KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 火星着陸
  • 火星探査機
  • 活動
  • 画像
  • 令和
  • マーズ・ローバー
  • モジュール
  • 中国国家航天局
  • ハクト
  • 天問

「探査車」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
355
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
355
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1972年05月08日
    科学技術関連

    月面で探査車の走行試験を行うアポロ16号のジョン・ヤング船長。同僚のチャールズ・デューク飛行士が撮影。1972年5月8日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2016092400339

  • 1996年08月23日
    火星探査機の想像図 ET探査の実現に夢広がる

    今年12月に打ち上げられ、来年7月4日に火星到達予定の米無人探査機「マース・パスファインダー」の着陸想像図。三角形をしたのが母船、左手前は移動して岩石などを調べる探査車(NASA提供)

    商品コード: 1996082300003

  • 1997年07月04日
    探査機の着陸直後 米探査機、未明に火星着陸

    「マーズ・パスファインダー」が火星表面に着陸した様子(模型)。収縮したエアバッグの上で着陸機を覆っていたパネル3枚が開き、小型探査車が姿を現している(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070400070

  • 1997年07月04日
    探査機が撮影した火星 火星に探査機着陸

    火星に着陸した米探査機「マーズ・パスファインダー」のカメラが撮影した小型探査車(手前)と火星の風景。探査車の横にはへこんだエアバッグが写っている=1997(平成9)年7月4日(ロイター=共同)、 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P112)

    商品コード: 2015071600302

  • 1997年07月05日
    探査車と火星表面 米探査機、火星着陸に成功

    火星に着陸したマーズ・パスファインダーのカメラが撮影した小型探査車(手前)と火星の風景。探査車の横にはへこんだエアバッグが写っている(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070500021

  • 1997年07月06日
    手順を確認する研究者 探査車、火星表面を初走行

    小型探査車が火星表面を初走行する前、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)では実物大の模型を使って探査車を着陸機から降ろす手順を入念に確認した(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070600062

  • 1997年07月06日
    火星表面 小型探査車で本格観測へ

    マーズ・パスファインダーの着陸機から見た火星表面(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070600017

  • 1997年07月06日
    スロープ展開 小型探査車で本格観測へ

    米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)のコンピューター画面に映し出された、小型探査車が着陸機から火星表面に降りるために使うスロープを展開した様子(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070600019

  • 1997年07月06日
    火星を走る探査車 探査車、火星表面を走行

    スロープを降りて、火星の地表を走行し始めた小型探査車(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070600029

  • 1997年07月07日
    観察するNASAの研究者 小型探査車で初観測を開始

    特殊な立体眼鏡をかけて、コンピューター画面に映った火星表面の岩を観察するNASAジェット推進研究所の研究者たち(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070700007

  • 1997年07月08日
    岩石を調べる探査車 火星も昔は地球と同じ環境

    火星探査機着陸点のすぐ近くにあり「バーナクル(フジツボ)ビル」と名付けられた岩(左)に近づいて調べる小型探査車「ソジャーナー」(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070800006

  • 1997年07月09日
    火星表面の探査車 火星の岩も地球とそっくり

    火星の岩石や土を観測する小型探査車ソジャーナー。手前の軟らかい土の上に車輪の跡がくっきり見える(ロイター=共同)

    商品コード: 1997070900007

  • 1997年07月11日
    火星探査車、大岩にキス

    「ヨギ」と名付けられた大きな岩に観測のために接近した火星探査機マーズ・パスファインダーの小型探査車「ソジャーナー」。近づきすぎて、後輪を乗り上げてしまったが、搭載したエックス線分光計による観測はできる見通しだ。科学者たちは米太平洋夏時間の十一日、着陸から一週間を祝った。(ロイター=共同)

    商品コード: 1997071100141

  • 1997年07月12日
    NASA記者会見 探査車、岩を相手に苦闘

    小型探査車ソジャーナーのテレビ画像を前に、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所が10日開いた状況説明の記者会見(ロイター=共同)

    商品コード: 1997071200003

  • 1997年07月12日
    探査車からの画像 探査車、岩を相手に苦闘

    米航空宇宙局(NASA)が公表した小型探査車ソジャーナーからの画像。火星表面に探査車の車輪の跡が残り、左上に着陸機が見える(ロイター=共同)

