KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国雲南省
  • 雲南省徳宏
  • 保護動物
  • チンポー
  • 徳宏ダイ
  • キムネコウヨウジャク
  • 野生動物
  • レッドリスト
  • 成功雲南省
  • 絶滅危惧種

「撮影愛好」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
73
( 1 73 件を表示)
  • 1
73
( 1 73 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:13.53
    2020年08月04日
    「新華社」巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(記者/姚兵)<映像内容>キムネコウヨウジャクの巣作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、巣作りをする2羽のキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、巣の近くの枝に止まるキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、木の枝に止まるキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、巣を補強するキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、巣の材料となるアシの葉をくわえたキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、戯れる2羽のキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月25日
    巣作りに励むキムネコウヨウジャク雲南省瑞麗市

    7月25日、巣作りをするキムネコウヨウジャク。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市を流れる瑞麗江の近くでこのほど、自然写真撮影愛好家がキムネコウヨウジャクの巣作りをカメラに収めた。巣は洋ナシやフラスコに似た形状で、草の葉などを使って竹や低木の枝先に作られ、入り口は下向きになっている。キムネコウヨウジャクは主に南アジアや東南アジア、中国雲南省などに生息している。(昆明=新華社配信/張仁韜)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    13日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠県蒙宜郷蒙格村で姿を現したヒグマの親子。中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。(石渠=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    13日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠県蒙宜郷蒙格村で姿を現したヒグマの親子。中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。(石渠=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    13日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠県蒙宜郷蒙格村で姿を現したヒグマの親子。中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。(石渠=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.45
    2020年07月13日
    「新華社」ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。ヒグマは授乳を終えると、子熊を連れて山の奥へゆっくりと登って行った。石渠県の羅林(ら・りん)県長は今回の映像について、同県の住民と各種野生動物の生存を支える自然環境が大幅に改善されたことを示していると説明した。四川省、青海省、チベット自治区の3省・区の境に位置する同県は、長江上流の重要な生態保護地域で、県内には湖や湿地が数多く分布し、多種多様な希少動物が生息している。(記者/康錦謙)<映像内容>青海チベット高原のヒグマ親子の様子、撮影日:2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    13日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠県蒙宜郷蒙格村で姿を現したヒグマの親子。中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。(石渠=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    ヒグマの一家、青海チベット高原で姿現す四川省

    13日、四川省カンゼ・チベット族自治州石渠県蒙宜郷蒙格村で姿を現したヒグマの親子。中国四川省カンゼ・チベット族自治州石渠(せききょ)県蒙宜郷蒙格村で13日午後、撮影愛好家が3頭の子グマを連れたヒグマが大自然の中を歩く姿をカメラに捉えた。(石渠=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:58.80
    2020年06月07日
    「新華社」鄱陽湖畔の「アオサギの村」江西省九江市

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)畔に位置する九江市都昌県蘇山郷達子嘴村には、6千羽以上のアオサギが生息している。アオサギは大型の水鳥の一種で、「灰鷺」とも呼ばれる。小魚やドジョウなどを食べ、主に沼地や浅い湖、池で餌を探す。同村ではアオサギの求愛や繁殖、子育ての過程を間近で見ることができ、訪れる多くの鳥類撮影愛好家が「アオサギの村」と呼んでいる。(記者/黄和遜、余剛)<映像内容>鄱陽湖畔に生息するアオサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

  • 00:44.90
    2020年05月29日
    「新華社」国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(記者/林碧鋒)<映像内容>野生のクロオオリスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月16日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:34.44
    2020年04月28日
    「新華社」「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャク(Ploceusphilippinus)が繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。地元住民によると、キムネコウヨウジャクは同省普洱(ふじ)市孟連ダイ族ラフ族ワ族自治県では長い間見られなかったが、ここ数年、再び姿を現すようになったという。主にパキスタン、ネパール、マレーシアなどの国と雲南省南部に分布し、細い草を使い精巧で美しい巣を編むため、動物界の「最も美しい織り手」と呼ばれている。(記者/孫敏)<映像内容>キムネコウヨウジャクの様子、木の枝にぶら下がる巣、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、巣から顔をのぞかせるキムネコウヨウジャク。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    「最も美しい織り手」、キムネコウヨウジャクが飛来雲南省普洱市

