KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 感染拡大
  • 感染対策
  • 感染予防
  • 感染防止
  • 感染状況
  • 感染症対策
  • 感染リスク
  • 感染者数
  • 集団感染
  • 感染確認

「感染」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
958
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
958
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:54.18
    2021年01月21日
    「新華社」無人スマート青果販売機が登場、「非接触」で野菜購入浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市柯橋区では現在、新型コロナウイルス感染症予防・抑制期間中に人々の接触を減らすため、一部の社区(コミュニティー)やオフィスビルに無人スマート青果販売機を設置している。住民は自由市場などに行かなくてもスマートフォンを使い商品を購入することができ、24時間いつでも利用することができる。スマホで2次元バーコードをスキャンすると、無人スマート青果販売機の扉を開けることができ、必要な野菜や果物を選んで取り出せる。扉を閉めると、微信支付(ウィーチャットペイ)で自動的に決済が完了し、スキャンから決済までわずか10秒程度で終えることができる。無人スマート青果販売機内には、肉類、野菜類、魚類、果物、飲み物などが全てそろっており、1日の食事の必要を基本的に満たしている。無人スマート青果販売機の商品は基本的に、当日補充したものを当日販売する形になっている。冷蔵庫は鮮度保持機能を備えているため、商品の鮮度が保たれているという。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:27.84
    2021年01月21日
    東京、1月感染者3万人超 東京都モニタリング会議

    東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1471人報告されたと明らかにした。今月の感染者も3万人を超えて3万482人となった。累計も9万人台に達して9万659人となり、今月だけで全体の3分の1を占める。都内は感染拡大に歯止めがかからず、1月は1日当たりの感染者数がほぼ4桁で推移。病床拡充を進める一方、自宅療養中の死亡例なども出ており、医療提供体制の逼迫が深刻化している。<映像内容>開催された東京都のモニタリング会議の様子。会議後に囲み取材に応じる小池百合子東京都知事、撮影日:2021(令和3)年1月21日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2021(令和3)年1月21日

  • 01:13.54
    2021年01月20日
    医療6団体会議が初会合 病床確保の協力を

    日本医師会(日医)や日本病院会など医療関係6団体は20日、新型コロナウイルス感染症患者の病床確保に向けた対策会議を立ち上げ、初会合を開いた。公立、民間を問わず医療機関全体で協力していくことで一致した。<映像内容>初会合の冒頭取材全量、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 03:15.92
    2021年01月20日
    日本医師会会長の記者会見 新型コロナ感染拡大

    日本医師会の中川俊男会長は20日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンについて「これほど大規模な予防接種体制は経験したことがない。現場の医療機関と行政との連携を、どうスムーズにするかが重要だ」とし、今後、政府や自治体と詳細を詰めていくとした。<映像内容>中川会長の記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月20日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2021(令和3)年1月20日

  • 01:42.56
    2021年01月19日
    あすから終電繰り上げ 首都圏、JRと各私鉄

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都など1都3県の知事や国土交通省の要請を受けて首都圏で実施する終電時刻の繰り上げを周知しようと、JR東日本の社員らが19日、新宿駅の改札口で利用者らに注意を呼び掛けた。 <映像内容>新宿駅南口改札の周辺で、プラカードを持ってアナウンスを繰り返す駅員たちの様子、終電繰り上げを知らせる看板など、撮影日:2021(令和3)年1月19日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月19日

  • 00:50.94
    2021年01月17日
    「新華社」河北省の病院、1日半で濃厚接触者用に病棟を改修

    中国河北省石家荘市の河北医科大学第二医院は、新型コロナウイルス感染症高リスク地域の濃厚接触者を受け入れるため、1日半足らずで病院東エリアの病棟改修を終えた。(記者/范世輝) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:23.58
    2021年01月17日
    阪神大震災26年 コロナ緊急事態下の追悼

    6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。新型コロナウイルスの感染が収まらず、兵庫県に緊急事態宣言が再発令された異例の状況。感染対策を重ねて開催にこぎ着けた追悼行事では、午前5時46分、集まった人々が黙とうした。  神戸市中央区の公園「東遊園地」では恒例の「1・17のつどい」が開かれ、今年は「がんばろう」の文字の形に灯籠が並べられた。来場者の分散を目的に、一部の灯籠は16日からともされた。<映像内容> 分灯、竹灯籠への点灯、発生時刻に合わせ黙とうする参加者、「がんばろう 1・17」の文字の俯瞰、雑観、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:兵庫県

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.52
    2021年01月16日
    空撮 緊急事態宣言発令後の大阪 御堂筋と戎橋

    新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が京都、大阪、兵庫の関西3府県に再発令された。対象外となった滋賀、奈良、和歌山の3県は宣言地域との不要不急の往来自粛を住民に要請している。ただそれぞれ感染者はじわりと増え、通勤・通学圏が府県境を越えていることもあり、急拡大の波が広がるのを強く警戒する。<映像内容>緊急事態宣言の再発令後に週末を迎えた大阪・戎橋と御堂筋の様子の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月16日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2021(令和3)年1月16日

  • 00:52.31
    2021年01月15日
    「新華社」山西省晋中市楡次区で無料の全員核酸検査を実施

    中国山西省晋中市では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認された。これを受け同市は管理制御措置を強化、13日から楡次(ゆじ)区の全住民を対象とした無料の核酸検査を実施している。(記者/韓依格、馬志異) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.69
    2021年01月15日
    「新華社」トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同氏は接種後、ソーシャルメディアを通じて伝えた。エルドアン氏はまた、全国ですでに25万人余りの医療関係者がワクチンを接種しており、接種プロセスはスムーズで効率的、満足のいくものだと述べた。トルコが発注した同社のワクチン第1陣300万回分は昨年12月30日、アンカラに到着。政府の計画によると、第1段階では感染リスクの高い医療関係者などを対象に、900万人に優先的に接種される。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.95
    2021年01月15日
    「新華社」武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.17
    2021年01月15日
    「新華社」95歳の新型コロナ重症患者が退院遼寧省瀋陽市

    中国瀋陽市の第六人民医院で13日午後、95歳の高齢重症患者を含む新型コロナウイルス感染患者5人が退院した。今後は指定病院で14日間の経過観察とリハビリ治療を受けるという。95歳の患者は2020年12月27日に入院。翌日新型コロナの感染が確認された。同医院重症医学科(集中治療科)の呉雲海(ご・うんかい)主任によると、患者は冠動脈疾患や高血圧など多くの基礎疾患があることから、複数の専門家が詳細な医療・看護プランを作成し治療に当たった。(記者/趙泳、羅奇) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:23.57
    2021年01月15日
    感染者数「前回と桁違い」 首都圏宣言1週間に小池氏

    東京都の小池百合子知事は15日の定例記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の期間に入って1週間となっても人の流れが減っていない状況に関して「前回の宣言時とは感染者数の桁が違うということを理解してほしい」と述べ、外出自粛の徹底を求めた。<映像内容> 小池都知事の定例会見。冒頭説明と質疑応答。その後開かれた首都圏3知事とのテレビ会議の頭撮り、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.89
    2021年01月14日
    「新華社」物流のクローズドループ管理で接触リスクを低減黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市ではこのところ、新型コロナウイルスの新規感染者増を受け、市外からの車両と人に対しクローズドループ管理を実施している。高速道路の黒河料金所ゲートでは、監視員が市内に入る車両と搭乗者を厳しく管理し、警察官が車両・人員の情報を登録した上で紙を貼ってドアを封印。車両が貨物ステーションに到着すると、物資の積み降ろしは専門の作業員が担当し、運転手はその間、車内にとどまることで接触リスクを低減している。作業が終わると、車は来た道をそのまま引き返し、警察官によってドアの封印に破れなどがないことが確認された後、通行を許可される。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.72
    2021年01月13日
    緊急事態、追加発令へ 官房長官「感染状況踏まえ判断」

