KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ふえん
  • 位置
  • 風景
  • 景観
  • ハルビン
  • 国境
  • 太陽光発電
  • 政策

「撫遠市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
192
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
192
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年02月09日
    撫遠市内の魚市場 中ロ国境の島で観光振興

    中国黒竜江省撫遠市にある魚市場=1月7日(共同)

    商品コード: 2017020900271

  • 2017年02月09日
    建設中の複合施設 中ロ国境の島で観光振興

    中国黒竜江省撫遠市の郊外で建設が進む旅行客誘致を目的とした複合施設=1月7日(共同)

    商品コード: 2017020900272

  • 2017年02月09日
    島内の標識 中ロ国境の島で観光振興

    中国黒竜江省撫遠市の大ウスリー島に設置されている湿地公園を示す標識=1月8日(共同)

    商品コード: 2017020900273

  • 2017年02月09日
    中ロの国境付近 中ロ国境の島で観光振興

    中国黒竜江省撫遠市の大ウスリー島の中ロ国境付近。右端の建物はロシアの宗教施設。左端は中国の国境警備施設=1月7日(共同)

    商品コード: 2017020900274

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.55
    2018年10月25日
    「新華社」農民が東北トラに「遭遇」黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市鎮西村の住民が25日、1頭のトラと「遭遇」し、その様子を1分ほどの動画に収めた。動画を見た限りでは野生の東北トラ(アムールトラ)ではないかと専門家は話している。この住民は25日午後5時ごろ、道端で1頭のトラを目撃。すぐに警察に通報し、スマートフォンで1分程度の動画を撮影した。村人は自動車のハイビームでトラを照らしたが、地面に横たわるトラは、車の方向を見ながらのんびりとあくびをし、立ち去る気配もなかったという。動画を見た黒竜江省野生動物研究所の専門家は、動画の中のトラを野生の東北トラと分析している。専門家は、同市がロシアとの国境に位置し、ロシアの三つの自然保護区に接していることを指摘、近年野生の東北トラがたびたび両国をまたいで行動していることが分かったと説明している。現在、地元の公安部門は管轄地域のあらゆる村に対して、一切の農作業を停止し、個人の安全に注意を払うよう警告している。(記者/張玥、何山)<映像内容>野生の東北トラ、撮影日:2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925703

  • 2019年06月13日
    王岐山副主席、黒竜江省を視察

    13日、黒竜江省佳木斯(ジャムス)市撫遠市(ふえんし、佳木斯の管轄下にある県級市)の中ロ辺民互市貿易(政府の許可を得て国境地域に設けられた市で行われる交易)区を視察する王岐山氏(右から2人目)。中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は13、14両日、黒竜江省を視察した。(ハルビン=新華社記者/燕雁)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805569

  • 2019年06月13日
    王岐山副主席、黒竜江省を視察

    13日、黒竜江省佳木斯(ジャムス)市撫遠市(ふえんし、佳木斯の管轄下にある県級市)の烏蘇鎮抓吉ホジェン族村を視察する王岐山氏(手前中央)。中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は13、14両日、黒竜江省を視察した。(ハルビン=新華社記者/燕雁)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月19日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    撫遠市の農産品販売イベントに参加する李春喜さん(左)。(2019年7月19日撮影)中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月02日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    撫遠市の手工編織協会で魚皮工芸の縫製技術を学ぶ李春喜さん(中央)と支援スタッフの董麗娟さん(左)。(2019年12月2日撮影)中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204347

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月29日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で食事を作る李春喜さん夫婦。(2019年12月29日撮影)中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2019(令和元)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204239

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ウサギに水をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408960

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ブタに餌をやる康麗艶さん(左)と夫の馬広生さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408980

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村の自宅の庭でニワトリに与える野菜を摘む康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409015

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、アヒルとガチョウを柵の中に入れる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409065

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ウサギに水をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408949

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、アヒルとガチョウに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408965

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ブタに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409024

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ニワトリを鶏小屋に入れる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408976

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ニワトリに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409066

  • 2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の倉庫で、家畜の飼料を準備する康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408983

  • 2020年07月14日
    進む貧困脱却、働く手が証明黒竜江省撫遠市

    黒竜江省撫遠市で労働に従事する貧困世帯の村民の手。(資料写真、組み合わせ写真)中国黒竜江省撫遠(ふえん)市ではこれまでに、貧困世帯として登録されていた29村358世帯の636人が貧困から脱却した。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605002

