KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 感染
  • 防止
  • 令和
  • 記者
  • 中国
  • 再開
  • 外観
  • 対策
  • 新型肺炎
  • ドローン

「感染防止 建物」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 新しい順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:39.33
    2020年11月24日
    北朝鮮・平壌、冬の感染警戒 市民らみなマスク

    北朝鮮メディアは24日、冬に感染リスクが高まるとされる新型コロナウイルスへの防疫対策を一層強化するよう呼び掛けている。平壌市内を行き交う市民らはみなマスクを着用。建物に入る際は手の消毒や検温を徹底している。コロナ流入阻止を掲げて国境封鎖も強化。<映像内容>北朝鮮・平壌で市民らがマスクを着けて感染防止している様子、撮影日:2020(令和2)年11月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    商品コード: 2020112511754

  • 2020年10月30日
    有明テニスの森公園 三菱全日本テニス第3日

    新型コロナウイルスの影響で、感染防止対策を講じて開催されたテニスの三菱全日本選手権=30日、東京・有明テニスの森公園

    商品コード: 2020103008040

  • 2020年10月08日
    米NY、州内一部地域で感染症対策を強化

    8日、ニューヨーク市のクイーンズ区で、建物の壁に貼られた無料PCR検査の宣伝ポスター。米ニューヨーク州は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、今週から感染が深刻な一部地域を対象に、必要不可欠でない業種の休業や学校の閉鎖、大規模集会に対する制限など、より本格的な感染防止対策を段階的に実施している。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200714

  • 01:26.18
    2020年06月01日
    「新華社」武漢の観光名所「黄鶴楼」が全面再開、初日の入場者1847人

    中国湖北省武漢市の観光名所「黄鶴楼」は1日、4カ月間続いた閉鎖と部分公開を経て、通常規模の一般公開を再開した。初日は延べ1847人が来場した。黄鶴楼では公開再開後も厳格な感染防止措置が実施される。主楼の入場は常時300人を超えないよう制限し、風景区全体の受け入れ人数も1日当たり最大5400人としている。展示館でも入場制限を設けるという。(記者/馮国棟)<映像内容>武漢市の黄鶴楼が一般公開を再開、撮影日:2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060409993

  • 2020年05月21日
    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし

    21日、TDKの中国法人、アモイTDKの外観。中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701249

  • 2020年05月20日
    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし

    20日、日本電気硝子の中国法人、電気硝子(アモイ)の外観。中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701237

  • 2020年05月20日
    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし

    20日、日本電気硝子の中国法人、電気硝子(アモイ)の全景。(小型無人機から)中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701240

  • 2020年04月10日
    団結と科学で新型コロナと闘う中ロ国境の小都市黒竜江省綏芬河市

    10日、綏芬河市の臨時医療施設「方艙医院」。中ロ国境に位置する黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は、3月27日から4月9日にロシアから入国した人から新型コロナウイルスの感染者が累計151人、無症状感染者数が148人確認されたと発表した。同市では「国外からの感染輸入と国内での感染拡散の防止」に対する圧力が高まっている。市民にとっては、国内の感染が落ち着き、正常な日常生活が戻った矢先に、再び感染防止措置が引き上げられる形となった。同市は8日午前6時から全ての居住区で封鎖式管理が実施。職場復帰した人は通行証の提示で出勤できるが、それ以外は各世帯で3日に1回、生活物資の買い物に1人が外出することのみ許可される。(綏芬河=新華社記者/董宝森)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003645

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501248

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501176

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建物。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501243

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501170

  • 2020年02月17日
    四川省の日本企業、続々と営業再開

    成都市高新区の出光電子材料が建設したOLED(有機EL)発光材料製造工場。(資料写真)中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020021700471

  • 1