KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 放射性核種
  • 記者
  • 開発
  • ラジオアイソトープ
  • 山東省
  • 海域
  • 環境問題
  • 科学者
  • 蛟竜

「放射性同位元素」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1950年07月18日
    理研にアイソトープ到着

    理化学研究所に届いた輸入ラジオアイソトープ(放射性同位元素)を処理する仁科芳雄博士=1950(昭和25)年7月18日 (25年内地3178)

    商品コード: 2013121900573

  • 1958年01月20日
    ラジオアイソトープ研修

    日本原子力研究所で行われたラジオアイソトープ研修所の開所式(東京・駒込)=1958(昭和33)年1月20日

    商品コード: 2011122100411

  • 1989年10月10日
    Krasnoyarsk-45

    8173617 10.10.1989 Checking the radiation level in Krasnoyarsk-45 (now Zelenogorsk) where the Uranium Electrochemical Company is located. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042802358

  • 1989年10月10日
    Uranium Electrochemical Company

    8173618 10.10.1989 The diffusion workshop of the Uranium Electrochemical Company in Krasnoyarsk-45 (now Zelenogorsk). Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042801972

  • 1989年10月10日
    Uranium Electrochemical Company

    8173611 10.10.1989 The diffusion workshop of the Uranium Electrochemical Company in Krasnoyarsk-45 (now Zelenogorsk). Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042802151

  • 1989年10月10日
    Fish-breeding facility of Krasnoyarsk-45 Electric-Chemical Plant

    8173609 10.10.1989 A fish-breeding facility inside cooling ponds of the Electric-Chemical Plant in Krasnoyarsk-45, now Zelenogorsk. Fred Grinberg、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050204954

  • 1990年01月16日
    放射性同位元素を違法埋設

    東大医学部付属病院での放射性同位元素(ラジオアイソトープ)のずさん管理問題で、記者会見する中条俊夫病院長(右)と科学技術庁の吉田哲彦放射線安全課長=1990(平成2)年1月16日、科学技術庁

    商品コード: 2020072000389

  • 1990年01月16日
    放射性同位元素を違法埋設

    東大医学部付属病院での放射性同位元素(ラジオアイソトープ)のずさん管理問題で、ラジオアイソトープ(RI)研究室前を調べる係官=1990(平成2)年1月16日午後1時すぎ、東京都文京区

    商品コード: 2020072000391

  • 1995年09月04日
    腕時計型測定装置 採血なしにPET診断

    PET診断の際の採血を不要にする腕時計型の動脈血放射線測定装置(カラーネガ)(放射性同位元素を体内に注入し、脳などの臓器の機能を精密に診断するポジトロンCT(PET、陽電子放射断層撮影)を研究している東北大サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターの中村尚司教授と伊藤正敏教授の研究グループは四日までに、採血しなくても動脈中の放射能を測定できる腕時計型の新装置を開発した)

    商品コード: 1995090400008

  • 1996年11月08日
    顕微鏡写真 38億年前の生命の痕跡

    地球で最も古い生物の痕跡とみられる三十八億年前のリン酸塩結晶の顕微鏡写真。グリーンランドに近いアキリア島のたい積岩中で発見され、米国の研究者らが結晶中の炭素粒子の同位体比を調べた結果、生物の代謝によってできた粒子であることが判明、七日発売の英科学誌ネイチャーに発表した。この発見で生物の起源は従来の説より三億年さかのぼることになった。結晶内に見える線は、結晶内にあった放射性核種が核分裂してできた跡。(ロイター=共同)

    商品コード: 1996110800099

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年06月25日
    会見する大学関係者 阪大で放射性同位元素紛失

    実験用の放射性同位元素紛失について記者会見する島田和典・大阪大遺伝情報実験施設長(右)ら=25日午後11時45分、大阪府吹田市の大阪大学(放射線障害防止法に基づいて科学技術庁に報告するとともに「盗難の恐れもある」として同日夜、大阪府警に届けた。)

    商品コード: 1997062500143

  • 1997年08月02日
    放射能汚染地図 子供7万5千人に発がんも

    米国立がん研究所が発表した各郡ごとの市民1人当たり放射性同位体ヨウ素131推定吸収線量地図(単位はラド)(共同)