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700976

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、漁から戻ってきた漁民。中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701198

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、漁から戻ってきた漁民。中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701164

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701191

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701140

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖と湖畔の漁船。中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701157

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701141

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701150

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、大力加湖で漁をする漁民。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701154

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701131

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、大力加湖で漁をする漁民。(小型無人機から)中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701147

  • 2020年07月24日
    大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    24日、夕暮れ時の大力加湖。中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701152

  • 00:48.27
    2020年07月26日
    「新華社」大力加湖の美しい夕焼け黒竜江省撫遠市

    中国最東端の黒竜江省撫遠市に位置する大力加(ダリジャ)湖は、面積が28・5平方キロ、両岸の地形が低く平坦で湿地や草原が多く、豊かな水産資源に恵まれている。夏の夕暮れ時には、漁民が漁から戻ってくる姿を見ることができる。(記者/謝剣飛)<映像内容>大力加湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905532

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、自作の魚皮工芸品を紹介する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204354

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で、魚皮工芸品を制作する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204389

  • 2020年08月06日
    進む貧困脱却、働く手が証明黒竜江省撫遠市

    上:黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で魚の皮を使った工芸品を作る李春喜(り・しゅんき)さん。李さんは工芸品の製作で2019年に収入が3千元(1元=約16円)以上増加した。(8月6日撮影)下:自宅で作った工芸品でネコをあやす李春喜さん。(8月6日撮影、組み合わせ写真)中国黒竜江省撫遠(ふえん)市ではこれまでに、貧困世帯として登録されていた29村358世帯の636人が貧困から脱却した。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605031

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、自作の魚皮工芸品でネコをあやす李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で、魚皮工芸品を制作する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で、魚皮工芸品を制作する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204251

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、黒竜江省撫遠市鴨南村の自宅で、魚皮工芸品を制作する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204509

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月06日
    「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    6日、自作の魚皮工芸品を紹介する李春喜さん。中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204339

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園でピーマンを収穫する張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204558

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700658

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700659

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700673

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700825

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700752

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700838

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、抓吉ホーチョ族村にあるホーチョ民俗展示館。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700499

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、張維国さんの家庭菜園。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204560

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園を耕す張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204715

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700678

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700742

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園でピーマンを収穫する張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204585

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園でキュウリを収穫する張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204677

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700660

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園でナスを収穫する張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204665

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、撫遠市通江郷東発村の自宅で、この日収穫したネギを並べる任玉蘭さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204679

  • 2020年08月07日
    貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    7日、家庭菜園で野菜を収穫する張維国さん。中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204687

  • 2020年08月08日
    産業活性化で貧困からの脱却に成功、黒竜江省撫遠市

    8日、黒竜江省撫遠市にある漁業文化を紹介する博物館。(小型無人機から)中国黒竜江省撫遠市は、観光や貿易、現代農法、新形態の産業、特色ある漁業の発展によって、貧困からの脱却に成功した。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700484

  • 2020年08月08日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    黒竜江省撫遠市の魚文化体験館。(8月8日撮影、小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104336

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.32
    2020年08月08日
    「新華社」「魚皮工芸」で貧困脱却黒竜江省

    中国黒竜江省撫遠市鴨南村に住む、今年49歳になる李春喜(り・しゅんき)さんは、3歳の時に不慮の事故で左足を失った。父親を早くに亡くし、母親も病弱だったため、李さん一家は政府の援助と聴覚に障害のある弟が繁忙期に農作業を手伝って得る賃金に頼って生活してきた。同市は2016年、的確な貧困対策を着実に推し進め、李さん一家も太陽光発電や国境居住民による互市貿易など、産業面での貧困扶助政策の恩恵を受けた。また、支援スタッフの董麗娟(とう・れいけん)さんの紹介で、魚皮制作技術を学ぶ機会にも恵まれ、李さんは同年に貧困脱却を果たした。省内に住む少数民族、ホーチョ族に伝わる魚皮制作技術は歴史が長く、国家級無形文化遺産にも登録されている。同市の魚皮画と魚皮工芸品は、特色ある観光商品として人気が高い。李さんは19年、魚皮工芸品の制作で3千元(1元=約15円)余りの収入増を実現した。(記者/謝剣飛)<映像内容>魚皮工芸の制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401924

