観光客が週末を迎えた14日、中国安徽省南部(皖南)の黄山市徽州区の渓南鎮景勝地を訪れ、古い村落文化と自然の風景を楽しんだ。(黄山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700547

  • 01:04.42
    2018年08月13日
    「新華社」100ムーのサルスベリが咲き誇る安徽省黄山市

    中国安徽省黄山市徽州区の紫薇園ではこの時期、各種のサルスベリの花が色とりどりに咲き乱れ、はらはらと舞い散るさまが周囲の徽派伝統建築の古民家と相まって、一幅の美しい絵巻となっている。紫薇園の総面積は200ムー(約13ヘクタール)、全部で600万本のサルスベリが植えられている。2013年に同園の責任者である李強氏が600万元(1元=約16円)を投じて中国林業科学研究院から米国産のサルスベリの苗を取り寄せた。中国産に比べて生長が速く、暑さ寒さにも強いという。サルスベリは夏の花で、暑さが厳しくなるほど華麗に咲き誇る。同園の責任者によると、園内のサルスベリは6月末には全て開花し、開花期は百日以上にもなるという。一面のサルスベリの花の海も多くの観光客を引き寄せ、多い時には1日に千人以上が訪れるという。同園は次の段階として、インフラの整備をさらに進め、四季折々の花の海を作り、観光客がいつでも花を楽しめるようにする計画だ。(記者/白斌)<映像内容>紫薇園のサルスベリの花、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801914

  • 02:43.54
    2018年09月24日
    「新華社」秋を彩る農家の天日干し「晒秋」安徽省黄山市

    中国の秋分の日(今年は9月23日)を祝う第1回中国農民豊作節を迎え、安徽省黄山(こうざん)市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村では、収穫された穀物を農家の軒下に並べ天日干しする伝統風俗「晒秋(さいしゅう)」が、多くの観光客やアマチュア写真家を魅了している。「晒秋」は同地区の典型的な伝統風俗で、その美しい光景は巨大なカラーパレットを彷彿とさせる。地元の村民は収穫された穀物やトウモロコシ、唐辛子、柿などで村内各所にさまざまな文字や紋様を描く。これには豊作を確認する意味があるといい、農民の喜びを表している。(記者/劉美子)<映像内容>収穫された穀物を農家の軒下に並べ天日干しする伝統風俗「晒秋」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720636

  • 01:35.74
    2018年10月03日
    「新華社」茶摘みからお茶の品評まで、留学生たちが安徽の茶文化を感じる

    中国国家留学基金管理委員会(CSC)が主催し、中国科学技術大学が運営する「中国を感じる-進取の安徽」をテーマとした留学生の社会体験イベントがこのほど、安徽省黄山市祁門(きもん)県で行われた。27カ国・地域の留学生78人が茶摘みや茶の品評を通して安徽の茶文化を体験した。同県の歴口生態茶園では、留学生が茶摘み籠を背負い、夏秋茶を摘んで「徽州の茶摘み人」の生活を体験した。【解説】留学生はその後、祁紅博物館を訪問。試飲ホールでは、茶器を並べ、茶葉の色や形を鑑賞し、湯を注いで茶杯や急須を温め、茶葉を入れ、洗茶(1煎目をすぐに流して捨てること)をするなど、一連の茶道の作法を学びながら、自らお茶を淹れて味わった。<映像内容>留学生が茶文化を体験するイベント、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100416467

  • 2018年12月03日
    切り絵で徽州の自然を再現無形文化遺産伝承人の呉笑梅氏

    呉笑梅氏が制作した切り絵作品。(2018年12月3日撮影)中国特有の婚礼の習慣に、切り絵で作った喜花(花などをモチーフに「喜」の文字を2つ並べたもの)を張り付けるというものがある。人々は喜花で各種嫁入り道具を飾り、幸せな生活への憧れや質素さの中にある美しさと情趣に思いを込める。安徽省の省級無形文化遺産「徽州(きしゅう)切り絵」の代表的伝承者、呉笑梅(ご・しょうばい)氏は喜花の創作だけでは飽き足らず、その視線を身近に広がる自然や田園、市街地などに向けている。(合肥=新華社配信/呉笑梅氏提供)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:呉笑梅氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625554

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、一面の銀世界に包まれた徽州古城。(小型無人機から)中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400411

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、空から見た雪化粧した徽州古城。(小型無人機から)中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400415

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、徽州古城の雪景色。(小型無人機から)中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400407

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、徽州古城の雪景色。中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400498

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、一面の銀世界に包まれた徽州古城。中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400391