    商品コード: 1997080200025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年06月29日
    発見された民家 長野の民家でモナザイト

    放射性元素を含む鉱物モナザイト約2トンが発見された長野市の民家=29日午後7時30分

    商品コード: 2000062900153

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年05月29日
    イリジウムの模造品 放射性同位元素が紛失

    国立札幌病院で紛失していたことが分かった放射性同位元素イリジウム192線源の模造品(下)

    商品コード: 2002052900180

  • 2006年10月10日
    高崎市の監視施設 放射性物質の検知焦点

    放射性物質を検知するCTBT高崎放射性核種監視観測所=10日午後、群馬県高崎市

    商品コード: 2006101000182

  • 2018年07月31日
    「大洋一号」出航48回目の大洋科学観測任務を遂行へ

    7月31日、48回目の大洋科学観測任務を遂行する科学観測隊の隊員が、旗を引き継ぎ出航する。科学観測船「大洋一号」が7月31日、中国山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出航し、北西太平洋の海域で48回目の大洋科学観測任務を遂行する。本航行は中国深海探査プロジェクト「蛟竜探海」の北西太平洋での作業方案を実施するための重要なもので、北西太平洋海山区での資源・環境に関する総合調査、深海の生態系環境に関する調査、深海装備の試験的な応用展開および海洋マイクロプラスチック、放射性核種といった深海の環境問題に関する調査の実施を主な任務としており、鳥類、海洋哺乳動物などに対する観測も行う。計画では百日間かけて、航行距離約6700カイリ(1カイリ=約1・85キロ)を進むことになっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200385

  • 2018年07月31日
    「大洋一号」出航48回目の大洋科学観測任務を遂行へ

    7月31日、山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出港する科学観測船「大洋1号」。科学観測船「大洋一号」が7月31日、中国山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出航し、北西太平洋の海域で48回目の大洋科学観測任務を遂行する。本航行は中国深海探査プロジェクト「蛟竜探海」の北西太平洋での作業方案を実施するための重要なもので、北西太平洋海山区での資源・環境に関する総合調査、深海の生態系環境に関する調査、深海装備の試験的な応用展開および海洋マイクロプラスチック、放射性核種といった深海の環境問題に関する調査の実施を主な任務としており、鳥類、海洋哺乳動物などに対する観測も行う。計画では百日間かけて、航行距離約6700カイリ(1カイリ=約1・85キロ)を進むことになっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200361

  • 2018年07月31日
    「大洋一号」出航48回目の大洋科学観測任務を遂行へ

    7月31日、山東省青島市に位置する国家海洋局北海分局科学観測基地ふ頭で、科学観測隊を見送る親族や友人。科学観測船「大洋一号」が7月31日、中国山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出航し、北西太平洋の海域で48回目の大洋科学観測任務を遂行する。本航行は中国深海探査プロジェクト「蛟竜探海」の北西太平洋での作業方案を実施するための重要なもので、北西太平洋海山区での資源・環境に関する総合調査、深海の生態系環境に関する調査、深海装備の試験的な応用展開および海洋マイクロプラスチック、放射性核種といった深海の環境問題に関する調査の実施を主な任務としており、鳥類、海洋哺乳動物などに対する観測も行う。計画では百日間かけて、航行距離約6700カイリ(1カイリ=約1・85キロ)を進むことになっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200407

  • 2018年07月31日
    「大洋一号」出航48回目の大洋科学観測任務を遂行へ

    7月31日、科学観測船「大洋一号」の後方の甲板に積まれた科学観測設備の一部分。科学観測船「大洋一号」が7月31日、中国山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出航し、北西太平洋の海域で48回目の大洋科学観測任務を遂行する。本航行は中国深海探査プロジェクト「蛟竜探海」の北西太平洋での作業方案を実施するための重要なもので、北西太平洋海山区での資源・環境に関する総合調査、深海の生態系環境に関する調査、深海装備の試験的な応用展開および海洋マイクロプラスチック、放射性核種といった深海の環境問題に関する調査の実施を主な任務としており、鳥類、海洋哺乳動物などに対する観測も行う。計画では百日間かけて、航行距離約6700カイリ(1カイリ=約1・85キロ)を進むことになっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200388

