KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 内容
  • 再開
  • 操業
  • 映像
  • 記者
  • 中国
  • 様子
  • 企業
  • 生産
  • 工場

「操業再開」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 新しい順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:08.10
    2020年11月06日
    「新華社」【輸入博】ユニクロが初めて出展、展示エリアは1500平方メートル

    中国上海市で4日に開幕した第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)に、世界的に有名なアパレル企業で、ユニクロを運営するファーストリテイリングが初出展した。展示エリアは1500平方メートルとなっている。同社中国法人の迅銷集団グローバル上席副総裁で、ユニクロ大中華圏最高マーケティング責任者(CMO)の呉品慧(ご・ひんけい)氏は、輸入博は世界が注目するプラットフォームを提供してくれており、初の出展でベストを尽くす準備をしてきたと述べた。同社は中国の消費者がファッション業界の技術革新を身近に感じられるよう、会場とオンラインを連動させた出展方式を採用、アプリなどを通じて商品紹介チャンネルを事前にクラウドに上げ、目玉の展示商品を紹介しているという。呉氏は「今年3月以来、ユニクロ大中華圏は予想より速いペースで業績を回復、中国の店舗売上高は5月から昨年同時期の水準に戻った」とし、新型コロナウイルス感染症の流行は同社の中国市場と経済に対する信頼に影響を与えていないと指摘。感染症流行の初期段階では来店客数にいくらか影響が出たものの、中国各地が厳格な感染症対策と生産・操業再開を推し進める中、消費者の信頼は徐々に回復、店舗の客数も次第に増加したと説明した。(記者/周蕊、張暁華、陳傑)<映像内容>中国国際輸入博覧会に出店するユニクロ、インタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904658

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.48
    2020年10月17日
    「新華社」フィジーの中国系企業、生産・操業を積極的に再開

    南太平洋の島国フィジーでは今月に入り、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せており、中国系企業が生産・操業を再開している。プロジェクト建設の最前線では、中国人技術者がフィジーの作業員と共に働いている。フィジー中国商会の王剛(おう・ごう)会長によると、フィジーには現在、約30社の中国系企業があり、その多くが建築工事関連企業となっている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中、これら中国系企業は生産の進度が影響を受けないようにするため、人手不足などの数多くの困難を乗克服し、生産経営活動を合理的に配置した。フィジーでは現在、感染症の流行状況が全体的に落ち着いており、各中国系企業はこのチャンスを捉え、プロジェクト建設の再開に注力。操業再開率は100%に達した。(記者/張永興)<映像内容>フィジーで中国系企業が生産・操業を再開、建設現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900513

  • 00:29.64
    2020年05月22日
    「新華社」感染対策と企業誘致を両立し、プロジェクト着工を推進黒竜江省綏芬河市

    中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市はこのところ、新型コロナウイルスの感染予防・抑制に取り組みながら、生産・操業再開を積極的に推進している。綏芬河総合保税区は「非対面での企業誘致」を推し進め、重点プロジェクトのフォローアップや調整・手配を強化。インターネットや電話、微信(ウィーチャット)など、さまざまな手段でオンライン商談を実施し、一つ一つの整理や橋渡しを行い、プロジェクトの着工と操業開始に全力で取り組んでいる。同保税区では現在、今年の新規プロジェクト7件と生産拡大プロジェクト2件が次々と着工している。プロジェクトは電子商取引(EC)や食品、物流や木材、飼料などの分野に及び、総投資額は約3億5千万元(1元=約15円)を予定している。(記者/唐鉄富)<映像内容>黒竜江省綏芬河市の空撮、新規プロジェクトの着工、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602184

  • 00:55.91
    2020年05月21日
    「新華社」黒竜江省、開発区企業の生産・操業再開を推進

    中国黒竜江省は、省内開発区における常態化した感染予防・抑制措置と企業の生産・操業再開に関する業務を強化し、開発区経済の安定的な運営を積極的に推進している。省内102カ所の開発区にある一定規模(年商2千万元、1元=約15円)以上の企業1600社余りの操業再開率は、現時点で96%となっている。(記者/王建威)<映像内容>再開した工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300720

