KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 文人
  • 記者
  • かい
  • きしょう
  • げん
  • ぼう
  • 中国大陸
  • 中心
  • 名作

「懐素」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている董其昌の「秋興八景図」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109674

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、明末に活躍した中国書画の大家・董其昌の肖像画。同氏を描いた「公式の肖像画」とされている。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109670

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている北宋皇帝・徽宗の「竹禽図巻」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109642

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている懐素の「苦笋帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109363

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場に並ぶミュージアムグッズ。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109380

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている蘇軾(蘇東坡)の「行書洞庭春色・中山松醪二賦巻」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109667

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている王羲之の「行穰帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109333

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、会場で説明する上海博物館書画研究部主任で同展を企画した凌利中(りょう・りちゅう)氏。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109686

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催されている「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109938

  • 2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている「顔真卿・自書告身帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109949

  • 03:36.60
    2018年12月20日
    「新華社」多くの国宝級書道作品、遼寧省博物館で公開

    「中国古代書法展」(書法は日本の書道に相当)が20日、遼寧省博物館で始まった。王氏一族の書簡を模した唐代の「万歳通天帖」(ばんざいつうてんじょう)や、唐代の書家・懐素(かいそ)の「論書帖」(ろんしょじょう)、宋代の儒学者・朱熹(しゅ・き)の「書翰文稿」(しょかんぶんこう)、元代の文人・趙孟頫(ちょう・もうふ)による「欧陽脩(おうよう・しゅう)秋声賦(しゅうせいふ)」など、国宝級の作品が数多く登場、訪れる人を魅了している。遼寧省博物館は中国の国家一級博物館に区分され、書画の収集を得意とする。今回はその収蔵する国家一級文化財が一挙公開されている。古くから伝わる貴重な作品も含まれており、見逃せないチャンスとなっている。同展は全5部構成で、秦代以前から清代に至るまで時系列に沿って中国古代書法の基本的な変遷の軌跡を反映している。中でも中国中央テレビ局(CCTV)の国宝紹介番組「国家宝藏(NATIONALTREASURE)」第1シーズンで紹介された「万歳通天帖」は注目の的だ。今回の企画展では、唐代の狂草体草書の代表格とされる懐素の「論書帖」、欧陽詢(おうよう・じゅん)の「行書千字文」のほか、愛国詩人陸游(りく・ゆう)や儒学の集大成者にして理学者の朱熹、政治家であり愛国詩人の文天祥(ぶん・てんしょう)といった宋・元代の名臣らの書も一挙公開される。会期は来年3月17日まで。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国古代書法展の様子、撮影日:2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520538

  • 1