    菅義偉首相は13日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県に新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令する方針だ。都市部で感染拡大に歯止めがかからないため、7日に宣言した首都圏4都県に7府県を追加し、対象を計11都府県へ拡大する。期間は2月7日まで。 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、発令対象について「知事の要請は受け止めるが、最終的には感染状況や医療提供体制の状況も踏まえて判断する」と説明した。京都、大阪、兵庫の3府県は9日、栃木、岐阜、愛知3県は12日に政府に宣言の再発令を要請した。首相は4都県に再発令した7日の記者会見で、愛知、大阪について再発令する状況にはないとの認識を示していた。<映像内容>加藤勝信官房長官の記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.19
    2021年01月13日
    大阪府知事、感染拡大防止へ協力求める 記者会見で

    国が緊急事態宣言の対象地域に新たに7府県を追加することになった13日、大阪府の吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は記者会見で、大阪府民に対して感染拡大防止への協力を訴えた。同時に対象地域となる京都府、兵庫県とも緊密な連携を取る考えだ。<映像内容>吉村知事による記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:26.64
    2021年01月13日
    緊急事態宣言、7府県追加 菅首相が記者会見

    菅義偉首相は13日、新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に京都、大阪、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の計7府県を追加した。7日に首都圏1都3県に再発令したものの、感染拡大に歯止めがかからなかった。期間は14日から2月7日まで。<映像内容>菅義偉首相の記者会見の冒頭発言、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 00:32.36
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform nucleic acid tests on residents in a basement in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:27.74
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.60
    2021年01月12日
    v1610449911519.mp4

    A medical worker takes photos of the identity information of residents in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:55.59
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.72
    2021年01月12日
    COVID19 - Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:44.54
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.84
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers prepare to perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.43
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:49.84
    2021年01月12日
    五輪、森会長が年頭あいさつ 「最大の難関、突破を」

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「たじろいだり、心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼びかけた。<映像内容>森喜朗会長の年頭あいさつ、雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月12日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月12日

  • 00:59.64
    2021年01月11日
    「新華社」アモイ在住台湾同胞へ新型コロナワクチン接種福建省

    中国福建省アモイ市在住の台湾同胞約20人が9日、厦門医学院付属第2医院を訪れ新型コロナウイルスワクチンの無料接種を受けた。現地の台湾企業に勤めるビジネスマンは、大陸が台湾同胞に同等の待遇で接することについて「思いやりと安心を感じる」と述べた。ワクチンの接種は個人と家族を守るだけでなく、企業が通常通り運営していくための保障でもある。厦門市台商投資企業協会の陳岱樺(ちん・たいか)副会長は朝早くに病院の成人予防接種外来に到すると、同意書の記入、検温、既往歴の問診などを済ませた。接種条件に適したことが確認されると、5分と経たないうちに接種を終えた。陳氏は「フォームの記入、順番待ちのルート、看護スタッフの専門知識、われわれとの意思疎通を含め、全ての手順は何度も訓練した成果だろう。今回のアモイでのワクチン接種は、決して付け焼刃的なものではなく、秩序立って遂行されていることは明らかだ。現在台商協会から300人以上の申し込みがあり、われわれの企業も申請した。台湾に戻らなければならない人もいるし、各地へ旅行や出張に行くために接種が必要な人もいる」と紹介した。新型コロナウイルスのワクチンは28日の間隔を空け、2回接種が推奨されている。緊急の場合でも最低14日空ける必要がある。今回の接種対象は、台湾居民来往大陸通行証(台胞証)を持つ18~59歳までの新型コロナウイルス感染リスクが高いグループとなっている。接種は任意で、費用は無料。申請後、台湾同胞は関連規定に基づいて、順番で接種を受ける。(記者/陳旺) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.38
    2021年01月11日
    「新華社」感染症予防の第一線で「中国人民警察の日」を祝う黒竜江省

    中国の黒竜江省黒河出入境辺防検査站(出入国国境検査ステーション)では「中国人民警察の日」の10日、警察官が警察旗に向かい、改めて入隊の宣誓を行った。先月29日以降、黒河市で新型コロナウイルスの新規感染者が増えると、同ステーションは「感染症との闘い」の号令を速やかに発してきた。滴水氷を成す冬の厳しい寒さの中、人民警察は感染症予防・抑制検査拠点を堅守し、人々の健康と安全を守り続けている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.42
    2021年01月10日
    「新華社」北京市、核酸検査チームを河北省に派遣

    中国北京市の北京天壇病院の医療スタッフ20人からなる新型コロナウイルス核酸検査チームが9日、河北省南宮市に派遣された。同市が河北省に検査チームを送るのは初めて。検査・計測設備5セット、検査試薬5万人分、感染防止物資30日分を携帯しており、同省の核酸検査活動を支援する。(記者/王普) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.99
    2021年01月10日
    「新華社」黒河市、2回目の全住民核酸検査が終了黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市で9日、全住民を対象とした2回目の核酸検査が終了した。現時点の検査結果は全て陰性だという。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。今回の全住民検査は7日午前8時から9日午後6時にかけて実施され、15万7044人の検体を採取した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.97
    2021年01月10日
    「新華社」石家荘市、核酸検査施設「火眼実験室」を10時間で設置

    中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検査施設「火眼実験室(エアドーム型)」が、夜を徹した作業で河北体育館テニス館に設置された。1日に100万人分の検体を検査できるという。設置工事は同日午前0時に始まり、わずか10時間で完成。午後9時から運用を開始した。火眼実験室は大規模化、標準化された核酸検査施設で、一体化された病原検査ソリューションにより、検査能力の迅速な向上を実現させた。同市では、ゲノム解析大手の華大基因(BGI)が設置した医学検査実験室や車載型の火眼実験室も既に稼働しており、河北省の新型コロナ感染対策を全面的に支援している。(記者/高博) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.72
    2021年01月10日
    「新華社」コロナ禍の封鎖地区、住民の生活は遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市于洪区では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6日までに集合住宅地区2カ所が封鎖された。隔離のための柵が置かれた居住地、朝鮮族第一中学小区では、住民がインターネットで注文した食料品や日用品を受け取るためのスポットが設けられた。住民が商品を受け取った後に出たごみなどを、見回りのボランティアが片付けている。住民らは外出することはできないものの、日常生活に大きな支障はないようだ。体が不自由な人や高齢者には、地元の社区(コミュニティー)スタッフやボランティアがあらゆる手を尽くして支援に当たっているという。(記者/趙泳) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.75
    2021年01月09日
    緊急宣言再発令を正式要請 感染急増の関西3府県

    新型コロナウイルスの感染急拡大が続く京都、大阪、兵庫3府県の知事は9日、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令を正式に要請した。<映像内容>関西3府県から緊急事態宣言の再発令を正式に要請された後の西村経済再生担当相のぶら下がり、撮影日:2021(令和3)年1月9日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.45
    2021年01月09日
    空撮 都内各所は人出少なく 緊急事態宣言後初の週末

    新型コロナの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令された1都3県では9日、初の週末を迎え、にぎわいを見せていた東京都内では繁華街の人出はいつもと異なる様相を見せた。<映像内容>緊急事態宣言後初の週末を迎えた都内、撮影日:2021(令和3)年1月9日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月9日