  • 01:00.16
    2020年05月04日
    「新華社」中小零細企業向けシーアンドレール列車が運行開始黒竜江省

    中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)駅の始発で、貨車54両に貨物を積んだ列車が4日、同省ハルビン南駅で列車編成を終えた。貨物は遼寧省の営口港へ輸送され、ここで船舶に積み替えられて広東省などに運ばれる。これは、中国鉄路ハルビン局集団が今年初めて運行する、固定の列車番号を持ち定められた時刻に運行されるシーアンドレール(船舶と鉄道の連携輸送)輸送の列車で、黒竜江省内の中小零細企業向けオーダーメード型シーアンドレール輸送サービスとして開発したもの。今後は週2本の運行で、木材などの貨物を月1万5千トン余り輸送する予定。鉄道部門は、中小零細企業の操業再開の助けとなるよう、引き続き的確な輸送計画を策定するとしている。(記者/馬知遥)<映像内容>シーアンドレール輸送の列車が運航開始、撮影日:2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302704

  • 00:52.82
    2020年05月02日
    「新華社」一汽解放汽車、1~4月の生産・販売台数が過去最高水準に

    中国第一汽車集団傘下のトラックメーカー、一汽解放汽車は、今年1~4月の完成車生産台数が13万9千台、販売台数が17万6千台となり、いずれも過去最高水準に達した。同社の今年4月の完成車生産・販売台数は、いずれも過去最高水準を記録。4月の販売台数は6万8千台で、うち大型トラックが前年同月比89%増の5万7千台となった。生産台数は17・2%増の4万6千台だった。新型コロナウイルス感染症の発生後、同社は着実かつ効果的な感染対策を実施。従業員の生命の安全と健康を確実に保証するとともに、操業再開と生産目標達成に全力を挙げており、3月中旬には同社全体の生産能力が感染症流行前の水準まで回復した。(記者/張建)<映像内容>自動車の生産工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302713

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:06.06
    2020年05月01日
    「新華社」新疆の風力発電機メーカー、急ピッチで操業再開

    中国新疆ウイグル自治区ハミ市には、同自治区最大の風力発電機メーカーの基地がある。同市のハイテク産業開発区ではこのほど、風力発電機メーカーが全面的な操業・生産再開を果たし、フル稼働で国内外からの注文に対応している。哈密(ハミ)中車新能源電機は、主に風力発電機およびその部品の研究開発と製造を行なっている。同社は操業再開以降、作業の調整を行うことで稼働停止により失われていた生産能力を補った結果、生産能力が前年同期比27%増となり、現在すでに80台(セット)余りの風力発電機を顧客に納入したという。ハミ市には現在、風力発電機メーカーが多数集中しており、風力発電機製造の完全な産業チェーンが形成されている。メーカーの製品は、カザフスタン、キルギス、タジキスタンなどの国に輸出されている。(記者/張嘯誠、趙戈)<映像内容>風力発電機メーカーの工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402598

  • 00:57.60
    2020年04月18日
    「新華社」「共同縫製工場」設立で中小アパレル企業に活路福建省石獅市

    中国福建省石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)はアパレル産業の重要な拠点で、市内には8千社を超える川上・川下企業が存在する。新型コロナウイルス感染症の世界的なまん延により、海外に顧客を持つ中小アパレル企業の多くは取引中止に追い込まれ、厳しい状況が続いている。これに対応するため、同市では関連企業が団結して共に苦境を乗り越えようとしている。3月末、同市初の「共同縫製工場」が誕生した。第1陣の設備と従業員はすでに準備が整い、海外からの注文12万件の生産が次々と始まっている。同工場が従来のOEM(相手先ブランド名製造)モデルと異なるのは、生産能力や注文、データを共有することで、各企業の生産ラインの閑散期を合理的に計画、運営して「バーチャル共同工場」を打ち立て、一括受注した上で、各企業に注文を振り分ける点にある。これにより受注が困難な企業に注文を回し、操業再開が困難な企業の生産能力を回復させ、資金繰りが困難な企業のサプライチェーンにおける決済問題を解決している。(記者/宓盈婷、林凱、章博寧)<映像内容>縫製工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003729

