KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 開発指導
  • 国務院副総理
  • 肺炎対策
  • 国務院総理
  • 感染対策
  • グループ会議
  • 工作指導
  • 対策工作
  • 貧困対策

「指導グループ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
135
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
135
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:47.99
    2021年01月10日
    「新華社」黒河市、2回目の全住民核酸検査が終了黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市で9日、全住民を対象とした2回目の核酸検査が終了した。現時点の検査結果は全て陰性だという。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。今回の全住民検査は7日午前8時から9日午後6時にかけて実施され、15万7044人の検体を採取した。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.96
    2021年01月07日
    「新華社」黒河市、全住民対象に2回目の核酸検査黒竜江省

    中国黒竜江省黒河市は7日、全住民を対象とした2回目の核酸検査を開始した。同市新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部(対策本部)が明らかにした。1回目の核酸検査では16万人以上が検査を受けた。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (2)李克強氏、国務院第14次5カ年計画「綱要草案」編成作業指導グループ会議を主宰

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は23日、国務院第14次5カ年計画(2021~25年)「要綱草案」編成作業指導グループ会議を主宰し、編成状況に関する報告を改めて聴取し、重要演説を行った。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が出席した。(北京=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)李克強氏、国務院第14次5カ年計画「綱要草案」編成作業指導グループ会議を主宰

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は23日、国務院第14次5カ年計画(2021~25年)「要綱草案」編成作業指導グループ会議を主宰し、編成状況に関する報告を改めて聴取し、重要演説を行った。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が出席した。(北京=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    李克強氏、国家科技指導グループ会議を主宰

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・国家科技指導グループ長は7日、北京で国家科技指導グループ会議を主宰した。科学技術イノベーションの推進に関する報告を聴取し、次の段階に向けた業務を手配した。(北京=新華社記者/申宏)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    汪洋氏、中国仏教協会第10期理事会指導グループと会見

    4日、中国仏教協会第10期理事会の指導グループと会見した汪洋氏(奥中央)。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・政協全国委員会主席は4日、北京で中国仏教協会第10期理事会の指導グループと会見した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    汪洋氏、中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見

    4日、中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見した汪洋氏(奥中央)。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・政協全国委員会主席は4日、北京で中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    汪洋氏、中国仏教協会第10期理事会指導グループと会見

    4日、中国仏教協会第10期理事会の指導グループと会見した汪洋氏(前列中央)。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・政協全国委員会主席は4日、北京で中国仏教協会第10期理事会の指導グループと会見した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月04日
    汪洋氏、中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見

    4日、中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見した汪洋氏(前列中央)。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・政協全国委員会主席は4日、北京で中国道教協会第10期理事会の指導グループと会見した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    22日、浜海新区の住民宅で検体採取を行う医療関係者。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、泰達第二体育館に設置された検査所で検体採取を受ける天津浜海新区の住民。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社記者/趙子碩)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月21日
    230万超の核酸検査結果すべて陰性天津市浜海新区

    21日、検体採取を受ける天津港集団の従業員。中国天津市浜海新区新型コロナウイルス感染症予防・抑制活動指導グループが23日に発表した情報によると、同区は23日午後3時までに計244万7300件の検体採取を実施し、検体採取作業をほぼ完了した。また、233万4千件の検査を終え、全員が陰性だった。浜海新区は21日午前、区内全住民の大規模な核酸検査を開始した。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    李克強氏、国務院第14次5カ年計画「綱要草案」編成活動指導グループ会議を主宰

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は10月30日、北京で国務院第14次5カ年計画(2021~25年)「綱要草案」編成活動指導グループ会議を主宰し、重要演説を行った。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が出席した。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    李克強氏、国務院第14次5カ年計画「綱要草案」編成活動指導グループ会議を主宰

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は10月30日、北京で国務院第14次5カ年計画(2021~25年)「綱要草案」編成活動指導グループ会議を主宰し、重要演説を行った。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が出席した。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    丹霞山風景区。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    広東省北部地域の南嶺エリアに広がる自然の風景。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    広東省の南嶺エリアに広がる自然の風景。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月06日
    広東省、南嶺国家公園と珠江口国家公園の建設を計画