  • 00:44.36
    2021年01月08日
    「新華社」遼寧省盤錦市、年産10万トンの医用不織布工場がパイロット生産を開始

    新型コロナウイルス感染症が再発生している中国遼寧省でこのほど、盤錦市禹王無紡布の年間10万トンの生産能力を持つ第2期医療用不織布工場がパイロット生産を開始、同省の感染対策物資生産に原料面での保障を提供している。2020年3月に着工した同工場の敷地面積は93ムー(約6・2ヘクタール)で、投資総額は3億5千万元(1元=約16円)。世界最先端の設備と技術を導入し、生産技術は中国国内トップレベル。稼働後はポリプロピレン(PP)、メルトブロー(M)、スパンボンド積層不織布(SSMS)、スパンレース不織布など各種製品を生産できる。全面完成・稼働後の年産高は28億元、輸出による年間外貨獲得額は7600万ドル(1ドル=約104円)に達し、新たに550人の雇用を創出できる見通しだという。 =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.16
    2021年01月07日
    「新華社」天津市で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国天津市はこのほど、感染リスクの高い重点グループの人々を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。同市薊州(けいしゅう)区の興華大街社区(コミュニティー)衛生サービスセンターでは、接種活動が秩序良く順調に行われ、全プロセスが迅速かつ効率的に進められていた。同市は現在、医療・保健従事者や公務による出国者、輸入品の運搬、加工、販売に携わる職員などの重点グループを対象にワクチンの優先接種を行っている。同時に、不測の事態に対応するため、各接種拠点に救急医療スタッフが常駐することで医療体制も整えている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/鄧浩然) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:04.39
    2021年01月07日
    空撮と地上撮 小池都知事、外出自粛強く要請 人の流れ「徹底抑制を」

    東京都の小池百合子知事は7日午後、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受けて臨時記者会見を開き、「状況を深刻に受け止めている。徹底的に人の流れを止めるようお願いしたい」と都民に外出自粛などを強く求めた。同日は新型コロナウイルスの新規感染者数が前日を800人以上超える2447人に急拡大し、危機感を強めた。<映像内容>緊急事態宣言発令を受けた小池知事の記者会見、東京スカイツリーの空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 00:39.96
    2021年01月07日
    「新華社」黒河市、全住民対象に2回目の核酸検査黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市は7日、全住民を対象とした2回目の核酸検査を開始した。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。1回目の核酸検査では16万人以上が検査を受けた。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.90
    2021年01月07日
    ●資料映像●東京、初の感染者2千人台 新型コロナウイルス

    東京都内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の2千人台に達したことが分かった。6日の1591人を400人以上超え、2日連続で過去最多を大幅に更新。初の4桁となる1337人だった昨年12月31日から1週間で2千人台となった。東京を含む首都圏の感染状況は加速度的に悪化しており、医療提供体制の崩壊が強く懸念される。<映像内容>資料映像、東京都庁外観、スカイツリーなど都内の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月7日

  • 01:01.86
    2021年01月06日
    「新華社」江西省で新型コロナのワクチン接種開始、重点グループ対象に

    中国江西省衛生健康委員会によると、同省ではコールドチェーン(低温物流)の輸入貨物を取り扱う口岸(通関地)の第一線で働く税関検査・検疫担当職員や口岸での貨物の積み下ろし、運搬、輸送などに関わる職員、第一線の医療・保健従事者、国際・国内の交通輸送業者など感染リスクの高いグループを対象とする新型コロナウイルスワクチンの優先接種が進められている。重点グループ以外の人たちも今後、順次接種が受けられるよう手配していくという。(記者/彭昭之) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.14
    2021年01月06日
    東京、最多1591人感染 新型コロナ、大幅更新

    東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1591人報告されたと発表した。昨年12月31日の1337人から250人以上増え、過去最多を大幅に更新。入院患者のうち、重症者も前日から2人増の113人で過去最多。直近7日間で平均した1日当たりの感染者数は1071・9人に達し、初めて4桁となった。50~90代の男女8人の死亡も確認され、死者の累計は656人。 <映像内容>東京都庁外観、撮影日:2021(令和3)年1月6日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.73
    2021年01月05日
    テレワークで出勤7割減を 西村担当相記者会見

    西村康稔経済再生担当相は5日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大が続く東京都と埼玉、千葉、神奈川の3県への緊急事態宣言では、飲食店の営業時間短縮に加え、テレワーク推進とイベント開催要件の厳格化が対策の柱になるとの考えを示した。テレワークでは昨年春と同様に出勤者の7割削減を目指すと説明した。 西村氏は、新型コロナ感染症対策分科会が飲食を通じた感染拡大を抑える必要があると何度も提言しているとして「飲食につながる人の流れを減らすことが大事だ」と強調。「テレワーク推進やイベントの厳格化もその一つになってくる」と述べた。<映像内容> 西村担当大臣の記者会見の様子、撮影日:2021(令和3)年1月5日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月5日

  • 01:29.78
    2021年01月05日
    「AFP」Beijing residents line up to board buses heading to Covid vaccination sites

    Beijing residents queue at a parking lot for shuttle buses heading to Covid-19 vaccination sites as the city rolls out its plan to inoculate key sectors of the population, including cold-chain workers and medical staff.Some people are also waiting outside a Beijing hospital to get Covid-19 tests amid a sporadic outbreak across the country during this winter season. IMAGES、作成日:2021(令和3)年1月5日、撮影場所:中国・北京市、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:14.36
    2021年01月04日
    緊急事態宣言9日にも発令 西村経済再生担当相の記者会見

    政府が新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な東京など首都圏1都3県への発令を検討している緊急事態宣言について、9日から1カ月程度を軸に調整していることが分かった。西村康稔経済再生担当相は4日の記者会見で、緊急事態宣言に関し「経済的な負荷をできるだけ抑えることも大事だ」と述べ、飲食店での感染防止対策の強化が柱になるとの考えを示した。<映像内容>西村経済再生担当相の記者会見、入り、冒頭発言、質疑応答、会見雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月4日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.72
    2021年01月04日
    飲食店時短前倒しで一致 1都3県、夜間外出自粛も

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府に緊急事態宣言の発令を要請した東京都と埼玉、千葉、神奈川3県の知事が4日夜にテレビ会議を開き、飲食店に対する営業時間短縮要請では閉店時間を今月8日から午後8時に前倒しし、住民に対する午後8時以降の不要不急の外出自粛要請を共通して実施する方針を確認した。<映像内容>首都圏1都3県の各知事によるテレビ会議の模様小池百合子・東京都知事の記者会見の冒頭発言、撮影日:2021(令和3)年1月4日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月4日

  • 01:11.47
    2021年01月03日
    空撮と地上撮 Uターンがピーク JR東京駅、例年の混雑なく

    年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンが2日、ピークを迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大や政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止の影響で、例年ほどの混雑は見られなかった。<映像内容>JR東京駅のJR東日本新幹線ホームの表情、東名高速の海老名JCT(海老名市)と横浜青葉JCT(横浜市青葉区)の空撮。撮影日:2021(令和3)年1月3日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月3日

  • 01:06.03
    2021年01月02日
    Uターン開始も、駅はひっそり 東京駅の様子

    年末年始を古里などで過ごした人たちのUターンが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大やGotoトラベルの全国一時停止もあり、JR東京駅の新幹線ホームは、例年に比べ混雑は見られず、ひっそりとしたUターンスタートとなった。<映像内容>JR東京駅の新幹線ホーム雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月2日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月2日

  • 00:38.35
    2021年01月02日
    「新華社」瀋陽市、全市民対象の核酸検査開始

    中国遼寧省瀋陽市は12月31日から、全市民を対象とする新型コロナウイルスの核酸検査を市内9区域で実施し、スクリーニング検査も一段と強化している。遼寧省衛生健康委員会によると、省内では12月31日に新たに4人の感染が確認された。内訳は瀋陽市が2人、大連市が2人となっている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:38.85
    2021年01月02日
    首都圏、緊急事態宣言要請 4知事と西村氏の会談後記者会見

