KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 北側
  • 意味
  • 観光局
  • 銅銭
  • 遺物
  • しょう
  • 副葬品
  • 発掘調査
  • 磁器

「改葬」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    芝増上寺文昭院霊廟奥院中門

    文昭院霊廟の最も奥にあたる宝塔の前に設けられた青銅製の門である。両袖塀には昇り龍・下り龍が鋳抜かれている。北廟の5人の将軍墓前にはこうした門が建てられたが、青銅製はこの門だけである。現在、この門は焼失を免れ、改葬後の徳川家墓所の門となっている。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐30‐0]

    商品コード: 2017081401106

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    奈良県明日香村・鬼の俎、雪隠

    商品コード: 2010121000013

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    奈良県明日香村・鬼の俎、雪隠

    商品コード: 2010121000014

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    奈良県明日香村・鬼の俎、雪隠

    商品コード: 2010121000015

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    奈良県明日香村・鬼の俎、雪隠

    商品コード: 2010121000016

  • 2010年12月10日
    越塚御門古墳の石室 改葬前は鬼の俎・雪隠?

    牽牛子塚古墳の隣で見つかった越塚御門古墳の石室=奈良県明日香村

    商品コード: 2010121000026

  • 2010年12月10日
    鬼の俎と雪隠 改葬前は鬼の俎・雪隠?

    石室の天井と壁部分とされる鬼の雪隠(上)と床石部分とされる鬼の俎=奈良県明日香村

    商品コード: 2010121000027

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    越塚御門古墳の石室想像図

    商品コード: 2010121000086

  • 2010年12月10日
    改葬前は鬼の俎・雪隠?

    越塚御門古墳の石室想像図

    商品コード: 2010121000087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月03日
    改葬のため運ばれる棺 5市町開始へ、費用に課題

    震災犠牲者が土葬されている仮埋葬地から、遺体を改葬するため掘り出された棺=4月22日、宮城県東松島市

    商品コード: 2011050300092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月03日
    東松島市の埋葬場 2歳男児、母と一緒に荼毘

    多くの震災犠牲者が土葬された埋葬場。10月に全員の改葬が終わった=4月7日、宮城県東松島市

    商品コード: 2011110300079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月03日
    閉鎖された埋葬場 2歳男児、母と一緒に荼毘

    震災犠牲者が土葬されていた埋葬場。全員の改葬が終わり、閉鎖された=10月10日、宮城県東松島市

    商品コード: 2011110300082

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    東京都慰霊堂 関東大震災と東京の復興

    第二次大戦の空襲の犠牲者約10万5千人の遺骨が1948(昭和23)年から震災記念堂に改葬され、1951(昭和26)年9月、震災記念堂は「東京都慰霊堂」と名を変え現在に至っている=2011(平成23)年11月30日、東京都墨田区横網2丁目

    商品コード: 2012022800136

  • 2016年08月03日
    千葉さなの無縁塚 龍馬の婚約者を改葬へ

    千葉さなが葬られていた無縁塚を訪れた熊木慶忠さん(右)ら。中央の女性が抱く骨つぼに、譲り受けた土が入っている=7月27日、千葉県松戸市の東京都立八柱霊園

    商品コード: 2016080300011

  • 02:38.36
    2019年12月24日
    「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施された。太平公主は則天武后の寵愛を受け政治を補佐し、武后の死後は中宗と睿宗の復位、玄宗の擁立に関与するなど朝廷で権勢を振るった。後に玄宗と対立し、宮中で兵変を図るも機先を制され、その後死を賜った。薛紹は681年、太平公主が16歳(推定)の時に駙馬(皇女の夫)となったが、688年に皇族の反乱への関与を疑われ下獄され、翌年獄死した。17年後の706年に中宗皇帝により名誉を回復され、礼を以て改葬された。墓は空港新城底張街道岩村で見つかった。長安城遺跡から23キロ離れており、西北7・3キロには則天武后に仕えた才女・上官婉児(じょうかん・えんじ)の墓がある。同研究院の李明(り・みん)研究員によると、墓の全長は34・68メートルで深さは11・11メートル。封土と傾斜墓道、四つの天井(墓道と地上をつなぐ竪穴)と過道、六つの壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)、前後の甬道(ようどう、墓室をつなぐ通路)と墓室からなる。過去に2度盗掘に遭っているが、彩色陶俑を中心に120数点の遺物が出土した。墓室からは墓誌も見つかり、墓の主の家系や官職、死因などが記されていた。李氏は、今回の発見により新旧唐書に記載のない薛紹に関する事跡が明らかになったと指摘。墓誌や墓葬形式の研究を通じ、唐代の則天武后から玄宗初期にいたる政治文化の深層を概括することができると述べた。(記者/梁愛平)<映像内容>大型唐代墓葬の発掘調査、太平公主の夫の墓を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401722