    商品コード: 1997071200002

  • 1997年11月05日
    大活躍後、交信ついに途絶 お疲れさま火星探査機

    火星に着陸した米探査機マーズ・パスファインダーのカメラが撮影した小型探査車(手前)と火星の風景。探査車の横にはへこんだエアバッグが写っている=1997年7月(ロイター=共同)(K97ー17922)

    商品コード: 1997110500012

  • 1997年11月14日
    米火星探査機の記念切手

    12月10日に米国で発行予定の米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「マーズ・パスファインダー」の記念切手。3ドル切手で、7月4日に火星に着陸したばかりの探査機と小型探査車「ソジャーナー」が描かれている(ロイター=共同)

    商品コード: 1997111400011

  • 1998年03月11日
    火星探査機と交信回復断念

    昨年8月8日火星表面を動く小型探査車「ソジャーナー」。研究者は10日、交信回復の試みの断念を発表し、この探査車と火星探査機「マーズ・パスファインダー」にさよならをした(ロイター=共同)

    商品コード: 1998031100088

  • 1999年03月16日
    無人惑星探査車を公開 5輪で月・火星の凸凹克服

    文部省宇宙科学研究所と明治大、中央大の研究グループが開発した、月や火星の表面を自由に移動できる無人惑星探査車=16日午後、神奈川県相模原市の宇宙科学研究所

    商品コード: 1999031600143

  • 1999年06月29日
    NASAのナノローバー 小惑星にミニ探査車

    日本の小惑星探査機「ミューゼスC」に搭載するためNASAが開発中のミニ探査車ナノローバー(NASA提供・共同)

    商品コード: 1999062900025

  • 2000年03月29日
    打ち上げ中止の着陸機 米の火星探査、全面見直し

    米航空宇宙局(NASA)の火星探査計画見直しで、打ち上げの中止が決まった無人火星着陸機と無人探査車の想像図(NASA提供・共同)

    商品コード: 2000032900012

  • 2000年07月28日
    無人探査車の想像図 2003年に火星探査車

    米航空宇宙局が2003年、火星に打ち上げる無人探査車の想像図(NASA提供・共同)

    商品コード: 2000072800016

  • 2000年10月27日
    探査車の想像図 米、2年ごとに火星探査へ

    NASAが2003年(中央)と2007年(右)に打ち上げる予定の火星探査車の想像図。左は1997年に火星に着陸した探査車で長さ65センチ、幅48センチの小型だった(NASA提供・共同)

    商品コード: 2000102700015

  • 2002年03月13日
    試作された月面探査車 月面探査車に電力を供給

    河島信樹教授(右)らのチームが試作したレーザー光でエネルギーを受けることができる月面探査車=13日午後、大阪府東大阪市の近畿大

    商品コード: 2002031300174

  • 2002年03月28日
    火星着陸用エアバッグ

    無人火星探査車を包み込むように膨らませる試験中のエアバッグ(NASA提供)

    商品コード: 2002032800062

  • 2003年06月11日
    探査車載せロケットが出発 ロボット地質学者火星へ

    火星無人探査車「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」を載せて打ち上げられたデルタロケット=10日、米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地(ロイター=共同)

    商品コード: 2003061100006

  • 2003年06月11日
    無人火星探査車の想像図 ロボット地質学者火星へ

    火星の地質調査などを行う無人火星探査車「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」の想像図(NASA提供・共同)

    商品コード: 2003061100026

  • 2003年12月03日
    NASAの探査機 火星着陸は正月3日

    パラシュートを開いて火星に着陸する米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査車「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」の想像図。一番下にぶら下がっているのが探査車(NASA提供)

    商品コード: 2003120300100

  • 2003年12月20日
    NASAの火星探査車 いよいよ火星着陸ラッシュ

    米航空宇宙局(NASA)の火星探査車、マーズ・エクスプロレーション・ローバー。スピリットとオポチュニティーと名付けられた2台が地質データを探る(NASA提供)

    商品コード: 2003122000060

  • 2004年01月03日
    説明する研究者 米火星探査車、きょう着陸

    2日NASAジェット推進研究所で、米火星探査車スピリットの着陸を前に、探査車の小型模型を使って説明する研究者(ロイター=共同)

