KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 世界
  • 平成
  • 中国国際輸入博覧会
  • 分野
  • 物流
  • アップグレード
  • 地域
  • 文化観光

「推進力」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
193
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
193
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    The punishment of Niobe (third plate), 1594, copperplate, sheet: 26.

    The punishment of Niobe (third plate), 1594, copperplate, sheet: 26.1 x 38.7 cm (trimmed within the edge of the plate), inscribed under the image field: Intumuit Niobe stimulis lymphata furentis, Inuidi [a] e, nec in the condit sub pectore vulnus, Sed vulgo cunctos festis propulsat ab aris, Se prece, se donis, clamans, dignam esse Sab [a] eis, FE, Jan Saenredam, Stecher, Zaandam 15651607 Assendelft, Hendrick Goltzius, Zeichner, Mühlbrecht 15581617 Haarlem, Polidoro Caldara, gen. da Caravaggio, Inventor, Caravaggio bei Bergamo um 1499 (?) 1543 Messina.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020040301264

  • 1929年11月12日
    日本電報通信社資料

    ベルリン郊外のテンペルホーフ飛行場で試験飛行に成功したドイツのレーン・ロシッテン協会が製作した「尾なし(無尾翼)飛行機」8馬力のエンジンで時速120キロを出したという。聯合電は、ドイツ航空界の専門家の話として「発動機や乗客を全部翼の中に収容する機体なしの飛行機が建造されるのも間もないことであろう。かくして飛行機の建造費も大いに安くなりわずかの推進力で飛行できる時代がくる」と伝えている=1929(昭和4)年10月26日(日本電報通信社配信)

    商品コード: 1929111200003

  • 1989年07月26日
    ハイテク満載の地下駅公開

    公開された鶴見緑地駅、線路中央にはリニア車両の推進力となる磁力反応盤が取り付けられている=大阪市鶴見区の鶴見緑地

    商品コード: 2020011501684

  • 1994年05月19日
    政局混迷で弱まる推進力 立ちはだかる官僚の壁

    臨時行政改革推進審議会の答申を細川首相に渡す鈴木永二会長=平成5年10月、首相官邸

    商品コード: 1994051900044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月18日
    未来の米戦闘機

    スペースシャトルのようなこの飛行機は、米マクドネル・ダグラス社が公表した二十一世紀の戦闘機の模型図。米国防総省は現在のF16やF14などに代わる新型戦闘機の開発を計画中。未来の戦闘機は現在の戦闘機に一般的な尾翼部分の垂直安定板がなく、エンジンの推進力によって飛行の安定を保つ。(UPI=共同)

    商品コード: 1996021800052

  • 1999年12月27日
    試験モーター燃焼実験 新型ロケット打ち上げへ

    )、社始532S、1月5日付朝刊用、解禁厳守  液体酸化剤と固体燃料を組み合わせ推進力を得る「ハイブリッド・ロケット」の試験モーター燃焼実験=平成11年11月、北海道大学

    商品コード: 1999122700045

  • 2002年07月30日
    シーラカンスロボット 古代魚、ハイテクで再現

    生きた化石と呼ばれる古代魚、シーラカンスのロボットが30日、横浜市西区の三菱みなとみらい技術館で公開された。体長80センチ、船舶用の新しい推進力の研究を応用して泳ぎを再現した。水槽の中を尾びれや胸びれを動かしてゆらゆらと泳ぐ様子に、夏休みの子どもたちも「リアル!」と驚いていた。公開は8月11日まで。

    商品コード: 2002073000171

  • 2004年05月03日
    セリエA制したACミラン アウエーで宿敵を総なめ

    2日のサッカーのイタリア1部リーグ、ローマ戦で決勝点を決め、チームメートと喜びを分かち合うACミランのシェフチェンコ(左から2人目)。優勝の最大の推進力となった(ロイター=共同)

    商品コード: 2004050300033

  • 2009年03月24日
    岩隈ねぎらうダルビッシュ 連覇の推進力は先発陣

    WBC連覇を達成し、好投した先発の岩隈(手前)をねぎらうダルビッシュ=ドジャースタジアム(共同)

    商品コード: 2009032400534

  • 2009年12月19日
    BREAKING NEWS - FILE PHOTO -TIGER WOODS Returning To PGA Tour At The Memorial