    東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏1都3県の各知事が2日午後、新型コロナウイルスの深刻な感染状況悪化や医療体制の逼迫(ひっぱく)などを踏まえて内閣府で西村康稔経済再生担当相と会談し、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令するよう共同で要請した。西村氏は会談後、政府の新型コロナ感染症対策分科会の意見を踏まえて発令の要否を検討する意向を示した。東京都の小池百合子知事は3県の知事、西村担当相と共に報道陣の取材に応じ「現下の感染拡大を収束させるため、できる限りの対策をしていきたい」と述べた。<映像内容>会談に向かう小池知事、千葉県の森田健作知事(以上2日午後3時半ごろ)、終了後の4知事と西村経済再生担当相の合同記者会見(向かって左から、埼玉県の大野元裕知事、千葉県の森田健作知事、西村担当相、小池知事、神奈川県の黒岩祐治知事=同午後6時40分ごろ~7時ごろ)など。※会議は非公開で、含まれていません、撮影日:2021(令和3)年1月2日、撮影場所:東京都千代田区の内閣府1階

    撮影: 2021(令和3)年1月2日

  • 01:13.30
    2021年01月01日
    北朝鮮 金日成広場で国旗掲揚式 コロナ封じ込めアピール

    北朝鮮・平壌(ピョンヤン)中心部の金日成(キム・イルソン)広場で1月1日午前0時(日本時間同)から国旗掲揚式が開かれた。花火も打ち上げられ、集まった大勢の市民らがマスク姿で新年を祝った。新型コロナウイルス封じ込め成功を内外にアピールする狙いもありそうだ。同広場ではこれに先立ち12月31日午後11時から「2021年新年慶祝公演」が行われ、国旗掲揚式とあわせ朝鮮中央テレビが実況中継した。大みそか夜のコンサート開催は3年連続。スマートフォンで自撮りする市民の姿もあった。北朝鮮はコロナ流入阻止のため11カ月にわたり国境を封鎖、感染者は一人もいないとしている。<映像内容>①12月31日夜、平壌の万景台学生少年宮殿で行われた子どもや学生による迎春公演。観客らはコロナ対策のためマスクを着け、間隔を置いて着席していた。 ②12月31日午後11時から平壌の金日成広場で行われた「2021年新年慶祝公演」慶祝公演。 ③「2021年新年慶祝公演」に続き、1月1日午前0時から平壌の金日成広場で行われた国旗掲揚式。、撮影日:2021(令和3)年1月1日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月1日

  • 01:49.44
    2021年01月01日
    初詣客「早く収束して」 明治神宮、早朝に開門

    新型コロナウイルス対策で夜通しの初詣受け入れを自粛した明治神宮(東京都渋谷区)では1日、午前6時に開門し、大勢の参拝客が訪れた。ほとんどがマスク姿で「早く感染が収束して」と静かに手を合わせていた。境内では係員らが「前の人と間隔を取って」と呼び掛けた。混雑が予想されるお守りやお札の授与所は駐車場などの広いスペースに特設された。<映像内容>境内の雑観、参拝の様子、禰宜の水谷敦憲さんのインタビューなど。撮影日:2021(令和3)年1月1日午前10時~午後0時半ごろ、撮影場所:東京都渋谷区の明治神宮

    撮影: 2021(令和3)年1月1日午前10時~午後0時半ごろ

  • 01:39.80
    2020年12月31日
    年末ジャンボ宝くじ コロナ禍、無観客抽せん会

    1等と前後賞を合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会が31日、東京都新宿区の東京オペラシティで開かれた。抽せん会には例年、多くの宝くじファンが訪れるが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、無観客での開催となった。観客席には抽せん会のスタッフや報道関係者のみで、感染防止のため間隔を空けて座った。1等の抽せんに参加した武田良太総務相は、コロナ禍にみまわれた2020年を振り返り「来年(21年)こそ、皆さまにとって明るい年になることを祈念したい」と述べた。<映像内容>東京都新宿区の東京オペラシティで開かれた「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会の様子。、撮影日:2020(令和2)年12月31日午後0時45分~午後1時ごろまで撮影、撮影場所:東京都新宿区の東京オペラシティ

    撮影: 2020(令和2)年12月31日午後0時45分~午後1時ごろまで撮影

  • 00:41.04
    2020年12月28日
    「新華社」コロナ封鎖地区の大学院受験生、全員無事受験遼寧省大連市

    中国遼寧省大連市の金普新区で26日、新型コロナウイルスの感染者が確認されたため封鎖隔離された地区の大学院受験生304人全員が、指定された学校で無事試験に参加した。304人の受験生は試験前の7日間で3回の核酸検査を受けたほか、試験前日の25日に感染防止措置が取られた五つのホテルに分泊。試験当日は専用バスで会場の金州高校に向かった。同校はこれらの受験生のために特別に設けられた試験会場で、試験教室35カ所、予備教室10カ所が用意された。同区全体では7254人が受験願書を提出していた。各試験会場は感染防止措置を徹底した上で、最も厳しい入場制度を実施。試験は無事行われた。(記者/劉斌) =配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.15
    2020年12月28日
    空撮 GoTo停止、観光地不安 全国一斉、影響どこまで

    新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないことを踏まえ、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が28日、全国で一斉に停止された。期間は来年1月11日までの15日間で、例年なら年末年始の休みを利用した人たちでにぎわう観光地の関係者らは「どんな影響が出るのか」と不安を隠せないでいる。<映像内容>GoTo停止で人出がまばらになった京都各地の空撮(京都駅周辺、清水寺、八坂神社と円山公園、嵐山の渡月橋付近)、撮影日:2020(令和2)年12月28日、撮影場所:京都府

    撮影: 2020(令和2)年12月28日

  • 00:58.74
    2020年12月28日
    「新華社」湖北省からモンゴルへ寄贈される茶葉、引き渡しへ

    中国湖北省人民政府がモンゴルに寄贈する宜紅茶と長盛川青磚(せいたん)茶7千個、赤壁青磚茶3万個が23日午前、それぞれ同省宜昌(ぎしょう)市と赤壁市からトラック輸送された。25日に内モンゴル自治区のエレンホト口岸(通関地)に到着し、モンゴルに引き渡された。モンゴルの人々には青磚茶を煮出してミルクティーを作る習慣があり、湖北省の青磚茶は長年、モンゴルに輸出されてきた。双方の青磚茶取引はすでに数百年の歴史がある。今回、寄贈された3万個の赤壁青磚茶には、中国茶の老舗として中国・モンゴル両国民から愛されている趙李橋製茶工場の「川」ブランドが選ばれた。製品の形状とパッケージも新たに工夫され、形状は板チョコ風の軽量れんが型を採用、パッケージデザインにはモンゴルの移動式住居、ゲルの要素が取り入れられた。今年2月、訪中したモンゴルの大統領は、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するモンゴル国民の気持ちとして、中国に羊3万匹を寄贈すると表明した。これを受けて、モンゴルの温かい好意に対する感謝の印として、湖北省人民政府は今月8日、PCR検査装置や核酸検出キットの他、湖北省特産の青磚茶、宜紅茶などの医療・生活物資を同国に寄贈することを決定した。(記者/王斯班、李思遠) =配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.36
    2020年12月27日
    「新華社」中国系商店、アルゼンチンの人々に利便性提供

    アルゼンチンでは12月中旬から、新型コロナウイルス感染症の影響で休止していた長距離移動を伴う旅行が再開された。クリスマスシーズンと重なり、国内は休暇のピークを迎え、多くの店が臨時休業となり、人々の生活は不便を強いられた。そんな中、中国系移民が経営する店の多くは、クリスマス休暇中も営業を続けており、良質で手ごろな価格の中国製品が、アルゼンチンの人々に喜ばれている。大まかな統計によると、人口300万人以上の人口を抱える首都ブエノスアイレスには、中国系移民が経営する店が1万軒以上あり、市中心部の繁華街にも中国系の店を見つけることができる。また、国内各都市でも華人による店舗が増え続けている。(記者/倪瑞捷、朱暁光) =配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.07
    2020年12月27日
    那智の滝で正月準備 和歌山、しめ縄張り替え

