KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 思想史家
  • 昭和
  • 世界最古
  • 北宋
  • 千年
  • 南宋
  • 史書
  • 地位
  • 技術
  • 時点

「思想史」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
51
( 1 51 件を表示)
  • 1
51
( 1 51 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Marcelino Menéndez Pelayo (1856-1912). Escritor, filósofo, crítico literario e historiador de las ideas español. Grabado por Car

    Marcelino Menéndez Pelayo (1856-1912). Escritor, filósofo, crítico literario e historiador de las ideas español. Grabado por Carretero del nuevo académico de la Real Academia Española, 1881. La Ilustración Española y Americana, 8 de marzo de 1881.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081608205

  • 1946年05月03日
    (おおかわ・しゅうめい) 大川周明

    思想家、思想史家、イスラーム研究者、国家主義運動家。拓殖大学教授、東亜経済調査局理事長、法政大学大陸部部長を歴任。5・15事件に関与。民間人として唯一A級戦犯に問われるも、獄中で精神障害の症状を呈し入院、後に裁判の対象から除外された。写真は極東国際軍事裁判法廷開廷初日に精神錯乱状態を呈し、祈祷の姿勢をとる大川氏。この前後に前に座る東条英機元首相の頭を平手で打った=1946(昭和21)年5月3日午後(別人K17118A)(戦犯34)

    商品コード: 2005051200145

  • 1951年11月12日
    (わつじ・てつろう) 和辻哲郎

    文学博士、哲学者、倫理学者、思想史家。法政大学教授、京都帝国大学教授、東京帝国大学教授、日本学士院会員などを歴任、文化勲章を受章。写真は東大退官後、日本倫理学会会長在任当時の撮影=1951(昭和26)年11月12日撮影

    商品コード: 2005041200035

  • 1959年09月22日
    藤田省三・政治学者

    藤田省三(ふじた・しょうぞう)、法大助教授。政治学者、思想史家=1959(昭和34)年9月22日

    商品コード: 1959092200005

  • 1963年12月01日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1963(昭和38)年10月1日撮影

    商品コード: 2007022800077

  • 1964年05月30日
    丸山真男・政治評論家

    丸山真男(まるやま・まさお)、政治評論家。東大名誉教授、思想史家、日本学士院会員=1964(昭和39)年5月30日

    商品コード: 2014060100124

  • 1966年09月14日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大学長、東大名誉教授(社会思想史)、社会保障制度審議会会長=1966(昭和41)年9月14日撮影

    商品コード: 1966091400002

  • 1968年04月04日
    (たまき・もとい) 玉城素

    思想史研究家、現代コリア研究所理事長=1968(昭和43)年2月27日撮影

    商品コード: 2006011900037

  • 1968年04月04日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1968(昭和43)年3月28日撮影

    商品コード: 2006011900071

  • 1968年08月08日
    (なかむら・はじめ) 中村元

    東大名誉教授(インド思想史)、文化勲章受章、勲一等受章、学士院恩賜賞受章、元号懇談会委員、学士院会員=1968(昭和43)年6月24日撮影

    商品コード: 2006020700099

  • 1972年11月17日
    (はしかわ・ぶんぞう) 橋川文三

    明治大学教授、政治学者、思想史家、タバコを手に=1972(昭和47)年11月11日撮影

    商品コード: 2005062300061

  • 1973年02月28日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1973(昭和48)年2月9日撮影

    商品コード: 1973022800007

  • 1973年03月22日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1973(昭和48)年2月9日撮影

    商品コード: 2005060900031

  • 1974年11月16日
    (まるやま・まさお) 丸山真男

    政治思想史、東大教授、同名誉教授、日本学士院会員、「日本政治思想史研究」で第3回毎日出版文化賞(1953年)、1974(昭和49)年11月16日撮影

    商品コード: 2005031800316

  • 1976年03月04日
    (なかむら・はじめ) 中村元

    東大名誉教授(インド思想史)、文化勲章受章、勲一等受章、学士院恩賜賞受章、元号懇談会委員、学士院会員=1975(昭和50)年10月31日撮影

    商品コード: 2005020700128

  • 1977年02月08日
    (おおつか・きんのすけ) 大塚金之助

    マルクス経済学者、社会思想家、経済思想史家、歌人、一橋大名誉教授、学士院会員=1976(昭和51)年12月14日撮影

    商品コード: 2004121500051

  • 1977年11月02日
    (なかむら・はじめ) 中村元

    東大名誉教授(インド思想史)、文化勲章受章、勲一等受章、学士院恩賜賞受章、元号懇談会委員、学士院会員=1977(昭和52)年10月24日撮影

    商品コード: 2005012400624

  • 1978年01月26日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1977(昭和52)年11月18日撮影

