KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 攀枝花市
  • 令和
  • 記者
  • 雲南省
  • 位置
  • 人々
  • 景観
  • 平成
  • 普威鎮
  • 特色

「攀枝花」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
71
( 1 71 件を表示)
  • 1
71
( 1 71 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年08月31日
    四川南部で地震

    中国四川省・攀枝花市

    商品コード: 2008083100002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年08月31日
    四川南部で地震

    中国四川省・攀枝花市

    商品コード: 2008083100003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年08月31日
    四川南部で地震

    中国四川省・攀枝花市

    商品コード: 2008083100004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年08月31日
    四川南部で地震

    中国四川省・攀枝花市

    商品コード: 2008083100005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月30日
    炭鉱事故で9人死亡確認

    中国・四川省攀枝花

    商品コード: 2012083000093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月30日
    炭鉱事故で9人死亡確認

    中国・四川省攀枝花

    商品コード: 2012083000094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月30日
    炭鉱事故で9人死亡確認

    中国・四川省攀枝花

    商品コード: 2012083000095

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月30日
    炭鉱事故で9人死亡確認

    中国・四川省攀枝花

    商品コード: 2012083000096

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日、四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑で写真を撮る観光客。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022603990

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022603994

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604003

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604004

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日、四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑で写真を撮る観光客。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604018

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。(小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604026

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604024

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。(小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604012

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。(小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604022

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日、四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑で写真を撮る観光客。中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/頼向東)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604011

  •  菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県
    2019年02月19日
    菜の花開花で一足早い春の装い四川省米易県

    19日に撮影した四川省攀枝花市米易県普威鎮の菜の花畑。(小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市米易県普威鎮ではこのほど、菜の花が咲き誇り、のどかな田園風景は一足早い春の装いとなった。(米易=新華社記者/薛玉斌)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022603996

  •  四川省と湖北省の博物館感染症対策で連携
    2020年02月26日
    四川省と湖北省の博物館感染症対策で連携

    2月26日に撮影したチャリティーオークション品「攀枝花苴却硯」。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を抑えるため、中国四川省博物院の関係者が送った物資が2月26日午後、航空便で湖北省博物館に届いた。両館は連携して感染症と闘っている。四川博物院のボランティアチームはこのほど、新型肺炎と闘う湖北省を支援する取り組みとして、インターネット上でチャリティーオークションを開催。売り上げで購入したマスクなどの感染予防物資を湖北省博物院に寄贈した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030203499

  •  徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入
    2020年05月28日
    徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入

    5月28日、攀大高速道路の建設現場で路面をアスファルトで舗装をする徐工集団の自律走行式のロードローラー。中国機械製造大手の徐州工程機械集団(徐工集団)は5月29日、同社が製造した複数のタイプのスマート機械が現在、四川省攀枝花(はんしか)市と雲南省大理市を結ぶ攀大高速道路の建設現場に導入されていると明らかにした。これらの機械には、遠隔制御が可能な超大型舗装機、自律走行式のタイヤローラーやダブルドラムローラーなどが含まれるという。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401893

  •  徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入
    2020年05月28日
    徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入

    5月28日、攀大高速道路の工事現場。中国機械製造大手の徐州工程機械集団(徐工集団)は5月29日、同社が製造した複数のタイプのスマート機械が現在、四川省攀枝花(はんしか)市と雲南省大理市を結ぶ攀大高速道路の建設現場に導入されていると明らかにした。これらの機械には、遠隔制御が可能な超大型舗装機、自律走行式のタイヤローラーやダブルドラムローラーなどが含まれるという。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401921

  •  徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入
    2020年05月28日
    徐工集団、高速道路の舗装工事に無人化技術を導入

    5月28日、徐工集団が製造した自律走行式のロードローラー。中国機械製造大手の徐州工程機械集団(徐工集団)は5月29日、同社が製造した複数のタイプのスマート機械が現在、四川省攀枝花(はんしか)市と雲南省大理市を結ぶ攀大高速道路の建設現場に導入されていると明らかにした。これらの機械には、遠隔制御が可能な超大型舗装機、自律走行式のタイヤローラーやダブルドラムローラーなどが含まれるという。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401953

  •  「新華社」列車内を歩き回るブタやヒツジが話題に四川省
    01:01.93
    2021年04月25日
    「新華社」列車内を歩き回るブタやヒツジが話題に四川省

