KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 渡り鳥
  • 記者
  • 贛江
  • 越冬
  • かんこう
  • 位置
  • 国家
  • 面積
  • オーストラリア

「撫河」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖
    01:46.88
    2019年03月28日
    「新華社」「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    中国江西省北部にある同国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)はこのところ、青い波がただよい暖かな春の光が照らし、中州には緑の草が生い茂り、活気にあふれ、湖の周辺では自然に返されたシカの仲間、シフゾウが駆け回っている。シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。鄱陽湖にシフゾウが放たれたのは初めてだった。1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。江西省はここ数年、「5本の川と両岸、一つの湖、一つの江」(省内を流れる贛江、撫河、信江、饒河、修水とその河岸、鄱陽湖と長江)全流域の管理に力を入れ、鄱陽湖流域の生態環境整備を推進し、顕著な効果を挙げている。(記者/余剛、黄和遜)<映像内容>約1年前に野生に帰した「シフゾウ」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032801267

  •  「新華社」高温続く鄱陽湖、面積が5分の4に江西省
    01:54.36
    2019年08月20日
    「新華社」高温続く鄱陽湖、面積が5分の4に江西省

    中国江西省北部にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)では、このところの高温による湖水の蒸発、長江への流出量の増加、同湖に注ぐ五大河の饒河(じょうが)、撫河(ぶが)、修河(しゅうが)、贛江(かんこう)、信江(しんこう)からの流入量の減少により湖水の減少が続いている。同湖は増水期には水位が20メートルに達し、湖面面積は4125平方キロを超えるが、14日午前8時の時点の水位は17メートルを割り込み、16・71メートルまで低下した。面積は3250平方キロと、7月17日に今年最高水位20・54メートルを記録した時の面積約4千平方キロの5分の4まで縮小している。水文部門は、省全域で7月13日以降、晴天と高温が1カ月間続いていることから、湖の面積は今後さらに縮小すると分析している。(記者/彭菁)<映像内容>湖水の減少が続いている鄱陽湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019082001898

  •  「新華社」江西省の千金陂、世界かんがい施設遺産に
    01:22.75
    2019年09月09日
    「新華社」江西省の千金陂、世界かんがい施設遺産に

    インドネシア・バリ島でこのほど、国際かんがい排水委員会(ICID)第70回執行理事会の全体会議が開かれ、中国江西省千金陂のかんがい施設と内モンゴル自治区河套かんがい区域が2019年度(第6期)世界かんがい施設遺産に登録されることが決まった。これにより、中国国内の同遺産は19カ所となった。千金陂のかんがい施設は江西省撫州(ぶしゅう)市の撫河(ぶが)本流に位置し、1200年以上の歴史を持つ大型水利施設。かんがいや水運、冠水排出、水防などの機能を備えた、長江中流の典型的な大型水利施設となっている。(撫州市広播電視台提供)<映像内容>中国江西省千金陂のかんがい施設の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:撫州市広播電視台/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091204957

  •  冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省
    2019年12月11日
    冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省

    11日、撫河の南昌県三江鎮区間を舞うコハクチョウ。中国江西省を流れる撫河の南昌県三江鎮区間ではこのところ、越冬のため飛来したコハクチョウの大群が羽を休め、餌を探す姿が見られる。同省の鄱陽湖流域では毎年冬になると、多くの渡り鳥が飛来しており、鄱陽湖に流れる撫河にも多くの渡り鳥が餌を求めて飛来している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600732

  •  冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省
    2019年12月11日
    冬の撫河にコハクチョウが飛来江西省

    11日、撫河の南昌県三江鎮区間を舞うコハクチョウ。中国江西省を流れる撫河の南昌県三江鎮区間ではこのところ、越冬のため飛来したコハクチョウの大群が羽を休め、餌を探す姿が見られる。同省の鄱陽湖流域では毎年冬になると、多くの渡り鳥が飛来しており、鄱陽湖に流れる撫河にも多くの渡り鳥が餌を求めて飛来している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600753

  •  (7)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (7)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区の五星白鶴保護小区で戯れるソデグロヅル。(1月1日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105580

  •  (8)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (8)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区の五星白鶴保護小区で餌を探すソデグロヅル。(1月12日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105582

  •  (3)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (3)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    8日、南昌市ハイテク産業開発区にある魚尾洲湿地公園。(小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105578

  •  (13)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (13)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区にある艾渓湖湿地公園でキャンプを楽しむ市民。(2021年5月2日撮影、小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105602

  •  (9)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (9)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区の五星白鶴保護小区に飛来したソデグロヅルなどの渡り鳥。(2021年12月21日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105583

  •  (10)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (10)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区の五星白鶴保護小区に飛来したソデグロヅルやハクチョウなどの渡り鳥。(1月12日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105584

  •  (12)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (12)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区にある艾渓湖湿地公園。(2021年5月2日、小型無人機から撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105589

  •  (2)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (2)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区にある魚尾洲湿地公園。(2021年12月4日撮影、小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105577

  •  (1)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (1)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市西湖区にある象湖湿地公園。(2021年1月12日撮影、小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社配信/范瑋)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112106361

  •  (4)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (4)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市西湖区にある象湖湿地公園。(2020年4月19日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社配信/曾真金)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105579

  •  (6)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (6)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区の五星白鶴保護小区で戯れるソデグロヅル。(2019年12月3日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105581

  •  (14)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (14)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市ハイテク産業開発区にある艾渓湖湿地公園でくつろぐ市民。(2020年4月6日撮影、小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105585

  •  (11)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (11)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    8日、南昌市ハイテク産業開発区にある魚尾洲湿地公園。(小型無人機から)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105587

  •  (5)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市
    2022年11月21日
    (5)渡り鳥が飛来する「国際湿地都市」江西省南昌市

    南昌市新建区にある象山森林公園で幼鳥に餌を与えるシラサギ。(2021年5月18日撮影)中国江西省南昌市は贛江(かんこう)と撫河の下流に位置し、北には中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖があり、優れた湿地資源に恵まれている。同湖の南昌エリアは東アジアとオーストラリアを行き来する渡り鳥の重要な生息地・中継地となっており、毎年数十万羽の水鳥が越冬のために飛来する。市内には現在、国家級湿地自然保護区2カ所と省級湿地公園5カ所があり、自然水域と湿地の面積は約12・6万ヘクタールで、自然水域と湿地が占める割合は17・5%となっている。同市は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(南昌=新華社記者/万象)= 配信日: 2022(令和4)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112105575

  • 1