  • 01:08.90
    2020年04月06日
    「新華社」貴州省正安県のギター産業、72社全てが操業再開

    中国有数のギター生産地として知られる貴州省遵義市正安県でこのほど、新型コロナウイルス感染拡大を受け春節(旧正月)休暇明けの操業を停止していた国際ギターパークのギター製造企業と関連企業全72社が、感染対策に万全を期した上で操業を再開した。同県の昨年のギター生産量は約600万本。生産高は60億元(1元=約15円)近くに達し、1万人以上の雇用を生み出した。製品は米国やブラジル、日本など30余りの国や地域に輸出されている。(記者/劉勤兵)<映像内容>ギターの生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800612

  • 01:12.03
    2020年04月04日
    「新華社」アヒルの卵に見る中小企業の操業再開供給網全体の復活支援進む

    中国江西省にあるアヒルの卵の加工メーカー、瑞昌市溢香農産品では、各地の飼育場から続々と運ばれてくるアヒルの卵の選別や洗浄、加工、包装、発送が行われている。同社は年間1億個以上の卵を加工しており、全国でも五指に入る規模を誇る。製品は全国20以上の省(自治区、直轄市)で販売されるだけでなく、日本や韓国、東南アジア、アフリカなどへも輸出されている。同社は2月13日に春節(旧正月)休暇明けの操業再開を決定し、従業員190人も職場に復帰したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により原材料の供給が打撃を受け、飼料の価格が上昇したほか、一部の飼育農家の資金繰りが悪化し、飼料や卵などの流通が支障をきたすようになった。同社は「操業再開は一企業の問題ではない」ことに気付いた。顧客からの注文を抱える同社は、座して死を待つわけにいかなかった。自社の資金も切迫する中、飼育農家の窮地を救うため農家に対し300万元(1元=約15円)以上を無利子で貸し付けたほか、地元政府と協議し、検疫措置で各地域の往来が分断される中で農家が飼料などの物資を仕入れられるよう交通ルートを確保した。同社は川下の販売会社に対しても、売掛金回収期間の延長や発注量より多めの商品を納入するなどの措置を取り、資金繰りを支援した。他社との共生を図る取り組みは実を結び、現在ではネットの注文だけでも1日1万件を超え、2月の売上高は前年同月比60%増の1500万元近くに達した。突如起こったウイルスの感染の影響を受け、中国の企業は現在、厳しい試練に直面している。中小企業は大企業と比べ危機管理能力が低く、影響も大きい。資金繰りとサプライチェーンの二重の圧力にさらされ、多くの企業が「操業は再開したいが、感染拡大のリスクは犯せない」というジレンマに陥っている。中国工業・情報化部はこのほど、サプライチェーン全体の操業再開を当面の活動の重点にすると表明。企業の現実的な問題を解決し、省内の問題と地区・部門を跨ぐ問題の解決を進める方針を打ち出した。(記者/呉鍾昊、鄔慧穎、余賢紅、郭傑文)<映像内容>アヒルの卵の加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701595

  • 01:07.96
    2020年03月27日
    「新華社」中国初の海底高速鉄道トンネル、海底測量を再開

    中国浙江省の寧波市から舟山島を結ぶ甬舟(ようしゅう)鉄道建設工事の要となるプロジェクト、金塘海底トンネルの全長は16・2キロメートルで、最深部の深さは78メートルに達する。中国国内で初の海底高速鉄道トンネルであり、その進展は国内外の注目を集める。工事は現在、ボーリングによる測量調査が進められている。海事部門は前月、新型コロナウイルスによる影響を軽減し、操業再開の時期を早めるため、スマートプラットフォームによる遠隔技術審査を実施。武漢、大連、杭州、舟山、寧波など各市の事業主や施工企業、専門家など二十数人が地域の壁を越え交流し、討論した。(記者/顧小立)<映像内容>甬舟鉄道建設工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004200