    丹霞山風景区。(資料写真)中国広東省林業局は6日、広東省政府が「粤北生態特別保護区建設作業指導グループ」を「広東国家公園建設作業指導グループ」に改め、南嶺国家公園や珠江口国家公園など省内にある国家公園の建設と、自然保護地の体系的な建設作業の統括・推進を担当することを明らかにした。同省は現在、南嶺国家公園の全体計画、設立構想、科学的観察報告など関係する作業をおおむね完成させている。計画によると同公園の総計画面積は約2121平方キロ、南嶺-石門台エリアと丹霞山エリアを含み、韶関市と清遠市の9つの県(市・区)と30の郷鎮に及んでいる。同範囲内には18の自然保護地と国有の営林場がある。(広州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    第2回輸入博の記録1万件以上が上海市档案館へ

    12日、引き渡し式の会場で撮影した記録の一部。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)の記録を上海市档案館(公文書館)へ収蔵するための引き渡し式が12日、中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で行われた。同博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室(上海市商務委員会)と上海市档案館が署名し、記録の引き渡しを行なった。今回引き渡された同弁公室の記録は合計1万989件(組)に上った。内訳は、文書8977件、写真1011組1万116枚、映像711組、音声52組、実物239件、電子ファイルの合計サイズは470ギガバイトに達している。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    第2回輸入博の記録1万件以上が上海市档案館へ

    12日、引き渡し式に参加する代表者。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)の記録を上海市档案館(公文書館)へ収蔵するための引き渡し式が12日、中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で行われた。同博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室(上海市商務委員会)と上海市档案館が署名し、記録の引き渡しを行なった。今回引き渡された同弁公室の記録は合計1万989件(組)に上った。内訳は、文書8977件、写真1011組1万116枚、映像711組、音声52組、実物239件、電子ファイルの合計サイズは470ギガバイトに達している。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    第2回輸入博の記録1万件以上が上海市档案館へ

    12日、引き渡し式の会場で撮影した記録の一部。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)の記録を上海市档案館(公文書館)へ収蔵するための引き渡し式が12日、中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で行われた。同博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室(上海市商務委員会)と上海市档案館が署名し、記録の引き渡しを行なった。今回引き渡された同弁公室の記録は合計1万989件(組)に上った。内訳は、文書8977件、写真1011組1万116枚、映像711組、音声52組、実物239件、電子ファイルの合計サイズは470ギガバイトに達している。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    第2回輸入博の記録1万件以上が上海市档案館へ

    12日、引き渡し式の会場で撮影した記録の一部。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)の記録を上海市档案館(公文書館)へ収蔵するための引き渡し式が12日、中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で行われた。同博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室(上海市商務委員会)と上海市档案館が署名し、記録の引き渡しを行なった。今回引き渡された同弁公室の記録は合計1万989件(組)に上った。内訳は、文書8977件、写真1011組1万116枚、映像711組、音声52組、実物239件、電子ファイルの合計サイズは470ギガバイトに達している。(上海=新華社記者/滕佳妮)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.99
    2020年06月07日
    「新華社」吉林省吉林市豊満区の新型コロナリスク、高から低に見直し

    中国吉林省新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ弁公室は7日、国の感染状況レベル区分基準に従い、同日付で吉林市豊満区を高リスクから低リスク、同市昌邑区と船営区を中リスクから低リスクに引き下げたことを明らかにした。同省は今後も、感染状況に応じて各地のリスク等級を適時調整する。<映像内容>吉林省吉林市豊満区の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.32
    2020年06月07日
    「新華社」吉林市、市街地と高速道路の検問所を廃止

    中国吉林省吉林市の新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループは7日、同市市街地のリスク等級を低リスクに引き下げたことを明らかにした。同日、市内の道路に設置されていたすべての検問所を廃止、高速道路も通常運用を再開した。(記者/周万鵬、段続、趙丹丹)<映像内容>新型コロナの検問所を廃止、吉林省吉林市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.99
    2020年06月03日
    「新華社」吉林省舒蘭市の新型コロナリスク、高から低に見直し

    中国吉林省新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ弁公室は3日、同省の新型コロナウイルス感染状況レベル区分状況について通知を発表し、国の感染状況レベル区分基準に従い、舒蘭市のリスク等級を同日に高リスクから低リスクに引き下げたことを明らかにした。同省は今後も、感染状況に応じて各地のリスク等級を適時調整するという。(記者/周万鵬、顔麟蘊)<映像内容>中国吉林省の街並みなど風景、新型コロナ対策の様子など、撮影日:2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省

