KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 生徒
  • 伝統
  • 継承
  • しょうへい
  • 伝承
  • 体験
  • 千年
  • 名前

「必修科目」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1963年04月12日
    三階建てのゴルフ練習場

    サラリーマンの必修科目ゴルフが爆発的な人気。東京都心にある立体練習場も満員の盛況、東京・芝ゴルフ練習場で、1963(昭和38)年4月12日

    商品コード: 2003012400066

  • 04:46.91
    1963年05月17日
    「中日映画社」遠州路

    静岡県浜松は楽器作り・ハーモニカ娘が有名だが、今ではオートバイの生産が全国の6割を占め、花嫁学校でも講習会。<映像内容> 遠州路の様子、自動車が走っている様子、沿道のガソリンスタンドの様子、給油口、シェル石油の看板、織物工場で作業をする人々、古くから宿場町城下町として栄えた浜松市街、浜松駅ホーム、ハーモニカ娘、ミュージックサイレン、オートバイ、バス、オートバイ工場で作業をする人々、走るオートバイの列、花嫁学校での必修科目であるオートバイ講習の様子、凧あげ、撮影日不明・公開日:1963(昭和38)年5月17日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2019091004679

  • 2006年10月25日
    記者会見する羽賀校長ら 石川の星稜高も680人

    必修科目の未履修問題が発覚し、記者会見する星稜高校の羽賀多聞校長(手前)ら=25日午後、金沢市

    商品コード: 2006102500246

  • 2006年10月25日
    岩手県立盛岡第一高校 進学実績至上で受験シフト

    必修科目の未履修問題で、生徒が卒業できない恐れが出ている岩手県立盛岡第一高校=25日午後、盛岡市

    商品コード: 2006102500245

  • 2006年10月25日
    記者会見する校長 今治東高校も卒業ピンチ

    必修課目の未履修問題で記者会見する今治東高校の窪田利定校長=25日夜、愛媛県今治市

    商品コード: 2006102500255

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2006年10月26日
    山上五所川原高校長 卒業式ずれ込みも

    必修科目未履修問題で記者会見する青森県立五所川原高校の山上佳男校長=26日午後

    商品コード: 2006102600062

  • 2006年10月31日
    あいさつする大島座長 70時間補習に異論続出

    与党教育再生検討会の初会合であいさつする大島座長(奥右から2人目)=31日夕、東京・永田町の衆院第一議員会館(大島理森)(高校の必修科目未履修問題)

    商品コード: 2006103100173

  • 2006年11月04日
    自民党の文教合同会議 なぜ世界史は必修科目か

    必修科目未履修問題の救済策をめぐり開かれた自民党の文教合同会議=2日、東京・永田町の自民党本部

    商品コード: 2006110400090

  • 2006年11月07日
    記者会見する教頭 必修の理科基礎も未履修

    必修科目の未履修問題で記者会見する愛媛県立新居浜西高校の永井英一教頭(左)と桧垣美博教頭=7日午後

    商品コード: 2006110700240

  • 2008年07月04日
    手話を学ぶ学生ら 医療に手話欠かせない

    鳥取大医学部で必修科目となった手話を学ぶ学生ら=4日、鳥取県米子市

    商品コード: 2008070400220

  • 2009年02月14日
    必修科目減らし即戦力に

    臨床研修プログラム見直し案

    商品コード: 2009021400189

  • 2009年02月14日
    必修科目減らし即戦力に

    臨床研修プログラム見直し案

    商品コード: 2009021400190

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: Pupils of the primary school on Glockenstra゚e play chess as part of the press conference on the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111408706

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: Marco Bode, Chairman of the Supervisory Board of Werder Bremen and co-organiser, plays chess with pupils from the primary school on Glockenstra゚e as part of the press conference on the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111408713

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: Schoolgirls from the primary school on Glockenstra゚e play chess as part of the press conference on the school project “Schach macht schlau“ (“Chess makes you smart“). According to the organizers, the largest pilot project in Germany, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111409095

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: A pupil of the primary school at the Glockenstra゚e plays chess as part of the press conference for the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111409156

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: Marco Bode, Chairman of the Supervisory Board of Werder Bremen and co-organiser of the school project “Schach macht schlau“, speaks at a press conference in the primary school on Glockenstra゚e. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111409186

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: A pupil of the primary school at Glockenstra゚e plays chess as part of the press conference on the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111405471

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: Pupils of the primary school on Glockenstra゚e play chess as part of the press conference on the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111409216

  • 2018年11月12日
    Pk on the school project “Schach macht schlau“ (Chess makes you smart)

    12 November 2018, Bremen: A pupil of the primary school at the Glockenstra゚e plays chess against a classmate during the press conference for the school project “Schach macht schlau“. According to the organizers of Germany‘s largest pilot project, chess will become a compulsory subject in primary schools. 1500 primary school children received chess games, workbooks and online learning software at the beginning of the 2018/2019 school year. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111408208

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で中国語の公開授業を行う、ポルトガル人女性教師のサラ・ソウザさんとアヴェイロ大学孔子学院の中国人教師、孫蕊蕊(そん・ずいずい)さん(右)。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021047

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、中国の十二支を学ぶ児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021170

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で児童に中国の十二支を教えるアヴェイロ大学孔子学院の中国人教師、孫蕊蕊(そん・ずいずい)さん(左)。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021155

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、手作りした貼り絵を見せる児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021091

