KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • るり
  • 南北
  • 発見
  • 役割
  • 指定
  • 研究
  • アーチ橋
  • 交通手段

「房山区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
59
( 1 59 件を表示)
  • 1
59
( 1 59 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年12月12日
    希少な鳥類、ナベコウが北京市に「定住」個体群数は100羽以上に

    北京市房山区の拒馬河流域で餌を探す2羽のナベコウ。(2017年12月12日撮影)中国北京市園林緑化局が観測した渡り鳥に関する最新データによると、世界的に希少なナベコウの生息・捕食範囲が、以前の北京市房山区からほぼ同市全域にまで拡大していることが分かった。また生態環境の改善に伴い、同市で観測されるナベコウの個体群数は着実に増加、すでに100羽以上に達しているという。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908647

  • 2017年12月13日
    希少な鳥類、ナベコウが北京市に「定住」個体群数は100羽以上に

    北京市房山区の拒馬河流域を飛翔するナベコウ。(2017年12月13日撮影)中国北京市園林緑化局が観測した渡り鳥に関する最新データによると、世界的に希少なナベコウの生息・捕食範囲が、以前の北京市房山区からほぼ同市全域にまで拡大していることが分かった。また生態環境の改善に伴い、同市で観測されるナベコウの個体群数は着実に増加、すでに100羽以上に達しているという。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908659

  • 2017年12月13日
    希少な鳥類、ナベコウが北京市に「定住」個体群数は100羽以上に

    北京市房山区の拒馬河流域で餌を探す2羽のナベコウ。(2017年12月13日撮影)中国北京市園林緑化局が観測した渡り鳥に関する最新データによると、世界的に希少なナベコウの生息・捕食範囲が、以前の北京市房山区からほぼ同市全域にまで拡大していることが分かった。また生態環境の改善に伴い、同市で観測されるナベコウの個体群数は着実に増加、すでに100羽以上に達しているという。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908108

  • 2017年12月13日
    希少な鳥類、ナベコウが北京市に「定住」個体群数は100羽以上に

    北京市房山区の拒馬河流域で餌を探すナベコウ。(2017年12月13日撮影)中国北京市園林緑化局が観測した渡り鳥に関する最新データによると、世界的に希少なナベコウの生息・捕食範囲が、以前の北京市房山区からほぼ同市全域にまで拡大していることが分かった。また生態環境の改善に伴い、同市で観測されるナベコウの個体群数は着実に増加、すでに100羽以上に達しているという。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908654

  • 2017年12月31日
    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市

    北京市房山区で撮影した国家1級保護動物のナベコウ。(2017年12月撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月13日
    土砂崩落現場で爆破除去処理北京市房山区軍紅路

    13日、北京市交通委員会路政局房山公路分局が軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。(小型無人機から)中国北京市交通委員会路政局房山公路分局は13日、軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。道路は10月30日までに仮復旧する見通し。8月11日、北京市房山区軍紅路のK18+350メートルの地点で大規模な土砂崩れが発生し、危険な状態となった。発生地点の山から崩れ落ちた土砂は約3万立方メートルで、長さ約120メートルにわたって土砂が覆い、道路が寸断された。土砂崩れを起こした山の上では岩石がかろうじて安定を保っている状態であることから、岩石を取り除いてから道路上に堆積した土砂を除去する必要があり、復旧作業は困難を極めるものとなった。関係機関は専門部門の複数回にわたる現地調査と立案、専門家の検証、計画の比較と選択、公安部門の承認を経て、堆積した土砂を爆破し、山にある危険な岩を処理することを決定した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月13日
    土砂崩落現場で爆破除去処理北京市房山区軍紅路

    13日、北京市交通委員会路政局房山公路分局が軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。(小型無人機から)中国北京市交通委員会路政局房山公路分局は13日、軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。道路は10月30日までに仮復旧する見通し。8月11日、北京市房山区軍紅路のK18+350メートルの地点で大規模な土砂崩れが発生し、危険な状態となった。発生地点の山から崩れ落ちた土砂は約3万立方メートルで、長さ約120メートルにわたって土砂が覆い、道路が寸断された。土砂崩れを起こした山の上では岩石がかろうじて安定を保っている状態であることから、岩石を取り除いてから道路上に堆積した土砂を除去する必要があり、復旧作業は困難を極めるものとなった。関係機関は専門部門の複数回にわたる現地調査と立案、専門家の検証、計画の比較と選択、公安部門の承認を経て、堆積した土砂を爆破し、山にある危険な岩を処理することを決定した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815715

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月13日
    土砂崩落現場で爆破除去処理北京市房山区軍紅路