  • 2018年12月30日
    銀世界に包まれた古城、雪化粧で新年を迎える安徽省黄山

    30日、一面の銀世界に包まれた徽州古城。(小型無人機から)中国安徽省黄山市にある徽州(きしゅう)古城ではこのほど雪が降り、街全体が一面の銀世界に包まれ、まもなく訪れる新年に趣のある景観をもたらしている。(黄山=新華社配信/施亜磊)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400410

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    甘而可さんの代表作品の一つ「紅斑犀皮漆六方大瓶」。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107087

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    安徽省黄山市にある工房に併設された展示ホールで、犀皮漆器の歴史と伝承について説明する甘而可さん。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107091

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    工房で、紙やすりを使って犀皮漆作品の研磨を行う甘而可さん。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030106974

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    工房で、漆の化粧箱のつや出しを行う甘而可さん。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107003

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    犀皮漆製品の特徴を詳しく説明する甘而可さん。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107089

  • 2019年01月15日
    20年をかけて伝統の徽州犀皮漆器を復活させた名匠

    甘而可さんの代表作品「紅斑犀皮漆六方大瓶」の細部。(1月15日撮影)約2平方メートルの分厚い木製テーブルには、数々の彫り傷や飛び散った漆の跡が一面に広がっている。10種類余りの工具および黄色、赤色、黒色の顔料が入った小皿を一列に並べ、64歳の甘而可(かん・じか)さんはテーブルの前に静かに座り、手のひらほどの大きさの化粧箱を手の中で機敏かつ一定の速度で回転させていく。こうして着色とつや出しを行うと、まだらの模様と輝く光沢がしだいに姿を見せてくる。20年にわたり、木製テーブルはこの「職人」が中年から老年に至るまで、中国安徽省徽州(きしゅう)地域の伝統的な犀皮(さいひ)漆器をたゆまず「復活」させてきた日々に立ち会ってきた。甘さんは2009年、「犀皮漆」「漆砂硯」など徽州の伝統的な漆塗り技術を復活させたことで、国家無形文化遺産「徽州漆器塗飾」の代表的伝承者に認定された。(黄山=新華社記者/馬姝瑞)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107054

  • 03:22.98
    2019年02月01日
    「新華社」赤いちょうちんでおめでたい雰囲気に安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の徽州(きしゅう)古城では、町を囲む城壁や望楼などに大きな赤いちょうちんが数多くつり下げられ、辺り一面が縁起の良い「中国の赤」に染まり、おめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれている。年末年始にちょうちんをつるすのは中国の伝統的な風習で、赤いちょうちんは平安と吉祥、豊かさを意味する。同古城では毎年春節の時期、一家だんらんを象徴する赤いちょうちんでお祝い気分を盛り上げ、町全体が年越しムードになる。(記者/楊金鑫)<映像内容>安徽省歙県の徽州古城の風景、撮影日:2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124955

  • 03:52.59
    2019年04月09日
    「新華社」北京園芸博の見どころ:自然と共生する古村落再現の安徽園

    安徽省と聞くと多くの中国人は、豊かな自然に囲まれた古い村落に、白いしっくいの壁と端が反った黒い瓦屋根の古民家が続き、あちらこちらからゆらゆらとかまどの煙が立ち上る……人と自然が調和したそんな一幅の絵を思い浮かべるに違いない。2019年北京国際園芸博覧会(園芸博)の安徽省展示エリア「安徽園」は、まさに山紫水明と呼ぶべき安徽省徽州文化圏の古村落の原風景を形にしている。北京園芸博の開幕まで1カ月を切り、面積3千平方メートルの安徽省展示エリアではほぼ工事が終わっている。彫刻、花、山水、家……。来場者は園内で見事な徽派三彫(木、石、レンガの彫刻)や、超然とした気高さを持つ銀縷梅(ぎんろばい、マンサクの一種)など、安徽省園芸の美しさや風情を存分に楽しむことができる。安徽園の入り口の高さ9・5メートルの牌坊は明代の伝統的な作業工程を採用し、重さ千トン以上の1枚石を20名以上の無形文化遺産伝承者が手作業の彫刻だけで制作したという。彫刻芸術以外に、安徽省の園芸植物も独特の魅力を持っている。現在安徽園内には300余種の植物が植えられているが、うち200種は現地から直接輸送してきた安徽省特有の植物で、正真正銘の安徽省産だ。(記者/龐元元、馬暁東、夏子麟、烏夢達)<映像内容>北京園芸博会場、安徽省展示エリア「安徽園」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040900656

