KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 文物考古
  • 発掘調査
  • 考古研究
  • 風景メイン
  • 保存状態
  • 古蜀文明
  • 四川省成都市
  • ドローン
  • 中国湖北省
  • 万里の長城

「戦国時代」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
686
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
686
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:16.48
    2021年04月30日
    「新華社」2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。斉の長城は済南、臨沂(りんぎ)、泰安、淄博(しはく)各市などを600キロ余りにわたり蛇行しており、万里の長城の中でも「千里の長城」と呼ばれる(中国の里は500メートルなので600キロは1200里)。中でも淄博市淄川区の劈山(へきざん)区間は保存状態が最も良い部分とされる。一帯には雄大な「独山寨」や高く険しい「一線天」のほか、斉の時代の兵営や石門、のろし台、劈山関、古城壁などの遺跡が残る。斉の長城は春秋時代に建設が始まり、170年余り後の戦国時代に完成したとされる。当時の山東半島では斉と魯の2国が強い影響力を持ち、両国の間で紛争が絶えなかったが、国力に勝る斉は国境線に防御壁を築いた。それが現在も斉の長城として残り、2600年以上の歴史を持つことから「長城の父」とも呼ばれている。(記者/孫暁輝、朱崢) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (11)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、淄博(しはく)劈山区間で修復された斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (13)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間に今も残る石門。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (16)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、山の稜線に沿って築かれた淄博(しはく)劈山区間の斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (8)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城の淄博(しはく)劈山区間。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (6)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間にある独山寨。長い年月を経て軍営の基礎のみが残る。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (9)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間にある「一線天」。険しい地勢から重要な関所の要害とされた。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (17)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、山の稜線に沿って築かれた淄博(しはく)劈山区間の斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (10)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、淄博(しはく)劈山区間で修復された斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (19)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、淄博(しはく)劈山区間で修復された斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (5)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間の城壁から眼下を望む地元住民。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (14)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間に今も残る石門。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (4)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城の淄博(しはく)劈山区間。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (12)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、淄博(しはく)劈山区間で修復された斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (15)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間に今も残るのろし台。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (20)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、淄博(しはく)劈山区間で修復された斉の長城。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (7)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間にある独山寨。長い年月を経て軍営の基礎のみが残る。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (2)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間にある独山寨。頂上は平らで軍営が置かれていた。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (3)2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間にある独山寨。頂上は平らで軍営が置かれていた。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間のふもとにある村落。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)=2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    22日、斉の長城淄博(しはく)劈山区間に今も残る石門。中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。(済南=新華社記者/朱崢)=2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (2)古代中国巴文化の珠玉の文化財が重慶に登場

    21日、重慶中国三峡博物館で展示されている戦国時代の玉佩(ぎょくはい、玉製の装飾品)。中国重慶市の重慶中国三峡博物館でこのほど、「神秘の巴国」文物展が開幕した。重慶市や四川省、湖北省の多くの博物館など文化財所蔵機関から古代巴文化のよりすぐりの文化財378点(組)を集め、中国で初めて、神秘的なイメージに包まれた巴国の歴史と文化を包括的かつ体系的に展示している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (5)古代中国巴文化の珠玉の文化財が重慶に登場

    21日、重慶中国三峡博物館で展示されている、戦国時代の水陸攻戦宴楽紋を施した青銅製の豆(とう、高足の盛食器)。中国重慶市の重慶中国三峡博物館でこのほど、「神秘の巴国」文物展が開幕した。重慶市や四川省、湖北省の多くの博物館など文化財所蔵機関から古代巴文化のよりすぐりの文化財378点(組)を集め、中国で初めて、神秘的なイメージに包まれた巴国の歴史と文化を包括的かつ体系的に展示している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡から出土した遺物。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    金蘭寺遺跡で出土した墓と古人骨。(3月20日撮影)中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    14日、金蘭寺遺跡で見つかった貝塚。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信/劉漢能)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    6日、金蘭寺遺跡から出土した新石器時代後期の石環。中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    China Hubei Xiangyang Museum China Hubei Xiangyang Museum