  • 01:16.53
    2020年03月17日
    「新華社」甘粛省、新エネルギー発電出力1100万キロワットを初突破

    送電大手、国家電網(SGCC)傘下の甘粛省電力公司によると、17日午後12時45分時点で、甘粛省の新エネルギー発電出力は1107万9千キロワットとなり、初めて1100万キロワットを突破した。新エネルギー発電出力は、同時点での同省電力負荷の87・3%、総発電出力の57・2%を占め、いずれも過去最高を更新した。甘粛省電力公司供給制御センターの李全茂(り・ぜんもう)副処長によると、3月に入り、省の太陽光発電出力は、628万8400キロワットに続いて637万5千キロワットと過去最高を更新し、新エネルギー発電出力が初めて1100万キロワットの大台を突破した。新エネルギー利用量は持続的に拡大し、クリーンエネルギーが経済・社会の発展に果たす役割は大きくなっている。新型コロナウイルスによる感染の発生後、省電力公司は科学的見地から、今後の新エネルギー発電の利用状況を分析すると同時に、ピーク時調整におけるアンシラリーサービス(電力品質を維持するために行う系統運用サービス)を通じ、火力や水力の発電出力を調整し、地域を跨ぐ現物取引、リアルタイム取引などの措置を講じ、新エネルギー発電出力は363万キロワット増えた。李氏は「操業再開が進むにつれ、省内外の電力負荷、他地域への送電量は膨らみ、3、4月の新エネルギー利用率は前年同期から1~3ポイント拡大して約94%に達する」と予想した。甘粛省は中国の重要な新エネルギー拠点で、既存の新エネルギー発電設備容量は2220万キロワット。近年来、同省は電力体制改革を進展させ、他地域への新エネルギー送電量の追加により、新エネルギー利用能力を強化している。(記者/范培珅)<映像内容>甘粛省の新エネルギー発電設備、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004204

  • 00:48.65
    2020年03月15日
    「新華社」DJの無観客パフォーマンス「クラウドクラブ」、中国の若者の娯楽に

    新型コロナウイルス感染症の流行を受け、中国では「クラウドクラブ」という新たな試みが始まっている。多くのDJにとって、スタジオでの無観客パフォーマンスは初めての体験。本物のクラブさながらのきらびやかな照明や躍動感のある音楽に加え、アニメーションなどの特殊効果も駆使して臨場感を演出している。数万人がオンラインで集う「クラウドクラブ」は、自宅待機を余儀なくされている若者に楽しみを提供するだけでなく、「武漢がんばれ」「操業再開がんばれ」「みんなでマスクをしよう」などのポジティブな話題で、感染症との闘いを支えている。(記者/許東遠、黄安琪)<映像内容>オンラインのクラウドクラブ、DJのパフォーマンス、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702471

  • 00:57.15
    2020年03月08日
    「新華社」国家級海洋牧場、操業全面再開浙江省温州市

    浙江省温州市洞頭区鹿西郷にある国家級海洋牧場モデル区、白竜嶼海洋牧場には、海域面積650ムー(約43ヘクタール)のフウセイ(大黄魚)の養殖場がある。同施設はここ数日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で遅れていた春節明けの従業員の職場復帰が進んだことで、感染対策に万全を期しながら操業を全面再開させた。各地の水産市場への商品供給も正常化した。同施設では操業再開後、人が密集する機会を減らし、従業員の感染リスクを低減するため、交代制で勤務を行っている。従業員は必ず検温し、体温が正常であることを確認した上で持ち場に就くようにしている。養殖魚の供給が再開した今、新型肺炎の打撃を受けた卸売市場の回復が待たれる。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>操業を再開した白竜嶼海洋牧場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901092

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.45
    2020年03月06日
    「新華社」新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省

    中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(記者/姚子雲)<映像内容>操業を再開した靴工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901093

  • 01:55.46
    2020年03月05日
    「新華社」ハイテク企業の新型肺炎対策浙江省

    中国各地ではこのところ、多くの企業が相次いで操業を再開している。企業の操業再開を真に実現し、従業員の復帰に伴う新型コロナウイルスによる肺炎のリスクを避けるため、企業の感染対策が操業再開における最重要事項となっている。このほど取材した浙江省北部の湖州市にある浙江東尼電子股份有限公司では、1日までに従業員の80%近くが職場に戻り、生産を再開した。同公司は超微細電子絶縁積層ケーブルなどの製造に特化したハイテク企業で、製品は華為技術(ファーウェイ)のスマートフォン、アップルのiPad、iWatchなど人気の電子製品に幅広く使われている。(記者/殷暁聖)<映像内容>ハイテク企業の操業再開、肺炎対策の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030600484