  • 01:39.75
    2019年05月14日
    「新華社」伝統の刺しゅう工芸に新たな生気江西省婺源

    婺繍(ぶしゅう)は中国浙江省と江西省、安徽省が境を接する一帯に伝わる刺しゅうで、精密で繊細、美しいことで知られ、その表面は自然でなめらか、縫い目を見つけるのさえ難しい。かつて徽州と呼ばれたこの地域で、婺繍は若い娘たちにとって嫁入り前の「必修科目」だった。しかし時の流れの中で次第に失われ、ほとんど継承が途絶えてしまった。2016年、中国4大刺しゅうの一つに数えられる江蘇省の蘇繍(そしゅう)と婺繍は「刺繍の縁」を結び、江西省婺源(ぶげん)県篁嶺(こうれい)に蘇繍婺源基地「繍縁堂」が設立された。婺繍の技術と蘇繍の縫い方を融合させ、さらに贛繍(かんしゅう、江西省に伝わる刺しゅう)の特徴を取り入れることで、伝統の工芸に再び生気を吹き込んだ。「繍縁堂」は婺源の地元の刺しゅう工芸家を採用・育成することで、婺繍の新たな工芸を開発し、婺源県の自然や文化的な風景を表現した各種水墨写意の刺しゅう作品、刺しゅうを施した服飾・アクセサリー製品を開発し、観光客に大いに喜ばれている。手作りの工芸である婺繍は、新たな生気を放ちつつある。(記者/劉彬)<映像内容>刺しゅう工芸「婺繍」の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402234

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した墨の塊を叩く際に使われるかなづちと木台。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700501

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した胡開文製の墨。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700506

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨を木型から取り出している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700582

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が顔料で墨に一丁ずつ彩色している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700610

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、墨づくりに励む従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700691

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の塊を木型に入れている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700499

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、墨を乾燥棚で乾かす従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700693

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の木型を作っている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700592

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、成型前に墨の重さをはかる従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700671

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した「胡開文」製の墨。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700674

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の塊をかなづちで叩いている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700678

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が徽墨を裏返している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700677

  • 00:57.06
    2019年05月28日
    「新華社」中国の徽州文化を堪能しよう安徽省黄山市

    中国安徽(あんき)省黄山市の中国徽州文化博物館は、中国3大地域文化の一つ、徽州文化の保護と伝承を目的に設立された国家1級博物館で、1級文化財34点、2級文化財144点、3級文化財3913点を含む文化財9万6802点を所蔵している。歙硯(しょうけん)や徽墨(きぼく)、新安書画、徽州文献など地域文化に深く関わる品々を展示している。同博物館は、全国重点古籍保護単位や徽州三彫国家級無形文化遺産プロジェクト単位、全国人文社会科学普及基地にも指定されており、年間約40万人が訪れる。(記者/金剣)<映像内容>中国徽州文化博物館の展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903005

  • 2019年06月12日
    切り絵で徽州の自然を再現無形文化遺産伝承人の呉笑梅氏

    完成したばかりの作品を手に持ち、徽州切り絵の技法や特徴を解説する呉笑梅氏(左から2番目)。(6月12日撮影)中国特有の婚礼の習慣に、切り絵で作った喜花(花などをモチーフに「喜」の文字を2つ並べたもの)を張り付けるというものがある。人々は喜花で各種嫁入り道具を飾り、幸せな生活への憧れや質素さの中にある美しさと情趣に思いを込める。安徽省の省級無形文化遺産「徽州(きしゅう)切り絵」の代表的伝承者、呉笑梅(ご・しょうばい)氏は喜花の創作だけでは飽き足らず、その視線を身近に広がる自然や田園、市街地などに向けている。(合肥=新華社記者/白斌)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019062401776

  • 2019年06月24日
    切り絵で徽州の自然を再現無形文化遺産伝承人の呉笑梅氏

    呉笑梅氏が制作した徽州古村落を題材にした4枚一組の切り絵作品。(資料写真)中国特有の婚礼の習慣に、切り絵で作った喜花(花などをモチーフに「喜」の文字を2つ並べたもの)を張り付けるというものがある。人々は喜花で各種嫁入り道具を飾り、幸せな生活への憧れや質素さの中にある美しさと情趣に思いを込める。安徽省の省級無形文化遺産「徽州(きしゅう)切り絵」の代表的伝承者、呉笑梅(ご・しょうばい)氏は喜花の創作だけでは飽き足らず、その視線を身近に広がる自然や田園、市街地などに向けている。(合肥=新華社配信/呉笑梅氏提供)=撮影日不明、クレジット:呉笑梅氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625879

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.07
    2019年08月20日
    「新華社」江西省婺源県「最も美しい農村」の廊橋を訪ねて