    The bronze tripod of Wo Niu Niu in the Warring States period at Xiangyang Museum, Hubei Province, China, April 16, 2021.=2021(令和3)年4月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月16日
    China Hubei Xiangyang Museum China Hubei Xiangyang Museum

    Bronze chariots and horses of the Warring States period at Xiangyang Museum, Hubei Province, China, April 16, 2021.=2021(令和3)年4月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月16日
    China Hubei Xiangyang Museum China Hubei Xiangyang Museum

    Tongdun of the Warring States period, Xiangyang Museum, Hubei Province, China, April 16, 2021.=2021(令和3)年4月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 01:09.08
    2021年04月15日
    「新華社」前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。同研究院で大堡子発掘チームのリーダーを務める朱瑛培(しゅ・えいばい)氏によると、銅鏡の年代は戦国時代末期から前漢時代末期に集中しており、蟠螭(ばんち)文や星雲文、草葉文など典型的な文様が含まれる。銘文があるものもあった。銅鏡は時代による鋳造技術の違いから寸法の差が大きく、最小のものは直径わずか8センチ、最大では22・1センチになる。うち1枚の草葉文鏡は、表面の土を取り除くと、鏡面は劣化しているものの人の顔を映し出すことができた。銅鏡の多くは、出土したそれぞれの墓の被葬者の頭の脇や上半身周辺に置かれていた。1枚の小型銅鏡の脇からは絹織物の残片も見つかった。考古学者は「銅鏡は恐らく絹の袋に入れられ、袋の口はひもで結ばれていた。被葬者が生前手元に置いて使っていたのだろう」と指摘する。銅鏡が出土した墓の被葬者は女性と限らず、多くの男性被葬者の墓からも見つかっている。史料によると、漢の高祖・劉邦(りゅう・ほう)は、帝陵の造営とその後の管理、貴族の反乱防止のため、有力豪族数万人を移転させて長陵邑(劉邦の陵墓・長陵に仕える人々が住む町)を建てた。大堡子墓地は長陵邑から約4キロの地点にあり、墓の年代が前漢初期に集中していることから、朱氏は同墓地が長陵邑住民の埋葬エリアではないかと指摘する。出土した銅鏡には「長楽未央」「長毋相忘」「家常富貴」などの銘文を持つものも多かった。朱氏はこれら銘文について、前漢時代の人々のよりよい生活への願望を示していると説明。今回の発見は秦漢時代の関中地域の人々の日常生活、銅鏡の発展史の研究に豊富な材料をもたらしたと語った。(記者/李華、楊一苗) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月18日
    広州の金蘭寺遺跡で古人骨30体が出土広東省

    金蘭寺遺跡から出土した新石器時代後期の副葬品の土釜。(3月18日撮影)中国広東省の広州市文物考古研究院はこのほど、同市増城区の金蘭寺遺跡で実施した発掘調査で新石器時代後期から戦国時代にかけての墓32基が見つかり、これまでに古人骨30体が出土したと明らかにした。(広州=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (1)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された樹木双獣双鳥文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (3)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された幾何学文瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (12)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された樹木双獣文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    (6)秦漢時代の瓦彫刻、先人が軒先に託したロマン

    成都博物館「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展で展示された竜文半瓦当(戦国時代)。(資料写真)中国四川省の成都博物館では2月9日から「列備五都-秦漢時代の中国の都市」展が開催されている。会場には瓦当(がとう)と呼ばれる筒瓦の先端部分が多く展示されており、その1枚1枚が軒先にロマンを託そうとした先人たちの優雅な感性と優しい心情を静かに物語っている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.84
    2021年02月16日
    「新華社」太行山の谷間を彩る華麗な伝統技能「打鉄花」河北省磁県