    December 19, 2009, Palm Beach, Florida, United States Of America: PALM BEACH, FL- DECEMBER 17: Tiger Woods yacht, its a 155 ft. power yacht that goes by the name ÃPrivacyÃ. Tiger Woodsà Yacht was purchased in 2004 from Christensen Shipyards, and is a 155 Trideck Motor Yacht with a reported cost to build of $20 million. The beam is 29.5 ft. and it is constructed of fiberglass composite. Propulsion is from a pair of 1,800 hp MTU/Detroit Diesel motors. Two 99 kilowatt Northern Lights generators provide electrical power. Fluid capacities are 12,000 gallons of fuel and 2,000 gallons of water On December 16, 2009 in Palm Beach, Florida...People: Tiger woods ...Transmission Ref: MNC15..Must call if interested.Michael Storms.Storms Media Group Inc..305-632-3400 - Cell.305-513-5783 - Fax.MikeStorm@aol.com (Credit Image: © SMG via ZUMA Wire)、クレジット:©SMG via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071310918

  • 2009年12月19日
    BREAKING NEWS - FILE PHOTO -TIGER WOODS Returning To PGA Tour At The Memorial

    December 19, 2009, Palm Beach, Florida, United States Of America: PALM BEACH, FL- DECEMBER 17: Tiger Woods yacht, its a 155 ft. power yacht that goes by the name ÃPrivacyÃ. Tiger Woodsà Yacht was purchased in 2004 from Christensen Shipyards, and is a 155 Trideck Motor Yacht with a reported cost to build of $20 million. The beam is 29.5 ft. and it is constructed of fiberglass composite. Propulsion is from a pair of 1,800 hp MTU/Detroit Diesel motors. Two 99 kilowatt Northern Lights generators provide electrical power. Fluid capacities are 12,000 gallons of fuel and 2,000 gallons of water On December 16, 2009 in Palm Beach, Florida...People: Tiger woods ...Transmission Ref: MNC15..Must call if interested.Michael Storms.Storms Media Group Inc..305-632-3400 - Cell.305-513-5783 - Fax.MikeStorm@aol.com (Credit Image: © SMG via ZUMA Wire)、クレジット:©SMG via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071310922

  • 2011年03月07日
    目的変質し推進力に衰え

    これまでの「仕分け」

    商品コード: 2011030700457

  • 2011年03月07日
    目的変質し推進力に衰え

    これまでの「仕分け」

    商品コード: 2011030700459

  • 2011年10月12日
    A Commercial Aircraft Takes Off At An International Airport

    December 7, 2021, Las Vegas, NV, USA: A commercial aircraft takes off at an international airport (Credit Image: © Walter G Arce Sr Grindstone Medi/ASP via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Walter G Arce Sr Grindstone Medi/ASP via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122803645

  • 2011年10月12日
    A Commercial Aircraft Takes Off At An International Airport

    December 7, 2021, Las Vegas, NV, USA: A commercial aircraft takes off at an international airport (Credit Image: © Walter G Arce Sr Grindstone Medi/ASP via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Walter G Arce Sr Grindstone Medi/ASP via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122803646

  • 2013年07月11日
    P・S・ターン号 現役の古船、ゆっくりと

    バングラデシュ・ダッカの船着き場ショドルガットに停泊する「P・S・ターン号」。スクリューはなく、両舷の水車が推進力の外輪船だ=5日(共同)

    商品コード: 2013071100295

  • 2013年08月24日
    帰国した甘利TPP相 「年内妥結の推進力に」

    TPP閣僚会合を終え、ブルネイから帰国した甘利TPP相=24日夜、羽田空港(甘利明)

    商品コード: 2013082400614

  • 2014年08月18日
    優勝を喜ぶドイツ選手 ボール保持より推進力

    W杯ブラジル大会で優勝しトロフィーを掲げて喜ぶドイツ選手=7月、リオデジャネイロ(共同)

    商品コード: 2014081800612

  • 2014年09月12日
    オリオン宇宙船 オリオン宇宙船を公開

    台車で運ばれるNASAのオリオン宇宙船の本体(シートで保護された上の部分)と電力や推進力を供給するサービスモジュール(下の円筒形の部分)=11日、米フロリダ州のケネディ宇宙センター(共同)