    25日、木の枝にぶら下がったキムネコウヨウジャクの巣。中国雲南省では4月に入り、多くのキムネコウヨウジャクが繁殖のために飛来している。木の枝にぶら下がる巣は、草で編んだ工芸品に似ており、多くの撮影愛好家が訪れている。(普洱=新華社配信/陳永剛)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(3月25日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(3月25日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.84
    2020年01月01日
    「新華社」「中国観日地標」で初日の出を見てみよう福建省霞浦県

    中国福建省寧徳市の霞浦(かほ)県は日の出の撮影地として知られている。中でも三沙鎮花竹村は「中国観日地標(日の出スポット)」で、ここ数年、地元の観光産業の発展に伴い、美しい東方の日の出を一目見ようと、世界各地から撮影愛好家や観光客が次々と訪れている。1日、今年最初の太陽が昇り雲間から輝きを放つと、海や遠くの山々、漁船、働く人々を照らし、一幅の絵巻のような風景が広がった。(記者/林凱)<映像内容>中国観日地標の初日の出、撮影日:2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:53.04
    2019年11月08日
    「新華社」美しい塔川村の秋景色安徽省黄山市

    中国安徽省南部にある塔川(とうせん)村の秋景色は、四川省の九寨溝、新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)、北京市の香山と共に中国四大秋景色に数えられる。塔川村は「塔上」とも呼ばれ、黄山市黟(い)県宏村(こうそん)鎮に位置する。秋の森はキャンバスのように鮮やかな色に染まり、黄金色を基調として、緑色や赤色が所々浮かび上がって目を引く。村の入口や周辺にはナンキンハゼの木が多く植えられ、空高くそびえ立っている。秋になると山を覆う木々の葉が色彩豊かに変化し、住居の白壁や黒い瓦がその中に映え、美しい景色が広がり、多くの撮影愛好家にとってはずせない目的地になっている。(記者/白斌)<映像内容>中国四大秋景色に数えられる塔川村の秋景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.35
    2019年07月25日
    「新華社」撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(記者/姚兵)<映像内容>オオサイチョウの親子の食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月18日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    18日、ひなに餌を食べさせるオオサイチョウの成鳥。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    17日、オオサイチョウのひな。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、オオサイチョウのひな。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、オオサイチョウの成鳥。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、ひなに餌を食べさせるオオサイチョウの成鳥。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、オオサイチョウの「家族」。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、ひなに餌を食べさせるオオサイチョウの成鳥。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    撮影愛好家がひなを育てるオオサイチョウの貴重な姿を記録雲南省

    16日、ひなに餌を食べさせるオオサイチョウの成鳥。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の野生自然保護区「中国の犀鳥(さいちょう)の谷」でこのほど、生態撮影愛好家の鄭山河(てい・さんが)さんが野外撮影をした際に、オオサイチョウの「夫婦」がひなを育てる貴重な場面を記録した。撮影したひなは生まれてわずか数カ月で、雄鳥と雌鳥が果実を採ってきては交代でひなに食べさせている。オオサイチョウは中国の国家2級保護動物で、成鳥は体長が120センチを超え、翼を広げると150センチに達する。(徳宏=新華社配信/鄭山河)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:56.86
    2019年03月13日
    「新華社」撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒(ぼう)市で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。中国科学院昆明動物研究所の鳥類関係の専門家は、「ギンケイは雲南省に分布している野生のキジ類の一種で、德宏は分布の周辺部になります。これまで地元では、野外でギンケイを撮影した高解像度の資料はほとんどありません」と説明している。同自治州は近年、生態文明建設を非常に重視し、生態環境保護と貧困救済活動を有機的に結合させ、緑豊かな山河を効果的に保護している。現在、同自治州の森林面積は1152万ムー(約76万8千ヘクタール)で森林率は68・78%に達しており、これまでに6033種類の種子植物やシダ植物が発見されている。この地域には珍しい鳥類も生息しているため、国内外から多くの鳥類撮影愛好家がやって来る。付近の村では、遠方からの撮影愛好家を野鳥観察スポットに案内し、望遠レンズを使って鳥探しを手伝う「野鳥ガイド」をしている村民もいる。(記者/姚兵、厳勇)<映像内容>野生のギンケイ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月08日
    撮影愛好家、野生のギンケイの高解像度撮影に成功雲南省徳宏