  • 00:37.03
    2020年08月10日
    「新華社」貧困脱却した家庭菜園経営者黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠市通江郷東発村に住む張維国(ちょう・いこく)さん(71)は、妻の任玉蘭(じん・ぎょくらん)さんと夫婦二人で寄り添って暮らしてきた。二人は以前、土壁とわらぶきの古びた家に住み、主に張さんが農繁期によその家の手伝いで得た収入で、生計を立てていた。2016年、同市は的確な貧困脱却支援の推進を徹底し、村民の住環境を徐々に改善するとともに、太陽光発電や国境住民の相互交易など、皆が共有できる産業による貧困脱却支援策を相次いで実施した。17年、張さん一家は貧困脱却を果たし、わらぶきの家から新築した50平方メートル余りのプレハブ住宅に移り、自宅に水道やバス・トイレも設置された。19年、夫婦は家庭菜園の経営と国の地方政策の支援により、収入が2万7千元(1元=約15円)余りに達した。張さんは「今年の新たな目標は、収入を3万元以上にすることです」と今後への自信を語った。(記者/謝剣飛)<映像内容>貧困脱却した家庭菜園経営者、農作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401926

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、黒竜江省撫遠市の水田で除草作業をする農民。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700581

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700786

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、黒竜江省撫遠市の田園風景。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700540

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700589

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700784

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700523

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700539

  • 2020年08月11日
    中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    11日、上空から見た黒竜江省撫遠市の水田。(小型無人機から)中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700462

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸貨物検査場の事務所内で感染防護具を着ける税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700890

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸の貨物検査場でロシア船籍の入港船に対する臨船検疫に向かう税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700979

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸の貨物検査場で輸入木材の検査を行う税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700985

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸の貨物検査場でロシア船籍の入港船に対する臨船検疫の準備をする税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700901

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸の貨物検査場で輸入木材の検査を行う税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700976

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸の貨物検査場。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700999

  • 2020年08月13日
    税関貨物検査現場を訪ねて黒竜江省撫遠市

    13日、黒竜江省撫遠口岸貨物検査場の事務所内で感染防護具を着ける税関職員。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠口岸(通関地)は主に果物や野菜、建設機械などの輸出と木材、大豆、小麦粉などの輸入を取り扱う。口岸は検疫の最前線になっており、税関職員らは「厳格な検疫と円滑な貿易」の確保に注力している。撫遠税関では入港する全ての船舶に対する臨船検疫を実施するとともに船員全員に健康申告書の提出を求め、検温と疫学調査を行っている。船舶の貨物消毒作業は全工程にわたって税関が監督・管理し、消毒が完了するまで荷下ろしや船員の上陸は認められない。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700897

  • 00:48.34
    2020年08月14日
    「新華社」中国最東端の田園地帯に緑のじゅうたん黒竜江省撫遠市

    中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市では現在、稲が順調に成長しており、緑のじゅうたんを敷き詰めたような田園風景が果てしなく広がっている。(記者/謝剣飛)<映像内容>黒竜江省撫遠市の田園風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901867

  • 00:31.78
    2020年08月15日
    「新華社」上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(記者/謝剣飛)<映像内容>抓吉ホーチョ族村の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901870

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400759

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400847

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400856

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400976

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401091

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400796

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400861

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400880

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400855

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館で展示されているカラチョウザメとダウリアチョウザメ。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104333

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104335

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館で展示されているカラチョウザメとダウリアチョウザメ。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104344

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館で展示されているチョウザメとダウリアチョウザメ。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104516

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104441

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104515

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104518

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104471

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104488

  • 2020年08月22日
    魚の標本70種以上を展示、魚文化体験館を訪ねて黒竜江省撫遠市

    22日、黒竜江省撫遠市の魚文化体験館を見学する観光客。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の魚文化体験館は、水族館、標本展示館、地元の少数民族ホーチョ(赫哲)族の狩猟と漁労を説明した文化館の3つの展示館からなる。同体験館は現在、生きたチョウザメ類100匹以上、魚の標本70種類以上、狩猟と漁労に関する文化財100件以上を展示し、主に黒竜江やウスリー川流域の水生生物と生態環境について紹介している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090104364

  • 1
  • 2