    「廊橋(屋根付き橋)」は、形や装飾が美しい上、雨や日差しを避けることができ、さらに人々の憩いの場所となる。江西省婺源(ぶげん)県は、「中国で最も美しい農村」と称され、800年以上の歴史を持つ廊橋「彩虹橋(虹の橋)」がある。「彩虹橋」は、同県清華(せいか)鎮にあり、長さ140メートル、幅7メートル。渡り廊下があり、その両端には長椅子が置かれている。同県彩虹橋風景区の王静(おう・せい)解説員によると、同橋は879年の歴史があり、旧徽州地域(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で最長く・古い廊橋だという。ただ、彩虹橋の洪水対策は科学的で、橋脚は前方が尖り、後方は平たく、洪水による衝撃を軽減し、うまく逃がすように設計されている。修理しやすいようそれぞれの渡り廊下が独立しているため、1カ所が壊れても橋全体に影響はない。橋梁は、樹齢百年以上の松の木4本で作られ、その上に板をかけ通行できるようになっている。橋面の木材は、通常百年ほどしかもたないため、定期的に修理されている。最近の修理は1985年に行われた。(記者/黄和遜、温美良)<映像内容>廊橋「彩虹橋」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001902

  • 00:44.43
    2019年09月22日
    「新華社」実りの秋!黄山の古村落に広がる実りの天日干し風景

    中国安徽省黄山市徽州区にあり、千年の歴史を持つ村落、唐模村の村民は22日、村を挙げて秋分の日(今年は9月23日)を祝う「農民豊作節(祭)」を開催した。村の人々は収穫した果実を並べてさまざまな図案を作り、豊作の喜びを心ゆくまで楽しんだ。(記者/金剣、水金辰)<映像内容>唐模村の農民豊作節(祭)の様子、撮影日:2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206588

  • 03:44.02
    2019年11月11日
    「新華社」90年代生まれの若手「徽墨」職人安徽省

    品質の良さで知られる中国安徽省産の墨「徽墨(きぼく)」の制作技術が代々伝わる項(こう)家の4代目、1990年生まれの項頌(こう・しょう)さんは、幼い頃から国家級無形文化遺産伝承者である父、項徳勝(こう・とくしょう)さんの影響を受けてきた。頌さんは2012年に学校を卒業すると、徳勝さんの強い要望で、故郷に戻り「徽墨」技術を学ぶことを選んだ。頌さんは、現代の若者の多くは、無形文化遺産を印象にとどめるのみで、学ぼうという人は少ないと指摘。自身は基本的な墨の制作から始め、制作する上でのつらさや単調さを体験し、意志の強さを鍛えてきたと語る。墨型彫刻の緻密さと革新さを学び、技術を伝承するとともに、若者の新しい考え方を技術伝承の中に取り入れているという。「徽墨」は唐代末期から伝わる長い歴史を持つ技術で、宋代から元代にかけて、それまでの技術を基に、薬剤を添加して「薬墨」となった。人々は墨を実際に用いるだけでなく収集し始め、墨は工芸品として発展し始めた。「徽州」(現在の安徽省黄山市、宣城市、江西省上饒市)地域では明代中期以降、家ごとに墨制作を子孫に伝えるという現象が見られるようになり、同地域は全国の墨制作の中心地になった。近代になると、社会と経済の発展に伴い、生産量が激増した。頌さんは「一帯一路」の追い風に乗り「徽墨」の東南アジア市場が徐々に拡大し、販路についての局面を打開したと説明。世界各国の友人に「徽墨」の伝統技術と発展をより良い形で知らせることができると語った。(記者/白斌)<映像内容>徽墨の展示や制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111302952

  • 01:16.74
    2019年11月13日
    「新華社」満開となった金絲皇菊安徽省歙県

    中国安徽省歙(きゅう)県の農村では、秋から冬に移るこの時期、約1万5千ムー(千ヘクタール)の畑に金絲皇菊が競うように咲いている。黄金色に輝いた畑には、爽やかな香りが満ちあふれている。同県では現在、金絲皇菊の他、黄山貢菊や徽州皇菊も満開を迎えようとしており、菊全体の栽培面積は約6万ムー(4千ヘクタール)に上っている。(記者/白斌)<映像内容>金絲皇菊の風景、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501271

  • 2020年01月03日
    金づちを筆、鉄を墨として描く「鉄画」安徽省蕪湖市

    3日、安徽省蕪湖市の鳩兹古鎮で展示された鉄画作品。中国安徽省蕪湖(ぶこ)市では、周辺に豊富な鉱物資源があり、古代の先進的な金属鍛造技術や長きにわたる徽州文化の蓄積と相まって、独特な芸術形式である「鉄画」が生み出された。(蕪湖=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901915

  • 2020年01月03日
    金づちを筆、鉄を墨として描く「鉄画」安徽省蕪湖市

    3日、安徽省蕪湖市の鳩兹古鎮で展示された巨大な鉄画作品「天下の徽州商人鳩兹で繁栄」。中国安徽省蕪湖(ぶこ)市では、周辺に豊富な鉱物資源があり、古代の先進的な金属鍛造技術や長きにわたる徽州文化の蓄積と相まって、独特な芸術形式である「鉄画」が生み出された。(蕪湖=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901845

