KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 排卵誘発剤
  • スペイン
  • バルセロナ
  • 仕事
  • お金
  • エコー検査
  • カロリーナ
  • チェック
  • バレリア
  • マリン

「排卵誘発」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  5つ子誕生
    1977年04月30日
    5つ子誕生

    1976年1月31日、鹿児島市立病院でNHK政治部記者の山下頼充・紀子夫妻に5つ子が誕生した。排卵誘発剤の投与を受けての5卵生で、男2人、女3人。病院あげての看護で無事成育、5月12日退院した。写真は77年4月30日、5つ子と山下さん夫婦、東京都練馬区の公園で=1977(昭和52)年4月30日

    商品コード: 2003051300090

  • バレリア・マリン 仕事があればやらない
    2014年11月25日
    バレリア・マリン 仕事があればやらない

    既に5回、卵子を提供したバレリア・マリン。卵子採取前には2週間近く、自分で腹部に排卵誘発剤を注射し、3~4日ごとにエコー検査で卵巣機能もチェックする。心身の痛みも経験するが「お金が必要だから、もう1回はやるかも」と話した=スペイン・バルセロナ(撮影・中野智明、共同)

    商品コード: 2014112500500

  • カロリーナ 仕事があればやらない
    2014年11月25日
    カロリーナ 仕事があればやらない

    「卵子提供は3回で終わりにする。排卵誘発剤を打っている間は気分が落ち込んで教会にも行きたくない気分になる」と語るカロリーナ。「謝礼金」の一部は、故郷の南米パラグアイに住む家族に送金した=スペイン・バルセロナ(撮影・中野智明、共同)

    商品コード: 2014112500499

  • 1