    ブタやヒツジなどの家畜が群れを成して列車内を移動。そんな動画がこのほど、中国四川省を走るローカル列車で撮影され、ネットで話題となっている。動画は同省涼山イ族自治州越西県普雄鎮の普雄駅から攀枝花(はんしか)市の攀枝花南駅に向かう5633/5634号列車で撮影された。列車は全26駅353キロの距離を時速40キロで9時間8分かけて走る。山間部を走行するため速度は遅いものの、山中で暮らす少数民族イ族の人々にとっては欠かせないライフラインとなっている。1970年の開業以来、運賃は2元(1元=約17円)~26・5元。運賃が安く、安全で利便性か高いことから、沿線の人々の買い物や通学の足となっている。列車には家畜や貨物用の車両があり、ブタやヒツジなどは通常、乗客とは別に載せられる。換気のため多くの天窓を開き、備え付けの消毒液で定期的に消毒も行っている。(記者/薛晨)=配信日:2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042608197

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.96
    2021年06月07日
    「新華社」米易県で老朽化した橋を爆破解体四川省攀枝花市

    中国四川省攀枝花(はんしか)市米易(べいい)県で4日、安寧川に架かる安寧河一橋が爆破解体された。橋は長さ207・7メートル、幅9・5メートルの6径間連続鉄筋コンクリート製双曲アーチ橋で、1975年に架けられた。安寧川で最初に建設された車の渡れる橋だった。設計当時の技術基準が低かったほか、ここ数年の水文環境変化の影響もあり、橋には傷みが生じていた。同県の政府は、住民に危険が及ぶ恐れがあるとして橋の取り壊しを決定した。今回の爆破はミリ秒単位で制御する爆破技術を用い、一度で倒壊し、その場で崩れ落ちるよう計算した。爆破後に技術者が実施した評価によると、衝撃波や飛び石などはいずれも制御可能な範囲に収まり、周辺の家屋や橋などへの影響もなかった。 =配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060707865

  •  (2)轎子山の秋景色雲南省
    2021年09月28日
    (2)轎子山の秋景色雲南省

    23日、轎子山国家級自然保護区の攀枝花(はんしか)ソテツ。中国雲南省昆明市東川区と禄勧イ族ミャオ族自治県の境界付近に位置する轎子(きょうし)山国家級自然保護区は、同省中部でよく見られる山岳氷河地形の景観を持ち、貴重な動植物資源も豊富で、昆明地区の「生態障壁」となっている。秋が到来した保護区内では、うっすらと雲がたなびき、美しい景色が人々を魅了している。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092900075

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:37.87
    2022年01月11日
    「新華社」中国南西部の大涼山に高速鉄道時代が到来四川省

    中国四川省涼山イ族自治州西昌市の西昌西駅で10日、高速鉄道列車「復興号」D843便が新規建設された成昆鉄道に沿って雲南省昆明市へと出発した。自治州内初となる高速鉄道列車の運行開始は、貧困脱却堅塁攻略の成果を固めた。「大涼山」と呼ばれる涼山イ族自治州は、中国で最後に貧困脱却を果たした地域の一つで、これまでに多くの日本人ボランティアが訪れ、村の人々の貧困脱却支援に尽力した。中国在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮氏が2021年に制作した「走近大涼山」は中国のネット上で話題となった。大涼山を旅した体験を追ったこの作品は、同氏が成昆鉄道の鈍行列車の車内で、涼山の農家の人々と出会うところから始まり、地元の貧困脱却の物語へと続いていく。旧成昆鉄道は技術的な限界と地形的な立地条件の影響を受け、全長1096キロの路線は曲がりくねりスピードが出せず、雨季には度々山崩れが起き通過できなくなっていた。新成昆鉄道は、山を貫くトンネルや大スパン橋などの技術革新により、四川省成都市から雲南省昆明市までの走行距離を236キロ短縮した。設計時速は従来の80キロから160キロに引き上げられ、災害危険区域に回避または防護対策を施した。新旧路線の併用により、輸送能力が最大限に発揮されている。新成昆鉄道は3区間に分けて建設される。昆明市から四川省攀枝花(はんしか)市米易県までの区間と、米易から西昌市・冕寧(べんねい)県までの区間がすでに開通し、残る冕寧から峨眉(がび)までの区間は、現在急ピッチで工事が進められている。全線開通後、成蘭鉄道(成都市-甘粛省蘭州市)などに接続し、中国北西部から成都・重慶経済圏、雲南省を経て東南アジアまで直通する新たな「南方シルクロード」高速鉄道網が形成される。(記者/尹恒) =配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011200118