    商品コード: 2014091200053

  • 2014年09月12日
    運ばれるオリオン オリオン宇宙船を公開

    台車で運ばれるNASAのオリオン宇宙船の本体(シートで保護された上の部分)と電力や推進力を供給するサービスモジュール(下の円筒形の部分)=11日、米フロリダ州のケネディ宇宙センター(共同)

    商品コード: 2014091200054

  • 2015年11月03日
    Dom Amore: UConn great Caron Butler‘s second act a mission to ‘move the needle to the right side of justice‘

    November 3, 2015, Sacramento, CA, USA: The Sacramento Kings‘ Caron Butler enters the game against the Memphis Grizzlies in the first quarter on Tuesday, Nov. 3, 2015, at Sleep Train Arena in Sacramento, Calif. Butler, four and a half years after his playing career ended, is taking aim at new goals, and front and center is a drive for voting rights, for ‘‘moving the needle to the right side of justice. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093006320

  • 2016年08月10日
    Frigate of type MEKO A-200AN

    Frigate of the type MEKO A-200AN, the F 911 ‘El Moudamir‘ rear view with the jet propulsion. In 2012, Algeria ordered two MEKO-A200 frigates from TKMS in Kiel. At the beginning of 2019, the Federal Government approved the export of another MEKO-A200 frigate to Egypt. Due to the human rights situation in Egypt, this approval is controversial. | usage worldwide、クレジット:SULUPRESS.DE/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092702467

  • 2016年10月03日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    2016年10月3日、エチオピアの首都アディスアベバ付近を通過するアディスアベバ-ジブチ鉄道の試験列車。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/孫瑞博)=2016(平成28)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301725

  • 2017年08月09日
    鈴木俊一五輪相 復興加速の推進力に

    インタビューに答える鈴木五輪相

    商品コード: 2017080903546

  • 2017年08月09日
    復興加速の推進力に

    商品コード: 2017080903547-1

  • 2017年08月09日
    復興加速の推進力に

    商品コード: 2017080903547-2

  • 2017年08月09日
    鈴木五輪相 復興加速の推進力に

    インタビューに答える鈴木五輪相

    商品コード: 2017080903547

  • 2017年08月09日
    復興加速の推進力に

    商品コード: 2017080903547-3

  • 2017年08月09日
    復興加速の推進力に

    商品コード: 2017080903547-4

  • 2017年08月09日
    復興加速の推進力に

    商品コード: 2017080903547-5

  • 2017年10月14日
    地方分権、推進力が課題

    地方分権に関する各党の主な公約

    商品コード: 2017101400529

  • 2017年10月14日
    地方分権、推進力が課題

    地方分権に関する各党の主な公約

    商品コード: 2017101400532

  • 2017年11月14日
    新型エンジン「LE9」 部品数2割減、推進力向上

    公開された次世代大型ロケット「H3」用の新型エンジン「LE9」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

    商品コード: 2017111400750

  • 2017年11月14日
    観測衛星「しきさい」 部品数2割減、推進力向上

    公開された地球観測衛星「しきさい」=14日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

    商品コード: 2017111400754

  • 2017年11月28日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    2017年11月28日、パキスタン・カシム港の石炭火力発電所の全景。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/劉天)=2017(平成29)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301791

  • 2017年11月28日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    2017年11月28日、ハンガリー・セルビア高速鉄道のベオグラード-スタラ・パドヴァ区間の起工式の様子。ハンガリー・セルビア鉄道は、ハンガリーの首都ブダベストとセルビアの首都ベオグラードを結び、総距離は350キロに達する。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/王慧娟)=2017(平成29)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301637

  • 2018年01月12日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    1月12日、北京金融街にあるアジアインフラ投資銀行(AIIB)本部ビル前の石碑。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301823

  • 2018年02月06日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    2月6日、アフガニスタンの首都カブールの工事現場で、アフガニスタン支援国家職業技術学院のプロジェクトについて同僚とやり取りする中鉄十四局集団海外事業所支社駐中央アジア事務所党支部書記の王闖さん(右から3人目)。中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/代賀)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301793

  • 2018年04月04日
    Baade 152 in Airport Dresden International

    04 April 2018, Germany, Dresden: The hull of the aircraft 152 being transferred in a hangar of the Dresden International Airport. The Baade 152 was the first German commerical aircraft with jet propulsion and was since 2001 in a museum at its previous location. Photo: Matthias Rietschel/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062803083