  • 2020年01月03日
    金づちを筆、鉄を墨として描く「鉄画」安徽省蕪湖市

    3日、鉄画の溶接工程を示す鉄画師の徐鋼(じょ・こう)氏。中国安徽省蕪湖(ぶこ)市では、周辺に豊富な鉱物資源があり、古代の先進的な金属鍛造技術や長きにわたる徽州文化の蓄積と相まって、独特な芸術形式である「鉄画」が生み出された。(蕪湖=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901898

  • 2020年01月03日
    金づちを筆、鉄を墨として描く「鉄画」安徽省蕪湖市

    3日、鉄画を制作する鉄画師の徐鋼(じょ・こう)氏。中国安徽省蕪湖(ぶこ)市では、周辺に豊富な鉱物資源があり、古代の先進的な金属鍛造技術や長きにわたる徽州文化の蓄積と相まって、独特な芸術形式である「鉄画」が生み出された。(蕪湖=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、完成した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800690

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、観光客の目に留まるよう完成した竹工芸品をドアの外に掛ける村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800661

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、完成した竹工芸品を車に載せ、周辺地域へ運んで販売する村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、竹を細く割り、制作に必要な材料を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800681

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村の村民が制作した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村で竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800642

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、村の人が「清明粿」を包む様子。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701899

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、黄山市徽州区の西渓南村で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜ、「清明粿」を作る村の人。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701916

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、村の人たちが包んだ「清明粿」。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701844

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、村の人たちが作った「清明粿」。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701880

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、村の人が「清明粿」の生地の上に餡をのせている。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701853

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った「清明粿」の生地。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701894

  • 2020年04月02日
    清明節を味わう春の息吹感じる「清明粿」安徽省黄山市

    2日、蒸し上がった「清明粿」を見せる村の人。墓参の習慣のある清明節(4月4日)を前に、中国安徽省黄山市徽州区の農家の人々は、この時期ならではの「清明粿」作りに追われている。「清明粿」は、清明節前後に同地で作られる伝統的な食べ物で、新鮮なヨモギの汁ともち米粉を混ぜて作った生地に、徽州特産のハムや筍、細切り肉、さいの目に切ったダイコンなどで作った餡を包んで形を整え、蒸して食べる。もっちりとした食感が楽しめる「清明粿」には、爽やかな春の香りが包み込まれている。(黄山=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701952

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村を散策する観光客。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705718

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村の「晒秋(さいしゅう)広場」。「晒秋」は収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする伝統的な習慣。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705726

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村で、収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする「晒秋」の光景。中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705762

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村を散策する観光客。中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705768

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村を散策する観光客。中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705731

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村を散策する観光客。中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705728

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区呈坎村を散策する観光客。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705736

  • 2020年09月25日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月25日、安徽省黄山市徽州区の呈坎村。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705748

  • 2020年09月26日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月26日、安徽省黄山市徽州区呈坎村の「晒秋(さいしゅう)広場」。「晒秋」は収穫した農作物を軒下などに並べ天日干しする伝統的な習慣。中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705746

  • 2020年09月26日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月26日、安徽省黄山市徽州区の呈坎村。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705689

  • 2020年09月26日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月26日、安徽省黄山市徽州区呈坎村の徽派古民家。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705781

  • 2020年09月26日
    合福高速鉄道沿線の歴史ある村を訪ねて安徽省黄山市

    9月26日、安徽省黄山市徽州区呈坎村の風景。(小型無人機から)中国安徽省合肥市と福建省福州市を結ぶ合福高速鉄道の黄山北駅から30分ほど車を走らせると、安徽省黄山市徽州(きしゅう)区呈坎(ていかん)村に到着する。同村は後漢時代(25~220年)に興り、現在も明清時代に建てられた「徽派」と呼ばれる同省南部の伝統的な建築様式を留めた古民家が100棟余り保存されている。秋が深まりつつある同村では、密集した古民家と遠くの山々が美しい絵画のような風景を生み出している。(黄山=新華社記者/黄博涵)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705741

  • 00:27.72
    2020年10月05日
    「新華社」西渓南鎮の古村落、安徽建築の美しさに触れる黄山市

    中国安徽省黄山市徽州区西部にある西渓南鎮の古村落は、約1200年前の五代十国時代の王朝の一つ「後唐(こうとう)」の時代に建設され、明清時代に最盛期を迎えた。安徽省の伝統建築様式「徽派建築」の元祖とされる老屋閣と緑繞亭がある。4キロにわたるサワグルミの林の周りを豊楽河の清流が流れていることから、森林浴の場としても人気があり「天然の酸素バー」と呼ばれている。<映像内容>西渓南鎮の古村落の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100702098