    13日、北京市交通委員会路政局房山公路分局が軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。中国北京市交通委員会路政局房山公路分局は13日、軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。道路は10月30日までに仮復旧する見通し。8月11日、北京市房山区軍紅路のK18+350メートルの地点で大規模な土砂崩れが発生し、危険な状態となった。発生地点の山から崩れ落ちた土砂は約3万立方メートルで、長さ約120メートルにわたって土砂が覆い、道路が寸断された。土砂崩れを起こした山の上では岩石がかろうじて安定を保っている状態であることから、岩石を取り除いてから道路上に堆積した土砂を除去する必要があり、復旧作業は困難を極めるものとなった。関係機関は専門部門の複数回にわたる現地調査と立案、専門家の検証、計画の比較と選択、公安部門の承認を経て、堆積した土砂を爆破し、山にある危険な岩を処理することを決定した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月13日
    土砂崩落現場で爆破除去処理北京市房山区軍紅路

    13日、北京市交通委員会路政局房山公路分局が軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。(小型無人機から)中国北京市交通委員会路政局房山公路分局は13日、軍紅路の土砂崩落現場で爆破除去作業を行った。道路は10月30日までに仮復旧する見通し。8月11日、北京市房山区軍紅路のK18+350メートルの地点で大規模な土砂崩れが発生し、危険な状態となった。発生地点の山から崩れ落ちた土砂は約3万立方メートルで、長さ約120メートルにわたって土砂が覆い、道路が寸断された。土砂崩れを起こした山の上では岩石がかろうじて安定を保っている状態であることから、岩石を取り除いてから道路上に堆積した土砂を除去する必要があり、復旧作業は困難を極めるものとなった。関係機関は専門部門の複数回にわたる現地調査と立案、専門家の検証、計画の比較と選択、公安部門の承認を経て、堆積した土砂を爆破し、山にある危険な岩を処理することを決定した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815849

  • 2018年12月09日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市房山区の鳥類観測ステーションで、石の上に止まるカベバシリ。(2018年12月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701946

  • 02:06.42
    2020年08月05日
    「新華社」野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市

    中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。同局野生動植物・湿地保護処の張志明(ちょう・しめい)処長によると、市内に生息する野生動物の種類と数はここ数年でさらに増加し、野生の陸生脊椎動物の種類は1994年の461種から現在の500種以上にまで増加したという。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。国家1級保護動物のナベコウは、これまで同市房山区の十渡地区だけで姿が確認されていたが、ここ数年は海淀区や昌平区などにも生息範囲を拡大しているという。また市街地の亜運村にある小規模な湿地には今年3月以降、4組のマガモの家族が続々と住み着き、国家2級保護動物に指定されているトラフズクの群れも通州区の北京都市副中心(副都心)に生息している。延慶区にある松山国家級自然保護区では、総面積6200ヘクタール超の森林で、国家1級保護動物に指定されているイヌワシを含む178種の野生動物が暮らしている。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>北京市の野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080601999

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105019

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104924

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々を観賞する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105101

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区を散策する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105023

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々を撮影する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104958

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区を散策する観光客。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104938

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区にある坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。(小型無人機から)中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102104957

  • 2020年10月18日
    坡峰嶺で紅葉が見頃に北京市

    18日、北京市房山区の坡峰嶺風景区で鮮やかに色づいた木々。中国北京市では10月も半ばを過ぎ、紅葉が見頃を迎えている。同市房山区にある総面積約2千ムー(約133ヘクタール)の坡峰嶺(はほうれい)風景区では、カンポウフウやハグマノキ、ルスティフィナなどがとりどりに色づき、多くの観光客を引きつけた。(北京=新華社記者/呂帥)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102105114

  • 2021年04月08日
    「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で出土した版築基礎遺構の断面に付けられた層位を示す印。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)=配信日:2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041312031

  • 2021年04月12日
    (4)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡の版築基礎遺構付近で出土した青銅環首刀を見せる考古学スタッフ。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305508

  • 2021年04月12日
    (3)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で2019年以降に出土した遺物を並べる考古学スタッフ。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305505

  • 2021年04月12日
    (5)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡から出土の炭化した植物の種。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305533

  • 2021年04月12日
    (2)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で出土した版築基礎遺構の断面を発掘する考古学スタッフ。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305529

  • 2021年04月12日
    (9)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で出土した遺物を見せる発掘現場責任者の王晶(おう・しょう)氏。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305513

  • 2021年04月12日
    (6)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡の版築基礎遺構の発掘現場。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305523

  • 2021年04月12日
    (10)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡の西周燕都遺跡博物館で展示されている青銅器「克罍(かつらい)」。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305530

  • 2021年04月12日
    (7)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で出土した版築基礎遺構。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305501