  • 2018年05月30日
    第1回高速鉄道国際学術フォーラム、モスクワで開催

    30日、モスクワで行われたフォーラムで発言するロシア鉄道のミシャーリン第一副総裁(左)。「高速鉄道-経済発展の推進力」をテーマとした第1回高速鉄道国際学術フォーラムが30日、ロシアのモスクワで行われた。出席者からは、高速鉄道の発展に適したロシアに、中国は自らの経験を提供することができ、両国の高速鉄道協力の見通しは明るいとの見方が示された。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101232

  • 2018年05月30日
    第1回高速鉄道国際学術フォーラム、モスクワで開催

    30日、モスクワで行われた第1回高速鉄道国際学術フォーラムの様子。「高速鉄道-経済発展の推進力」をテーマとした第1回高速鉄道国際学術フォーラムが30日、ロシアのモスクワで行われた。出席者からは、高速鉄道の発展に適したロシアに、中国は自らの経験を提供することができ、両国の高速鉄道協力の見通しは明るいとの見方が示された。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101248

  • 2018年05月30日
    第1回高速鉄道国際学術フォーラム、モスクワで開催

    30日、モスクワで行われたフォーラムで、記者の質問に答えるロシア鉄道のミシャーリン第一副総裁(右)。「高速鉄道-経済発展の推進力」をテーマとした第1回高速鉄道国際学術フォーラムが30日、ロシアのモスクワで行われた。出席者からは、高速鉄道の発展に適したロシアに、中国は自らの経験を提供することができ、両国の高速鉄道協力の見通しは明るいとの見方が示された。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101247

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:31.07
    2018年06月30日
    民間ロケット落下し爆発 北海道大樹町、打ち上げ失敗

    北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが直後に推進力を失い、そのまま機体下部から落下して爆発、炎上した。けが人はいなかった。昨年7月の1号機に続いての失敗となり、民間による宇宙開発の難しさが浮き彫りになった。宇宙空間とされる高度100キロ以上への到達を目指していた。2号機は全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トン。1号機は約70秒後に通信が途絶え、上空で壊れたとみられたため、機体の強度を高めるなどの改良をした。2号機は当初、4月末に発射予定だったが、直前に窒素ガスが漏れる不具合があり延期していた。打ち上げ費用は数千万円だという。同社は、宇宙愛好家団体の活動を引き継ぎ、実業家の堀江貴文さんらが2013年に創業した。<映像内容>打ち上げ終了後の「インターステラテクノロジズ」の稲川貴大社長、堀江貴文氏らの記者会見、発射失敗後に報道陣に公開された実験場の様子、燃え残った機体、実験場を調べる関係者など、撮影日:2018(平成30)年6月30日、撮影場所:北海道大樹町

    商品コード: 2018070300428

  • 2018年07月18日
    荒川寛幸さん 潜水人生60年、いまだ現役

    「毎日見つめていても同じ海は絶対にねえんだ」と荒川寛幸さん。新しいものを見たいという探究心が人生の推進力だ=6月21日、千葉県館山市

    商品コード: 2018071800768

  • 2018年07月25日
    未来を繋ぐ希望の道「一帯一路」5年間の成果を総括

    7月25日、上海の洋山深水港第4期自動化埠頭。(小型無人機から)中国の習近平国家主席は2013年秋の外遊中に、「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海上シルクロード」のイニシアチブを打ち出し、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の理念を提唱し、国際社会から幅広い注目と積極的な反応を得た。それからの5年間、「一帯一路」イニシアチブは理念から行動、ビジョンから現実への転換を果たし、世界の共同発展と繁栄の実現に推進力を注ぎ込み、尽きることのない原動力を加えた。(北京=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301716

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット製造企業の工場に並ぶ産業用ロボット。中国の重慶市北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918577

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット製造企業で、電子情報産業向け産業用ロボットをテストする技術者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919069

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット展示センターでサービスロボットを体験する来場者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918953

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット展示センターでロボットのダンスを見学する来場者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919211

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット製造企業で、ラインオフしたばかりの産業用ロボットをテストする技術者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918565

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット製造企業で、産業用ロボットの部品を調整する技術者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918526

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット製造企業で、ラインオフしたばかりの産業用ロボットをテストする技術者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918947