    商品コード: 2004010300060

  • 2004年01月03日
    着陸予定のクレーター 米火星探査車、きょう着陸

    米火星探査車「スピリット」が着陸を目指す火星のグセフクレーター。直径約150キロ(ロイター=共同)

    商品コード: 2004010300062

  • 2004年01月04日
    送信画像を見る担当者ら 米無人探査車が火星に着陸

    米パサデナのNASAジェット推進研究所で3日、探査車「スピリット」が撮影、送信してきた火星表面などの画像を見る担当者ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2004010400053

  • 2004年01月04日
    シャンパンをつぐ局長 沈黙の後、あふれる歓喜

    無人火星探査車スピリットの着陸成功後の記者会見で、担当者らにシャンパンをついで祝福するオキーフNASA局長(ロイター=共同)

    商品コード: 2004010400058

  • 2004年01月04日
    NASAの火星探査車 米無人探査車が火星に着陸

    米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査車「スピリット」の想像図(NASA提供)

    商品コード: 2004010400022

  • 2004年01月04日
    火星の画像 米無人探査車が火星に着陸

    米火星探査車「スピリット」が撮影した火星のパノラマ写真。数枚の写真の合成画像のためスピリット(手前)の形はゆがんで見えている(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010400046

  • 2004年01月04日
    スピリットが撮影した画像 米無人探査車が火星に着陸

    米火星探査車「スピリット」が撮影したスピリット機体と火星。地上から機体の様子を調べるため、真上から撮影し合成したもの(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010400056

  • 2004年01月04日
    探査車が撮影した火星 無人探査車が火星に着陸

    米火星探査車「スピリット」が撮影した火星のパノラマ写真。数枚の写真の合成画像のためスピリット(手前)の形はゆがんで見えている(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010400055

  • 2004年01月05日
    スピリットの画像 スピリットの機能は正常

    火星への着陸に成功したNASAの無人探査車「スピリット」の画像。スピリットのカメラが撮影した複数の写真をつなぎ合わせたもの(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010500025

  • 2004年01月06日
    3次元画像見るスタッフ 米探査車、観測準備進む

    5日、米パサデナのNASAジェット推進研究所で、火星上の無人探査車「スピリット」から送られてきた3次元画像を見るスタッフ(ロイター=共同)

    商品コード: 2004010600009

  • 2004年01月07日
    アンテナの記念板 コロンビア記念し命名

    米火星探査車「スピリット」の大容量通信用アンテナにはめ込まれている米スペースシャトル「コロンビア」の記念板(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010700064

  • 2004年01月07日
    エアバッグの跡 赤茶けた火星大地写し出す

    米火星探査車「スピリット」が着陸に使ったエアバッグを引きずった際に火星表面にできた跡(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010700026

  • 2004年01月07日
    火星の地平線付近 赤茶けた火星大地写し出す

    米火星探査車「スピリット」が撮影した火星の地平線付近。岩が少ないくぼ地のような地形が見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010700033

  • 2004年01月07日
    滑らかな岩 赤茶けた火星大地写し出す

    米火星探査車「スピリット」が撮影した火星の岩。砂粒を含む強風に長期間さらされて表面が滑らかになったとみられる(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010700038

  • 2004年01月07日
    探査車撮影のカラー画像 赤茶けた火星大地写し出す

    米無人火星探査車「スピリット」が撮影した火星表面のカラー画像。これまでで最も解像度が高く鮮明な火星画像という(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010700015

  • 2004年01月09日
    火星表面の写真 探査車走行は14日以降

    無人探査車スピリットが新たに撮影した火星表面の写真。左側にクレーターとみられるくぼ地が見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004010900023

  • 2004年01月10日
    火星表面の温度分布 火星表面に炭酸塩

    無人探査車スピリットの赤外線カメラがとらえた火星表面の温度分布。赤い部分は周囲より温度が高い(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011000033

  • 2004年01月10日
    火星表面の温度分布 火星表面に炭酸塩

    無人探査車スピリットの赤外線カメラがとらえた火星表面の温度分布。中央のくぼ地付近が周囲より温度が高い(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011000037

  • 2004年01月10日
    探査車周辺の画像 火星表面に炭酸塩

    無人火星探査車スピリットがとらえた車体周辺の画像(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011000029

  • 2004年01月13日
    エアバッグの跡 鮮明なカラーパノラマ公開

    米火星探査車スピリットが着陸時に引きずったエアバッグによって火星の表面にできた跡。NASAは魔法のじゅうたんと名付けた(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011300011