  • 2021年04月12日
    (8)「北京の起源」瑠璃河遺跡で重要発見

    8日、瑠璃河遺跡で出土した版築基礎遺構で、層位を識別する発掘現場責任者の王晶(おう・しょう)氏。中国北京市文物局はこのほど、同市房山区にあり「北京の起源」と呼ばれる西周時代の燕国の遺跡、瑠璃河(るりが)遺跡の発掘調査で、重要な成果が得られたと発表した。燕国都城の城壁範囲内で、明確な構造を持ち、層位もはっきりした版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)を発見したという。これまでに発掘した基礎遺構は東西約28メートル、南北約26メートルで、少なくとも四つの層位で人間活動の痕跡が見られた。建築時期は西周初期以降で、西周末期までに破棄されていた。当時の建築技術や構造、遺跡の盛衰を研究する上で重要な価値を持つ。同遺跡は3千年余りの歴史を持ち、北京地区でさかのぼることができる最も古い都市文明の起源とされている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041305528

  • 00:58.40
    2021年10月05日
    「新華社」北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。サーバルはアフリカ西部、中部、東部の草原を主な生息地としており、今回は飼われていたものが逃げ出した可能性がある。同市野生動物救護センターの胡厳(こ・げん)副主任は、外来種については研究目的の展示や教育用の飼育を行うのが一般的で、国際条約の規定により、サーバルをアフリカに戻すことはできないと説明した。北京市園林緑化局の発表によると、同市の野生動植物は近年、数と種類共に増え続けている。2020年時点で2669種が生息・生育しており、うち陸生脊椎野生動物約581種にはミミキジ、ナベコウ、シフゾウなど国家重点保護野生動物81種が含まれる。また、多くの渡り鳥が飛来するようになり、カオジロダルマエナガ、アカハジロ、コウノトリなど絶滅の危機にある鳥類も頻繁に現れている。北京市は1985年に松山、百花山の2カ所に自然保護区を設けて以降、40年近くかけて森林公園、湿地公園、地質公園、風景区など自然保護地79カ所を整備してきた。総面積は36万8千ヘクタールで、市全体の約22%に当たる。自然保護区の役割を多彩な自然公園が補う生物多様性保護の枠組みを構築しているという。また、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(記者/趙旭、倪元錦) =配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100505387

  • 2021年10月05日
    (4)北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    北京市大興区の北京野生動物園救護所に収容されているサーバル。(9月16日撮影)中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。同市は近年、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100506352

  • 2021年10月05日
    (2)北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    北京市大興区の北京野生動物園救護所に収容されているサーバル。(9月16日撮影)中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。同市は近年、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100505388

  • 2021年10月05日
    (1)北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    北京市大興区の北京野生動物園救護所に収容されているサーバル。(9月16日撮影)中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。同市は近年、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100505389

  • 2021年10月05日
    (3)北京市が動物保護に注力外来種サーバルも「新生活」

    北京市大興区の北京野生動物園救護所に収容されているサーバル。(9月16日撮影)中国北京市房山区でこのほど、ネコ科の動物サーバル1匹が住民に発見され、近くで活動していた動物保護団体と北京市園林緑化局の専門スタッフの協力により保護された。同市は近年、野生動物の保護業務を絶えず強化しており、今年に入り収容した動物は227種2384匹に上る。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100602344

  • 2021年12月15日
    (9)夜空に輝くふたご座流星群

    14日、北京市房山区で撮影したふたご座流星群。今年最後の大規模な流星群で、北半球三大流星群の一つ「ふたご座流星群」は14日、流星の出現数がピークとなる「極大」を迎えた。(北京=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509269

  • 2021年12月15日
    (8)夜空に輝くふたご座流星群

    14日、北京市房山区で撮影したふたご座流星群。今年最後の大規模な流星群で、北半球三大流星群の一つ「ふたご座流星群」は14日、流星の出現数がピークとなる「極大」を迎えた。(北京=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509242

  • 2021年12月28日
    (1)運転席のない地下鉄「燕房線」を体験北京市

    26日、地下鉄燕房線の自動運転車両。中国北京市の燕山地区と房山区を結ぶ地下鉄燕房線が24日、運転席を取り払った車両で完全自動運転を開始した。同線は2017年12月30日に開通、19年12月に最高レベルの全自動運行システムを導入した。このほど運転室を廃止した車両が導入され、本当の意味での完全自動運転を実現した。運転席のあったスペースは「観覧席」となり、大勢の乗客が写真を撮るなどして眺めを楽しんだ。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2021(令和3)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122805945

  • 2021年12月28日
    (3)運転席のない地下鉄「燕房線」を体験北京市

    26日、地下鉄燕房線の「観覧席」で写真を撮る乗客。中国北京市の燕山地区と房山区を結ぶ地下鉄燕房線が24日、運転席を取り払った車両で完全自動運転を開始した。同線は2017年12月30日に開通、19年12月に最高レベルの全自動運行システムを導入した。このほど運転室を廃止した車両が導入され、本当の意味での完全自動運転を実現した。運転席のあったスペースは「観覧席」となり、大勢の乗客が写真を撮るなどして眺めを楽しんだ。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2021(令和3)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122805947