  • 2018年09月29日
    ロボット産業が経済発展の推進力に重慶市北碚区

    9月29日、重慶市北碚区のロボット展示センターで産業用ロボットの実演を見学する来場者。中国重慶市の北碚(ほくばい)区は近年、経済発展を促進する過程で、国内外のロボット研究開発・製造企業の誘致に力を入れている。ロボットの研究開発、生産、展示、知識普及、応用を強化し、ロボット産業の集積を通じて、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)産業の融合発展を推進し、現地の従来型製造企業の自動化と情報化、スマート化を促進している。同区では現在、産業用ロボットの研究開発と生産が大規模化の段階に入っており、産業用ロボット、サービスロボット、特殊ロボットの関連産業チェーンが拡大し続けている。(重慶=新華社記者/任正来)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919038

  • 2019年03月13日
    The final touch for the Halunder Jet

    13 March 2019, Hamburg: Dirk von Appen (34), captain of the “Halunder Jet“, examines the propulsion of his ship in the Hamburg Norderwerft dock under the hull. The catamaran gets the finishing touches for the new season. From 16.03.2019 on, the “Halunder Jet“ will again depart daily from Hamburg via Cuxhaven to the deep-sea island of Helgoland and back. Photo: Axel Heimken/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502982

  • 2019年04月01日
    入都式の小池知事 「世界的大会の推進力に」

    入都式で新入職員に辞令を交付する小池百合子東京都知事(右端)=1日午前、東京都豊島区

    商品コード: 2019040100200

  • 03:09.39
    2019年07月09日
    「新華社」イノベーション駆動型企業が「蝶に成長」浙江省寧波市

    携帯電話の中にあるチップには、1万メートルの長さを超える金属ワイヤーが埋め込められている。これらのワイヤーは髪の毛の千分の1よりも細い。ワイヤー製造の要となる金属材料は見た目が「ピザ生地」のようだが、正式には高純度スパッターリングターゲット材という。世界でもごく少数の企業でしか生産できない素材だが、中国浙江省寧波市にあるハイテク材料メーカー江豊電子材料はそのうちの1社に含まれる。同社の展示室に展示されている高純度スパッターリングターゲット材は、純度99・999%の銅、アルミ、タンタル、チタンなどの材料で作られている。同社は2005年に国産ターゲット材の製造に初めて成功して以降、一貫して技術の革新を企業の生き残りと発展の推進力としてきた。2018年には同社主導のプロジェクトが国の検収に合格し、中国が自主開発したチップは世界最先端技術との差をさらに縮めた。同社が生産する高純度チタンターゲット材は既に米国製や日本製と同等の水準に達しており、チップ製造に必要な純度も完全に満たしている。同社の製品によりこの戦略性の高い金属材料分野での日米による独占状態は打ち破られた。(記者/夏亮、李濤、李小波)<映像内容>ハイテク材料メーカー江豊電子材料の工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070903580

  • 2019年08月10日
    神奈川大学のハイブリッドロケット

    神奈川大学の航空宇宙構造研究室は、東京都大田区の中小製造業と部品を共同開発しているハイブリッドロケットの飛行実証を9月に実施する。目標高度は最大15キロメートルで、到達に向けて従来より機体を大型化した。2022年の目標である高度100キロメートルを目指し、基礎技術を確立する。実証は9月7―9日に落合浜海水浴場跡地(秋田県能代市)で行う予定で、2機のロケットを用意する。18年度に開発、実証したロケットと比較して、酸化剤のタンクの長さを約2倍にするなど大型化した。全体の重量に占める推進剤の割合も上げた。これまで部品の加工は神奈川大の航空宇宙構造研究室内で行っていたが、機体の大型化などに伴い企業との連携を開始した。マテリアル(東京都大田区)とは分離機構を共同で開発し、分離するまでの保持力や耐環境性を向上させた。タンクやエンジンの加工は里中精機(同)が手がけた。今後はフルハートジャパン(同)と気圧や加速度などのデータを回収するためのテレメトリー、データロガーの開発を開始し、20年以降にロケットに搭載する予定。ハイブリッドロケットでは樹脂を液体の酸化剤で燃焼し推進力を得る。18年度の実証では高度6・2キロメートルに到達した。同研究室の工学部機械工学科高野敦准教授は「将来は小型衛星を安価、迅速に打ち上げるロケットにしたい」とし、特殊な技術を使わず、低コストでの開発を実現する。=2019(令和元)年8月10日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100304865

