KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 文成帝
  • ユネスコ
  • 世俗化
  • 世界遺産
  • 令和
  • 北魏
  • 時代
  • 民族
  • 洞窟
  • 発展

「成帝」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603191

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603173

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第10窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603174

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第17窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603189

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603127

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603115

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603116

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603126

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第16窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603164

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日に撮影した雲岡石窟。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603140

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603141

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603158

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603176

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603110

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603094

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第6窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603166

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟の外観。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603188

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第9窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603171

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第20窟の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603177

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第7窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603192

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第8窟内部の様子。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603193

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第19窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603190

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟第10窟内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603172

  • 2019年12月24日
    世界遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    24日、雲岡石窟「五華洞」内の仏像。中国山西省大同市の雲岡石窟は北魏の文成帝(在位452~465年)の時代に造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。45の主要洞窟、石像5万1千体余りが現存し、甘粛省敦煌市の莫高窟、河南省洛陽市の竜門石窟と並び「中国の三大石窟芸術の宝庫」と称される。雲岡石窟はインドおよび中央アジア仏教芸術が中国へ伝わり発展した歴史的軌跡を具体的に記録し、仏教造像が中国で世俗化、民族化していく過程を示しており、2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603139

  • 1