  • 2021年12月28日
    (4)運転席のない地下鉄「燕房線」を体験北京市

    26日、地下鉄燕房線に乗車する乗客。中国北京市の燕山地区と房山区を結ぶ地下鉄燕房線が24日、運転席を取り払った車両で完全自動運転を開始した。同線は2017年12月30日に開通、19年12月に最高レベルの全自動運行システムを導入した。このほど運転室を廃止した車両が導入され、本当の意味での完全自動運転を実現した。運転席のあったスペースは「観覧席」となり、大勢の乗客が写真を撮るなどして眺めを楽しんだ。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2021(令和3)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122805948

  • 2021年12月28日
    (2)運転席のない地下鉄「燕房線」を体験北京市

    26日、地下鉄燕房線の「観覧席」で写真を撮る乗客。中国北京市の燕山地区と房山区を結ぶ地下鉄燕房線が24日、運転席を取り払った車両で完全自動運転を開始した。同線は2017年12月30日に開通、19年12月に最高レベルの全自動運行システムを導入した。このほど運転室を廃止した車両が導入され、本当の意味での完全自動運転を実現した。運転席のあったスペースは「観覧席」となり、大勢の乗客が写真を撮るなどして眺めを楽しんだ。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2021(令和3)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122805949

  • 2021年12月31日
    (6)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕暮れ時の瑠璃河。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103106

  • 2021年12月31日
    (5)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕日に照らされる新瑠璃河大橋。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103107

  • 2021年12月31日
    (4)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕日に照らされる新瑠璃河大橋。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103108

  • 2021年12月31日
    (10)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕日に照らされる琉璃河大橋。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103113

  • 2021年12月31日
    (2)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕暮れ時の瑠璃河。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103105

  • 2021年12月31日
    (3)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕暮れ時の瑠璃河。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103104

  • 2021年12月31日
    (9)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕日に照らされる琉璃河大橋。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103112

  • 2021年12月31日
    (8)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、「琉璃河大橋」と記された石碑。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103111

  • 2021年12月31日
    (1)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕暮れ時の瑠璃河。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103100

  • 2021年12月31日
    (7)夕日に照らされる瑠璃河大橋北京市

    26日、夕暮れ時の瑠璃河。中国北京市房山区瑠璃(るり)河鎮にある琉璃河大橋は明の嘉靖(かせい)25(1546)年の創建で、瑠璃河に架かっている。全長165・5メートル、幅10・3メートル、高さ8メートルの石造11連アーチ橋で、その本体は巨大な石で造られており、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。「京南(北京南部)の要所」である同大橋は、南北を結ぶ交通手段として重要な役割を果たしてきた。(北京=新華社配信/郭連友)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123103110

  • 2022年03月04日
    (2)北京市内に野鳥500種以上全国の3分の1超

    北京市房山区で餌を探すナベコウ。(2017年12月13日撮影)中国北京市園林緑化局は、市内に生息する野鳥が500種以上になり、全国に生息する種類の3分の1を超えたと明らかにした。同市は世界で最も生物多様性の豊かな都市の一つとなっている。北京は東北地区から華北地区への移行地帯にあり、「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ」と呼ばれる渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置していることから、毎春多くの渡り鳥が北帰行の途中に通過する。同市はここ数年、生態環境の整備に力を入れ、生息・繁殖する鳥が増加。昨年1年間に確認された鳥類は360万羽を超える。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030412353

  • 2022年03月15日
    (4)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、木の枝から飛び立つカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512592

  • 2022年03月15日
    (8)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、魚をくわえて木の枝に止まるカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512597

  • 2022年03月15日
    (7)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、魚をくわえて飛び立つカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512595

  • 2022年03月15日
    (5)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、木の枝に止まるカオジロダルマエナガ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512596

  • 2022年03月15日
    (9)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、羽を休めるカオジロダルマエナガ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512599

  • 2022年03月15日
    (10)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、魚をくわえて飛び立つカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512601

  • 2022年03月15日
    (6)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、捕った魚をメスに与えるオスのカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512598

  • 2022年03月15日
    (11)公園で春の訪れを告げる鳥たち北京市

    8日、北京市房山区の牛口峪湿地公園で、魚をくわえて木の枝に止まるカワセミ。3月になり、暖かくなってきた中国北京市の公園では、春の訪れを告げる鳥たちのさえずりがあちこちから聞こえ、活気に満ちた風景が広がっている。(北京=新華社配信/黄良堅)= 配信日: 2022(令和4)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031512602

  • 1