    発電パネルをチェックする山西省吉県屯里鎮窯渠村の幹部、劉創立さん。(2015年5月13日撮影)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社記者/王飛航)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省

    山西省吉県屯里鎮にある集中型太陽光発電所。(5月11日撮影、小型無人機から)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省

    山西省吉県屯里鎮桑峨村にある農業太陽光発電所。(5月11日撮影)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月06日
    湖北省大学卒業生の就職を促進中央指導グループ

    6日、武漢大学で座談会を開き、湖北省と武漢市、武漢にある大学の責任者と卒業生代表から就職状況を聞く孫春蘭氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記の重要指示の精神を深く貫き、中央新型コロナウイルス肺炎対策指導小組(グループ)の配置を実行に移すため、孫春蘭(そん・しゅんらん)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中央指導グループ長は6日、指導グループを率いて武漢大学を訪れ調査・研究し、大学卒業生の就職とキャンパスの感染予防・抑制の取り組みの促進を検討した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月06日
    湖北省大学卒業生の就職を促進中央指導グループ

    6日、学生寮を訪れ、感染予防・抑制状況を視察する孫春蘭氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記の重要指示の精神を深く貫き、中央新型コロナウイルス肺炎対策指導小組(グループ)の配置を実行に移すため、孫春蘭(そん・しゅんらん)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中央指導グループ長は6日、指導グループを率いて武漢大学を訪れ調査・研究し、大学卒業生の就職とキャンパスの感染予防・抑制の取り組みの促進を検討した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月04日
    Coronavirus - Miesbach

    04 April 2020, Bavaria, Miesbach: Ilse Aigner, President of the Bavarian Parliament, and Joachim Herrmann (both CSU), Minister of the Interior of Bavaria, visit the leadership group for disaster control of the district of Miesbach. Due to the corona crisis, disaster management is applicable throughout Bavaria - the district of Miesbach is currently particularly affected by the infections. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    李克強氏、業務・生産再開の取り組みなどを視察

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は20日、北京で感染予防・抑制と生活物資保障サービス、業務・生産再開推進の取り組みおよびマクロ政策協調実施などの状況を視察した。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が視察に同行した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    李克強氏、貿易外資協調メカニズムなどを視察

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は13日、全国市場運営・流通発展サービスプラットフォームと貿易・外資協調メカニズムを視察した。(北京=新華社記者/姚大偉)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月29日
    中央指導グループ、湖北省で新型肺炎の科学研究拠点を視察

    2月29日、新型肺炎の予防・抑制に関する科学研究の取り組みを視察するため、華中科技大学を訪れた孫春蘭氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記の重要指示の精神を深く貫き、中央新型コロナウイルス肺炎感染対策指導小組(グループ)の配置を実行に移すため、孫春蘭(そん・しゅんらん)党中央政治局委員・国務院副総理は2月29日、指導グループを率いて軍事医学専門家チームの前線拠点と華中科技大学を訪れ、新型肺炎の予防・抑制に関する科学研究と難関攻略の取り組み状況を視察した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月29日
    中央指導グループ、湖北省で新型肺炎の科学研究拠点を視察

    2月29日、軍事医学専門家チームの前線拠点を視察する孫春蘭氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記の重要指示の精神を深く貫き、中央新型コロナウイルス肺炎感染対策指導小組(グループ)の配置を実行に移すため、孫春蘭(そん・しゅんらん)党中央政治局委員・国務院副総理は2月29日、指導グループを率いて軍事医学専門家チームの前線拠点と華中科技大学を訪れ、新型肺炎の予防・抑制に関する科学研究と難関攻略の取り組み状況を視察した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.51
    2020年02月25日
    「新華社」78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出した。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。唐氏は、「中医薬が感染の予防・抑制と治療に非常に効果があると感じており、末端の設備が不十分で関連する医薬品や防護施設が不足している状況下では、中医学の役割がさらに重要になっている」と述べた。(記者/韓朝陽)<映像内容>中医薬の調合、予防煎じ薬作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:25.28
    2020年02月25日
    「新華社」中国医学が新型肺炎の感染対策に貢献浙江省