  • 2021年01月02日
    (新华视界)(6)安徽黄山:徽州草龙舞动新年

    新华社照片,黄山(安徽),2021年1月2日安徽黄山:徽州草龙舞动新年2021年1月2日,人们在安徽省黄山市徽州区西溪南镇扎草龙。当日,安徽省黄山市徽州区西溪南镇举办扎草龙舞草龙民俗活动,村民于日间扎草龙、夜间舞草龙,吸引许多游客参与、观看。舞草龙是古徽州民间传统游艺活动,人们以此形式祈求新年稻谷丰收,国泰民安。新华社记者韩旭摄= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608850

  • 2021年01月04日
    (6)わらで編んだ竜を舞って新年を祝う安徽省黄山市

    2日、安徽省黄山市徽州区西渓南鎮でわらを編んで竜を作る村民。中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区の西渓南鎮では2日、わらで作った竜による竜舞の民俗イベントが行われた。村民は日中にわらを編んで竜を作り、夜に竜舞を舞って、多くの観光客を楽しませた。わらで作った竜による竜舞は同区に古くから伝わる風習で、人々は竜舞に、新しい年の豊作や国家安泰などの願いを託す。(黄山=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608789

  • 2021年01月04日
    (5)わらで編んだ竜を舞って新年を祝う安徽省黄山市

    2日、安徽省黄山市徽州区西渓南鎮でわらを編んで竜を作る村民。中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区の西渓南鎮では2日、わらで作った竜による竜舞の民俗イベントが行われた。村民は日中にわらを編んで竜を作り、夜に竜舞を舞って、多くの観光客を楽しませた。わらで作った竜による竜舞は同区に古くから伝わる風習で、人々は竜舞に、新しい年の豊作や国家安泰などの願いを託す。(黄山=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608890

  • 2021年01月04日
    (4)わらで編んだ竜を舞って新年を祝う安徽省黄山市

    2日、安徽省黄山市徽州区西渓南鎮で竜舞を舞う村民。中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区の西渓南鎮では2日、わらで作った竜による竜舞の民俗イベントが行われた。村民は日中にわらを編んで竜を作り、夜に竜舞を舞って、多くの観光客を楽しませた。わらで作った竜による竜舞は同区に古くから伝わる風習で、人々は竜舞に、新しい年の豊作や国家安泰などの願いを託す。(黄山=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608810

  • 2021年01月04日
    (3)わらで編んだ竜を舞って新年を祝う安徽省黄山市

    2日、安徽省黄山市徽州区西渓南鎮でわらを編んで竜を作る村民。中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区の西渓南鎮では2日、わらで作った竜による竜舞の民俗イベントが行われた。村民は日中にわらを編んで竜を作り、夜に竜舞を舞って、多くの観光客を楽しませた。わらで作った竜による竜舞は同区に古くから伝わる風習で、人々は竜舞に、新しい年の豊作や国家安泰などの願いを託す。(黄山=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608908

  • 2021年01月04日
    (1)わらで編んだ竜を舞って新年を祝う安徽省黄山市

    2日、安徽省黄山市徽州区西渓南鎮で竜舞を舞う村民。中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区の西渓南鎮では2日、わらで作った竜による竜舞の民俗イベントが行われた。村民は日中にわらを編んで竜を作り、夜に竜舞を舞って、多くの観光客を楽しませた。わらで作った竜による竜舞は同区に古くから伝わる風習で、人々は竜舞に、新しい年の豊作や国家安泰などの願いを託す。(黄山=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608741

  • 2021年02月06日
    (1)古い村落に春節の味わい安徽省宣城市

    新华社照片,泾县(安徽),2021年2月7日古村里的年味2月6日,安徽省宣城市泾县查济村的村民在家门口挂红灯笼。查济村位于安徽省宣城市泾县,是一个拥有千年历史的徽州古村。春节临近,村民们按传统习俗写春联,挂灯笼,制作米粿、年豆腐、芝麻糖等地方特色食品,古老的村庄里充满喜庆气氛。新华社记者周牧摄= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901961

  • 2021年02月06日
    (2)古い村落に春節の味わい安徽省宣城市

    新华社照片,泾县(安徽),2021年2月7日古村里的年味2月6日,安徽省宣城市泾县查济村的村民晾晒刚写好的春联。查济村位于安徽省宣城市泾县,是一个拥有千年历史的徽州古村。春节临近,村民们按传统习俗写春联,挂灯笼,制作米粿、年豆腐、芝麻糖等地方特色食品,古老的村庄里充满喜庆气氛。新华社记者周牧摄= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901962