  • 2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、中車株洲電機の作業場で働く従業員。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909134

  • 2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、公開された「長固定子リニアモーター」。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909178

  • 2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、公開された「長固定子リニアモーター」のモジュール。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909152

  • 2019年09月17日
    中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

    17日、中車株洲電機の作業場。中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091909180

  • 02:19.56
    2020年07月29日
    「新華社」ご当地麺が運ぶ幸せな暮らしチベット自治区チャムド市

    中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県塩井ナシ(納西)民族郷は、雲南省と同自治区を結ぶ滇蔵(てんぞう)公路の伝統ルートで自治区内最初の宿場町に当たる。この町で一番有名なのが、塩井の麺料理「加加麺」(ジャジャミエン)。名前は「加え続ける」という意味で、麺の材料にはソバが使われることが多い。具材となる蔵香猪(チベット豚)のひき肉を、みじん切りしたネギや塩井産の「桃花塩」で味付けした加加麺は、おいしさに定評がある。1杯当たりの麺の量は少なめで、ほとんどの人が一口で食べきることから「一口麺」と呼ぶ人もいる。客を満腹にするため、店の主人は客のおわんにたびたび麺を追加する。食べ方にも遊び心を加え、店では客のテーブルに小石を置き、客が1杯食べるごとに目の前に石を並べ、石の数を合計して勘定する。塩井の加加麺は2010年、同自治区の無形文化遺産リストに登録された。今ではこのユニークな小盛の麺は、次第に地元を貧困脱却と富をもたらす推進力となっている。(記者/洛卓嘉措、唐弢)<映像内容>加加麺の調理の様子、食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    被ばく経験は「推進力」

    マーシャル諸島、ビキニ環礁、ロンゲラップ島

    商品コード: 2020090700082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    被ばく経験は「推進力」

    マーシャル諸島、ビキニ環礁、ロンゲラップ島

    商品コード: 2020090700081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    被ばく経験は「推進力」

    マーシャル諸島、ビキニ環礁、ロンゲラップ島

    商品コード: 2020090700083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月07日
    被ばく経験は「推進力」

    マーシャル諸島、ビキニ環礁、ロンゲラップ島

    商品コード: 2020090700084

  • 2020年09月11日
    土壇場の意欲、失う推進力

    敵基地攻撃能力保有を巡る主な発言や動き

    商品コード: 2020091102797

  • 2020年09月11日
    土壇場の意欲、失う推進力

    敵基地攻撃能力保有を巡る主な発言や動き

    商品コード: 2020091102806

  • 2020年09月25日
    Company launches electric-solar ferry for Rostock

    25 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A picture of the electric-solar ferry hangs in the construction hall of the Ostseestaal company in Stralsund for the laying of the keel. The company Ostseestaal in Stralsund laid the keel of an electro-solar passenger ferry on the same day. The 21-metre long catamaran is scheduled to sail from mid 2021 in Rostock‘s city harbour. 200 employees at Ostseestaal produce kits from cut and three-dimensionally shaped sheet metal. The company is building the ferry together with the Stralsund shipyard Ampereship. The hull of the catamaran is built of steel. According to the company, the propulsion power for the two 45 kilowatt rudder propellers is supplied by high-performance batteries, which are charged by a total of 36 solar modules installed on the roof of the ship. The use of the new passenger ferry in inner-city traffic on the Warnow is expected to save up to 36,000 litres of diesel per year.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093001618

  • 2020年09月25日
    Company launches electric-solar ferry for Rostock

    25 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A picture of the electric-solar ferry hangs in the construction hall of the Ostseestaal company in Stralsund for the laying of the keel. The company Ostseestaal in Stralsund laid the keel of an electro-solar passenger ferry on the same day. The 21-metre long catamaran is scheduled to sail from mid 2021 in Rostock‘s city harbour. 200 employees at Ostseestaal produce kits from cut and three-dimensionally shaped sheet metal. The company is building the ferry together with the Stralsund shipyard Ampereship. The hull of the catamaran is built of steel. According to the company, the propulsion power for the two 45 kilowatt rudder propellers is supplied by high-performance batteries, which are charged by a total of 36 solar modules installed on the roof of the ship. The use of the new passenger ferry in inner-city traffic on the Warnow is expected to save up to 36,000 litres of diesel per year.、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093001828