    中国河北省邯鄲市磁県の太行孔雀谷風景区で春節(旧正月)期間中、民間伝統技能「打鉄花」の華麗なパフォーマンスが披露され、真っ赤な火花が空を彩る圧巻の光景が人々を楽しませた。「打鉄花」は、春秋戦国時代までさかのぼる悠久の歴史を持つ。かつては、職人が液体状に溶けた鉄を空中や壁に向かってまくという方法で、空一面に舞い散る火花が「鉄の花」を形作っていたが、ここ数年、同県の「打鉄花」技能は改良を重ねている。新しい金属粉を導入したほか、溶けた鉄を機械でまく「機械打ち」の方法も新たに考案し、パフォーマンスの鑑賞価値を高めただけでなく、伝統技能の環境への配慮と安全性を確保している。(記者/范世輝) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    湖北省荊門市沙洋県で見つかった家族墓の全景。(1月14日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    22日、上から見たM1号墓。中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    M2号墓の「頭廂(副葬品が置かれている棺の頭部外側の空間)」から出土したトンボ玉。(1月16日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    M2号墓の「辺廂(副葬品が置かれている棺の両側の空間)」から出土した虎座鳥架鼓。(1月15日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    M2号墓の「辺廂(副葬品が置かれている棺の両側の空間)」から出土した漆塗りの杯(さかずき)。(1月15日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (7)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    M2号墓の「頭廂(副葬品が置かれている棺の頭部外側の空間)」の下層から出土した器物。(1月16日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)最も完全な楚の貴族の家族墓見つかる湖北省沙洋県

    M1号墓の封壁。(2020年11月13日撮影)中国湖北省文物考古研究所は、現在建設が進む荊荊高速鉄道(湖北省荊門市-荊州市)の工事に伴う発掘調査で重要な発見があったと明らかにした。同研究所によると、同省荊門(けいもん)市沙洋県で考古スタッフが楚の貴族の家族墓を発見し、中から虎座鳥架鼓(こざちょうかこ)などの器物が出土した。中国でこれまでに見つかった中で最も保存状態の良い春秋戦国時代の楚の貴族の家族墓だという。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    修復されたつぼの口縁部に刻まれた「韓公」の文字。(2020年12月16日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (7)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (8)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (5)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (6)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    黄驊市の郛堤城甕棺葬遺跡。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    修復されたつぼの口縁部に刻まれた「東城匠盆十斤」の文字。(2020年12月16日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し復元された陶釜や陶盤、陶罐、筒形器などの葬具。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.60
    2020年12月21日
    「新華社」冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。発掘エリアでは墓28基とれんが窯1カ所が出土した。主な遺構は戦国時代後期から前漢時代初期の巴文化の墓葬となる。これまでに船棺墓4基、長方形土坑墓11基、正方形土坑墓1基、塼室墓(せんしつぼ、れんが造りの墓)1基の発掘を終えており、銅器や土器、陶器、ガラス器、鉄器などの遺物200点余りが出土した。(記者/呉竜) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (5)5千年続いた集落遺跡発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した春秋戦国時代の木製品と灰釉陶器。(資料写真)中国浙江省寧波市でこのほど、約5千年続いた集落の遺跡が見つかったと、同市文化遺産管理研究院が17日発表した。寧波地区の集落の空間形態の移り変わりを研究する上で、重要な手掛かりになるという。(寧波=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (4)5千年続いた集落遺跡発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した戦国時代中後期の帯金具、銅製帯鉤(たいこう)。(資料写真)中国浙江省寧波市でこのほど、約5千年続いた集落の遺跡が見つかったと、同市文化遺産管理研究院が17日発表した。寧波地区の集落の空間形態の移り変わりを研究する上で、重要な手掛かりになるという。(寧波=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月05日
    寧波応家遺跡の出土品、先史時代から明・清代までと判明

    応家遺跡から出土した戦国時代の銅器。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市鎮海区にある応家遺跡の考古発掘調査結果がこのほど、明らかになった。同遺跡は先史時代から明・清代にわたる複数の時代の文化層が重なった多層遺跡であり、遺構や遺物の種類と量が多く、関連研究に新たな材料を提供することが分かった。応家遺跡は寧波市鎮海区九竜湖鎮応家村の跡地にあり、分布面積は約1万2千平方メートルとなっている。今回の調査では、古代の井戸や灰坑、灰溝、建物の基礎、柱穴群など各種遺構計約220カ所が見つかり、陶器や磁器、石器、銅器、木器など、完全または復元可能な状態の各種文化財千点以上が出土した。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.13
    2020年11月27日
    「新華社」「易水長歌」の故事に触れる、易県博物館を訪ねて河北省