    新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国浙江省では感染予防・抑制の闘いに中国医学と中医薬を取り入れることを力強く効果的に推進しており、濃厚接触者への予防処方、感染の疑いがある患者への迅速な中医薬の投与、中国医学の医師による隔離病棟治療への全面的関与、回復期の投与という一連の感染予防・治療システムを構築している。杭州市西渓医院は同市の新型肺炎診療指定医療機関で、市内の確定診断された患者や感染が疑われる患者の半数以上がここで隔離治療を受けている。同医院では、中医薬を使用してから、重症・重篤患者の増加幅が明らかに鈍化し、重症化した例は一つもない。浙江省新型肺炎感染予防・抑制指導グループの求めにより、中医薬治療の重点は確定診断患者から感染が疑われる患者に移行しており、確定診断が出る前に中国医学の医師が診察に関与し、患者に中医薬を投与している。省内の感染が疑われる患者の92%以上に対し、中国医学の医師が治療に関与している。浙江省中医薬管理局の統計によると、14日現在、同省で中国医学の医師が治療に関与したのは1127例(95・8%)で、内訳は回復が332例、症状の改善が590例、治療効果観察中が205例となっている。(記者/夏亮、孔令杭)<映像内容>中国医学と中医薬を取り入れた新型肺炎対策、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    李克強氏、北京西駅の新型肺炎対策を視察

    14日、北京西駅に到着した乗客に手を振ってあいさつする李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は14日、北京西駅を訪れ、新型肺炎対策を視察した。(北京=新華社記者/丁林)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    李克強氏、北京西駅の新型肺炎対策を視察

    14日、北京西駅の赤外線体温測定装置の運用状況を視察する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は14日、北京西駅を訪れ、新型肺炎対策を視察した。(北京=新華社記者/丁林)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    李克強氏、北京西駅の新型肺炎対策を視察

    14日、北京西駅に到着した乗客に手を振ってあいさつする李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は14日、北京西駅を訪れ、新型肺炎対策を視察した。(北京=新華社記者/丁林)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、スマートフォンで2次元バーコードを読み取ってから工場に入る従業員ら。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産状況を確認する工場の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の生産現場で働く工場従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月13日
    雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開

    13日、プーアル茶の成型状況を確認する製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、防疫に関する知識の普及活動に用いるスピーカーの音量を調整する武漢市徳望社区(コミュニティー)のスタッフ。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、武漢市徳望社区(コミュニティー)の住民委員会で働くスタッフ。ゴーグルのレンズ内部が曇っている。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、「街道」(都市部の末端行政機関)の担当者に感染者の移送手配を依頼する武漢市江漢区徳望社区(コミュニティー)住民委員会の熊威(ゆう・い)副主任。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、武漢市民が手にする体温のセルフチェックと報告ができるアプリの入ったスマホ。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、武漢市江漢区の徳望社区(コミュニティー)の前を通り過ぎてゆく新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者を乗せた車両。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    10日、武漢市のある小区(居住区や団地を指す)の入り口で、来訪者の体温を測るスタッフ。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    鄧州市中医院で中医薬の原料を調合する唐祖宣院長。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    中医薬の煎じ薬を感染対策の最前線で勤務するスタッフに届ける唐祖宣院長(左端)。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    9日、新型コロナウイルスによる肺炎の確認検査のため、エリア内の社区(コミュニティー)へ向かう武漢市江岸区花橋街道のボランティアたち。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    鄧州市中医院の調剤室で中医薬の原料を計量する唐祖宣院長。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    李克強氏、中国医学科学院病原生物学研究所を視察

    9日、実験室で抗ウイルス薬のスクリーニング状況などを詳しく尋ねる李克強氏(右から5人目)。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は9日、北京にある中国医学科学院病原生物学研究所を視察し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制の科学的進展について尋ね、最前線で奮闘する科学研究者をねぎらった。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    中医薬の原料を処方に従って調合する鄧州市中医院のスタッフ。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    李克強氏、中国医学科学院病原生物学研究所を視察

    9日、実験室で抗ウイルス薬のスクリーニング状況などを詳しく尋ねる李克強氏(中央)。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は9日、北京にある中国医学科学院病原生物学研究所を視察し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制の科学的進展について尋ね、最前線で奮闘する科学研究者をねぎらった。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    鄧州市中医院で中医薬の原料を調合する唐祖宣院長。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月09日
    78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々

    中医薬の原料を調合する鄧州市中医院のスタッフ。(2月9日撮影)中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出している。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。(鄧州=新華社配信/郝源)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    9日、武漢市江漢区唐家墩街の西橋社区(コミュニティー)で、配達先へ向かう配送員。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:14.88
    2020年02月08日
    「新華社」厳戒態勢の武漢、新型肺炎と闘う住民コミュニティーの今