    商品コード: 2004102900031

  • 1979年09月21日
    (なかむら・はじめ) 中村元

    東大名誉教授(インド思想史)、文化勲章受章、勲一等受章、学士院恩賜賞受章、元号懇談会委員、学士院会員=1979(昭和54)年9月5日撮影

    商品コード: 2004101800097

  • 1982年06月02日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1982(昭和57)年6月2日撮影

    商品コード: 1982060200004

  • 1982年08月27日
    (おおこうち・かずお) 大河内一男

    東大名誉教授(社会思想史)、東大学長、社会保障制度審議会会長=1982(昭和57)年4月10日撮影

    商品コード: 2004060900050

  • 1983年05月06日
    (おくだ・はちじ) 奥田八二

    九大教授(社会思想史)、福岡県知事=1983(昭和58)年2月撮影

    商品コード: 2004041400061

  • 1984年05月17日
    (なかむら・はじめ) 中村元

    東大名誉教授(インド思想史)、文化勲章受章、勲一等受章、学士院恩賜賞受章、元号懇談会委員、学士院会員=1984(昭和59)年4月23日撮影

    商品コード: 2004030400030

  • 1988年09月24日
    家永三郎氏 時局を背に仏教思想史研究

    家永三郎東京教育大名誉教授=東京都練馬区の自宅

    商品コード: 2021121404655

  • 1993年02月25日
    (せき・ひろの) 関〓野

    思想史家、評論家(〓日ヘンに廣)(関昿野、関曠野)

    商品コード: 1998072800024

  • 2003年04月18日
    関曠野氏 意味と動機不明の行動

    思想史研究家の関曠野氏

    商品コード: 2003041800112

  • 2005年10月13日

    ◎武田清子(たけだ・きよこ)、思想史家、思想の科学創刊同人、1917年6月20日生まれ、88年1月12日撮影、顔

    商品コード: 2005101300088

  • 2005年12月21日
    昭和文学の良質な思想作業

    子安宣邦さん(思想史家)

    商品コード: 2005122100036

  • 2008年08月19日
    (しらい・さとし) 白井聡

    日本学術振興会特別研究員、政治思想史学者、2008年7月3日撮影、東京・汐留

    商品コード: 2008081900277

  • 2013年06月12日
    サファー・ヌールさん 意外と似る女性解放史

    インタビューに答えるエジプトの日本思想史研究者サファー・ヌールさん=東京都文京区の東京大学

    商品コード: 2013061400313

  • 2013年06月12日
    ヌールさん 意外と似る女性解放史

    「日本人の性格に大いに興味を持っています。実際に男女は互いにどう思っているのか」と語るエジプトの日本思想史研究者サファー・ヌールさん=東京都文京区の東京大学

    商品コード: 2013061400315

  • 2014年08月25日
    (たけだ・きよこ) 武田清子

    思想史学者、国際基督教大学名誉教授の武田清子(たけだ・きよこ)=2009年7月3日、東京北区

    商品コード: 2014082500548

  • 2018年03月02日
    (おもだ・そのえ) 重田園江

    明治大教授(政治思想史)、2017年2月10日、東京都千代田区で撮影

    商品コード: 2018030200118

  • 2019年02月23日
    (くまの・すみひこ) 熊野純彦

    東京大教授、思想史家、2019年1月25日に東京都文京区の東京大で撮影

    商品コード: 2019022300277

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401355

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、建陽本「建陽県志」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401293

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401399

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている清代乾隆年間の建陽本。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401315

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている明代の建陽本「妙法蓮華経巻一」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401318

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401344

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401292

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「資治通鑑」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401296

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401288

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「四書大全」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401289

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清代末期の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401309

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清代末期の建陽本の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401353

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    挿絵の挿入が建陽刻本の最も顕著な特色とされ、上に絵、下に文章という組版形式は当時の一大革新であった。(12月17日撮影)中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401403

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401301

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清朝末期の建陽本に用いられた活字。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401306

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401307

  • 02:15.51
    2019年12月24日
    「新華社」福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本には、版木の裁断や謄写、描画、校正、版木彫り、紙の用意、墨の調合、印刷、装丁など多くの工程があり、書籍のジャンルも多岐にわたった。挿絵の挿入が最も顕著な特色とされ、上に絵、下に文章という組版形式は当時の一大革新であった。宋代には大量の建本書籍が遠く日本や高麗など世界各地に輸出され、明代には屋号を持つ印刷出版工房が200軒超えた。建陽刻本の版画は明代に成熟期を迎え、万暦年間(1573~1620年)には刻本のほぼ全てに挿絵が入った。建陽刻本は千年にわたり中国文化の伝播と発展の歴史に多大な貢献をし、外国との文化交流にも積極的な役割を果たしてきた。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録され、2015年3月には「中国印刷博物館福建建陽印刷文化保護基地」が国により設立された。(記者/魏培全、章博寧)<映像内容>建陽刻本の印刷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401724

  • 1