    中国河北省保定市易(い)県にある易県博物館は、延床面積4100平方メートル、展示面積約3千平方メートル。戦国時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)や燕国の宮門部材など、1300点余りの文化財を所蔵している。同館は「易水長歌」(戦国時代の燕国の太子丹と刺客荊軻の故事)をテーマに、実物やパネル、彫刻、情景復元などを用いて、音、光、デジタルなど現代的な展示手段を駆使し、先人の足跡や燕国の風格、郡県制など七つの基本コーナーを設置。燕国の文化と千年の歴史を持つ県の姿を展示している。(記者/趙鴻宇)<映像内容>易県博物館の外観、文化財の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    清華大所蔵竹簡から戦国時代の未知の占星術見つかる

    今回刊行された「清華大学蔵戦国竹簡」第10集。(資料写真)中国北京市で20日、「清華大学蔵戦国竹簡」第10集が刊行された。「四告」全巻(全4篇)と「四時」「司歳」「行称」「病方」など竹簡5種8篇が収録されている。いずれも散逸して現存しない文章で、中でも「四時」には戦国時代の未知の占星術体系が記載されている。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    清華大所蔵竹簡から戦国時代の未知の占星術見つかる

    「清華大学蔵戦国竹簡」の第1~10集。(資料写真)中国北京市で20日、「清華大学蔵戦国竹簡」第10集が刊行された。「四告」全巻(全4篇)と「四時」「司歳」「行称」「病方」など竹簡5種8篇が収録されている。いずれも散逸して現存しない文章で、中でも「四時」には戦国時代の未知の占星術体系が記載されている。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の博山炉(中国戦国時代に始り、漢、六朝、唐代まで用いられた香炉)、燭台、盉(か、酒器の一種)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    ウッドキャンドル

    朝倉氏の戦国時代の家紋を刻印したウッドキャンドル「越前朝倉一乗谷城」

  • 2020年11月16日
    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館

    16日、易県博物館で展示されている双竜饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館

    16日、易県博物館で展示されている燕下都遺跡出土の建築部材。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館

    16日、易県博物館で展示されている双竜背項饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月16日
    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館

    16日、易県博物館で展示されている山形饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.96
    2020年10月13日
    「新華社」洛陽市で千年にわたる服飾の変遷たどるファッションショー

    中国河南省洛陽市にある洛陽博物館でこのほど、千年以上にわたる服飾の変遷をたどるファッションショーが開催され、多くの市民の注目を集めた。隋代の青釉(せいゆう)女性俑、唐代の「彩絵単刀髷女性俑(さいえたんとうまげじょせいよう)」から北魏の泥塑(でいそ)頭像まで、同館が収蔵する文化財から「復元」した衣装を身にまとったモデルたちが、ランウェイを歩いた。今回のショーで披露されたのは、戦国時代から宋代までの古代の衣装計25点(セット)。復元チームは、出土した大量の衣装や装身具の実物を参考に、壁画、彫塑、書画などの美術工芸品や文献資料を照らし合わせ、さまざまな時代の衣装の柄や髪型を忠実に「復元」した。また、草木染め、錦織り、刺しゅうなどの伝統工芸品を用いることで、千年ほど前に伊洛河(同市を流れる川)のほとりで栄えた文化の輝かしい繁栄を表現した。(記者/楊琳)<映像内容>千年以上にわたる服飾の変遷をたどるファッションショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    頤和園造営270周年特別展、北京市で開幕

    25日、伝統衣装を身にまとい、特別展の会場を訪れた女性たち。中国北京市豊台区の中国園林博物館で25日、「園説2-頤和園造営270周年文化財特別展」が開幕した。同市郊外の頤和園(1750年造営)、中国国家図書館、北京と瀋陽の故宮博物院など八つの機関が所蔵する戦国時代(紀元前475~221年)から近現代まで2千年を超える期間の文化財計208点(組)と資料190点(組)を展示している。(北京=新華社記者/殷剛)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    頤和園造営270周年特別展、北京市で開幕