    中国湖北省で新型コロナウイルスによる肺炎対策に当たる中央指導グループは8日、同省武漢市で①ウイルス肺炎と診断された患者②感染が疑われる患者③感染の可能性が排除できない発熱患者④感染者の濃厚接触者を「四類人員」として分類し、集中管理を実施するよう指示。「収容すべき者はすべて収容し、一人も漏らさない」方針を確実に推進し、感染防止に全力で取り組む姿勢を示した。新華社湖北支局では、記者を武漢市内に派遣し、中国都市社会の末端組織を構成する「社区(コミュニティー)」の幹部に話を聞き、「小区」と呼ばれる各居住区を取材した。(記者/董博涵、許楊、潘志偉、李偉、王作葵)<映像内容>住民コミュニティー幹部の話、武漢市の様子など、撮影日:2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月08日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    8日、新型コロナウイルスによる肺炎の患者を専門的に受け入れる武漢市の「火神山医院」で、病室へ向かう患者。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    7日、街中で防疫に関する知識の普及活動をする武漢市中華路街道西城壕社区(コミュニティー)党委員会書記の翁文静(おう・ぶんせい、手前中央)さんとボランティアたち。中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月04日
    武漢市、厳格な管理で新型肺炎の蔓延阻止に尽力

    4日、新型コロナウイルスによる肺炎の患者を専門的に受け入れる武漢市の「火神山医院」で、患者を病室へ移送する医療スタッフ。(小型無人機から)中央指導グループは8日、中国湖北省武漢市で動員令を出し、「四類人員」(新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者、疑似患者、感染の可能性が排除できない発熱患者および同肺炎の感染者の濃厚接触者)の分類・集中的な管理を着実に実行し、「収容すべき者をすべて収容し、一人も漏らさず」を確実に推進することで、新型コロナウイルスによる肺炎の蔓延阻止に全力で取り組む姿勢を示した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月01日
    李克強氏、国家重点医療物資保障プラットフォームを視察

    李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は1日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を行う国家重点医療物資保障・配置プラットフォームを視察した。(北京=新華社記者/張領)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月30日
    李克強氏、中国疾病予防抑制センターで科学研究状況を視察

    30日、座談会の後、中国工程院院士(アカデミー会員)で呼吸器疾患専門医の鍾南山(しょう・なんざん)氏と親しく言葉を交わす李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は30日、中国疾病予防抑制センターで新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制活動に関する科学研究の難関攻略の取り組み状況を視察し、専門家と医療関係者から予防・抑制に対する意見や提案を聞き取った。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月30日
    李克強氏、中国疾病予防抑制センターで科学研究状況を視察

    30日、実験室に入る前、手の消毒を行う李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は30日、中国疾病予防抑制センターで新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制活動に関する科学研究の難関攻略の取り組み状況を視察し、専門家と医療関係者から予防・抑制に対する意見や提案を聞き取った。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月30日
    李克強氏、中国疾病予防抑制センターで科学研究状況を視察

    30日、中国疾病予防控制センター・ウイルス実験室で最新の研究状況を視察する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は30日、中国疾病予防抑制センターで新型コロナウイルス肺炎感染予防・抑制活動に関する科学研究の難関攻略の取り組み状況を視察し、専門家と医療関係者から予防・抑制に対する意見や提案を聞き取った。(北京=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月27日
    李克強総理が武漢訪問新型コロナウイルス肺炎対応を視察

    27日、武漢金銀潭医院で医療関係者を慰問する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は27日、習近平(しゅう・きんぺい)総書記の委託を受けて湖北省武漢市を訪れ、感染予防・抑制活動を視察、指導した。李克強総理はまた、党中央と国務院を代表し、最前線で治療に当たる医療関係者を慰問した。(武漢=新華社記者/李濤)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月27日
    李克強総理が武漢訪問新型コロナウイルス肺炎対応を視察

    27日、武漢火神山医院の工事現場で、作業員らを激励する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は27日、習近平(しゅう・きんぺい)総書記の委託を受けて湖北省武漢市を訪れ、感染予防・抑制活動を視察、指導した。李克強総理はまた、党中央と国務院を代表し、最前線で治療に当たる医療関係者を慰問した。(武漢=新華社記者/李濤)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月27日
    李克強総理が武漢訪問新型コロナウイルス肺炎対応を視察