    和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社のご神体「那智の滝」の上に架かる大しめ縄が27日、正月を前に張り替えられた。高さ133メートルある滝の上で白装束に烏帽子姿の神職ら5人が命綱を着けて作業。滝の落ち口まで長さ約26メートル、重さ4キロの新しい大しめ縄を運び、流れる水に足を取られないよう慎重に取り付けた。滝は大みそから元日の朝にかけてライトアップされ、参拝客を迎える。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、拝殿前にポールを置き、参拝客が間隔を取れるようにするなどの対策をとる。<映像内容>那智の滝を下から撮影した映像のほか、滝上で神職らがしめ縄を張り替える様子など、撮影日:2020(令和2)年12月27日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    撮影: 2020(令和2)年12月27日

  • 01:04.81
    2020年12月26日
    「新華社」陝西省でワクチン接種始まる税関職員や物流業者など対象

    中国陝西省で新型コロナウイルスのワクチン接種が25日、税関職員や物流業者などを対象に始まった。同省衛生健康委員会の関係者は、感染症対策の一環として、税関・出入国検査職員や輸入食品のコールドチェーン業務従事者、医療従事者などの接種を優先的に進めていく方針を示した。(記者/藺娟) =配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.12
    2020年12月26日
    年末年始の帰省、控えめにスタート 羽田と東京駅

    新型コロナウイルス禍に見舞われた2020年も年の瀬を迎え、例年であれば帰省などで交通機関が混雑するシーズンとなった。感染拡大が直撃して政府が「静かな年末年始」を訴える中、空の便で下りの予約率が最も高い26日でも、帰省客らはいつもの年より控えめ。観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止も決まっており、予約状況は低調だ。<映像内容>羽田空港の国内線ターミナル出発ロビーの表情、JR東京駅の東海道新幹線ホームの表情、撮影日:2020(令和2)年12月26日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月26日

  • 03:14.57
    2020年12月25日
    「オリコン」 錦鯉、『M-1』でブレイク実感

    長谷川雅紀(49)と渡辺隆(42)からなる、お笑いコンビ・錦鯉が25日、都内で行われた映画『新感染半島ファイナル・ステージ』(2021年1月1日公開)の公開記念イベントに参加。アラフィフにして人生初のPRイベントに登壇した。撮影日時:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 02:05.19
    2020年12月25日
    時短と外出自粛、延長決定 大阪府、要請1月11日まで

    大阪府は25日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、大阪市の一部飲食店に29日まで出している午後9時までの時短営業や休業の要請を来年1月11日まで延長することを決めた。府民に対する不要不急の外出自粛要請も同日まで延長する。 大阪市内の時短要請は、酒類提供や接待を伴う飲食店を対象に、11月27日に北区と中央区でスタート。府の独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」を12月3日に点灯させたが、その後も感染拡大が止まらず、16日から要請対象を大阪市全域に広げ、29日まで延長していた。<映像内容>大阪府庁の外観、大阪府新型コロナウイルス対策本部会議冒頭での吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事のあいさつ、会議の雑観、会議終了後の吉村知事の囲みなど、撮影日:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2020(令和2)年12月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:33.32
    2020年12月24日
    「新華社」新疆コルガス口岸経由の中欧班列、年間4500本を突破

    中国重慶市と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「渝新欧」中欧班列が21日午後、40フィートコンテナ54個を積載して新疆ウイグル自治区コルガス鉄道口岸(通関地)からポーランドに向け出発した。これにより、今年同口岸を経由して出入境した中欧班列は4500本を突破した。21日夜時点では4507本となり、前年の年間運行本数を32・4%上回っている。今年は厳しい感染症対策実施のため、海運、空運を補充・代替する鉄道輸送の役割が顕著となり、コルガスを経由した中欧班列の運行本数も急速に増加した。コルガス口岸の1~11月の輸出入額は前年同期比26・2%増の2237億7千万元(1元=約16円)だった。うち、鉄道輸送による輸出入額は89%増の1462億8千万元で、全体の65・4%を占めた。現在、コルガス口岸を経由して出入国する中欧班列はすでに21路線に達しており、中国と欧州、中国と中央アジアのサプライチェーンを結ぶ重要なルートとなっている。(記者/周生斌) =配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.60
    2020年12月24日
    「新華社」中国企業、コロナ感染拡大のコスタリカで国道建設進める

    中国港湾工程(CHEC)は、新型コロナウイルスの感染拡大が続くコスタリカで、国道32号線の建設プロジェクトを引き続き進めている。同線は首都サンホセと主要貿易拠点のプエルトリモンを結ぶ高速道路で、今回のプロジェクトでは拡張工事が行われている。=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:42.09
    2020年12月23日
    特措法改正案、国会提出へ 西村氏「理解得られた」

    政府は23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、新型コロナ特別措置法の改正に向けた議論を始めた。法改正では知事による店舗の休業や営業時間短縮の要請に罰則などの強制力を持たせるかどうかや、要請に応じた事業者への財政支援の在り方が焦点となる。来年1月召集の通常国会への改正案提出を目指す。西村康稔経済再生担当相は分科会後に記者会見し「改正の必要性はおおむね理解が得られた」と説明した。<映像内容>分科会後の西村康稔経済再生担当相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月23日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月23日

  • 01:00.72
    2020年12月21日
    「新華社」中国語学習を支援するプラットフォーム、エジプトで人気に

    エジプトの若者グループがこのほど、オンライン・プラットフォーム「アイ・トーク・チャイニーズ(ITalkChinese)」を開設し、同国で中国語学習者に役立つ情報を提供している。同プラットフォームは、中国関連のニュースや情報をエジプトのユーザーに発信するとともに、多くの中国語学習者の体験を紹介。中国語を話せる人と語学力のある人材を求める企業をつなぐ懸け橋としての役割を担っている。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛の要請などさまざまな感染対策が講じられ、オンラインで中国語を学ぶ人が増えたことから、同プラットフォームの人気が高まっているという。 =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:51.37
    2020年12月21日
    年末年始、コロナ医療支援 小池都知事、臨時記者会見

    東京都の小池百合子知事は21日午後、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた医療支援策に関する臨時の記者会見を開いた。12月29日~来年1月3日に新型コロナの入院患者を受け入れた医療機関には、患者1人につき重症の場合で1日30万円、中等症と軽症で7万円を支給し、薬局には1日8時間以上の営業を条件に1日当たり3万円を支払う内容。小池氏は臨時会見を開いた理由を「新型コロナの対応で逼迫している医療体制を守るため」と説明。今後のクリスマスや年末年始は「命を最優先に家族でステイホームを。親戚や友人との楽しみは後に取っておいてほしい」と訴えた。<映像内容>東京都庁外観、小池都知事の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月21日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月21日

  • 03:09.85
    2020年12月20日
    GoTo、早期方針明示を 全国知事会のオンライン会議

    全国知事会は20日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開き、観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止期間後となる来年1月12日以降の対応方針を早期に示すよう国に求める緊急提言をまとめた。事業の経済効果は大きいとして、各知事の意見を踏まえ、感染が落ち着いている地域から順次再開するなど柔軟な対応を要請した。国民に対しては、感染拡大防止のため年末年始は混雑を避け静かに過ごすよう呼び掛けた。<映像内容>全国知事会新型コロナウイルス対策本部の会合の様子、各知事の意見など、撮影日:2020(令和2)年12月20日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月20日

  • 00:54.82
    2020年12月20日
    「AFP」London‘s Eurostar station quiet as travel bans introduced