  • 2020年10月14日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    October 14, 2020, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 14 Oct 2020.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022604259

  • 2020年10月14日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    October 14, 2020, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 14 Oct 2020.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022603994

  • 2020年10月14日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    October 14, 2020, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 14 Oct 2020.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022604020

  • 01:48.87
    2020年12月25日
    小型ロケット打ち上げ成功 鹿児島大などが開発

    鹿児島大などでつくる鹿児島ハイブリッドロケット研究会が25日、鹿児島県肝付町の辺塚(へつか)海岸で小型ロケットの打ち上げに成功した。目標高度の450メートルに達したとみられる。 午後2時半ごろ、「シュー」という燃焼音とともに「鹿児島ロケット2号機ユピテル号」がふわりと浮き上がり、一気に加速。晴天に吸い込まれていくと、見守った学生らは歓声を上げた。 研究会によると、ロケットは液体燃料を固体燃料で燃やす仕組みで、安全性が高いとされる。一方、推進力が小さく、実用化の例が少ない。鹿児島大と第一工業大(同県霧島市)、県内企業などが2016年から開発を開始。19年9月に打ち上げた1号機は酸素の供給不足で失速した。<映像内容> ロケット打ち上げの様子、改修されたロケット、プロジェクトリーダーの鹿児島大の片野田洋(かたのだ・ひろし)教授と学生リーダーの話など。ただし、教授と学生の話は風の音で聞きづらいところがあります。ご了承ください、撮影日:2020(令和2)年12月25日、撮影場所:鹿児島県肝付町

    商品コード: 2021010601215

  • 2021年01月21日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    January 21, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 21 Jan 2021.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022603966

  • 2021年01月21日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    January 21, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 21 Jan 2021.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022604089

  • 2021年01月21日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    January 21, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 21 Jan 2021.Credit: Dark Ocean D...

    商品コード: 2021022603998

  • 2021年02月24日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    February 24, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 24 Feb 2021.Credit: Dark Ocean ...

    商品コード: 2021022604073

  • 2021年02月24日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    February 24, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 24 Feb 2021.Credit: Dark Ocean ...

    商品コード: 2021022603996

  • 2021年02月24日
    ‘Titanic‘ Submarine Will Be First With Gull Wings

    February 24, 2021, Sebastian, Florida, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..A $15 million personal submarine is the first to feature gull wings. ..The Triton 130002 Titanic Explorer is named in honour of the companyââ¬â¢s August 2019 mission to visit the RMS Titanic. ..The Florida-firm‘s new model is set to be the deepest diving acrylic pressure-hulled manned submersible ever produced, with the ability to dive to 4,000m (13,123ft). The wings will aid the vehicleââ¬â¢s propulsion, as well as offering lighting and camera vantage points for filmmakers. ..Tritonââ¬â¢s visit to the Titanic was the first manned mission to visit the wreck in 14 years and utilised a series of dives to assess the condition of the Titanic using augmented reality and visual reality technology for the very first time. ..Triton say their team took what they learned on that mission to advance the technology of this newest model even further...Where: Sebastian, Florida, United States.When: 24 Feb 2021.Credit: Dark Ocean ...

    商品コード: 2021022603995

  • 2021年02月25日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    February 25, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into th...

    商品コード: 2021062907177

  • 2021年05月18日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    May 18, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the com...

    商品コード: 2021062907230

  • 2021年05月27日
    荻外荘 大衆の熱気が推進力に

    元首相近衛文麿の私邸だった荻外荘=東京・荻窪

    商品コード: 2021052708566

  • 2021年05月27日
    浅草の飲食店街 大衆の熱気が推進力に

    東京・浅草の飲食店街=1935年

    商品コード: 2021052708600

  • 2021年05月27日
    銀座を歩く洋装の女性 大衆の熱気が推進力に

    東京・銀座を歩く洋装の女性。モガ(モダンガール)と呼ばれた=1933年ごろ

    商品コード: 2021052708597

  • 2021年05月27日
    近衛文麿 大衆の熱気が推進力に

    元首相の近衛文麿

    商品コード: 2021052708593

  • 2021年05月27日
    永井荷風 大衆の熱気が推進力に

    永井荷風

    商品コード: 2021052708594

  • 2021年05月27日
    半藤一利氏 大衆の熱気が推進力に

    半藤一利氏

    商品コード: 2021052708599

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907249

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907353

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907272

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907304

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907228

  • 2021年06月28日
    U.S. Air Force Selects Partner for Ultra-Short Take-off Aircraft Development