  • 2004年01月13日
    スピリットが撮影した火星 鮮明なカラーパノラマ公開

    米火星探査車スピリットが撮影した225枚の写真をつなぎ合わせて作った火星の360度パノラマ画像。手前に機体や着陸時に用いたエアバッグの一部が写っている。真っ黒な部分はデータがない(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011300012

  • 2004年01月15日
    着陸台と車輪跡 スピリット火星地表に立つ

    米無人探査車「スピリット」が、機体下部の障害物カメラで撮影した着陸用の台と地面についた車輪の跡。台から約1メートル移動した。写真上部は機体の一部に台が反射して写っている(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004011500198

  • 2004年01月17日
    ロボットアームで探査 火星土壌など観測開始

    火星の土壌や岩石を調査する無人探査車スピリットのロボットアーム。先端には顕微カメラなど探査機器が付いている(UPI=共同)

    商品コード: 2004011700050

  • 2004年01月21日
    スピリットが調査開始

    火星探査車スピリットが、最初の調査対象となる岩石「アディロンダック」の調査を始めた様子が20日、公表された。近づけたロボットアームの備えた分光計で、岩石や土壌の元素組成を調べることができる(ロイター=共同)

    商品コード: 2004012100012

  • 2004年01月22日
    火星探査車撮影の写真 着陸地点の鮮明画像公開

    火星探査車スピリットが撮影した着陸地点周辺。エアバッグの上に乗っているのが着陸用の台。右上に最終的な目的地の丘が見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012200018

  • 2004年01月23日
    スピリットの想像図 火星探査車との交信途絶

    米東部時間21日午前から、交信が途絶えている火星探査車スピリットの想像図(ロイター=共同)

    商品コード: 2004012300006

  • 2004年01月25日
    探査車が撮影した火星 2号機も火星着陸に成功

    米無人火星探査車の2号機、オポチュニティーが撮影した着陸地点付近。着陸に使ったエアバッグの跡が、円形に残っていた(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500164

  • 2004年01月25日
    パノラマ写真 2号機も火星着陸に成功

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが撮影した写真を合成した着陸地点周辺のパノラマ写真(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500165

  • 2004年01月25日
    露出した岩 2号機も火星着陸に成功

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが着陸直後に撮影した風景。露出した岩床が写っていた(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500151

  • 2004年01月25日
    パノラマ写真 2号機も火星着陸に成功

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが撮影した写真を合成した着陸地点周辺のパノラマ写真(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500152

  • 2004年01月25日
    エアバッグの跡 2号機も火星着陸に成功

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが撮影した火星地表。着陸の衝撃を緩和するために使ったエアバッグの跡がついていた(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500153

  • 2004年01月25日
    火星の地表 米探査車2号機も火星着陸

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが撮影した着陸地点。着陸時の衝撃緩和に使ったエアバッグの跡とみられる円形の模様が地表に残っている。下は機体の一部(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012500144

  • 2004年01月26日
    着陸点付近の画像 2号機の機能は正常

    火星探査車オポチュニティーが撮影した着陸点付近。岩が何枚も重なったように見える場所が、地質調査の候補地(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012600012

  • 2004年01月27日
    着陸地点周辺のカラー画像 黒っぽい土壌が特徴

    無人探査車の2号機オポチュニティーが撮影した着陸地点周辺のカラー画像(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012700020

  • 2004年01月29日
    層状の岩の一部 探査車、火星の地表へ

    米無人火星探査車の2号機、オポチュニティーが撮影した層状の岩の一部(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012900030

  • 2004年01月29日
    1号機の写真 探査車、火星の地表へ

    21日に通信に異常を起こした米無人火星探査車の1号機、スピリットが異常発生後初めて送ってきた写真。分析対象の岩にアームをのばしている(ロイター=共同)

    商品コード: 2004012900072

  • 2004年01月29日
    エアバッグ跡 探査車、火星の地表へ

    米無人火星探査車の2号機、オポチュニティーが撮影したエアバッグの跡(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004012900029

  • 2004年01月31日
    Near the lower left corner of this view is the three-petal lander platform

    Near the lower left corner of this view is the three-petal lander platform that NASA‘s Mars Exploration Rover Spirit drove off in January 2004.、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019073101254