  • 2021年02月09日
    (3)古い村落に春節の味わい安徽省宣城市

    6日、春節の伝統的な習慣に従い、出来たばかりの年豆腐に赤い紙を貼る査済村の村民。中国安徽省宣城市涇(けい)県の査済村は、千年の歴史を持つ徽州古村の一つ。春節(旧正月)を間近に控え、村民たちは伝統的な習慣に従って春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を書き、ランタンを掛け、米粿(具入りの餅)や年豆腐(主に新年に食べる豆腐)、芝麻糖(ゴマのあめ掛けを四角く切ったもの)など地元の特色ある食べ物を作り、新年のお祝いムードを高めている。(涇県=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901963

  • 2021年02月09日
    (5)古い村落に春節の味わい安徽省宣城市

    6日、自宅で芝麻糖を作る査済村の村民。中国安徽省宣城市涇(けい)県の査済村は、千年の歴史を持つ徽州古村の一つ。春節(旧正月)を間近に控え、村民たちは伝統的な習慣に従って春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を書き、ランタンを掛け、米粿(具入りの餅)や年豆腐(主に新年に食べる豆腐)、芝麻糖(ゴマのあめ掛けを四角く切ったもの)など地元の特色ある食べ物を作り、新年のお祝いムードを高めている。(涇県=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901965

  • 2021年02月09日
    (4)古い村落に春節の味わい安徽省宣城市

    6日、春節の伝統的な習慣に従い、出来たばかりの米粿に赤い点を付ける査済村の村民。中国安徽省宣城市涇(けい)県の査済村は、千年の歴史を持つ徽州古村の一つ。春節(旧正月)を間近に控え、村民たちは伝統的な習慣に従って春聯(春節に入口の両側に貼る縁起の良い対句)を書き、ランタンを掛け、米粿(具入りの餅)や年豆腐(主に新年に食べる豆腐)、芝麻糖(ゴマのあめ掛けを四角く切ったもの)など地元の特色ある食べ物を作り、新年のお祝いムードを高めている。(涇県=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020901964

  • 2021年03月03日
    (2)古城観光で週末を満喫安徽省歙県

    2月27日、歙県の徽州(きしゅう)古城を見学する観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県では2月最後の週末、数多くの観光客が旧市街地を訪れ、昔ながらの古民家や通り、路地、牌坊などを見学して楽しんだ。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310144

  • 2021年03月03日
    (1)古城観光で週末を満喫安徽省歙県

    2月27日、歙県の徽州(きしゅう)古城を見学する観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県では2月最後の週末、数多くの観光客が旧市街地を訪れ、昔ながらの古民家や通り、路地、牌坊などを見学して楽しんだ。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310143

  • 2021年03月03日
    (7)古城観光で週末を満喫安徽省歙県

    2月27日、歙県の徽州(きしゅう)古城の路地。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県では2月最後の週末、数多くの観光客が旧市街地を訪れ、昔ながらの古民家や通り、路地、牌坊などを見学して楽しんだ。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030310147

  • 2021年03月26日
    金色の田園風景、古民家立ち並ぶ村々に春の訪れ安徽省

    26日、黄山市徽州区の蜀源村に広がる菜の花畑。(小型無人機から)3月も下旬を迎え、暖かくなってきた中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区では、同省南部の伝統的な建築様式「徽派」の古民家の周辺に咲き誇る菜の花が、春の息吹を伝えている。(黄山=新華社記者/周牧)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912697

  • 2021年03月27日
    (4)金色の田園風景、古民家立ち並ぶ村々に春の訪れ安徽省

    26日、黄山市徽州区霊山村で、咲き誇る棚田の菜の花。(小型無人機から)3月も下旬を迎え、暖かくなってきた中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区では、同省南部の伝統的な建築様式「徽派」の古民家の周辺に咲き誇る菜の花が、春の息吹を伝えている。(黄山=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703222

  • 2021年03月27日
    (5)金色の田園風景、古民家立ち並ぶ村々に春の訪れ安徽省

    26日、黄山市徽州区霊山村で、咲き誇る棚田の菜の花。(小型無人機から)3月も下旬を迎え、暖かくなってきた中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区では、同省南部の伝統的な建築様式「徽派」の古民家の周辺に咲き誇る菜の花が、春の息吹を伝えている。(黄山=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703223

  • 2021年03月27日
    (1)金色の田園風景、古民家立ち並ぶ村々に春の訪れ安徽省

    26日、黄山市徽州区の霊山村に広がる菜の花畑。(小型無人機から)3月も下旬を迎え、暖かくなってきた中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区では、同省南部の伝統的な建築様式「徽派」の古民家の周辺に咲き誇る菜の花が、春の息吹を伝えている。(黄山=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703206

  • 2021年03月27日
    (3)金色の田園風景、古民家立ち並ぶ村々に春の訪れ安徽省

    26日、黄山市徽州区霊山村で、咲き誇る棚田の菜の花。(小型無人機から)3月も下旬を迎え、暖かくなってきた中国安徽省黄山市徽州(きしゅう)区では、同省南部の伝統的な建築様式「徽派」の古民家の周辺に咲き誇る菜の花が、春の息吹を伝えている。(黄山=新華社記者/周牧)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703224

