KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 西太后
  • 記者
  • 令和
  • 清東陵
  • 皇帝
  • 乾隆帝
  • 専門家
  • ふく
  • 会期
  • 側室

「慈禧太后」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年06月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=2015(平成27)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402240

  • 2018年11月15日
    中原地域の「衙」文化河南省

    河南省南陽市の市街地にある南陽府衙に設置されている慈禧太后(西太后)直筆の「福寿」の文字を刻んだ石碑。(2018年11月15日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701549

  • 03:23.62
    2019年02月05日
    「新華社」瀋陽故宮で過ごす春節清朝秘宝を鑑賞して乾隆帝の春聯を手に入れよう

    中国遼寧省の瀋陽故宮博物院で宮門に門神を掲げることは、清朝康熙25年(1686年)に始まった年越しの風習で、現代では同博物院の春節(旧正月)イベントの開始を意味する。春節関連の特別展もこれを機に次々と幕を開ける。「吉語迎春」と題した特別展では、「福・寿・喜」といった縁起の良い文字で装飾された清朝宮廷の文化財50点を厳選して展示している。展示品には雍正帝50歳の祝いに使われた「礬紅白蝠寿紋大盤」や、乾隆帝時代の宮廷で誕生祝いに用いられた「闘彩寿字紋盤」、慈禧太后(西太后)の誕生祝いのために制作された「黄地粉彩蝠寿盤」などが含まれる。同博物院では亥年の春節を迎えるにあたり、特別にミュージアムグッズを発売した。なかでも「万福之源」と呼ばれる商品は、博物院としては初の新春ギフトセットとなる。乾隆帝の筆による対聯(門に貼る縁起の良い対句)と「福」の字、博物院が所蔵する将軍門神のレプリカ、福、禄、寿、喜、財を象徴する5種類の動物をモチーフにした祝儀袋などが入っている。(記者/姜兆臣)<映像内容>春節で盛り上がる瀋陽故宮の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518451

  • 01:55.35
    2019年02月06日
    「新華社」瀋陽故宮で「吉語迎春·清宮文物」特別展が開催

    中国遼寧省の瀋陽故宮博物院では、春節(旧正月)を前に「吉語迎春・清宮文物」特別展が開催されている。「吉語」と呼ばれる祝福の言葉や文様に彩られた清朝宮廷の文化財50点余りを公開している。福、寿、喜、大吉といった装飾文様の展示解説を通じ、来場者は展示品の美しさだけでなく、当時の人びとが漢字と器を結合させることで生み出した芸術の境地に触れることができる。今回の特別展では、博物院が所蔵する雍正帝50歳の内祝品「礬紅白蝠寿紋大盤」が初めて展示された。皿は非常に大きく、内側には白い釉薬が施され、中心に礬紅団寿紋と呼ばれる赤地に丸くデザインされた「寿」字と9匹の蝙蝠(コウモリ)の紋様が描かれている。外側は明るく美しい珊瑚紅彩が施され、余白部分には32匹の蝙蝠が飛んでいる。「蝠」と「福」は発音が同じであり「福寿」や「長寿」を表している。乾隆帝時代の宮廷で誕生祝いに用いられた食器「斗彩寿字紋盤」も初めて展示された。清代の官窯が明代成化年間の官窯の名作「五彩麻姑献寿紋大盤」を模して制作したものとされる。この他にも慈禧太后(西太后)の誕生祝いのために制作された「黄地粉彩蝠寿盤」など、普段は目にすることのできない貴重な品が展示されている。同展は4月10日まで開催される。(記者/高銘)<映像内容>「吉語迎春・清宮文物」特別展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621600