    27日、武漢市内のスーパーを視察し、市民と言葉を交わす李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は27日、習近平(しゅう・きんぺい)総書記の委託を受けて湖北省武漢市を訪れ、感染予防・抑制活動を視察、指導した。李克強総理はまた、党中央と国務院を代表し、最前線で治療に当たる医療関係者を慰問した。(武漢=新華社記者/李濤)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月27日
    李克強総理が武漢訪問新型コロナウイルス肺炎対応を視察

    27日、武漢金銀潭医院で医療関係者と交流する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理・中央新型コロナウイルス肺炎対策工作指導グループ長は27日、習近平(しゅう・きんぺい)総書記の委託を受けて湖北省武漢市を訪れ、感染予防・抑制活動を視察、指導した。李克強総理はまた、党中央と国務院を代表し、最前線で治療に当たる医療関係者を慰問した。(武漢=新華社記者/李濤)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月30日
    江西省、日本への水運・海運連絡輸送プロジェクトの推進を加速

    江西省九江城西港コンテナふ頭でトラックに載せられた、九江港が2019年に取り扱った50万個目の標準コンテナ。(2019年12月30日撮影)中国江西省はこのほど、水運と海運の連絡輸送による日本への航路開通を図るプロジェクトについて、南昌市で特別業務指導グループ会議を開き、同省と日本を結ぶ直行貨物船の往復運航を早急に始めるため、プロジェクトの推進が加速していると明らかにした。連絡輸送航路を開通すると、同省産業の構造転換や高度化のほか、科学技術革新、住民生活などの分野に関係する日本製品の輸入が拡大することになる。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月30日
    江西省、日本への水運・海運連絡輸送プロジェクトの推進を加速

    江西省九江城西港コンテナふ頭で、つり上げられるコンテナ。(2019年12月30日撮影)中国江西省はこのほど、水運と海運の連絡輸送による日本への航路開通を図るプロジェクトについて、南昌市で特別業務指導グループ会議を開き、同省と日本を結ぶ直行貨物船の往復運航を早急に始めるため、プロジェクトの推進が加速していると明らかにした。連絡輸送航路を開通すると、同省産業の構造転換や高度化のほか、科学技術革新、住民生活などの分野に関係する日本製品の輸入が拡大することになる。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月30日
    江西省、日本への水運・海運連絡輸送プロジェクトの推進を加速

    江西省九江城西港コンテナふ頭で、つり上げられるコンテナ。(2019年12月30日撮影)中国江西省はこのほど、水運と海運の連絡輸送による日本への航路開通を図るプロジェクトについて、南昌市で特別業務指導グループ会議を開き、同省と日本を結ぶ直行貨物船の往復運航を早急に始めるため、プロジェクトの推進が加速していると明らかにした。連絡輸送航路を開通すると、同省産業の構造転換や高度化のほか、科学技術革新、住民生活などの分野に関係する日本製品の輸入が拡大することになる。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月30日
    江西省、日本への水運・海運連絡輸送プロジェクトの推進を加速

    江西省九江城西港コンテナふ頭でつり上げられる、九江港が2019年に取り扱った50万個目の標準コンテナ。(2019年12月30日撮影)中国江西省はこのほど、水運と海運の連絡輸送による日本への航路開通を図るプロジェクトについて、南昌市で特別業務指導グループ会議を開き、同省と日本を結ぶ直行貨物船の往復運航を早急に始めるため、プロジェクトの推進が加速していると明らかにした。連絡輸送航路を開通すると、同省産業の構造転換や高度化のほか、科学技術革新、住民生活などの分野に関係する日本製品の輸入が拡大することになる。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    韓正氏、林鄭香港特区行政長官と会見

    韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理(右)は6日、北京の釣魚台国賓館で粤港澳大湾区(広東省・香港・マカオビッグベイエリア)建設指導グループ会議出席のため北京を訪れた林鄭月娥(キャリー・ラム)香港特別行政区行政長官と会見した。(北京=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月06日
    韓正氏、林鄭香港特区行政長官と会見

    韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理(右)は6日、北京の釣魚台国賓館で粤港澳大湾区(広東省・香港・マカオビッグベイエリア)建設指導グループ会議出席のため北京を訪れた林鄭月娥(キャリー・ラム)香港特別行政区行政長官と会見した。(北京=新華社記者/張領)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月09日
    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞

