KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • れんが
  • 令和
  • 資料
  • 発見
  • せん
  • つぼ
  • 地点
  • 太原
  • 平面
  • 高さ

「擬木」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月19日
    成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省

    正府街遺跡から出土した明代の擬木建築部材。(1月19日撮影)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071005923

  • 2020年11月24日
    平遥古城付近で東周と金代の墓葬を発見山西省

    金代墓の擬木構造磚室(部分)。(資料写真)中国山西省考古研究院は23日、同省晋中市平遥県で東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の竪穴土坑墓と金王朝時代(1115~1234年)の磚室墓(せんしつぼ、れんがで築いた墓)各1基を発見したと発表した。発掘地点は、世界遺産に登録されている平遥古城の東側城壁から800メートルしか離れておらず、専門家は2千年余りとされる平遥の歴史を裏付ける重要な根拠になると語る。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511868

  • 2020年12月13日
    (27)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    江蘇省揚州市の大明寺境内に立つ棲霊(せいれい)塔。大明寺塔とも呼ばれる。隋文帝の仁寿元(601)年に建立され、唐武宗の会昌3(843)年に焼失した。1994年に再建された現在の塔は唐代の規模と形を模して造られ、レンガとコンクリートを用いた擬木構造となっている。九層の方形楼閣式で、高さは73メートル。今では揚州市を代表する建築物となっている。(2015年12月14日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506520

  • 2020年12月30日
    (2)山西省で発見の元代壁画墓、全容明らかに

    朔州市で見つかった元代壁画墓に描かれていた茶具図。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省で見つかった元代壁画墓に関する情報を公開した。当時の葬儀習慣や社会生活を知るための貴重な資料になるという。壁画墓は同省朔州市朔城区官地村の東南800メートルの地点で見つかった。穹窿式(きゅうりょうしき、ドーム型)天井を持つ擬木構造の単室磚室墓(せんしつぼ、れんが墓)で、平面は「凸」字型をしている。墓道と墓門、墓室からなり、全長は7・8メートル。盗掘を受けたことから緊急発掘調査が行われた。(太原=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001512

  • 2020年12月30日
    (3)山西省で発見の元代壁画墓、全容明らかに

    朔州市で見つかった元代壁画墓に描かれていた備酒図。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省で見つかった元代壁画墓に関する情報を公開した。当時の葬儀習慣や社会生活を知るための貴重な資料になるという。壁画墓は同省朔州市朔城区官地村の東南800メートルの地点で見つかった。穹窿式(きゅうりょうしき、ドーム型)天井を持つ擬木構造の単室磚室墓(せんしつぼ、れんが墓)で、平面は「凸」字型をしている。墓道と墓門、墓室からなり、全長は7・8メートル。盗掘を受けたことから緊急発掘調査が行われた。(太原=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001513

  • 2020年12月30日
    (4)山西省で発見の元代壁画墓、全容明らかに

    朔州市で見つかった元代壁画墓。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省で見つかった元代壁画墓に関する情報を公開した。当時の葬儀習慣や社会生活を知るための貴重な資料になるという。壁画墓は同省朔州市朔城区官地村の東南800メートルの地点で見つかった。穹窿式(きゅうりょうしき、ドーム型)天井を持つ擬木構造の単室磚室墓(せんしつぼ、れんが墓)で、平面は「凸」字型をしている。墓道と墓門、墓室からなり、全長は7・8メートル。盗掘を受けたことから緊急発掘調査が行われた。(太原=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001518

  • 2020年12月30日
    (5)山西省で発見の元代壁画墓、全容明らかに

    朔州市で見つかった元代壁画墓に描かれていた奉茶図。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省で見つかった元代壁画墓に関する情報を公開した。当時の葬儀習慣や社会生活を知るための貴重な資料になるという。壁画墓は同省朔州市朔城区官地村の東南800メートルの地点で見つかった。穹窿式(きゅうりょうしき、ドーム型)天井を持つ擬木構造の単室磚室墓(せんしつぼ、れんが墓)で、平面は「凸」字型をしている。墓道と墓門、墓室からなり、全長は7・8メートル。盗掘を受けたことから緊急発掘調査が行われた。(太原=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001519

  • 2020年12月30日
    (1)山西省で発見の元代壁画墓、全容明らかに

    朔州市で見つかった元代壁画墓に描かれていた酒具図。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省で見つかった元代壁画墓に関する情報を公開した。当時の葬儀習慣や社会生活を知るための貴重な資料になるという。壁画墓は同省朔州市朔城区官地村の東南800メートルの地点で見つかった。穹窿式(きゅうりょうしき、ドーム型)天井を持つ擬木構造の単室磚室墓(せんしつぼ、れんが墓)で、平面は「凸」字型をしている。墓道と墓門、墓室からなり、全長は7・8メートル。盗掘を受けたことから緊急発掘調査が行われた。(太原=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123001514

  • 00:59.58
    2021年01月22日
    「新華社」臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902504

  • 2021年01月23日
    (2)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500237

  • 2021年01月23日
    (3)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500213

  • 2021年01月23日
    (1)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500238

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.28
    2021年02月15日
    「新華社」天寧寺の凌霄塔を訪ねて河北省正定県

    中国河北省石家荘市正定県の天寧寺は、唐の代宗時代(762~779年)の創建で、北宋の大観2(1108)年に天寧禅寺と呼ばれるようになった。境内にある八角形の凌霄(りょうしょう)塔は、元の名を慧光塔といい、主に木造構造のため「木塔」とも呼ばれている。同寺の建物は早い時期に倒壊し、その後再建されていないため、凌霄塔が現存する主要建築物となる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。凌霄塔は平面が八角形の楼閣式建築で、高さは41メートル。9層からなり3層以下と4層以上では構造が異なる。3層以下は飛檐垂木(ひえんだるき)のみが木製で、斗栱(ときょう)と角柱はれんがの擬木構造となる。4~9層は下部3層を基礎に再建されており、各面の柱間は3間。柱と斗栱、飛檐垂木はいずれも木製となっている。塔刹(とうさつ)は刹座(さつざ)、覆鉢(ふくはち)、仰葉(あおば)、相輪、宝蓋、宝珠からなる。塔の外観は雄壮でありながら、しなやかな美しさも備える。凌霄塔は、塔本体の安定に有利な心柱構造を採用している。中国に現存する古塔の中で唯一の実例であり、古塔の発展史を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(令和3)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021600892

  • 1