  • 00:54.74
    2020年11月17日
    「新華社」宋代の家族墓地から大量の磁器が出土陝西省西安市

    中国の陝西省考古研究院は17日、記者会見を開き、同省西安市長安区にある北宋時代(960~1127年)の孟氏家族墓地で、精美な磁器や日用品が大量に出土したと発表した。墓地は同区杜回村の南にあり、6~10月に実施された調査で北宋後期の墓葬5基を発掘した。関中地域(同省中部の渭水盆地一帯)で近年実施された宋代遺跡の発掘では重要な発見になるという。同研究院で発掘プロジェクトの執行リーダーを務める苗軼飛(びょう・いつひ)氏によると、被葬者は全て北宋時代の孟輗(もう・げい)と孟軏(もう・げつ)兄弟の子女と家族で、宣和5(1123)年9月23日に同地に改葬された。墓地は北宋後期の孟氏家族墓地とほぼ断定でき、早世した家族を改葬した場所と思われる。5基の墓葬のうち、北側の2基は盗掘され墓誌2点のみを残すのみだったが、南側の3基からは茶器や酒器、日用品の器、祭祀用礼器を含む耀州窯の青磁60点(組)余りが出土した。景徳鎮窯の青白釉磁器、銅鏡、宝石などの副葬品や硯(すずり)や墨などの文房具も見つかった。同墓地の発見は、北宋時代の関中地域の埋葬様式や副葬品を研究する上で新たな資料になるという。(記者/楊一苗、梁愛平)<映像内容>孟氏家族墓地で出土した磁器、撮影日:2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112001616

  • 00:58.50
    2021年02月16日
    「新華社」遵義市で発見の大型墓群、元・明期のものと確認貴州省

    中国貴州省遵義市新蒲新区蝦子鎮で2020年7月に発見された大型墓群は、半年以上の発掘研究の結果、大半が元・明時代のものと確認された。考古スタッフは22基の墓を発掘し、それぞれM1~M22と命名。21基は石室墓、1基は竪穴土坑墓だった。石室墓はさらに竪穴石室墓と横穴石室墓、改葬墓の3種類に分類された。石室墓は、不規則な石板と大量の石灰を組み合わせて築かれ、墓門もなく形状が石棺墓に似ているものが一部で見られたほか、多くの石板を積み上げた比較的複雑な構造を持ち、藻井(そうせい、装飾天井)などの特殊構造を持つものもあった。墓室は長い年月を経ているため損傷が激しく、一部の墓室からのみ人骨と数点の遺物が出土した。うちM1号墓の墓室は同墓異穴式の夫妻双室合葬墓で、体系的な構造を持ち、墓門や棺床、排水溝、壁龕(へきがん)、藻井などが設けられていた。石壁には、花弁文と纏枝文(てんしもん、唐草文)が上下互い違いに施されていた。墓室の状況から被葬者は当時の富裕層か貴族で、高い身分の人物であったと推察されるが、墓室は二つとも盗掘によりひどく損傷しており、人骨もなく出土品も棺釘2本だけだったことから、身元を特定することはできなかった。貴州省文物考古研究所の考古スタッフ、李奎(り・けい)氏によると、22基の墓のうち藻井を持つのはM1、M6、M9号墓だという。M1号墓の形状は、藻井や案など貴州省北部の宋代墓の特徴の一部を備えているが、宋代墓に比べて簡略化されており、また明代の墓ほど単純化されていないため、両者の過渡期に当たる元代か元末明初のものと推測される。M9号墓は比較的簡略に造られ、藻井構造のみが残されている。M6号墓は藻井のある墓とない墓を含み、藻井のない墓は藻井を持つ墓よりも後に築かれた過渡期の墓に属する。これらの変遷状況から、M9とM6号墓の年代は明代初期と推測される。藻井を持つ3基以外は、6枚の石板からなる単純な石室墓で、墓室の数は単室、双室、三室、五室があり、大きさは大小さまざまで、形状も多様だが、年代はいずれも明代に属するという。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700105