  • 2021年08月13日
    (7)黒茶を「飲める工芸品」に安徽省黟県

    古黟黒茶工房の製茶工場で、黒茶の工芸品を加工する作業員。(7月30日撮影)中国安徽省南部の山間部で生産が盛んな黒茶は、お茶としてだけでなく「工芸品」としても味わうことができる。同省黄山市黟(い)県の古黟黒茶工房にある製茶工場では、工芸品としての黒茶が原料となる茶葉を殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)、揉捻(じゅうねん、茶葉をもむ)、発酵、乾燥処理した後、蒸熱処理や機械成形、彫刻を施すことで、古代徽州の建築などが浮き彫りされた工芸品としての黒茶が完成する。黟県の黒茶工芸品は、黒茶の特性と古代徽州の三彫(木、石、レンガの彫刻)工芸が一体となっている。自然景勝地を彫刻の題材に取り、飲料食品と芸術が融合することで、茶葉の付加価値と鑑賞性を大幅に高めた。黒茶産業は多くの農家の増収を後押ししただけでなく、地元の観光業発展に新たな活力を吹き込んでいる。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304647

  • 2021年08月13日
    (4)黒茶を「飲める工芸品」に安徽省黟県

    古黟黒茶工房の製茶工場で、黒茶の工芸品を加工する作業員。(7月30日撮影)中国安徽省南部の山間部で生産が盛んな黒茶は、お茶としてだけでなく「工芸品」としても味わうことができる。同省黄山市黟(い)県の古黟黒茶工房にある製茶工場では、工芸品としての黒茶が原料となる茶葉を殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)、揉捻(じゅうねん、茶葉をもむ)、発酵、乾燥処理した後、蒸熱処理や機械成形、彫刻を施すことで、古代徽州の建築などが浮き彫りされた工芸品としての黒茶が完成する。黟県の黒茶工芸品は、黒茶の特性と古代徽州の三彫(木、石、レンガの彫刻)工芸が一体となっている。自然景勝地を彫刻の題材に取り、飲料食品と芸術が融合することで、茶葉の付加価値と鑑賞性を大幅に高めた。黒茶産業は多くの農家の増収を後押ししただけでなく、地元の観光業発展に新たな活力を吹き込んでいる。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304626

  • 2021年08月13日
    (9)黒茶を「飲める工芸品」に安徽省黟県

    古黟黒茶工房の製茶工場で、黒茶の選別作業を行う作業員。(7月30日撮影)中国安徽省南部の山間部で生産が盛んな黒茶は、お茶としてだけでなく「工芸品」としても味わうことができる。同省黄山市黟(い)県の古黟黒茶工房にある製茶工場では、工芸品としての黒茶が原料となる茶葉を殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)、揉捻(じゅうねん、茶葉をもむ)、発酵、乾燥処理した後、蒸熱処理や機械成形、彫刻を施すことで、古代徽州の建築などが浮き彫りされた工芸品としての黒茶が完成する。黟県の黒茶工芸品は、黒茶の特性と古代徽州の三彫(木、石、レンガの彫刻)工芸が一体となっている。自然景勝地を彫刻の題材に取り、飲料食品と芸術が融合することで、茶葉の付加価値と鑑賞性を大幅に高めた。黒茶産業は多くの農家の増収を後押ししただけでなく、地元の観光業発展に新たな活力を吹き込んでいる。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304658

  • 2021年08月13日
    (10)黒茶を「飲める工芸品」に安徽省黟県

    ライブ配信で黒茶の工芸品を紹介する古黟黒茶工房の従業員。(7月30日撮影)中国安徽省南部の山間部で生産が盛んな黒茶は、お茶としてだけでなく「工芸品」としても味わうことができる。同省黄山市黟(い)県の古黟黒茶工房にある製茶工場では、工芸品としての黒茶が原料となる茶葉を殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)、揉捻(じゅうねん、茶葉をもむ)、発酵、乾燥処理した後、蒸熱処理や機械成形、彫刻を施すことで、古代徽州の建築などが浮き彫りされた工芸品としての黒茶が完成する。黟県の黒茶工芸品は、黒茶の特性と古代徽州の三彫(木、石、レンガの彫刻)工芸が一体となっている。自然景勝地を彫刻の題材に取り、飲料食品と芸術が融合することで、茶葉の付加価値と鑑賞性を大幅に高めた。黒茶産業は多くの農家の増収を後押ししただけでなく、地元の観光業発展に新たな活力を吹き込んでいる。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304661

  • 1
  • 2