KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 作業
  • レシピ
  • 令和
  • 記者
  • 伝統
  • 乳牛
  • 位置
  • 新酒
  • 発展
  • 企画

「搾る」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1929年04月13日
    日本電報通信社資料

    牛の乳を搾る八丈島の女性=1929(昭和4)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929041300001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年03月17日
    戦場の牛から栄養源 欧州戦線

    ドイツ西部ザールブリュッケンに近い村ガイスラウテルンで乳牛と遭遇し、早速、乳を搾る米軍兵士。その牛は兵士10人に新鮮なミルクを提供した=1945年3月、米陸軍通信隊撮影(ACME)

    商品コード: 2016042000241

  • 1972年10月05日
    スケッチ企画6209C−12 農村の生活

    たくさんの乳牛を飼育し、乳を搾る農家の人=1972(昭和47)年10月5日、郡山市大町

    商品コード: 2018041200494

  • 1995年01月17日
    熱い信仰心で開拓に成功 「緑の地獄」を農地に転換

    (1)信仰と伝統に基づく素朴な生活様式を守る閉鎖的なメノニータ。牛乳を搾る娘さんも中世風の独特な髪形を守っていた=首都アスンシオンの北東部のリオ・ベルデ (カラーネガ)

    商品コード: 1995011700074

  • 1995年01月17日
    メノニータの少女 「緑の地獄」を農地に転換

    信仰と伝統に基づく素朴な生活様式を守る閉鎖的なメノニータ。牛乳を搾る娘さんも中世風の独特な髪形を守っていた=首都アスンシオンの北東部のリオ・ベルデ(カラーネガ)

    商品コード: 1995011700123

  • 1996年03月05日
    機械で乳搾り 「乳国」経済の大黒柱

    )、企画71、13日付朝刊以降使用  回転式の搾乳場で、乳牛に乳を搾る機械を取り付ける酪農家=ニュージーランド・テアワムツ地区(カラーネガ)

    商品コード: 1996030500044

  • 1996年03月05日
    世界市場の25%占める 「乳国」経済の大黒柱

    )、企画71、13日付朝刊以降使用 (2)回転式の搾乳場で、乳牛に乳を搾る機械を取り付ける酪農家=ニュージーランド・テアワムツ地区(カラーネガ)

    商品コード: 1996030500038

  • 2005年08月15日
    水分をしっかり搾る

    ナスのキャビア仕立て(2人分)

    商品コード: 2005081500078

  • 2008年08月28日
    オリーブ油搾る施設跡 カナン人の仮面出土

    27日、イスラエル北部のテル・レヘシュ遺跡で出土したオリーブ油を搾る施設とみられる跡(共同)

    商品コード: 2008082800055

  • 2010年02月02日
    果汁を搾る男性ら イメージ一新、福祉の島へ

    レモンの果汁を搾る「みくに園」の入所男性ら=09年5月、香川県土庄町の豊島

    商品コード: 2010020200018

  • 2010年02月02日
    果汁を搾る男性ら 産廃の島が福祉の島へ

    レモンの果汁を搾る「みくに園」の入所男性ら=09年5月、香川県土庄町の豊島

    商品コード: 2010020200177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月28日
    乳を搾る長谷川さん 捨てるため乳搾り

    毎朝、搾乳を続ける長谷川健一さん=27日、福島県飯館村(福島県飯舘村)

    商品コード: 2011032800512

  • 2013年01月24日
    新酒を搾る蔵人たち 氷のドームで新酒造り

    氷と雪でできたドーム内で新酒を搾る蔵人たち=24日午後、北海道旭川市

    商品コード: 2013012400404

  • 2013年01月24日
    ドーム内で新酒を搾る作業 氷のドームで新酒造り

    氷と雪でできたドーム内で新酒を搾る蔵人たち=24日午後、北海道旭川市

    商品コード: 2013012400405

  • 2013年05月13日
    ロバの乳を搾る女性 超高級ロバチーズはいかが

    セルビア西部ザサビツァの牧場で、ロバの乳を搾る女性従業員=4月(共同)

    商品コード: 2013051300033

  • 2014年05月28日
    ろうを搾る作業 伝統のろう搾り、後世へ

    「ハゼの実ロウ復活委員会」によって行われるハゼの実からろうを搾る作業=山口県田布施町

    商品コード: 2014052800609

  • 03:06.68
    2016年02月04日
    氷雪ドームで新酒搾り 北海道・旭川の高砂酒造

    北海道旭川市の「高砂酒造」は4日、雪と氷で作られたドームの中で新酒を搾る作業を公開した。氷点下2度、湿度90%。酒の酸化や香りの消失を防ぎ、雑菌が繁殖しにくい。搾った酒はろ過し、「一夜雫」の銘柄で3月11日から発売される。ドームは直径約8メートル、高さ約2・5メートル。巨大な風船を膨らませ、水や雪を吹き付け、壁を約15センチの厚みに作り上げた。〈映像内容〉雪と氷で作られたドームの中で新酒を搾る作業の様子、撮影日:2016(平成28)年2月4日、撮影場所:北海道旭川市