  • 02:13.44
    2019年02月15日
    「新華社」清朝康熙帝銘の「黄地三彩紫緑竜盤」展示始まる瀋陽故宮

    中国遼寧省にある瀋陽故宮の敬典閣で、このほど、瀋陽故宮博物院所蔵の「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」(清朝康熙帝銘の黄釉三彩による紫と緑の竜模様の大皿)が公開された。専門家によると、慈禧太后(西太后)がこの大皿を元にして、住まいである儲秀宮(しょしゅうきゅう)で使う大皿を作らせたという貴重な文化財だ。大皿の中心部には、2匹の竜が宝珠を奪い合う図が描かれている。紫と緑の2匹の蛟竜が雲や霧に乗って火炎宝珠を囲んでいる姿は、帝王と后妃の高い身分を象徴している。大皿の内側の側面には牡丹や桃、梅、椿など、8種類の花が描かれている。皿の縁と外側の側面は宝珠を追う雲竜の模様が飾られ、力強さと躍動感があふれている。皿の底面は、青い二重の円で囲まれた中央に、楷書で「大清康熙年製」と記されている。この「素三彩」(そさんさい)の技法による磁器は康熙年間以降、ほとんど作られなくなり、清末の光緒帝の時期になってようやく複製が作られた。国家1級文化財である「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」は今回、3カ月にわたって公開される。(記者/高銘)<映像内容>中国文化財の大皿「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501694

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の定東陵。右が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、左が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802133

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる清東陵の定東陵。手前が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、奥が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802190

  • 2020年05月13日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    朝日を浴びる河北省遵化市の清東陵風景区の定東陵。左が東太后(慈安太后)の普祥峪定東陵、右が西太后(慈禧太后)の菩陀峪定東陵。(5月13日撮影、小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802195

  • 01:17.29
    2020年05月27日
    「新華社」河北省の清東陵、一般開放再開へ人数制限し30日から

    中国河北省遵化市の清東陵風景区は、30日から一般開放を再開する。現在は職員が環境整備を行っており、開放再開に先立つ準備作業に取り組んでいる。清東陵は、現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。同風景区は感染対策と安全で秩序ある開放再開を統一的に進めるため、チケットを記名式に改め、時間帯を分けたオンライン事前予約を実施する。1日当たりの予約受付人数は4千人以内に制限するという。今回は主に孝陵の主神路(参道)や西太后(慈禧太后)の定東陵など屋外エリアが開放される。(記者/王昆)<映像内容>清東陵の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802273

  • 02:16.96
    2020年07月13日
    「新華社」300台の貴重な映像機器を収蔵西部電影集団の映画博物館

    中国陝西省西安市にある西部電影集団の映画博物館は、視覚残像効果装置や、中華民国期に「西洋鏡」と呼ばれたのぞき込み式映写機、そして最も古い「VR装置」であり現代3D映像装置の元祖ともいうべき、1850年代のイギリスに登場した初期のステレオスコープなど、世界各地の映像機器300台余りを収蔵している。また、1904年に西太后(慈禧太后)70歳の誕生日の映画上映で使用されたものと同型の映写機や、1905年に中国人により初めて製作された映画「定軍山」の撮影で使用されたものと同型のカメラも収蔵されている。これら300台余りの機器は、映画の撮影、上映が手動から電動へ、機器の材質が木製から金属製へ、作品がサイレントからトーキーへ、白黒からカラーへと移り変わる過程を見事に表している。(記者/李亜楠)<映像内容>映画博物館の映写機などの展示、上映の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅と子火焼を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800801

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区古街にある一品焼餅専門店で、一品焼餅と子火焼の新しいパッケージを見せる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(左)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800846

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、皮をむいたゴマを乾燥させる従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800907

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場の作業台の上に並ぶ一品焼餅の餡(あん)の材料。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800939

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅のレトロなギフト箱を見せる職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801036

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を包装する従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801016

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、「子火焼」を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙(こうき)、乾隆(けんりゅう)、嘉慶(かけい)などの清代の皇帝や慈禧太后(じきたいこう、西太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801035

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、皮をむいたゴマの乾燥具合をチェックする6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800999

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅の品質をチェックする職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801001

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、皮をむいたゴマを乾かす従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801007