    8日、芒市で撮影された野生のギンケイ。鳥類撮影の愛好家がこのほど、中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州芒市(ぼうし)で、中国の国家2級保護動物に指定されている野生のギンケイを高解像度で撮影することに成功した。撮影場所は2017年に市民が芒市に設置した野生動物と鳥類の臨時観測点。(芒市=新華社配信/楊幇慶)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:18.75
    2019年03月04日
    「新華社」中国のカメラ関連企業、国際展示会で個性を武器に頭角現す

    カメラと関連機材の展示会「第10回CP+(シーピープラス)2019」が2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催された。CP+は写真機材の世界レベルの展示会の一つで、世界に向け製品や技術を紹介する最良の機会とされている。このような最高レベルの展示会ではここ数年、ドローン(小型無人機)最大手のDJIやスタピライザー大手のZHIYUN(ジーウン)、カメラレンズのLAOWA、中一光学、YONGNUOなどの中国企業の出展が目立ち始めた。中一光学や七工匠(しちこうしょう)などの中国レンズメーカーの代理店、焦点工坊(しょうてんこうぼう)のブースは連日撮影愛好家で賑わった。特殊なカメラレンズを製造する安徽省のメーカー、長庚(ちょうこう)光学は、LAOWAブランドとして業界で高い知名度を持つ。彼らは今回、日本のソニーとタムロンという二大ブランドの間に独立ブースを構えた。(記者/郭威、鄧敏)<映像内容>「第10回CP+2019」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原をダイナミックに駆け抜ける馬。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月08日
    牧畜民が雪原で馬馴らし冬季観光シーズン迎えた内モンゴル

    8日、雪原で馬馴らしをする牧畜民。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗では、本格的な冬季観光シーズンを迎えている。同地では牧畜民たちが白銀の雪に覆われた草原で馬を馴らし、その光景を見ようと大勢の観光客や撮影愛好家が集まっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.34
    2019年01月06日
    「新華社」低速度撮影で撮った金山嶺長城の部分日食

    中国では6日朝から午前中にかけ、大部分の地域で部分日食が観測された。河北省承徳市の金山嶺長城でも午前7時40分(日本時間同8時40分)に欠けた状態の太陽が昇り始め、欠けた部分は日が昇るにつれてどんどん大きくなっていった。日食は午前9時41分まで観測された。ある撮影愛好者が金山嶺長城で太陽が欠けた状態で昇ってくる珍しい光景を撮影した。(記者/駱学峰)<映像内容>中国・金山嶺長城の部分日食の様子、撮影日:2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月01日
    2019年、新たな年を迎えて

    1日、中国湖北省十堰(じゅうえん)市の鄖陽(うんよう)区浜江公園で、初日の出を迎える撮影愛好者。新年初日にあたる1日、人々は思い思いの方法で新年の訪れを祝っていた。(十堰=新華社配信/曹忠宏)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色を撮影する観光客と撮影愛好家。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色をスマートフォンで撮影する観光客。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色を撮影する観光客と撮影愛好家。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色を撮影する観光客と撮影愛好家。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月23日
    頤和園に現れた「光のトンネル」

    23日、頤和園の十七孔橋に現れた「金光穿洞」の美しい景色を撮影する観光客と撮影愛好家。中国北京市内の世界遺産、頤和園(いわえん)の昆明湖に架かる十七孔橋(じゅうしちこうきょう)に23日、「金光穿洞」(冬至の頃、金色に輝く夕日が橋のアーチの下を照らす現象)の美しい景色が現れた。多くの観光客と撮影愛好家が、美しい景色の撮影と観賞を楽しんだ。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:47.46
    2018年09月12日
    「新華社」金山嶺長城に荘厳な雲海出現河北省承徳市

    中国河北省承徳市灤平(らんへい)県の金山嶺長城に12日、荘厳な雲海の光景が現われ、早朝から長城を訪れていた撮影愛好家がこのめったに見られない光景をビデオカメラに収めた。「万里の長城は金山が一世に秀でている」と言われるように、金山嶺長城は国内外に名をはせ、同地で見られる雲海はさらに変幻自在で天地が混じり合って一つになったような壮大な景色で、多くの観光客や写真、撮影愛好家が一度は見たいと追い求めている。金山嶺長城では毎年、春や秋の雨上がりに雲海が現れることがあり、多くの長城愛好家の心を引きつけている。(記者/張碩)<映像内容>金山嶺長城に荘厳な雲海出現の様子、撮影日:2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1