  • 2018年07月31日
    「大洋一号」出航48回目の大洋科学観測任務を遂行へ

    7月31日、山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出港する科学観測船「大洋1号」。科学観測船「大洋一号」が7月31日、中国山東省青島市の国家海洋局北海分局科学観測基地埠頭を出航し、北西太平洋の海域で48回目の大洋科学観測任務を遂行する。本航行は中国深海探査プロジェクト「蛟竜探海」の北西太平洋での作業方案を実施するための重要なもので、北西太平洋海山区での資源・環境に関する総合調査、深海の生態系環境に関する調査、深海装備の試験的な応用展開および海洋マイクロプラスチック、放射性核種といった深海の環境問題に関する調査の実施を主な任務としており、鳥類、海洋哺乳動物などに対する観測も行う。計画では百日間かけて、航行距離約6700カイリ(1カイリ=約1・85キロ)を進むことになっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200382

  • 2018年12月03日
    中英の科学者、制御核融合分野で新たな進展江蘇省蘇州市

    西交利物浦大学の事務室で撮影に応じる丁理峰博士。(資料写真)中国江蘇省蘇州市の西交利物浦大学(西安交通リバプール大学)は7日、同校が英国のリバプール大学と協力して制御核融合の分野で進展を遂げ、高純度な重水素を効果的に抽出できる材料を開発したと明らかにした。関連の研究成果がこのほど米学術誌「サイエンス」に発表された。西交利物浦大学化学科の丁理峰(てい・りほう)博士は、制御核融合は一種のグリーンエネルギーだが、安定した制御核融合の燃料をいかに探し出すかが解決すべき課題となっていると説明した。重水素は制御核融合の燃料として用いられるほか、非放射性同位体トレーサーや中性子散乱技術および製薬などの分野を含む他の科学研究でも幅広く応用されている。(蘇州=新華社配信)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005683

  • 2018年12月05日
    中英の科学者、制御核融合分野で新たな進展江蘇省蘇州市

    西交利物浦大学のスーパーコンピュータルームで撮影に応じる丁理峰博士。(資料写真)中国江蘇省蘇州市の西交利物浦大学(西安交通リバプール大学)は7日、同校が英国のリバプール大学と協力して制御核融合の分野で進展を遂げ、高純度な重水素を効果的に抽出できる材料を開発したと明らかにした。関連の研究成果がこのほど米学術誌「サイエンス」に発表された。西交利物浦大学化学科の丁理峰(てい・りほう)博士は、制御核融合は一種のグリーンエネルギーだが、安定した制御核融合の燃料をいかに探し出すかが解決すべき課題となっていると説明した。重水素は制御核融合の燃料として用いられるほか、非放射性同位体トレーサーや中性子散乱技術および製薬などの分野を含む他の科学研究でも幅広く応用されている。(蘇州=新華社配信)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005692

  • 2020年01月10日
    中英の科学者、制御核融合分野で新たな進展江蘇省蘇州市

    丁理峰博士のプロジェクトチームが製作したコンピュータモデル。(資料写真)中国江蘇省蘇州市の西交利物浦大学(西安交通リバプール大学)は7日、同校が英国のリバプール大学と協力して制御核融合の分野で進展を遂げ、高純度な重水素を効果的に抽出できる材料を開発したと明らかにした。関連の研究成果がこのほど米学術誌「サイエンス」に発表された。西交利物浦大学化学科の丁理峰(てい・りほう)博士は、制御核融合は一種のグリーンエネルギーだが、安定した制御核融合の燃料をいかに探し出すかが解決すべき課題となっていると説明した。重水素は制御核融合の燃料として用いられるほか、非放射性同位体トレーサーや中性子散乱技術および製薬などの分野を含む他の科学研究でも幅広く応用されている。(蘇州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005676

  • 2021年04月21日
    Robots in Chornobyl Exclusion Zone

    April 21, 2021, Kyiv Region, Ukraine: CHORNOBYL, UKRAINE - APRIL 21, 2021 - A special transport robot (STR-1) used to remove the highly radioactive elements of the destroyed 4th reactor from the roof of the reactor building is on show as pictured before the 35th anniversary of the Chornobyl disaster, Chornobyl, Kyiv Region, northern Ukraine. (Credit Image: © Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Volodymyr Tarasov/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042306053

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    Derrick-Philippe Gosselin delivers a speech at a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600757