  •  「新華社」無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    00:50.24
    2022年07月05日
    「新華社」無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心学校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。羊の皮で作った太鼓を叩きながら踊る羊皮鼓舞は「畢摩(ピモ)儀式舞」とも呼ばれ、古代の雨乞い、祭祀、狩猟、祝祭の踊りに起源を持つ。地元の民俗文化の特色を表現するだけでなく、同市に暮らす俚濮イ族(イ族の一支族)の歴史を受け継ぐ舞踊でもある。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。 =配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515284

  •  (1)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    2022年07月05日
    (1)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮白拉古村で、羊皮鼓舞を披露するイ族の村民。(4月26日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。(攀枝花=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515295

  •  (3)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    2022年07月05日
    (3)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮白拉古村で、羊皮鼓舞を披露するイ族の村民。(4月26日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。(攀枝花=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515289

  •  (4)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    2022年07月05日
    (4)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    四川省攀枝花(はんしか)市仁和区の平地鎮中心学校で、羊皮鼓舞を元にした体操を披露する児童。(4月26日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。(攀枝花=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515290

  •  (2)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    2022年07月05日
    (2)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮白拉古村で、羊皮鼓舞を披露するイ族の村民。(4月26日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。(攀枝花=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515288

  •  (5)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市
    2022年07月05日
    (5)無形文化遺産「羊皮鼓舞」が小学生の体操に四川省攀枝花市

    四川省攀枝花(はんしか)市仁和区の平地鎮中心学校で、羊皮鼓舞を元にした体操を披露する児童。(4月26日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市の平地鎮中心校では、省級無形文化遺産の「羊皮鼓舞」が休み時間に行う体操として取り入れられている。同校は、羊皮鼓舞が持つ本来の趣を残しつつ、現代音楽の要素を取り入れて、子どもたちの体力づくりと民族文化への理解の両立を図っている。(攀枝花=新華社配信/沙勇)= 配信日: 2022(令和4)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070515291

  •  (4)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (4)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区に設置されたソーラーパネル。(11月28日、小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である攀枝花ソテツ国家級自然保護区(ソテツ保護区)があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生息している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護希少絶滅危惧植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団は18年、「エコ優先、グリーン発展」を実践するため、ソテツ保護区での採掘作業を停止し、生態修復を実施した。数年にわたるかんがいと修復により、山肌の露出した鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302412

  •  (5)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (5)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区で生育する攀枝花ソテツ。(11月28日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である攀枝花ソテツ国家級自然保護区(ソテツ保護区)があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生息している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護希少絶滅危惧植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団は18年、「エコ優先、グリーン発展」を実践するため、ソテツ保護区での採掘作業を停止し、生態修復を実施した。数年にわたるかんがいと修復により、山肌の露出した鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302413

  •  (2)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (2)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区で修復された鉱山。(11月28日、小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である攀枝花ソテツ国家級自然保護区(ソテツ保護区)があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生息している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護希少絶滅危惧植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団は18年、「エコ優先、グリーン発展」を実践するため、ソテツ保護区での採掘作業を停止し、生態修復を実施した。数年にわたるかんがいと修復により、山肌の露出した鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302407

  •  (6)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (6)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区でカーブを描いて延びる鉱山修復後の道路。(11月28日、小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である攀枝花ソテツ国家級自然保護区(ソテツ保護区)があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生息している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護希少絶滅危惧植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団は18年、「エコ優先、グリーン発展」を実践するため、ソテツ保護区での採掘作業を停止し、生態修復を実施した。数年にわたるかんがいと修復により、山肌の露出した鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302414

  •  (1)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (1)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区で修復された鉱山。(11月28日、小型無人機から)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である「攀枝花ソテツ国家級自然保護区」があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生育している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護野生植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団傘下の攀鋼集団鉱業は2018年、「生態優先、グリーン発展」を実践するため同保護区での採掘を停止、生態環境の修復に取り組んだ。数年にわたるかんがいと整備を経て、山肌が露出していた鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302408

  •  (3)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市
    2022年12月13日
    (3)かつての鉱山、再び「緑の衣」をまとう四川省攀枝花市