    London‘s St Pancras International Station - where Eurostar services depart the British capital for mainland Europe - is quiet ahead of the start of a ban on travel between Belgium and the UK, and following the end of services to and from the Netherlands. Usually the service would be extremely busy on the weekend before Christmas. IMAGES、作成日:2020(令和2)年12月20日、撮影場所:英ロンドン、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 01:34.06
    2020年12月19日
    菅首相が報道写真展観賞 「コロナ前を取り戻す」

    菅義偉首相は19日、東京都内で開催中の「2020年報道写真展」(東京写真記者協会主催)を観賞した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客となった大相撲などの写真を見て回り「コロナ禍の前の写真のように、自由に活動できる社会を一日も早く取り戻すのが私の使命だと再認識した」と記者団に感想を述べた。<映像内容>報道写真展を鑑賞した菅首相の様子、写真にサインする様子、囲み取材、サインした写真のブツ撮りなど、撮影日:2020(令和2)年12月19日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年12月19日

  • 00:59.68
    2020年12月18日
    「新華社」寧波舟山港のコンテナ取扱量、昨年実績上回る浙江省

    中国浙江省の寧波舟山港はこのほど、今年のコンテナ取扱量が今月15日までに昨年の総取扱量を上回ったことを明らかにした。浙江省海港集団や寧波舟山港集団は今年に入ってから、新型コロナウイルス感染症の流行や複雑に変化する外部環境など難しい状況に向き合い、国内大循環を主体とし、国内と国際の二つの循環が互いに促進する新たな発展戦略「双循環」を積極的に展開し、港湾における生産安定化を促進している。同港は海運面で積極的に船舶の大型化に対応し、幹線船会社との戦略的協力を継続、コンテナ船航行路線の総数は過去最高の257本に達した。同時に国内フィーダー輸送、国内取引業務を推進、同省の海港一体化のメリットを十分に発揮して業務の回復を推進した。一方、同港は安全で便利な鉄道輸送の長所を生かし、引き続きシーアンドレール(船と鉄道による複合貨物輸送)事業の急速な発展を推進している。今年の初めから、省内の諸暨、江西省の宜春などのシーアンドレール複合輸送路線を新規に開設し、義烏と寧波舟山港を結ぶシーアンドレール列車「達飛号」の運行を開始した。9月にはコンテナのシーアンドレール複合輸送量が初めて、月間10万TEU(20フィートコンテナ換算)を上回った。(記者/魏一駿、王懌文、李濤) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.80
    2020年12月18日
    「新華社」湖北省がモンゴルに寄贈した医療物資、エレンホトから出国

    中国湖北省がモンゴルに寄贈した医療物資が15日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸(通関地)から出国した。同自治区出入国国境検査ステーションは医療物資の専用レーンを開き、物資が速やかにモンゴルの感染症予防・抑制の最前線に届くよう手配した。モンゴルは以前、新型コロナウイルス感染症と闘う中国への支援物資として羊3万匹を寄贈した。これらの羊は同通関地を通過して入国、加工された後に湖北省へ届けられた。(記者/劉懿徳) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.48
    2020年12月17日
    「新華社」北京市、核酸検査の総合演習を実施

    中国北京市の東城区、海淀区、北京経済技術開発区で15日、核酸検査の総合演習が行われた。新型コロナウイルスに対する「外防輸入、内防反弾(外部からの輸入を防ぎ、内部での再拡大を防ぐ)」の要求事項をさらに徹底し、感染対策業務を確実に行い、感染予防・抑制の応急処理能力をチェックし、北京市核酸検査情報統一プラットフォームの応用状況をテストするのが目的。今回の演習は、新たに開発された北京市核酸検査情報統一プラットフォームを利用し、健康状態確認アプリ「北京健康宝」を統一窓口として、予約、検体採取、検査、結果案内の全プロセスを一体化した管理を実現した。検査結果はリアルタイムで「北京健康宝」のバックグラウンドに伝送され、市民はいつでも検査の進捗状況を見ることができる。(記者/馬曉冬、王君璐) =配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:34.48
    2020年12月17日
    「年末年始コロナ特別警報」 小池百合子都知事の記者会見

    東京都は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4段階で示す医療提供体制の警戒度を最高レベルの「逼迫(ひっぱく)している」に初めて引き上げた。都内では同日の新規感染者が2日連続で過去最多の822人となった。国内の感染者も3100人超で過去最多を更新し、各地で病床逼迫への懸念が強まっている。 東京都の小池百合子知事は17日午後に臨時記者会見を開き、医療提供体制の状況に「これまで以上の危機感を持つ必要があり、今こそ命を守る観点で共有したい」と述べ、「年末年始コロナ特別警報」と銘打ち、感染拡大防止を呼び掛ける考えを示した。 <映像内容>小池百合子都知事の記者会見、会見雑観、質疑応答など、撮影日:2020(令和2)年12月17日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2020(令和2)年12月17日

  • 00:41.27
    2020年12月17日
    空撮と地上撮 東京 最多の800人以上感染 新型コロナウイルス

    東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに800人以上報告されたと明らかにした。前日の678人を上回り過去最多。累計は4万9千人を超えた。都内の感染者数は11月中旬から高い水準で推移し、500~600人の日も目立つ。<映像内容>東京都庁の外観、スカイツリーを含んだ空撮の資料映像(1月に都内で撮影)、撮影日:2020(令和2)年12月17日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月17日

  • 01:56.78
    2020年12月16日
    20年報道写真展始まる オープニングセレモニーと展示

    ニュース写真でこの1年を振り返る「2020年報道写真展」が16日、東京都中央区の日本橋三越本店で始まった。国内外で撮影された約300点を展示。新型コロナウイルスの影響で一変した日常生活や東京五輪・パラリンピックの開催延期など、感染拡大がもたらしたさまざまな出来事を捉えた作品が数多く並ぶ。 オープニングセレモニーでは、3月にギリシャで行われた五輪聖火リレーで日本人最初のランナーを務めた、アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんがテープカット。 主催は東京写真記者協会(新聞、通信など35社加盟)。入場無料で24日まで。<映像内容>「2020年報道写真展」オープニングセレモニーの様子、東京写真記者協会の熊本将平常任幹事のあいさつ、野口みずきさんらが参加してのテープカット、展示を見て回る野口さん、自身の写真にサインする野口さん、カメラ贈呈、聖火のトーチを持って記念撮影に応じる野口さん、野口さんへのインタビュー、写真展ブツ撮りなど、撮影日:2020(令和2)年12月16日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年12月16日

  • 00:48.21
    2020年12月15日
    北朝鮮 超特級非常防疫措置を徹底 移動制限も強化

    北朝鮮は来年1月の朝鮮労働党大会に向けて、新型コロナウイルス感染予防のため国内の移動制限を強化。国民に対して「超特級非常防疫措置」の厳守するよう連日呼び掛けている。平壌のロシア大使館によると、北朝鮮外務省は今月に入り、現地駐在の外交官らにもマスク着用や検温、消毒などを徹底するよう改めて要請。大人数の会合のほか、雪合戦も控えるよう求めている。<映像内容>平壌駅近くをマスク姿で歩く人たちの雑観、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 01:10.87
    2020年12月15日
    スカイツリーが桜ゴールドに点灯 聖火リレーまで100日

    新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪の聖火リレー開始まで100日となった15日、東京スカイツリー(東京都墨田区)が、聖火を運ぶトーチと同色の「桜ゴールド」にライトアップされた。東京五輪・パラリンピック組織委員会が実施した。午後5時半に点灯され、東京の夜景に鮮やかに浮かび上がった。五輪の聖火リレーは来年3月25日に福島県をスタートする。 <映像内容>ライトアップが通常の点灯から、桜ゴールドに切り替わる瞬間や、ライトアップの雑観、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 02:10.53
    2020年12月15日
    聖火の通過自治体変更なし 東京五輪組織委会見

