KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅんせつ
  • 上下
  • 令和
  • 史跡
  • 嘉靖
  • 小石
  • 慶暦
  • 文化
  • 施設
  • 正徳

「慶城県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年06月28日
    (8)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、慶陽市慶城県の鵝池洞。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809421

  • 2021年06月28日
    (4)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    25日、鵝池洞の石段。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809401

  • 2021年06月28日
    (6)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、鵝池洞の石壁と石段。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809416

  • 2021年06月28日
    (7)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、鵝池洞上洞の入り口。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809418

  • 2021年06月28日
    (2)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    25日、慶陽市慶城県の鵝池洞。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809413

  • 2021年06月28日
    (1)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、慶陽市慶城県の鵝池洞遠景。(小型無人機から)中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809412

  • 2021年06月28日
    (5)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    25日、鵝池洞の内部。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809414

  • 2021年06月28日
    (10)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、鵝池洞に残る石刻。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809726

  • 2021年06月28日
    (9)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    24日、慶陽市慶城県の鵝池洞。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809724

  • 2021年06月28日
    (3)中国北西部の史跡「鵝池洞」を訪ねて甘粛省慶陽市

    25日、鵝池洞に残る題字「飛雲破空」。中国甘粛省慶陽市慶城県の鵝池洞(がちどう)は、非常時に城外から水を確保するための施設として造られた。建設年代は不明だが、上下に分かれる洞窟の下洞に残る碑文には、唐代末にしゅんせつを実施した記録があり、宋の慶暦7(1047)年、明の正徳9(1514)年と嘉靖5(1526)年、清の乾隆年間と光緒年間に改修されている。上洞は小石を積んで築かれ、下洞は柔遠河とつながっている。洞内は石段が続き、非常に急で険しい。鵝池洞に残る石洞建築や書道芸術、詩碑、地方官制に関する記載などは、歴史や軍事、文化など多方面での研究価値を持つ。(慶陽=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062809403

  • 1