KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 人々
  • 令和
  • 故郷
  • 記者
  • 技術
  • 活躍
  • 福州
  • 複数
  • 農業
  • 開拓

「故郷の人々」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (6)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、村民の自宅で、高齢者に日常生活で注意することなどについて説明する鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (3)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、診察を受けに来た村民に薬の説明をする鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (7)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、江西省宜春市宜豊県双木村の医務室で、村民に届ける薬を救急箱に入れる鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (5)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、山道を歩いて往診に行く鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (2)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、村の医務室で村民のカルテを探す鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (4)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、山道を歩いて往診に行く鍾樹新さん。(小型無人機から)中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201278

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.68
    2020年12月20日
    「新華社」故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(記者/彭昭之) =配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122104722

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (1)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、江西省宜春市宜豊県の双木村で、診察を受けに来る村民を待つ鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201324

  • 2021年08月24日
    (18)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    21日、ライブ配信の準備をする黄莉莉(こう・りり)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506315

  • 2021年08月24日
    (17)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    21日、福建省莆田(ほでん)市秀嶼区平海鎮にある平海一級漁港のふ頭で、ライブ配信で水揚げされたクロホシマンジュウダイを紹介する黄莉莉(こう・りり)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506280

  • 2021年08月24日
    (8)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、岩茶を紹介する武夷山築夢前蘭生態茶葉農民専業合作社(協同組合)のライブ配信チームのメンバー。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506252

  • 2021年08月24日
    (16)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    14日、宅配トラックの車内でフウセイ(大黄魚)製品を紹介する、福建省霞浦県沙江鎮沙江村でライブキャスターを務める張序剣(ちょう・じょけん)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506235

  • 2021年08月24日
    (14)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    13日、干潟でカニを捕る父親の張応斌(ちょう・おうひん)さん(右)を撮影する、福建省霞浦県沙江鎮沙江村でライブキャスターを務める張序剣(ちょう・じょけん)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506276

  • 2021年08月24日
    (9)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、岩茶を紹介する武夷山築夢前蘭生態茶葉農民専業合作社(協同組合)のライブ配信チームのメンバー。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506260

  • 2021年08月24日
    (19)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    21日、ライブ配信チームのメンバーと打ち合わせをする黄莉莉(こう・りり)さん(右端)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082511549

  • 2021年08月24日
    (2)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷向陽村で、作業の合間に汗を拭う呉盾(ご・じゅん)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506241

  • 2021年08月24日
    (10)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、福建省寧徳市寿寧県下党郷のブドウ園で、収穫したばかりのブドウを手に笑顔を見せる帰郷した青年起業家、陳上友(ちん・じょうゆう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社配信/周義)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506266

  • 2021年08月24日
    (20)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    21日、チームのメンバーとライブ配信の準備をする黄莉莉(こう・りり)さん(中央)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506279

  • 2021年08月24日
    (13)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    13日、干潟から戻ってきた、福建省霞浦県沙江鎮沙江村でライブキャスターを務める張序剣(ちょう・じょけん)さん(奥中央)と父親の張応斌(ちょう・おうひん)さん(左)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506308

  • 2021年08月24日
    (11)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、福建省寧徳市寿寧県下党郷で、ライブ配信で収穫したばかりのブドウを紹介する陳上友(ちん・じょうゆう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社配信/周義)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506272

  • 2021年08月24日
    (12)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、福建省寧徳市寿寧県下党郷の路地裏で、ライブ配信で地元農家が作った乾燥野菜を紹介する陳上友(ちん・じょうゆう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社配信/周義)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506270

  • 2021年08月24日
    (6)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、岩茶を紹介する武夷山築夢前蘭生態茶葉農民専業合作社(協同組合)のライブ配信チームのメンバー。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506287

  • 2021年08月24日
    (4)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷の農産品物流配送拠点で、商品を発送する養蜂家の呉攀峰(ご・はんほう)さん(左端)と帰郷した青年起業家、林祥貴(りん・しょうき)さん(奥)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506291

  • 2021年08月24日
    (3)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷向陽村で、養蜂作業の様子をスマートフォンで撮影する養蜂家親子の呉盾(ご・じゅん)さん(右)と呉攀峰(ご・はんほう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506268

  • 2021年08月24日
    (7)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、作業の合間に同僚の楊宝華(よう・ほうか)さん(左)にお茶を入れる、武夷山築夢前蘭生態茶葉農民専業合作社(協同組合)のライブ配信チームのメンバー、彭福嬌(ほう・ふくきょう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082511533

  • 2021年08月24日
    (5)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    17日、岩茶を作る武夷山築夢前蘭生態茶葉農民専業合作社(協同組合)のライブ配信チームの葉茂超(よう・もちょう)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082511518

  • 2021年08月24日
    (1)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷向陽村で、帰郷した青年起業家、林祥貴(りん・しょうき)さんの助けを借りながら、ライブ配信用の機材を設置する養蜂家親子の呉盾(ご・じゅん)さん(中央)と呉攀峰(ご・はんほう)さん(左)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506257

  • 2021年08月24日
    (15)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    14日、宅配便の箱にフウセイ(大黄魚)を詰める、福建省霞浦県沙江鎮沙江村でライブキャスターを務める張序剣(ちょう・じょけん)さん。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506288

  • 1