  • 01:01.18
    2020年03月05日
    「新華社」物流の情報化で操業再開を後押し江西省

    中国江西省高安市は物流・運輸を伝統的な基幹産業としており、常時20万人を超える人々が貨物輸送に従事している。物流産業で問題となっている情報伝達の遅れを解決するため、同市は通行者・物流情報プラットフォームを構築することで物流分野の情報化を進め、貨物輸送車両の使用率を引き上げた。プラットフォームは配車の高度化を実現するだけでなく、最も効率的なルート設定を行ことができ、企業の物流コスト削減に役立っている。物流情報のネットワーク化は企業の需要と車両のマッチング効率を向上させ、操業を再開した企業の迅速な原料購入や注文書の送付に有効に機能した。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、一部企業によるオフラインの物流需要の取り次ぎが滞る問題に対し、江西省工業園区ではスマートクラウドプラットフォームの操業・生産再開システムにより、操業を再開した企業の物流、雇用、資金面の需要解決を支援している。(記者/郭傑文、鄔慧穎)<映像内容>物流分野の情報化、通行者・物流情報プラットフォームを構築、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030600483

  • 02:22.97
    2020年03月02日
    「新華社」感染リスク少ない浙江省安吉県、操業再開で就業と貧困扶助を実現

    中国浙江省湖州市安吉県黄杜村は、同省有数の白茶の産地で、農民1人当たりの収入の9割以上は白茶によりもたらされている。17万ムー(約1万1300ヘクタール)の茶園が広がる安吉県には例年、県外から約20万人の茶摘み工が訪れるが、今年は新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、茶園内に人の気配はない。感染リスクが比較的少なく、国が指定する貧困扶助地域でもある同県は、従業員を優先的に募集する地区を指定することで、操業再開時の就業と貧困扶助の双方を実現し、期日通りの再開を目指す。(記者/李亜彪、殷暁聖)<映像内容>茶園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030300877

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.43
    2020年02月26日
    「新華社」新型肺炎で「シェア従業員」誕生ホテル従業員が工場労働者に

    中国福建省福清市の人的資源・社会保障局はこのほど、「シェア従業員」制度を用いて、ホテル従業員が一時的に工場労働者として働けるよう支援した。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、中国のホテル・飲食業界は業務がほぼ停滞している半面、工業企業は操業再開に際して人手不足という大きな問題に直面していた。地元のホテル「福清融僑大酒店」の従業員51人はこのほど、パソコン用ディスプレーなどを生産する「福建捷聯電子」で研修を受け、一時的に各生産ラインに配属されることになった。福建捷聯電子では従業員千人以上が職場復帰できていない。「シェア従業員」という新しい協力モデルが、ホテル従業員の臨時就業を実現しただけでなく、生産を再開する工場の人手不足問題も解決し、異なる業界同士が互いに助け合う関係を生み出した。(記者/陳旺)<映像内容>業務の停滞しているホテルの従業員が一時的に工場労働者として働く様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704851

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.03
    2020年02月24日
    「新華社」出稼ぎ労働者を乗せた北京「Uターン専用バス」第1陣到着

    30人の出稼ぎ労働者を乗せた北京第1陣の「Uターン専用バス」2台がこのほど、目的地に到着した。バスは四川省と北京市を直接結ぶ。受け入れ先企業の北京市政集団地下鉄12号線安貞橋建設事業部では、職員がバスから降りてきた労働者一人一人に対し情報の確認と検温を実施した。北京市住房・城郷建設委員会は、操業再開の条件を満たした住宅建設や市政府のインフラ建設の各プロジェクトに対し、雇用先会社や人材派遣企業が必ず専用車や貸し切りバスによる直接移送の手段を取り、出稼ぎ労働者を秩序よく北京の職場へ復帰させるよう要求した。また、工事現場は封鎖式管理を整えなければならないなど、職場環境の条件を満たす必要があるとした。(記者/張超、李萌)<映像内容>出稼ぎ労働者を乗せたバスが北京に到着、検査をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503485

  • 01:22.53
    2020年02月22日
    「新華社」鉄道輸送の安全確保に尽力新型肺炎と闘う鉄橋監視員

    中国鉄路瀋陽局集団の管区内にある小荒溝特大橋は、全長1947メートル、最大落差58メートル。通灌鉄道(通化‐灌水)と梅集線(梅河口‐集安)、鴨大線(鴨園‐大栗子)および渾白線(白山市‐安図県二道白河鎮)を結ぶ重要な交通ハブ拠点となっている。現在、新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資と企業の操業再開で故郷から職場へ戻る人々の両方が集中しているため、輸送需要が極めて大きい。現在、貨物列車が同大橋を1日に10数往復しており、貨車の重さは3千トンを超える。そのため、重みでレールが少なくとも1センチはたわむため、ボルトが緩みやすくなっている。鉄橋の監視員は、橋脚と橋梁の間を毎日登り下りしながら橋梁に異常がないかを点検することで、鉄道輸送の安全確保に努めている。(記者/姜兆臣)<映像内容>小荒溝特大橋の風景、新型肺炎の輸送増加のため鉄橋の点検を強化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503487