    商品コード: 2019062601593

  • 2016年02月04日
    作業する蔵人たち 氷雪ドームで新酒搾り

    雪と氷で作られたドームの中で新酒を搾る蔵人=4日午後、北海道旭川市

    商品コード: 2016020400409

  • 2019年08月04日
    チベット自治区、貧困との闘いを振り返る

    チベット自治区ガリ(阿里)地区ルトク(日土)県多瑪郷の帕珠貢瑪牧場で、羊の乳を搾る牧民。(2019年8月4日撮影)中国チベット自治区貧困扶助弁公室のデータによると、同自治区は現在、累計で62万8千人の貧困人口が貧困から脱却し、74の貧困県(区)すべてが貧困県ではなくなり、貧困発生率がゼロとなった。中国唯一の省レベルの「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)では、地域の全体的な貧困問題が解決された。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408766

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-7

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-5

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-4

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-6

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-1

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-2

  • 2019年10月24日
    おいしい健康レシピを披露

    商品コード: 2019102412188-3

  • 2019年10月24日
    RIKACO おいしい健康レシピを披露

    油を搾る作業をするRIKACO=24日、東京都内

    商品コード: 2019102412188

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    剝がした紙を紙搾台に載せ、水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602087

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    紙搾台で紙に含まれた水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602133

  • 01:01.84
    2020年12月23日
    「新華社」伝統的な技法で作られる「茶油」湖南省江華県

    中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県界牌郷源水村にある伝統的な搾油場では、手作業による搾油が行われている。村民数人が力を合わせて石鎚を振るい、木の杭を叩いて「茶餅(油茶の種をすりつぶして固めたもの)」を搾ると、鮮やかな金色の「茶油」がゆっくりと流れ出し、濃厚な香りが辺り一面に漂った。ツバキ科植物「油茶(ユチャ)」の実は、茶の実の乾燥や粉砕、「茶餅」作り、圧搾、ろ過、沈殿などの工程を経て、澄んだ爽やかな香りの「茶油」へと変化する。同村の「油茶」栽培は100年以上の歴史があり、現在、栽培面積は村全体で3千ムー(200ヘクタール)以上となっている。村民は長きにわたり、こうした伝統的な圧搾技法を採用しており、生産する「茶油」も高い品質で知られている。(記者/程済安) =配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402340

  • 00:55.47
    2021年05月28日
    「新華社」ブンカンカの花満開、種は油の原料に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区通遼市開魯県はここ数年、経済的な利用を目的とした森林の育成に力を入れ、環境と経済の両立を促進してきた。同県東風鎮の燿輝合作社(協同組合)では、約200ムー(約13ヘクタール)にわたりブンカンカ(文冠果)の花が咲き、一部で実をつけ始めている。ブンカンカは種子から油を搾ることができる。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均生産量は100キロ、収益は2千元(1元=約17円)以上に及ぶ。(記者/王雪氷)=配信日:2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108300

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (4)大規模飼育でラクダ産業の発展を後押し新疆ウイグル自治区

    26日、ブルルトカイ県ジェタラル鎮で、自動搾乳装置でラクダの乳を搾る畜産農家。中国新疆ウイグル自治区北西部に位置するアルタイ地区ブルルトカイ(福海)県は同自治区の重要な畜産基地で、地理や気候などの条件がラクダ飼育に適している。同県はここ数年、ラクダ飼育を地元の産業育成や農牧民の増収のための重要な手段と位置付け、飼育協会や専業合作社(協同組合)の設立などを通じて農家、企業、市場間のつながりを促進。生産、供給、販売を一体化した大規模飼育モデルの構築を模索してきた。同県で飼育するラクダの数は今年、2万2300頭に達した。うち6470頭が搾乳用で、1日当たりの搾乳・販売量は平均1万2500キロとなっている。(ブルルトカイ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113011762

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年11月30日
    (2)大規模飼育でラクダ産業の発展を後押し新疆ウイグル自治区

    26日、ブルルトカイ県ジェタラル鎮で、自動搾乳装置でラクダの乳を搾る畜産農家。中国新疆ウイグル自治区北西部に位置するアルタイ地区ブルルトカイ(福海)県は同自治区の重要な畜産基地で、地理や気候などの条件がラクダ飼育に適している。同県はここ数年、ラクダ飼育を地元の産業育成や農牧民の増収のための重要な手段と位置付け、飼育協会や専業合作社(協同組合)の設立などを通じて農家、企業、市場間のつながりを促進。生産、供給、販売を一体化した大規模飼育モデルの構築を模索してきた。同県で飼育するラクダの数は今年、2万2300頭に達した。うち6470頭が搾乳用で、1日当たりの搾乳・販売量は平均1万2500キロとなっている。(ブルルトカイ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113011761

  • 1