  • 2018年11月21日
    小さな町に響き渡る読書の声ポルトガルの「中国語ブーム」

    11月21日、ポルトガル北部のアベイロ県エスタレージャ市アバンカ地区にあるマット小学校で、中国の十二支を学ぶ児童。マット小学校は、ポルトガルのアベイロ県が今年9月に新たに中国語クラスを開設した学校。同県は早くも2013年7月に、初の中国語クラスを現地の小学校に開設した。現地の「中国語ブーム」は近年、高まり続けている。現在、同県のサン・ジョアン・ダ・マデイラ市、エスピーニョ市、エスタレージャ市の小中学校で中国語を学ぶ児童・生徒は約2200人に上り、中国語はすでにこの3市全ての公立小学校で学ぶ3、4年生の必修科目となっている。また、アベイロ大学孔子学院が開設した中国語クラスで学ぶ人の数も急増している。(エスタレージャ=新華社記者/張立雲)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020984

  • 01:39.75
    2019年05月14日
    「新華社」伝統の刺しゅう工芸に新たな生気江西省婺源

    婺繍(ぶしゅう)は中国浙江省と江西省、安徽省が境を接する一帯に伝わる刺しゅうで、精密で繊細、美しいことで知られ、その表面は自然でなめらか、縫い目を見つけるのさえ難しい。かつて徽州と呼ばれたこの地域で、婺繍は若い娘たちにとって嫁入り前の「必修科目」だった。しかし時の流れの中で次第に失われ、ほとんど継承が途絶えてしまった。2016年、中国4大刺しゅうの一つに数えられる江蘇省の蘇繍(そしゅう)と婺繍は「刺繍の縁」を結び、江西省婺源(ぶげん)県篁嶺(こうれい)に蘇繍婺源基地「繍縁堂」が設立された。婺繍の技術と蘇繍の縫い方を融合させ、さらに贛繍(かんしゅう、江西省に伝わる刺しゅう)の特徴を取り入れることで、伝統の工芸に再び生気を吹き込んだ。「繍縁堂」は婺源の地元の刺しゅう工芸家を採用・育成することで、婺繍の新たな工芸を開発し、婺源県の自然や文化的な風景を表現した各種水墨写意の刺しゅう作品、刺しゅうを施した服飾・アクセサリー製品を開発し、観光客に大いに喜ばれている。手作りの工芸である婺繍は、新たな生気を放ちつつある。(記者/劉彬)<映像内容>刺しゅう工芸「婺繍」の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402234

  • 2020年05月23日
    浙江省建徳市の中学校、労働教育を実施

    23日、畑の土を耕し雑草を抜く浙江省建徳市厳州中学の生徒たち。中国浙江省の建徳市にある厳州中学は、必修科目として労働教育の科目を取り入れた。生徒たちが実技を習得し、好ましい労働習慣を身に着けることをめざしている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701019

  • 2020年05月23日
    浙江省建徳市の中学校、労働教育を実施

    23日、建設現場を模して作った場所で労働教育の授業を受ける生徒たち。中国浙江省の建徳市にある厳州中学は、必修科目として労働教育の科目を取り入れた。生徒たちが実技を習得し、好ましい労働習慣を身に着けることをめざしている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701123

  • 2020年05月23日
    浙江省建徳市の中学校、労働教育を実施

    23日、自転車の修理のやり方を学ぶ生徒たち。中国浙江省の建徳市にある厳州中学は、必修科目として労働教育の科目を取り入れた。生徒たちが実技を習得し、好ましい労働習慣を身に着けることをめざしている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701018

  • 2020年05月23日
    浙江省建徳市の中学校、労働教育を実施

    23日、建徳市の観光名所でツアーガイドのボランティアを行う生徒もいる。中国浙江省の建徳市にある厳州中学は、必修科目として労働教育の科目を取り入れた。生徒たちが実技を習得し、好ましい労働習慣を身に着けることをめざしている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701023

  • 2020年05月23日
    浙江省建徳市の中学校、労働教育を実施

    23日、配電の仕組みを学ぶ生徒たち。中国浙江省の建徳市にある厳州中学は、必修科目として労働教育の科目を取り入れた。生徒たちが実技を習得し、好ましい労働習慣を身に着けることをめざしている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701113

  • 2021年03月26日
    地理総合の教科書 資料ふんだん、課題学ぶ

    新しい必修科目「地理総合」の教科書

    商品コード: 2021032617395

  • 2021年12月18日
    小説掲載シェア首位に波紋

    高校の国語必修科目

    商品コード: 2021121809644

  • 2021年12月18日
    小説掲載シェア首位に波紋

    高校の国語必修科目

    商品コード: 2021121809646

  • 2022年02月04日
    「授業枯れる」と危機感

    必修科目「現代の国語」の「読む」活動の題材から文学的な文章を除くと明記した新学習指導要領の解説

    商品コード: 2022020409601

  • 2022年03月24日
    (3)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    毛筆製作を体験する鈴木高啓さん(右)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/彭菁)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500779

  • 2022年03月24日
    (6)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    毛筆製作を見学する鈴木高啓さん(左)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500781

  • 2022年03月24日
    (4)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/彭菁)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500777

  • 2022年03月24日
    (1)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033104081

  • 2022年03月24日
    (7)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500780

  • 2022年03月24日
    (5)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    中国と日本の毛筆製作技法の違いを説明する李小平さん(右)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007227

  • 2022年03月24日
    (2)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    鈴木高啓さん(左)に毛筆の製作過程を説明する李小平さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500778

  • 1