    9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで品評会のため炊飯器を準備するスタッフ。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月09日
    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞

    9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで行われた米の品評会の審査会場。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月29日
    記者会見する蔡志軍氏 建国70年で軍事パレードへ

    記者会見する「閲兵指導グループ弁公室」の蔡志軍・副主任=29日、北京(共同)

    撮影: 29日、北京

  • 2019年08月29日
    記者会見する蔡志軍氏 10月1日に建国70年式典

    記者会見する「閲兵指導グループ弁公室」の蔡志軍・副主任=29日、北京(共同)

    撮影: 29日、北京

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:24.34
    2019年06月01日
    「新華社」河南省登封市の研磨材工場で事故2人死亡8人負傷

    1日午前7時20分ごろ、中国河南省登封市(鄭州市の管轄下にある県級市)の陽城工業団地にある兆孚磨具磨料有限公司で事故が発生し、2人が死亡、8人が負傷した。登封市人民政府が明らかにした。同市では事故発生を受け、直ちに緊急措置を発動。事故処理指導グループを設立し、負傷者の救助や事故調査などを積極的に展開した。負傷者は現在、手当てを受けており、同公司関係者はすでに警察に拘束されている。事故原因は現在調査中。(記者/楊静、劉懐丕)<映像内容>研磨材工場の事故現場周辺の様子、撮影日:2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 2019年05月28日
    第1回中国国際輸入博覧会の記録、上海市档案館へ

    5月28日、引き継ぎ式会場に置かれた記録物。第1回中国国際輸入博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室が5月28日、同博覧会の記録1万2862件を上海市档案館に引き渡した。内訳は文書8764件、映像・音響資料4041件、実物57件。完全な記録が適切に整理され、第1回博覧会の成功の過程を克明に伝えるとともに、今後の博覧会や他の重要イベントに参考資料と貴重な経験を提供する。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月28日
    第1回中国国際輸入博覧会の記録、上海市档案館へ

    5月28日に撮影した引継ぎ式会場。第1回中国国際輸入博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室が5月28日、同博覧会の記録1万2862件を上海市档案館に引き渡した。内訳は文書8764件、映像・音響資料4041件、実物57件。完全な記録が適切に整理され、第1回博覧会の成功の過程を克明に伝えるとともに、今後の博覧会や他の重要イベントに参考資料と貴重な経験を提供する。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月28日
    第1回中国国際輸入博覧会の記録、上海市档案館へ

    5月28日、引継ぎ式に出席した代表者。第1回中国国際輸入博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室が5月28日、第1回博覧会の記録1万2862件を上海市档案第1回中国国際輸入博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室が28日、同博覧会の記録1万2862件を上海市档案館に引き渡した。内訳は文書8764件、映像・音響資料4041件、実物57件。完全な記録が適切に整理され、第1回博覧会の成功の過程を克明に伝えるとともに、今後の博覧会や他の重要イベントに参考資料と貴重な経験を提供する。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月28日
    第1回中国国際輸入博覧会の記録、上海市档案館へ

    5月28日、引き継ぎ式会場に展示された記録を見る男性。第1回中国国際輸入博覧会都市サービス保障指導グループ弁公室が5月28日、同博覧会の記録1万2862件を上海市档案館に引き渡した。内訳は文書8764件、映像・音響資料4041件、実物57件。完全な記録が適切に整理され、第1回博覧会の成功の過程を克明に伝えるとともに、今後の博覧会や他の重要イベントに参考資料と貴重な経験を提供する。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月30日
    土砂崩れで4人死亡2人負傷2人不明広東省清遠市

    30日、土砂崩れの現場で捜索活動にあたる救援隊員。中国広東省清遠市連山チワン族ヤオ族自治県で29日午後9時ごろ、豪雨による土砂崩れが発生し、同市共産党委員会宣伝部によると、簡易小屋が土石流に巻き込まれ、4人が死亡、2人が負傷した。現在2人が行方不明になっている。土砂崩れが発生したのは吉田鎮牛角村。市と県では既に緊急対策指導グループを設置し、事故原因の調査や救援活動、善後措置を行っている。(清遠=新華社配信/清遠市消防救援支隊提供)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:清遠市消防救援支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月30日
    土砂崩れで4人死亡2人負傷2人不明広東省清遠市