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、子火焼を焼く従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、一品焼餅に餡を詰める従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800806

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区古街で、一品焼餅の専門店を訪れる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(手前右)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800915

  • 2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800949

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402208

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする文化財修復師の戴華麗(たい・かれい)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402232

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」と夾衣。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402237

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」(部分)。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402246

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    絹織物の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、趙若含(ちょう・じゃくかん)さん。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402296

  • 2020年07月22日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(7月22日撮影)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社記者/崔力)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402217

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402242

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402218

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で展示された修復後の吉祥帽。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402270

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館での修復を経て展示された錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402231

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で慈禧太后の竜袍(皇帝や皇后の装束)を眺める来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402216

  • 2020年08月07日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    7日、中国シルク博物館で修復された清代の後宮装束を見学する来場者。中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信/江漢)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402324

  • 02:06.38
    2020年08月11日
    「新華社」杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。今回の展示品は、同博物館のシルク修復師らが8年かけて修復したものだという。中でも慈禧太后の遺体を覆っていた錦の織物「織金陀羅尼経被(しききんだらにきょうひ)」は長さ290センチ、幅275センチで、制作に当時の通貨で銀16万両を費やした。また、同太后が埋葬時に身に着けていた装束の一つ「黄江綢繍五彩五蝠平金仏字女竜袍(こうこうちゅうしゅうごさいごふくへいきんぶつじじょりゅうほう)」には多くの「仏」の字が刺繍(ししゅう)されており、太后の信仰の厚さを示している。会期は11月8日まで。(記者/馮源、李濤)<映像内容>清王朝の女性皇族の装束などの展示、修復の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205282

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    文化財の修復作業をする中国シルク博物館の文化財修復師、楼淑琦(ろう・しゅくき)さん。今回の修復作業では技術指導責任者を務めた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402229

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館で修復を終えた「慈禧十二章文女竜袍」。慈禧太后のため作られ、皇帝の礼服に用いられる12種類の文様があしらわれている。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402287

  • 2020年08月12日
    杭州市で清代後宮装束の修復成果展西太后の礼服など展示

    中国シルク博物館の文化財修復師らが数年かけて修復した錦の織物「陀羅尼経被(だらにきょうひ)」。慈禧太后の遺体を覆っていた。(資料写真)中国浙江省杭州市の中国シルク博物館では、専門家の修復を経た清王朝の女性皇族の装束などを展示する「後宮遺珍-清東陵の慈禧太后、容妃服飾品修復成果展」が8日から開催されている。河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」の慈禧(じき)太后(西太后)や乾隆帝の側室・容妃の墓所から出土した服装品や北京故宮博物院の収蔵品を展示する。後宮の女性がかつて身にまとっていた袍服(ほうふく)や夾衣(きょうい)、靴、帽子のほか、枕や掛け布団、敷き布団、袋物など多様な品々が含まれる。会期は11月8日まで。(杭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402252

  • 00:36.92
    2021年03月13日
    「新華社」春の息吹あふれる慶雲寺を空中散歩広東省肇慶市

    中国南部、嶺南地方の四大名刹の一つ、慶雲寺は広東省肇慶(ちょうけい)市の市街地から北東に18キロ離れた鼎湖山の谷間にある。明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、慈禧太后(西太后)が60歳の誕生日を迎えた清の光緒19(1893)年に、「万寿慶雲寺」と書かれた扁額と「竜蔵経」を勅賜(ちょくし)され、修繕が行われた。山頂付近に霧がしばしば立ち込めることから、「慶雲寺」と呼ばれる。敷地面積は1万7千平方メートル、建築面積は9千平方メートルで、境内には100余りの殿堂房舎がある。同寺は韶関の南華寺、潮州の開元寺、広州の光孝寺とともに嶺南四大名刹と呼ばれている。(記者/壮錦、映像提供/肇慶広播電視台) =配信日: 2021(令和3)年3月13日、クレジット:肇慶広播電視台/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503694

  • 1