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された五輪の聖火リレーについて、延期前と同じ47都道府県の859市区町村を121日間かけて回るルートの概要を発表した。通過する自治体は変わらず、効率的な運営や警備などのため一部で順番を変更した。<映像内容>東京都内で行われた東京五輪・パラリンピック組織委員会の聖火リレーについての記者会見、布村幸彦組織委副事務総長、福島、岩手、宮城、東京の各県都の代表の話など、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 02:31.01
    2020年12月14日
    今年の漢字は「密」 新型コロナ感染拡大で

    2020年の世相を1字で表す「今年の漢字」に「密」が決まり、日本漢字能力検定協会が14日、京都市東山区の清水寺で発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの人が「密」を意識し、日常生活にも大きな影響があったことなどが理由。今年の発表は、改修工事を終えた国宝・本堂の「清水の舞台」で行われた。<映像内容>森清範(もり・せいはん)貫主による「密」の字の揮毫、森貫主の囲みインタビュー、撮影日:2020(令和2)年12月14日、撮影場所:京都市東山区

    撮影: 2020(令和2)年12月14日

  • 02:25.37
    2020年12月14日
    GoTo全国一時停止 コロナ、首相が方針転換

    菅義偉首相は14日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、観光支援事業「Go To トラベル」を今月28日から来年1月11日まで、全国で一時停止すると表明した。1月12日以降の扱いは改めて判断する。感染拡大に歯止めがかからない状況を踏まえ、一部地域の利用制限から全国的な運用見直しに方針転換した。飲食店などの営業時間短縮も延長する意向を示した。年末年始の期間は協力金の単価を倍増し、最大で1カ月当たり120万円とする。 西村康稔経済再生担当相は対策本部の会合後の記者会見で「年末年始の間に感染拡大を抑えられるよう全力で取り組む」と述べた。 <映像内容>新型コロナウイルス感染症対策本部会議後の、西村康稔経済再生担当相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月14日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月14日

  • 00:49.57
    2020年12月13日
    「新華社」湖北省、ミャンマー政府に感染対策物資を寄贈

    中国湖北省政府がミャンマー政府に寄贈した感染対策物資の引き渡し式が11日、同国のヤンゴンで行われた。今回の寄贈物資には防護服や予防衣、医療用マスクなどが含まれている。中国の陳海(ちん・かい)駐ミャンマー大使は湖北省政府を代表してミャンマー側に物資を引き渡した。陳氏は引き渡し式で、湖北省が感染症と闘っていた重要な時期にミャンマー政府が米200トンを寄贈したことを振り返り、「ミャンマーでは8月中旬から感染が再拡大しており、湖北省政府は積極的に資金と物資を調達した。ミャンマー政府と国民の感染対策を支援し、力を合わせて困難を克服することは、互いに見守り助け合う両国の深い友情を示している」と述べた。ミャンマーでは3月23日に新型コロナウイルス感染症の確定診断患者が初めて報告されてから、これまでに累計10万4千人以上の感染が確認されている。感染状況が最も深刻なヤンゴンでは、累計感染者数が7万3千人を超えている。=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:24.98
    2020年12月13日
    「新華社」中国、アラブ連盟に2回目の医療物資寄贈

    中国は8日、アラブ連盟に対し、N95マスク13万枚など新型コロナウイルス感染症対策の医療物資を寄贈した。中国から同連盟への医療物資寄贈は今回が2回目で、エジプト・カイロのアラブ連盟本部で同日、引き渡し式典が開かれた。式典に参加した中国の廖力強(りょう・りききょう)駐エジプト大使は、「新型コロナウイルス感染症との闘いが最も困難だった時期に、アラブ諸国の指導者が電話やメッセージで中国を応援したことを決して忘れない」と語った。廖氏によると、アラブ諸国から中国にマスク1千万枚以上などの医療物資が寄贈された。中国もアラブ諸国に対し検査キット100万セットやマスク1800万枚以上を提供。8カ国に医療チームを派遣し、医療専門家によるオンライン会議を40回以上開いた。中国からアラブ連盟への1回目の支援では、一般用マスク20万枚とN95マスク9千枚が送られた。同連盟のホッサム・ザキ事務次長補佐官は「中国とアラブ連盟の深くて強い絆」を称賛し、医療物資が「貴重な贈り物」だと強調。こうした支援は両者の協力範囲をさらに拡大するきっかけになると述べた。=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:03.32
    2020年12月11日
    さらなる営業時間短縮求める 尾身会長、記者会見で

    新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は11日の分科会後に開かれた記者会見で、感染が急拡大するステージ3相当地域のうち感染が高止まりしている地域では「さらなる対策強化が必要だ」として、飲食店の営業時間短縮を午後9時や午後8時に前倒しするよう求めた。<映像内容>尾身会長の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月11日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月11日

  • 01:35.39
    2020年12月11日
    コロナ分科会、トラベル停止延長を協議 時短要請も

    政府は11日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開く。北海道や大阪府などで新規感染者数の増加に歯止めがかからず、医療提供体制に深刻な影響が出ていることを踏まえ、感染者が急拡大するステージ3相当地域での観光支援事業「Go To トラベル」の停止期間の延長などを協議。この地域の感染状況を「減少」「高止まり」「拡大」に分け、それぞれに必要となる対策を提言。高止まりや拡大の場合は、引き続き強い感染防止策を求める。<映像内容>分科会の冒頭取材、西村経済再生担当相、田村厚労相のあいさつ、雑観など、撮影日:2020(令和2)年12月11日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月11日

  • 02:13.00
    2020年12月10日
    札幌、旭川に外出自粛要請 北海道、休業・時短は延長

    北海道は10日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、感染拡大が収まらず医療体制が逼迫している札幌、旭川両市で、25日まで不要不急の外出自粛を要請することを決めた。同日夕、鈴木直道(すずき・なおみち)知事は記者会見した。<映像内容>北海道の鈴木知事の記者会見。対策本部会議の内容報告と質疑応答、撮影日:2020(令和2)年12月10日、撮影場所:

  • 00:42.40
    2020年12月09日
    北朝鮮 金与正氏、韓国外相非難 コロナ巡り「妄言」と反発

    北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長は8日付の談話で、韓国の康京和(カンギョンファ)外相が北朝鮮の新型コロナウイルス対応を巡り、後先を考えない「妄言」を吐いたとして、「凍り付いた北南関係により冷たい冷気を吹き付けようとしている」と非難した。朝鮮中央通信が9日伝えた。<映像内容>平壌大劇場、「人民生活向上」のスローガン、朝鮮労働党中央委員会の決定貫徹を訴えるスローガン、「生命への脅威となる新型コロナウイルス感染症を徹底して防ごう」との記事に見入る市民、「体温37度以上は出入り禁止」の張り紙、公共交通機関に乗車する際も手の消毒などを徹底など、撮影日:2020(令和2)年12月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月9日

  • 00:45.54
    2020年12月08日
    空撮 宮崎で鳥インフル5例目 小林、都城両市で殺処分

    宮崎県は8日、小林市の養鶏場で鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。簡易検査で7日に陽性と判明していた。県内の養鶏場では日向市と、都城市の2カ所、都農町に続いて今季5例目。県は7日に感染確認された都城市の養鶏場の約6万羽と、小林市の約4万3千羽を新たに殺処分。防疫措置を進めている。<映像内容>鳥インフルエンザが確認された順に都城市と小林市の養鶏場の空撮、撮影日:2020(令和2)年12月8日、撮影場所:宮崎県

    撮影: 2020(令和2)年12月8日

  • 01:38.33
    2020年12月08日
    感染拡大防止へ73兆円対策 コロナ克服、GoTo延長

    政府は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加経済対策を閣議決定した。国の予算は約30兆6千億円、民間投資を増やす効果を含めた事業規模は約73兆6千億円で、感染対策に加えて消費下支えへ観光支援事業「Go To トラベル」を延長する。<映像内容>閣議後に記者会見する西村康稔経済再生担当相、撮影日:2020(令和2)年12月8日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月8日