    June 28, 2021, United States: FULL WORDS AVAIL: INFO@COVERMG.COM..The U.S. Air Force (USAF) has signed a contract with Electra.aero to develop ultra-short take-off aircraft. ..Leveraging distributed hybrid-electric propulsion and blown lift, Electra‘s unique electric ultra-short take-off and landing (eSTOL) aircraft takes off in less than 150 feet, but also offers nearly triple the payload capacity, an order of magnitude longer ranges, and less than half the operating costs of electric vertical take-off and landing (eVTOL) alternatives. ..Electra‘s first commercial product, with FAA certification planned in 2026, is designed to carry up to seven passengers and a pilot as far as 500 miles. It will serve urban and regional air mobility markets, sustainability-focused airline operations, ‘‘middle mile‘‘ cargo logistics, and air ambulance services. ..‘‘Electra is thrilled to be working in tandem with the U.S. Air Force and its innovative Agility Prime team to accelerate the tech transition of eSTOL into the co...

    商品コード: 2021062907174

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702807

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702872

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702906

  • 2021年07月28日
    Ukraine 30. Decentralization Forum in Kyiv

    July 28, 2021, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 28, 2021 - Head of the Expert Group on Open Data of the E-Services Department of the Ministry of Digital Transformation of Ukraine Mykhaylo Koreneiev, Deputy Minister of Digital Transformation of Ukraine Liudmyla Rabchynska, Deputy Minister of Social Policy on Digital Development, Transformation and Digitization Valerii Bushkov, Component 4 Leader in EU4DigitalUA Project Andrii Piskiun and president of the East Europe Foundation, Director of the Swiss-Ukrainian Project on E-Governance for Accountability and Participation (EGAP) Viktor Liakh (L to R) attend the Digitalization - Driving Force for Communities Development. Administrative Services‘ Centres session during the Ukraine 30. Decentralization Forum in Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Hennadii Minchenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Hennadii Minchenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073002038

  • 2021年07月28日
    Ukraine 30. Decentralization Forum in Kyiv

    July 28, 2021, Kyiv, Ukraine: KYIV, UKRAINE - JULY 28, 2021 - Head of the Expert Group on Open Data of the E-Services Department of the Ministry of Digital Transformation of Ukraine Mykhaylo Koreneiev, Deputy Minister of Digital Transformation of Ukraine Liudmyla Rabchynska, Deputy Minister of Social Policy on Digital Development, Transformation and Digitization Valerii Bushkov, Component 4 Leader in EU4DigitalUA Project Andrii Piskiun and president of the East Europe Foundation, Director of the Swiss-Ukrainian Project on E-Governance for Accountability and Participation (EGAP) Viktor Liakh (L to R) attend the Digitalization - Driving Force for Communities Development. Administrative Services‘ Centres session during the Ukraine 30. Decentralization Forum in Kyiv, capital of Ukraine. (Credit Image: © Hennadii Minchenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Hennadii Minchenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001961

  • 2021年10月04日
    AVIO, cerimonia di inaugurazione del nuovo SPTF (Space Propulsio

    Foto Alessandro Tocco/LaPresse5 Ottobre 2021 Perdasdefogu, NuoroCronacaAVIO, cerimonia di inaugurazione del nuovo SPTF (Space Propulsion Test Facility), un polo di eccellenza tecnologica unico in Europa che abilita lo sviluppo delle nuove tecnologie indispensabili per la filiera del trasporto spaziale nei prossimi decenni, rendendo la Sardegna un attore chiave del comparto aerospaziale italiano. Nella foto: Generale B.A. Davide MarzinottoPhoto Alessandro Tocco/LaPresseOctober 05, 2021 Perdasdefogu, NuoroNewsNew infrastructure for aerospace testing set up in Sardinia. The SPTF-Space Propulsion Test Facility set up by the Italian company Avio will strengthen the strategic role of the island in the aerospace field.、クレジット:LaPresse/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601245

  • 1
  • 2