  • 01:26.44
    2020年02月22日
    「新華社」企業の操業再開に伴いウイルス対策強化福建省福州市

    労働者の職場復帰が本格化する中で、中国福建省福州市は陽性と診断された人との濃厚接触者など高リスクの人に対し、あらかじめ新型コロナウイルスの核酸検査を実施し、隔離終了前にさらにスクリーニング検査などを行うことで「地雷」となる無症状感染者を見逃す可能性を低減する。同市は現在、感染者の発見や隔離、診断、治療をより早くするため、ウイルス核酸検査の範囲を拡大し、職場復帰のために他省から市内へ入る人も無料検査の対象に含めている。(記者/郭圻)<映像内容>新型コロナウイルスの核酸検査を実施する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503466

  • 01:41.00
    2020年02月19日
    「新華社」感染予防と生産再開を両立豪華バス105台を中東へ納車江西省

    中国江西省南昌市の経済技術開発区にある自動車メーカー江西凱馬百路佳客車の工場で19日、大型の豪華バス105台が整列し、中東市場への出発を待っていた。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、同省で初めて海外からの受注により生産された車両が、江蘇省の連雲港港からサウジアラビアに向けて輸送される。南昌市政府は10日以降、企業の感染予防措置を指導するとともに、操業再開を系統的に調整している。(記者/郭傑文)<映像内容>豪華バスを中東へ納車、バスが並ぶ様子、生産の様子、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503467

  • 02:21.15
    2020年02月18日
    「新華社」「職場復帰直通バス」が企業の操業再開を支援山西省

    中国山西省の山西汽車運輸集団は18日、企業の迅速な生産再開を支援するため、市や県を結ぶ複数の「職場復帰直通バス」路線を開通した。19日、山西総合改革モデル区にある富士康(太原)科技工業パークの北門広場では、富士康科技集団(フォックスコン)の従業員を乗せた大型バスが、次々と工場敷地内に入る様子が見られた。どの車両も乗車率が低く、ドアが開くとマスクをした従業員が整然とバスを降り、すぐに感染対策用のリーフレットを受け取っていた。このバスでは、車両の消毒や換気を厳格に実施し、乗客が座席を空けて座るようにしており、乗車率が50%以下になるよう厳しく管理している。19日だけでも、大型バス20台余りが従業員400人余りを山西省の複数の市や県、区から企業まで送り届けた。(記者/徐偉)<映像内容>職場復帰直通バスの運行の様子、撮影日:2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503473

  • 01:38.09
    2020年02月17日
    「新華社」福建省、台湾系企業の操業再開相次ぐ

    中国では、各地の企業が生産を再開しており、福建省にある多くの台湾系企業も10日から次々と操業を始めている。福建省泉州市南安にある半導体パッケージ・テストメーカー、福建富宸科技の施江霖(し・こうりん)董事長(73)も、順調な生産再開を確保するため、8日に台湾地区新竹市から急いで南安の工場に戻った。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制のため、他の省から福建省に来た場合、まず14日間の自主的な隔離が必要となる。施氏も社員寮で自ら隔離し、生産再開の指揮を執りながら、読書や運動も怠らなかった。慌ただしい手配と準備を経て、富宸科技は11日、無事生産を再開した。施氏は、感染の拡大に直面し、同社が要求に厳格に従って感染予防を強化しながら、生産再開にこぎつけたと説明。当面は生産能力が限られるが、今年の発展に対しては依然として自信があると述べた。福建省台湾香港マカオ事務弁公室によると、関係部門が生産再開の条件を備えた台湾系企業の支援を積極的に進めており、11日夜までに、省全体で台湾系企業218社が業務を再開している。(記者/邰暁安)<映像内容>福建省で台湾系企業が操業再開、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021700138

  • 1