  • 01:54.94
    2020年12月07日
    大阪や北海道に医師など派遣 西村担当相記者会見

    西村康稔経済再生担当相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大について記者会見し、医療体制が逼迫する大阪府に医師2人、保健師16人などを7日から派遣したと明らかにした。北海道についても専門職の派遣を進める。<映像内容>西村康稔経済再生担当相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月7日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月7日

  • 00:42.20
    2020年12月06日
    空撮 奈良の養鶏場で鳥インフル 高病原性か、殺処分開始

    奈良県は6日、同県五條市の養鶏場で多くの鶏の死骸が見つかり、検査の結果、鳥インフルエンザの感染が確認されたと発表した。高病原性の疑いがあり、国が判断を確定させるための検査を行う。県内での感染確認は2011年2月以来という。6日午前、殺処分を開始した。養鶏場では約8万3千羽の採卵用の鶏を飼育しており、全羽が殺処分の対象。6日午前8時50分ごろ、白色の防護服に身を包んだ職員ら数十人が、既にテントや仮設トイレが設置された養鶏場の敷地に入っていった。石灰などを運び込むトラックの出入りもあった。<映像内容>鳥インフルエンザの感染が確認された養鶏場、撮影日:2020(令和2)年12月6日、撮影場所:奈良県五條市

    撮影: 2020(令和2)年12月6日

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:10.45
    2020年12月04日
    菅首相が記者会見 経済対策にデジタル1兆円

    菅義偉首相は4日午後6時から臨時国会の事実上の閉幕を受け、官邸で記者会見を開いた。経済対策に1兆円超規模のデジタル関係の経費を盛り込む意向を表明。感染拡大が続く新型コロナウイルスへの対応や、日本学術会議の会員任命拒否を巡って見解。首相の会見は10月の東南アジア歴訪時を除き、9月16日の就任時以来で2回目。<映像内容>東京都内の首相官邸で行われた菅義偉首相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年12月4日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月4日

  • 02:29.04
    2020年12月03日
    大阪で「赤信号」初点灯へ 感染が拡大、病床逼迫

    大阪府が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3日にも独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」を初めて点灯させる方向で検討していることが分かった。同日午後、対策本部会議を開いて決める。府内では10月中旬ごろから感染者が増加傾向に転じ、重症者向けの病床使用率は今月2日時点で63・6%と逼迫(ひっぱく)している。吉村洋文知事は70%に達した場合は赤信号とする考えを示していた。<映像内容>独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」の初点灯を検討していることを報道陣に対して明らかにした大阪府の吉村洋文知事、大阪府庁の外観、撮影日:2020(令和2)年12月3日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2020(令和2)年12月3日

  • 02:19.77
    2020年12月03日
    「医療機関が手術制限も」 都の会議、警戒度は維持

    東京都内の新型コロナウイルスの状況を分析する都のモニタリング会議は3日、医療提供体制について「通常医療との両立が困難な状況が生じ始めている。今後は医療機関がさらに予定の手術などを制限せざるを得なくなる」と指摘した。4段階で示す警戒度は深刻な方から2番目の「強化が必要」を維持した。感染状況に関する警戒度は、11月19日から最高レベルの「感染が拡大している」としている判断を維持。都内の感染者数が12月に入っても増加傾向を続ける中、医療提供体制をどう位置付けるかが焦点だった。また都は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに533人報告されたと明らかにした。500人台は2日連続。<映像内容>東京都のモニタリング会議の様子。会議後の小池百合子都知事の囲み取材、撮影日:2020(令和2)年12月3日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2020(令和2)年12月3日

  • 01:47.37
    2020年12月02日
    日医会長が懸念表明 新型コロナ感染拡大で

    日本医師会の中川俊男会長は2日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に懸念を示した上で、危機意識を持つよう呼び掛けた。<映像内容>日本医師会の中川俊男会長の記者会見。冒頭発言と質疑応答、雑観、撮影日:2020(令和2)年12月2日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.00
    2020年12月02日
    改正予防接種法が成立 官房長官「体制整備努める」

    新型コロナウイルス感染症のワクチンを国の費用負担で速やかに接種していくための改正予防接種法が2日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。開発が先行している新型コロナワクチンは、実用化した例のない新たな技術が使われている。有効性や安全性に関する情報を集め続けながら、接種を円滑に進める仕組みづくりが課題となる。加藤勝信官房長官は参院本会議後、定例記者会見で「ワクチンが円滑に接種できるよう、地方自治体や医療関係者と緊密に連携しながら体制整備に努めたい」と述べた。その上で「感染予防効果や副反応のリスクも含め、国民に正しく知識を持ってもらうことが重要だ」と強調し、国民への周知や広報に努めるとした。<映像内容>加藤勝信官房長官の定例記者会見。改正予防接種法を巡る質疑応答など、撮影日:2020(令和2)年12月2日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月2日

  • 00:54.05
    2020年12月02日
    空撮 鳥インフルで3万羽殺処分 宮崎、養鶏密集地防疫強化

    宮崎県は2日未明、都農町の養鶏場で鶏の死骸が見つかった問題で、鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。同日朝、飼育する約3万羽の殺処分を完了した。日向市の養鶏場に続き県内の感染は2例目で、県の要請で派遣された陸上自衛隊員も殺処分作業に参加した。都農町周辺は養鶏場の密集地で、まん延防止に向けて防疫対策を強化した。<映像内容>鳥インフルエンザが発生したとみられる養鶏場で進む埋却作業、撮影日:2020(令和2)年12月2日、撮影場所:宮崎県都農町

    撮影: 2020(令和2)年12月2日

  • 01:48.20
    2020年12月01日
    大阪万博、25年開催承認 「コロナ後描く」担当相

    2025年大阪・関西万博に向け、博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)は1日のオンライン総会で、万博の事業計画を盛り込んだ「登録申請書」を承認した。井上信治万博相は「ポストコロナを見据え、強靱(きょうじん)で持続可能な社会を描く」と決意を表明。参加150カ国を目標に招致を本格化する。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、総会は当初予定の6月から半年遅れた。開催地の大阪では招致活動の遅れや会場建設費の高騰を懸念する声もある。 井上氏は東京・霞が関の合同庁舎から参加した。<映像内容>オンラインで行われた総会の様子、万博の承認、旗渡し式、井上大臣のスピーチ(英語)、井上大臣の囲み取材など、撮影日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:05.75
    2020年11月26日
    西村氏「3週間が正念場」 コロナ感染急拡大

    新型コロナウイルスの感染者急増を受け、西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で「ステージ4(爆発的感染拡大)となれば緊急事態宣言が視野に入る」と改めて述べ、宣言の回避には「この3週間が正念場になる。集中的に対策を強化する」と語った。また政府の観光支援事業「Go To トラベル」から東京都を除外するかどうかについて「国が最終判断する」と語る一方、小池百合子知事の意向を尊重するとも述べ、判断時期は明言しなかった。<映像内容>西村担当相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月26日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年11月26日

  • 02:17.07
    2020年11月26日
    接待店に休業要請、札幌 鈴木北海道知事の記者会見

    北海道は26日、新型コロナウイルス感染拡大のため、札幌市の接待を伴う飲食店に休業要請すると発表した。28日から12月11日まで。すでに要請している同市の不要不急の外出や他地域との往来の自粛、繁華街・ススキノの接待を伴わないバーやナイトクラブの時短営業も、当初11月7日から27日としていた期間を、12月11日まで延長した。<映像内容>鈴木北海道知事の記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月26日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2020(令和2)年11月26日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...