    25日、伝統衣装姿で特別展を鑑賞する女性たち。中国北京市豊台区の中国園林博物館で25日、「園説2-頤和園造営270周年文化財特別展」が開幕した。同市郊外の頤和園(1750年造営)、中国国家図書館、北京と瀋陽の故宮博物院など八つの機関が所蔵する戦国時代(紀元前475~221年)から近現代まで2千年を超える期間の文化財計208点(組)と資料190点(組)を展示している。(北京=新華社記者/殷剛)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    頤和園造営270周年特別展、北京市で開幕

    25日、特別展で展示された文化財。中国北京市豊台区の中国園林博物館で25日、「園説2-頤和園造営270周年文化財特別展」が開幕した。同市郊外の頤和園(1750年造営)、中国国家図書館、北京と瀋陽の故宮博物院など八つの機関が所蔵する戦国時代(紀元前475~221年)から近現代まで2千年を超える期間の文化財計208点(組)と資料190点(組)を展示している。(北京=新華社記者/殷剛)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    頤和園造営270周年特別展、北京市で開幕

    25日、特別展の会場で展示品を撮影する来場者。中国北京市豊台区の中国園林博物館で25日、「園説2-頤和園造営270周年文化財特別展」が開幕した。同市郊外の頤和園(1750年造営)、中国国家図書館、北京と瀋陽の故宮博物院など八つの機関が所蔵する戦国時代(紀元前475~221年)から近現代まで2千年を超える期間の文化財計208点(組)と資料190点(組)を展示している。(北京=新華社記者/殷剛)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月25日
    頤和園造営270周年特別展、北京市で開幕

    25日、特別展の会場で展示品を撮影する記者。中国北京市豊台区の中国園林博物館で25日、「園説2-頤和園造営270周年文化財特別展」が開幕した。同市郊外の頤和園(1750年造営)、中国国家図書館、北京と瀋陽の故宮博物院など八つの機関が所蔵する戦国時代(紀元前475~221年)から近現代まで2千年を超える期間の文化財計208点(組)と資料190点(組)を展示している。(北京=新華社記者/殷剛)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    23日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    23日、河北省邯鄲市で園林博覧会を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月23日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    23日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    22日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    22日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    22日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    河北省邯鄲市で園林博覧会開催会場は工場跡地

    22日、河北省邯鄲市で開かれている園林博覧会の会場で休む来場者。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市でこのほど、第4回河北省園林博覧会が開幕した。博覧会は「山水に囲まれた邯鄲、緑の復興」をテーマに、廃業した工場の跡地で開催されている。同市は生態修復措置による総合整備を実施し、核心文化観光区、生態湿地保護区などの7大機能区および戦国時代の燕国、趙国の文化を反映した13の都市公園を建設した。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父甗(そうはくこくふげん)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」を見学する来場者。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父盨(そうはくこくふしゅ)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月12日
    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省

    12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群の4号灰坑。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した紅焼土(こうしょうど)。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群の12号墓。上下複数の層に分かれた各層から遺骨が出土した。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.53
    2020年08月11日
    「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。発掘済みと発掘中の墓は現時点で計59基。墓の類型は長方形、円形、不規則形状の竪穴式土坑墓と石棺墓の4種類が確認された。墓坑は上下複数の層からなり、それぞれの層から遺体が見つかった。各層には一次葬として1、2体の遺体が安置され、その周囲に二次葬の遺骨が多数置かれていた。同省で発掘された古墓でこのような葬送習俗を持つものは初めてだという。墓坑の層は最も多いもので4層あり、一つの墓坑からは最大19個の頭骨が確認された。ほかにも陶罐(とうかん)や海貝の殻、小型の銅器などが出土した。発掘作業は現在も続けられている。(記者/字強、厳勇)<映像内容>雲南省麗江市の中学校の工事で古墓群が出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した石器。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した陶製の紡輪(ぼうりん)。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した海貝の殻。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した石のビーズ。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    古墓群から出土した青銅製の首飾り。(資料写真)中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。(麗江=新華社配信)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡。一面は山に面し、三面は渠江に面している。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡での重要発見の一つ、津関遺構。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県にある城壩遺跡の発掘現場。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6