    攀枝花ソテツ国家級自然保護区で生育する攀枝花ソテツ。(11月28日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市には、中国で唯一のソテツ類国家級保護区である攀枝花ソテツ国家級自然保護区(ソテツ保護区)があり、攀枝花ソテツ38万5千株余りが生息している。攀枝花ソテツは国家1級重点保護希少絶滅危惧植物で、「生きた化石植物」とも呼ばれる。中国製鉄大手、攀鋼集団は18年、「エコ優先、グリーン発展」を実践するため、ソテツ保護区での採掘作業を停止し、生態修復を実施した。数年にわたるかんがいと修復により、山肌の露出した鉱山は再び「緑の衣」に覆われた。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121302409

  •  「新華社」新成昆鉄道が全線開通、峨眉-冕寧区間を90秒で体験四川省
    01:30.02
    2022年12月27日
    「新華社」新成昆鉄道が全線開通、峨眉-冕寧区間を90秒で体験四川省

    中国四川省成都市と雲南省昆明市を結ぶ新成昆鉄道は26日、峨眉(がび)-冕寧(べんねい)区間が開通し、総延長915キロで営業を開始した。成都市から西昌市、攀枝花(はんしか)市までの所要時間が大幅に短縮され、それぞれ最短3時間、5時間での移動が可能となった。開通した峨眉-冕寧区間は総延長240キロ。長大トンネルや高橋脚・大スパンの橋梁を多数建設することで複雑な地質構造に対応した。全長2キロ以上の大スパン橋は11基あり、橋梁とトンネルが占める割合は88・5%に達している。橋梁とトンネルが次々と現れる同区間を見てみよう。(記者/江宏景) =配信日: 2022(令和4)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022122711956

  •  (5)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (5)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811043

  •  (3)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (3)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、迤沙拉村にある桜の木の下で記念撮影する観光客。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811050

  •  (7)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (7)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、迤沙拉村にある桜の木の下で記念撮影する観光客。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811059

  •  (2)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (2)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811068

  •  (8)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (8)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市迤沙拉村の民家。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811061

  •  (9)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (9)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811062

  •  (1)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (1)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811052

  •  (6)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (6)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811053

  •  (4)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (4)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市迤沙拉村の民家。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811051

  •  (10)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省
    2023年01月28日
    (10)金沙江ほとりの少数民族イ族の村、春節に多くの観光客四川省

    24日、攀枝花市迤沙拉村の路地。中国四川省攀枝花(はんしか)市にある少数民族イ族の村「迤沙拉村」は600年以上の歴史があり「中国歴史文化名村」「中国少数民族の特色ある村」に指定されている。気候が温暖で過ごしやすいため、春節(旧正月)連休(21~27日)には大勢の観光客が訪れた。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012811060

  •  (2)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (2)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市米易県の黄草村で撮影したサクランボ。(4月18日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308877

  •  (3)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (3)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市米易県の黄草村でサクランボを仕分ける農家の人。(4月18日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308879

  •  (5)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (5)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市米易県の黄草村でサクランボ狩りをする観光客。(4月18日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308880

  •  (7)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (7)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市塩辺県の三源河村で収穫されたクワの実。(4月21日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308873

  •  (9)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (9)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市塩辺県の新林村で撮影したクワの実。(4月21日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308874

  •  (6)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (6)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市塩辺県の三源河村で収穫したクワの実を見せる生産者。(4月21日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308872

  •  (1)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (1)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市米易県の黄草村で撮影したサクランボ。(4月18日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/邢拓)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308845

  •  (4)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (4)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市米易県の黄草村でサクランボを仕分ける農家の人。(4月18日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308875

  •  (8)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市
    2023年05月03日
    (8)果物栽培が農業の発展をけん引四川省攀枝花市

    攀枝花市塩辺県の三源河村でクワの実を仕分ける農家の人。(4月21日撮影)中国四川省攀枝花(はんしか)市は雲南省との境に位置し、市内に安寧河が流れる。地元では長年にわたり果物栽培が農業の成長をけん引してきた。現在はサクランボやクワの実が収穫期を迎え、農家の人々が摘み取りに追われているほか、観光客の果物狩りも盛んに行われている。(攀枝花=新華社記者/邢拓)= 配信日: 2023(令和5)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050308878

  •  「新華社」新技術導入で生まれ変わった伝統のクワ産業四川省塩辺県
    01:27.00
    2023年05月15日
    「新華社」新技術導入で生まれ変わった伝統のクワ産業四川省塩辺県