    30日、土砂崩れの現場を片付ける消防隊員。中国広東省清遠市連山チワン族ヤオ族自治県で29日午後9時ごろ、豪雨による土砂崩れが発生し、同市共産党委員会宣伝部によると、簡易小屋が土石流に巻き込まれ、4人が死亡、2人が負傷した。現在2人が行方不明になっている。土砂崩れが発生したのは吉田鎮牛角村。市と県では既に緊急対策指導グループを設置し、事故原因の調査や救援活動、善後措置を行っている。(清遠=新華社配信/清遠市消防救援支隊提供)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:清遠市消防救援支隊/新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:14.98
    2019年03月15日
    「新華社」旧市街改造進み、バラックに別れ新疆ウルムチ

    林立する高層住宅、整然とした街路、完備した関連施設。ここがかつて新疆ウイグル自治区ウルムチ市で「不衛生、乱雑、条件劣悪」と言われた黒甲山地区だとは誰も想像できないだろう。同地区生まれの馬彦竜(ば・げんりゅう)さんも、同地区がこれほどスピーディーに大きく変化するとは思わなかったという。馬さんは生まれてから結婚するまで、ずっと黒甲山地区の自己建設家屋で過ごした。目覚ましい変化は、自己建設の粗末な家を3LDKの高層住宅に変えただけではない。「ハード」から「ソフト」まで、あらゆる面を向上させた。ウルムチ市第20幼稚園は、馬さんが住む地区にある公立幼稚園。2017年9月の開園から現在までに、240人以上の子どもが無償で就学前教育を受けてきた。社区(コミュニティー、中国都市部の基礎的な行政区画)の医療環境も大幅に改善した。黒甲山社区で保健・医療サービスを提供する、社区衛生サービスセンターには各種の検査設備が整い医療スタッフがそろっている。住民は基礎的な健康診断「全民体検」からハイレベルなデジタルジオグラフィー(DR)検査まで受けられる。2017年に本格始動したウルムチ市の旧市街(バラック地区)改造・向上プロジェクトの対象範囲は約173平方キロ、受益者は各民族合わせて160万人となっている。ウルムチ市旧市街改造・向上プロジェクト指揮部弁公室と同市のバラック地区改造事業指導グループのデータによると、2018年に旧市街(バラック地区)の改造には総額723億2100万元(1元=約17円)が投じられ、12のプロジェクトが竣工した。計画では、2020年末までに、現在ある都市部のバラック地区や「城中村」と呼ばれる開発の遅れた地区、老朽危険家屋の改造を基本的に完了する予定。(記者/郭燕)<映像内容>中国新疆ウルムチ黒甲山地区の発展、暮らしの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月07日
    記者会見する劉永富主任 貧困対策で不正続出

    記者会見する中国政府の貧困者支援開発指導グループ弁公室の劉永富主任=7日、北京(共同)

    撮影: 7日、北京

  • 2019年03月07日
    【両会】全人代、貧困脱却堅塁攻略戦に関する記者会見開催

    中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは7日午前、「堅塁攻略、難関克服-貧困脱却堅塁攻略戦に断固として勝利する」記者会見を開き、国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組(グループ)の劉永富(りゅう・えいふ)主任が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/李然)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月07日
    【両会】全人代、貧困脱却堅塁攻略戦に関する記者会見開催

    中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは7日午前、「堅塁攻略、難関克服-貧困脱却堅塁攻略戦に断固として勝利する」記者会見を開き、国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組(グループ)の劉永富(りゅう・えいふ)主任が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/李然)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月07日
    【両会】全人代、貧困脱却堅塁攻略戦に関する記者会見開催

    中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは7日午前、「堅塁攻略、難関克服-貧困脱却堅塁攻略戦に断固として勝利する」記者会見を開き、国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組(グループ)の劉永富(りゅう・えいふ)主任が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月07日
    【両会】全人代、貧困脱却堅塁攻略戦に関する記者会見開催

    中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは7日午前、「堅塁攻略、難関克服-貧困脱却堅塁攻略戦に断固として勝利する」記者会見を開き、国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組(グループ)の劉永富(りゅう・えいふ)主任が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/李然)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月07日
    【両会】全人代、貧困脱却堅塁攻略戦に関する記者会見開催

    中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは7日午前、「堅塁攻略、難関克服-貧困脱却堅塁攻略戦に断固として勝利する」記者会見を開き、国務院扶貧(貧困扶助)開発指導小組(グループ)の劉永富(りゅう・えいふ)主任が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/王鵬)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2