KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 松山市
  • めいこ
  • 国家
  • 容疑者
  • 文化財
  • 春秋戦国時代
  • 漆器
  • 記者
  • 警察

「戦国期」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2002年07月18日
    備前焼の大がめ 戦国期の油がめ出土

    復元された16世紀後半の備前焼の大がめ=大阪府枚方市

    商品コード: 2002071800125

  • 2010年07月16日
    日野の北原道 戦国武者の末裔の里

    戦国期以来の古道ともいわれる「北原道」と井上源三郎資料館(右)=日野市日野本町

    商品コード: 2010071600224

  • 2017年02月17日
    灰火山社記の記述 戦国期の出雲で風土記利用

    灰火山社記の文中にある「灰火見風土記」の記述

    商品コード: 2017021700139

  • 2018年09月20日
    戦国期拠点城郭の代表

    道後温泉に隣接した好立地にある湯築城跡=松山市

    商品コード: 2018092019550

  • 2018年09月20日
    戦国期拠点城郭の代表

    土塁展示室を訪れた奈良大の千田嘉博教授。断層を見れば、土塁の築造過程が分かる=松山市

    商品コード: 2018092019560

  • 2018年09月20日
    戦国期拠点城郭の代表

    湯築城跡に復元された武家屋敷=松山市

    商品コード: 2018092019562

  • 2018年09月20日
    戦国期拠点城郭の代表

    湯築城跡は、伊予鉄道の道後公園駅を降りてすぐ=松山市

    商品コード: 2018092019574

  • 2018年09月20日
    戦国期拠点城郭の代表

    湯築城跡から出土した皿。猫の足跡がついており、話題となった=松山市

    商品コード: 2018092019576

  • 2018年10月02日
    見つかった犬の土人形 戦国期の犬人形青森で発見

    「聖寿寺館跡」から見つかった犬の土人形=8月、青森県南部町

    商品コード: 2018100220721

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した「虎形青銅座(こけいせいどうざ)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した石製の打楽器「編磬(へんけい)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607675

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した銅製の打楽器「編鐘(へんしょう)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607613

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した「漆木虎座(しつぼくこざ)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607672

  • 2020年09月08日
    武家の風情と気品 『土佐鳥瞰紀行』(28) 土居廓中(安芸市)

    戦国期に県東部を治めた安芸氏の居城・安芸城とそれを囲む武家屋敷町。江戸期には山内氏の家臣、五藤氏が引き継ぎ、碁盤目状に街区を整備した。農民や商人は廓中には住むことができず、明治以後も廓中へ入るときは、頬かぶりや鉢巻きを外したという。=2020(令和2)年9月、高知県安芸市、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100808975

  • 00:55.75
    2020年11月30日
    【ぎふ140景】郡上八幡城(郡上市)

    戦国期の1559(永禄2)年に遠藤盛数が築いた山城の郡上八幡城。城郭は1933(昭和8)年に再建され、日本最古の木造の再建城として知られる。四季折々に表情を変え、とりわけ、秋は奥美濃のモミジの名城として名高い。近年は朝霧に包まれる様子が「天空の城」と注目を集める。=2020(令和2)年11月、岐阜県、クレジット:岐阜新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120500317

  • 1