  • 2004年02月03日
    火星の全方位写真公開

    米無人火星探査車の2号機オポチュニティーが火星の大地の高解像度全方位写真をパノラマカメラで撮影、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所が2日、公開した。オポチュニティーは1月24日に火星のメリディアニ台地にある浅いクレーター内に着陸。同31日、着陸用の台座から火星表面に降り立った(ロイター=共同)

    商品コード: 2004020300011

  • 2004年02月05日
    火星の土壌粒子 砂粒の中に球形粒子

    米火星探査車オポチュニティーの顕微カメラが撮影した土壌中の粒子。左下の球形粒子は直径約3ミリ(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004020500011

  • 2004年02月07日
    火星無人探査車スピリット スピリット、岩石調査再開

    復旧後最初の調査対象となる岩石を削る態勢に入った火星無人探査車スピリット(NASA・共同)

    商品コード: 2004020700019

  • 2004年02月10日
    無人探査車の接写画像 石の中に球形粒子確認

    米火星探査車オポチュニティーの顕微カメラが撮影した石の接写画像。直径5ミリほどの球形粒子が見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004021000024

  • 2004年02月13日
    火星表面に多数の球形粒子

    火星表面で見つかったブルーベリーの実のような小さな粒子。無人探査車2号機のオポチュニティーが撮影した(ロイター=共同)

    商品コード: 2004021300029

  • 2004年02月18日
    火星に掘った溝 火星探査車、土を掘る

    米国の無人火星探査車2号機のオポチュニティーが車輪を動かして、火星の地表に掘った溝(ロイター=共同)

    商品コード: 2004021800064

  • 2004年03月03日
    火星に過去、大量の水

    ワシントンのNASA本部で2日、火星探査車オポチュニティーの観測結果を発表する主任研究者のスティーブ・スクワイアーズ・コーネル大教授ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2004030300037

  • 2004年03月06日
    水の痕跡があった岩石 スピリットも水の痕跡確認

    無人探査車スピリットが水の痕跡を発見した火星の岩石。中央にスピリットがあけた穴が見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004030600047

  • 2004年03月11日
    火星生命に期待膨らむ

    無人火星探査車オポチュニティーが撮影した火星表面。硫酸塩が見つかった岩石「エルカピタン」の部分にスポットライトが当たっている(NASA提供)

    商品コード: 2004031100149

  • 2004年03月13日
    探査車がとらえた地層 火星表面に断層か

    米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査車オポチュニティーがとらえた、断層とみられる地層の不連続面。中央付近を横に走っている。左下の黒い部分はデータがない(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004031300017

  • 2004年03月24日
    火星岩石 火星にかつて海があった

    無人探査車オポチュニティーが撮影した火星の岩石。細かい層が、流水の中で堆積(たいせき)したことを示している(UPI=共同)

    商品コード: 2004032400031

  • 2004年03月24日
    探査車、クレーターの外へ 着陸場所はかつての海岸

    着陸場所のクレーターの外に出た米無人火星探査車オポチュニティー(ロイター=共同)

    商品コード: 2004032400052

  • 2004年04月09日
    火星の地表 火星探査、9月まで延長

    米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査車スピリットが後方を撮影した画像。地表に長いタイヤの跡が残っている=(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004040900047

  • 2004年04月16日
    火星の岩石 南極いん石そっくりの岩石

    米航空宇宙局(NASA)の分析で、地球の南極などで見つかったいん石と組成が似ていることが分かった火星の岩石。無人探査車が削ったため、中央がくぼんでいる(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004041600022

  • 2004年04月17日
    火星探査車がぶつかった岩

    米航空宇宙局(NASA)が火星に送り込んだ無人探査車「オポチュニティー」が着陸する際にぶつかった岩「バウンスロック」。大きさは長さ約35センチ、高さ約10センチと、周囲で見られるものでは最大の大きさ。表面には、他の岩には見られないような光沢が点在している。衝突時、探査車はエアバッグに覆われていたものの衝撃で動いたとみられ、周りの土壌には割れ目ができていた。(UPI=共同)

    商品コード: 2004041700020

  • 2004年06月05日
    クレーター 火星のクレーター調査へ

    無人火星探査車オポチュニティーが週明けにも中に入って探査を始める直径約130メートルのクレーター。オポチュニティーのカメラで撮影した(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004060500048