    中国の雅礱江(がろうこう)流域に位置する四川省攀枝花(はんしか)市塩辺県は、「中国の果桑(主に果樹として、あるいは実と葉を共に利用するために栽培されるクワ)の里」として知られている。かつて、生のクワの実は保存が困難なため、クワの木の利用率は高くなかった。現在は新技術の導入、産業発展方式の革新により、100年の歴史を持つクワ産業チェーンは拡大を続け、新たに生まれ変わった。同県では2022年のクワ栽培面積が13万1千ムー(約8733ヘクタール)となっており、うち果実と葉が共に利用されるクワの面積は9万ムー(6千ヘクタール)、クワ産業の総合生産額は6億1600万元(1元=約20円)に達している。クワ畑は主に標高1200~1700メートルの低山・河谷地帯に分布し、恵まれた自然環境により、同県のクワの実やカイコのまゆは省内の他地域よりも1カ月ほど早く出回る。(記者/尚文意、邢拓) =配信日: 2023(令和5)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051509518

  •  (3)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省
    2023年05月30日
    (3)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省

    放水する二灘水力発電所のダム湖。(資料写真)中国四川省攀枝花市の塩辺、米易両県の境を流れる雅礱江(がろうこう)の下流区間に位置する二灘水力発電所は1991年に着工、2000年に竣工した。発電設備容量は3300メガワット、ダムの高さは最大240メートルで、年間発電量は平均170億キロワット時となっている。(攀枝花=新華社配信/宋志評)= 配信日: 2023(令和5)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053009443

  •  (1)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省
    2023年05月30日
    (1)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省

    放水する二灘水力発電所のダム湖。(資料写真)中国四川省攀枝花市の塩辺、米易両県の境を流れる雅礱江(がろうこう)の下流区間に位置する二灘水力発電所は1991年に着工、2000年に竣工した。発電設備容量は3300メガワット、ダムの高さは最大240メートルで、年間発電量は平均170億キロワット時となっている。(攀枝花=新華社配信/宋志評)= 配信日: 2023(令和5)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053009445

  •  (2)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省
    2023年05月30日
    (2)雅礱江下流の二灘水力発電所を訪ねて四川省

    放水する二灘水力発電所のダム湖。(資料写真)中国四川省攀枝花市の塩辺、米易両県の境を流れる雅礱江(がろうこう)の下流区間に位置する二灘水力発電所は1991年に着工、2000年に竣工した。発電設備容量は3300メガワット、ダムの高さは最大240メートルで、年間発電量は平均170億キロワット時となっている。(攀枝花=新華社配信/宋志評)= 配信日: 2023(令和5)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053009444

  •  (3)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (3)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、四川省攀枝花市迤沙拉村で俚頗イ族刺しゅうを刺すイ族の女性の手元。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/張東沛)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310672

  •  (8)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (8)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、精緻な刺しゅうが施された靴の中敷き。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/張東沛)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310692

  •  (1)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (1)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、四川省攀枝花市迤沙拉村で俚頗イ族刺しゅうを刺すイ族の女性。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/張東沛)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310670

  •  (2)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (2)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、四川省攀枝花市迤沙拉村で俚頗イ族刺しゅうを刺すイ族の女性の手元。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/張東沛)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310673

  •  (6)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (6)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、精緻な刺しゅうが施された帽子。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/李永忠)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310694

  •  (5)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (5)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、生徒が制作したイ族刺しゅうの作品。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/楊永)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310695

  •  (4)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (4)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、「俚頗イ族刺しゅう講習会」でイ族刺しゅうの技法を学ぶ生徒。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/楊永)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310696

  •  (7)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市
    2023年12月13日
    (7)千年以上の歴史持つ刺しゅう技法を受け継ぐ村四川省攀枝花市

    6日、精緻な刺しゅうが施された靴。中国四川省攀枝花(はんしか)市仁和区平地鎮迤沙拉(いさら)村には、少数民族の俚頗(りは)イ族の間で1700年以上受け継がれてきた伝統的な刺しゅうがある。毛李珍(もう・りちん)さん(73)は俚頗イ族刺しゅうの初代伝承者で、40歳で母親から刺しゅうの技法を引き継ぎ、30年以上刺しゅうを続けている。俚頗イ族刺しゅうの伝統的技法は、精緻さと鮮やかな色合いで知られている。一般的なイ族刺しゅうとは異なり、目を引く青と赤の色を使い、さまざまな技法を駆使し、多様な図案を生み出している。赤ちゃんのおんぶひもから成人式の盛装、中高年女性の伝統的な頭巾まで種類は豊富で、どの作品にも歴史と文化が込められている。(攀枝花=新華社配信/李永忠)= 配信日: 2023(令和5)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023121310682

  • 1