KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • すり鉢路面
  • アイスバーン
  • アリババ
  • シミュレーション
  • ジェイ・アール北海道バス
  • チェック
  • ツール開発
  • トンネル
  • バス運転手
  • バーチャル

「急ブレーキ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.32
    2020年04月26日
    「新華社」アリババ、自動運転車用「仮想+現実」シミュレーションツール開発

    中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の先端技術研究機関「DAMOアカデミー(阿里巴巴逹摩院)」はこのほど、世界初となる仮想環境(バーチャル)と実環境(リアル)を融合させた自動運転車用シミュレーションツールを開発したと発表した。1日当たり800万キロ以上のシミュレーション走行が可能で、雷雨や雪などの悪天候や夜間走行など危険性の高いシーンも、わずか30秒で生成する。前方・後続車両の急接近や急な割り込み、急ブレーキなどさまざまなシーンを再現でき、自動運転車の障害物回避テストの難度を引き上げた。1日に100万種類のシーンを再現できるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>自動運転車用のシミュレーションツールを開発、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.12
    2020年03月30日
    「新華社」湖南省郴州市で旅客列車が脱線し転覆崩れ出した土砂に衝突

    中国鉄路広州局集団によると30日午前11時40分(日本時間午後0時40分)、山東省済南市から広東省広州市に向かっていたT179列車が湖南省郴州(ちんしゅう)市内を走行中に脱線した。原因は、連日の雨により線路脇の崩れ出した土砂に衝突したためとみられる。同集団によると、T179列車は同集団所属。連日の降雨の影響で、京広線馬田墟駅から栖鳳渡駅までの下り区間で土砂が線路に崩れ出した。列車の運転士はこれに気づいて緊急ブレーキをかけたが、列車は土砂に衝突し、先頭車両が炎上、2両目から6両目が脱線して転覆した。救援作業はすでに行われており、負傷した鉄道従業員や旅客はすでに医療機関に搬送されており、具体的な原因は調査中だという。(記者/譚暢)<映像内容>湖南省郴州市の列車脱線事故の様子、撮影日:2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:21.07
    2018年10月17日
    空撮 電柱に電車衝突、1人けが 静岡の大井川鉄道

    17日午前6時45分ごろ、静岡県島田市川根町家山の大井川鉄道抜里(ぬくり)―家山間で、千頭(せんず)発金谷行きの普通電車(2両編成)が傾いていた電柱と衝突した。乗客乗員37人のうち、客の女性(71)が割れた窓ガラスの破片で耳付近を切る軽傷を負った。現場は、家山駅から北約450メートルにあるトンネルの出口付近。周囲は木が生い茂っている。運転士が気付いて急ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。衝突した電車は始発で、前日の最終電車が通過した際には異常がなかった。同署が事故の原因を詳しく調べている。〈映像内容〉静岡県島田市の空撮映像、撮影日:2018(平成30)年10月17日、撮影場所:静岡県島田市

    撮影: 2018(平成30)年10月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.37
    2018年01月13日
    「北海道新聞」JRバスが冬道運転教習

    ジェイ・アール北海道バスは1月13日、バス運転手を対象に、冬道運転の走行訓練を江別市の道立野幌総合運動公園で開いた。新人など乗車歴が浅い運転手が参加。公道では体験できない、圧雪アイスバーン路面での急ブレーキや段差、すり鉢路面の走行などを体験して、冬道での運転技術をチェックした。参加者らは冬型事故への心構えを新たにしていた。<映像内容>圧雪アイスバーン路面での走行体験をする様子、撮影日:2018(平成30)年1月13日、撮影場所:江別市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018(平成30)年1月13日、江別市

  • 1