  • 2004年07月17日
    火星の地表 火星探査車まだ頑張る

    米航空宇宙局(NASA)の無人探査車スピリットが後方カメラで撮影した、岩が多数露出している火星の「コロンビア」丘陵のふもと(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004071700025

  • 2004年08月28日
    火星の岩に開けた穴 深さ9ミリの“世界新”

    火星の無人探査車1号機スピリットが、探査地点のグセフクレーターで岩の成分を調べるために開けた穴。直径約4・5センチ、深さ約9ミリと小さいが、米航空宇宙局(NASA)によると火星の岩に開けられた穴としては最深記録という(NASA提供・共同)

    商品コード: 2004082800089

  • 2005年01月12日
    火星で謎の“洗車”

    火星探査車オポチュニティーのきれいになったソーラーパネル(NASA提供・共同)☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

    商品コード: 2005011200048

  • 2005年01月20日
    オポチュニティーが発見 火星にもいん石

    米航空宇宙局(NASA)の無人探査車オポチュニティーが火星で発見したいん石(ロイター=共同)

    商品コード: 2005012000025

  • 2005年03月20日
    米国館の火星探査車 米国パビリオンで開館式

    米国館に展示されている火星探査車=20日午前、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005032000093

  • 2005年03月25日
    火星探査車を見る子ども 今世紀初の万博が開幕

    アメリカ館に展示された火星探査車を見る子どもたち=25日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005032500279

  • 2005年04月12日
    視察するミネタ米運輸長官 天才たちのアイデアに挑戦

    アメリカ館を訪れ、火星探査車など展示物を見るミネタ米運輸長官(右端)=12日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005041200497

  • 2005年06月07日
    米館視察する皇太子さま 皇太子さま外国館視察

    アメリカ館を訪れ、火星探査車などの説明を受ける皇太子さま=7日午前、愛知万博長久手会場(代表撮影)

    商品コード: 2005060700060

  • 2005年10月15日
    探査車と子どもたち 自作宇宙ロボで競走

    第1回国際宇宙ロボットコンテストに自作の探査車を持ち寄った子どもたち=15日午前、福岡市のマリンメッセ福岡

    商品コード: 2005101500038

  • 2005年10月15日
    コースを走る探査車 自作宇宙ロボで競走

    第1回国際宇宙ロボットコンテストで、火星の表面を模したコースを走る探査車=15日午前、福岡市のマリンメッセ福岡

    商品コード: 2005101500039

  • 2005年12月31日
    Lengthy detective work with data NASA‘s Mars Exploration Rover Spirit collected in late 2005

    Lengthy detective work with data NASA‘s Mars Exploration Rover Spirit collected in late 2005 has confirmed that an outcrop called ‘Comanche‘ contains a mineral indicating that a past environment was wet and non-acidic, possibly favorable to life.、クレジット:NASA/World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019073101255

  • 2006年01月03日
    着陸時のスピリット 着陸2年、なお火星走る

    2004年1月、火星着陸時のNASAの無人探査車スピリット。上から見下ろす形の画像となっている(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006010300054

  • 2006年01月03日
    火星の表面 着陸2年、なお火星走る

    NASAの無人探査車スピリットが2005年9月に撮影した火星のクレーターの表面。円筒状の人工物(矢印)はスピリットのアンテナの一部(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006010300060

  • 2006年02月08日
    火星の石の近接画像 火星にも天然の芸術

    無人火星探査車スピリットが顕微カメラで近接撮影した火星の石の画像。さまざまな形の突起があり、内部には砂が積もっている(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006020800031

  • 2006年09月28日
    ビクトリアクレーター 最大のクレーターに到着

    NASAの火星探査車オポチュニティーが到着したビクトリアクレーター(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006092800046

  • 2006年09月28日
    火星探査車の進路 最大のクレーターに到着

    NASAの火星探査車オポチュニティーの進路。線上で左上の先端が着陸地点、下の円い形が今回到着したビクトリアクレーター(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006092800038

  • 2006年10月07日
    火星探査車の画像公開 クレーターのがけ鮮明に

    火星探査車が撮影したビクトリア・クレーターのがけ。手前の岩壁は約50メートル離れ、高さは約6メートル(NASA提供・共同)

    商品コード: 2006100700029

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4