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    (L-R) Derrick-Philippe Gosselin, Eric Van Walle, Vice-prime minister Pierre-Yves Dermagne, State Secretary Thomas Dermine, Federal Minister Tinne Van der Straeten, IBA Managing director Olivier Legrain and Eric van Walle of SCK-CEN pictured during a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021.BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600004

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    (front L-R) IBA Managing director Olivier Legrain, Pierre Mottet of IBA, (rear L-R) Vice-prime minister Pierre-Yves Dermagne, Federal Minister Tinne Van der Straeten and State Secretary Thomas Dermine pictured during a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600822

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    Vice-prime minister Pierre-Yves Dermagne poses for the photographer at a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600112

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    Vice-prime minister Pierre-Yves Dermagne and Federal Minister Tinne Van der Straeten pictured during a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600184

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    Derrick-Philippe Gosselin poses for the photographer at a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600196

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    State Secretary Thomas Dermine poses for the photographer after a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600023

  • 2021年09月15日
    BRUSSELS IBA SCK CEN PRODUCTION ACTINIUM-225

    Eric van Walle (SCK CEN) poses for the photographer at a press conference of IBA (Ion Beam Applications), the world leader in particle accelerator technology, and SCK CEN (Belgian Nuclear Research Center) to announce a join forces to enable production of Actinium-225, a novel radioisotope which has significant potential in the treatment of cancer, in Brussels, Wednesday 15 September 2021. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091600099

  • 2021年11月30日
    (1)中国の科学者、放射能汚染水処理の新技術を開発江蘇省蘇州市

    蘇州大学放射線医学・放射線防護国家重点実験室の王殳凹教授(中央)と学生のチーム。(3月20日撮影)中国の蘇州大学は28日、同大学放射線医学・放射線防護国家重点実験室の柴之芳(さい・しほう)院士(アカデミー会員)と王殳凹(おう・しゅおう)教授のチームが、新たな水蒸留処理技術とイオン状放射性核種を選択的に除去する吸着材料をそれぞれ開発し、放射線汚染水の高度な浄化に技術的支援を提供したと明らかにした。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113012837

  • 2021年11月30日
    (2)中国の科学者、放射能汚染水処理の新技術を開発江蘇省蘇州市

    学生の実験を指導する蘇州大学放射線医学・放射線防護国家重点実験室の王殳凹教授(右から2人目)。(3月20日撮影)中国の蘇州大学は28日、同大学放射線医学・放射線防護国家重点実験室の柴之芳(さい・しほう)院士(アカデミー会員)と王殳凹(おう・しゅおう)教授のチームが、新たな水蒸留処理技術とイオン状放射性核種を選択的に除去する吸着材料をそれぞれ開発し、放射線汚染水の高度な浄化に技術的支援を提供したと明らかにした。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113012918

  • 01:52.02
    2022年02月26日
    Argentina and China deepen cooperation in nuclear medicine

    STORY: Argentina and China deepen cooperation in nuclear medicineDATELINE: Feb. 26, 2022LENGTH: 00:01:52LOCATION: Buenos AiresCATEGORY: TECHNOLOGYSHOTLIST:1. SOUNDBITE 1 (Spanish): PABLO ABBATE, Vice Manager of Commercialization of INVAP‘s Nuclear Department2. SOUNDBITE 2 (Spanish): DARIO IEDWAB, Manager of the Institutional and Commercial Relations of INVAPSTORYLINE:Argentina and China are deepening cooperation in nuclear medicine.Within the framework of the understanding of cooperation in political, economic, social and cultural aspects, Argentine company INVAP, a state-owned high-tech firm, will help build a reactor to produce medical radioisotopes in Jiujiang, China‘s Jiangxi Province...= 配信日: 2022(令和4)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030312633

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年04月13日
    吾輩は猫である

    日本政府が東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を決定してから13日で1年たった。米国やドイツ、ロシア、韓国などの学者によると、これらの処理水にはどれだけ処理を重ねても大量の放射性同位体が含まれるという。中でも炭素14の半減期は5730年とされる。放射能に汚染された水は、数十年で太平洋沿岸のすべての国に影響を及ぼし、放射性物質は数千年にわたり世界の海洋環境に危害をもたらす。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041305435

  • 1