  • 2021年05月04日
    (3)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓の発掘風景。(4月24日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406451

  • 2021年05月04日
    (4)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓。(4月20日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406454

  • 2021年05月04日
    (1)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓。(4月20日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406449

  • 2021年05月04日
    (2)泊頭市で宋代の夫婦合葬墓見つかる河北省

    泊頭市馮家口村で見つかった宋代の墓から出土した銅銭。(4月28日撮影)中国河北省の滄州(そうしゅう)市と泊頭市(滄州市管轄下の県級市)の文化・広電・観光局はこのほど、泊頭市馮家口(ふうかこう)村にある宋代の墓を緊急発掘し、男女の遺骨各1体と銅銭10枚余りを発見した。今回の発見は同市の宋代の埋葬制度を研究する上で重要な意義を持つという。墓は円形で、南側に傾斜した墓道があった。墓道と墓室の間にはアーチ型天井を持つ長方形の甬道(ようどう)があり、甬道と墓道の中間には封門磚(ふうもんせん)と呼ばれるれんがでふさがれていた。墓室はドーム型で、北側には門をかたどったれんがの浮き彫りがあり、赤い彩色画が施されていた。「婦人啓門図(半開きの扉から女性が外をのぞく構図)」を意味するという。東側には燭台、机、椅子、西側には扉や窓のれんが彫刻があり、それぞれ「夫婦対飲」「広大な邸宅」を表している。発掘で見つかった人骨のうち、北側の棺床にあった男性遺骨は埋葬後に掘り起こして改葬する二次葬と見られ、東西方向を向いていた。南側の棺床の女性遺骨は南北方向を向き、木棺に葬られていた。女性の頭骨周辺から銅製のかんざしが見つかったほか、骨格の下から銅銭「天聖通宝」が1枚出土した。墓葬の中央部でも「開元通宝」など銅銭十数枚が見つかった。(泊頭=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (3)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    土洞墓から出土した陶盆(土器のたらい)と「高祖第一」の文字が記された破片。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904880

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (1)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    磚室墓から出土した買地券。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904860

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (6)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    磚室墓の西北壁、北壁、東北壁のれんが彫刻。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904894

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (7)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    家族墓から出土した銅鏡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904900

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (2)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    土洞墓の墓室内の様子。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904862

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (5)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    磚室墓の東南壁、南壁、西南壁のれんが彫刻。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904890

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月29日
    (4)祠堂の役割を持つ宋・元代の家族墓を発見山西省

    磚室墓の墓室内の様子。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、考古学者が同省臨汾市洪洞県で宋・元代の家族墓を発掘したと明らかにした。墓は改葬した合葬墓2基を家族墓地に再建したもので、遺骨が中国の宗廟での霊位の席次を定めた「昭穆(しょうぼく)制度」に従って並べられるなど、祠堂(しどう)の役割を持ち、元代に起きた洪洞地震や古代中国の宗法(中国古来の血縁集団宗族に関するさまざまな規則)社会における祖先崇拝の儀礼秩序を研究する上で、重要な意味を持つという。この宋・元代の家族墓は、同県西孔村の北側にある。2基のうち1基は土洞墓(どどうぼ)で、もう1基は磚室墓(せんしつぼ、レンガで築いた墓)となっている。山西省考古研究院と洪洞県文化・観光局が2021年に共同で行った発掘調査では、主に陶器や磁器、銅銭、銅鏡、買地券(ばいちけん、架空の墓地購入の契約書で副葬品として用いられた)などの遺物が出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122904887

  • 1