KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 地域
  • 壁画
  • 観光客
  • 資料
  • シルクロード
  • 学生
  • 座談会
  • 文物

「敦煌学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」大学がセンター開設、敦煌の文献資料電子化甘粛省
    02:13.91
    2018年11月09日
    「新華社」大学がセンター開設、敦煌の文献資料電子化甘粛省

    敦煌文献の収集・整理のため、中国の蘭州文理学院は2016年から敦煌文献資源センターの開設準備を開始し、敦煌の紙の文献やデジタル映像の電子文献、彩色塑像、壁画などの収容を行い、現在では千種類余り、5千冊以上の敦煌学関連文献を所蔵する。これらの文献はトルファン学や西夏学、シルクロード学などの分野に広がっている。敦煌文化が神秘的な洞窟を出て大学生の身近に行き、大学で成果を生み出せるよう、同センターでは敦煌文化の体験に力を入れている。教師と学生が壁画を共同制作することで教室を同センターに「引っ越し」したり、デジタル資源を使った相互学習や体験式学習を行うことで学生たちに敦煌文化をより深く理解してもらう試みがなされている。敦煌文献資源センターでは敦煌文化の関連要素を大学の文学、歴史、観光、舞踏、音楽、メディアなどの学科と融合し、大学の関連学科の構築を支えるとともに、学生たちの文献研究ニーズを満たしているという。(記者/胡偉傑、任延昕)<映像内容>敦煌文献資源センター開設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209070

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟の三層楼に入場する観光客。この中に蔵経洞がある。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104618

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、初冬の莫高窟。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104779

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟のシンボル的建築、九層楼。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104668

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟を見学する観光客。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104772

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟のそばを流れる宕泉河(大泉河)。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104524

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、初冬の莫高窟。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104515

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟の三層楼の前で足を止める観光客。この中に蔵経洞がある。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104669

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟の道士塔。蔵経洞の発見者、王圓籙(おう・えんろく)道士が亡くなった後、弟子が師のために建てた。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104612

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月09日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    9日、莫高窟のシンボル的建築、九層楼に入場する観光客。中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104686

  •  敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立
    2020年11月10日
    敦煌蔵経洞発見120周年、中国が敦煌学の国際的影響力を確立

    莫高窟の蔵経洞。(資料写真)中国甘粛省敦煌市の莫高窟で7~9日、「敦煌蔵経洞発見120周年記念学術シンポジウム」が開催され、中国が敦煌学研究で国際的発言権をさらに高めたことが分かった。(敦煌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104774

  •  「新華社」敦煌で見つけた「日本の形跡」
    01:01.92
    2021年04月18日
    「新華社」敦煌で見つけた「日本の形跡」

    中国甘粛省敦煌市で現在、「シルクロードの美地・敦煌展」が開催されており、敦煌壁画の精巧なデジタル作品の前では来場者が足を止めている。敦煌は多くの日本人が思いを寄せる場所であり、このシルクロードの古都では多くの「日本の形跡」を見つけることができる。甘粛画院の段兼善(だん・けんぜん)元副院長は「中国と日本は文化的つながりが非常に深く、シルクロードを通じて東に伝わった仏教が、両国の似通った文化の下地をもたらした」と説明。シルクロードの要衝である敦煌では仏教芸術が栄え、文化的価値の高い莫高窟が誕生し、日本は遣隋使や遣唐使を派遣して中国文化を学んできたと述べた。在中国日本大使館の志水史雄公使は「古来より、日本は中国文化を吸収して、日本独自の文化を発展させてきた。中国文化、仏教文化が日本に与えた影響は非常に大きく、日本人の心の中で敦煌が大きな地位を占めていると言っても過言ではない」と語った。約120年前に敦煌の莫高窟蔵経洞が発見され、多くの文化財が海外に流出したことで、日本などの研究者の注目を集めるようになり、国際的な学問「敦煌学」が誕生。日本は世界の敦煌学研究において、重要な力を持つことになった。新中国成立後、敦煌と日本の文化交流はさらに深まり、1958年には当時の敦煌文物研究所所長、常書鴻(じょう・しょこう)氏が敦煌壁画を模写した作品を日本で展示し、大きな話題となった。この展覧会には、画家の平山郁夫氏や小説家の井上靖氏らも訪れた。平山氏はその後敦煌に関心を持ち、敦煌文化財保護事業や人材育成などに心血を注ぎ、井上氏は日本で話題となった小説「敦煌」を著した。=配信日:2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042003282

  •  (15)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省
    2022年03月06日
    (15)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省

    4日、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の壁画をモチーフにした「敦煌舞」を披露する西北師範大学敦煌学院の学生。中国の祁連(きれん)山麓にある甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県の七彩花田・千畝花海広場で4日、同県と敦煌市が合同で民族団結文芸公演を開いた。両地域の文芸従事者や民衆、愛好家が集まり、歌や踊りを楽しんだ。(酒泉=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030611461

  •  (1)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省
    2022年03月06日
    (1)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省

    4日、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の壁画をモチーフにした「敦煌舞」を披露する西北師範大学敦煌学院の学生。中国の祁連(きれん)山麓にある甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県の七彩花田・千畝花海広場で4日、同県と敦煌市が合同で民族団結文芸公演を開いた。両地域の文芸従事者や民衆、愛好家が集まり、歌や踊りを楽しんだ。(酒泉=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030611438

  •  (13)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省
    2022年03月06日
    (13)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省

    4日、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の壁画をモチーフにした「敦煌舞」を披露する西北師範大学敦煌学院の学生。中国の祁連(きれん)山麓にある甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県の七彩花田・千畝花海広場で4日、同県と敦煌市が合同で民族団結文芸公演を開いた。両地域の文芸従事者や民衆、愛好家が集まり、歌や踊りを楽しんだ。(酒泉=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030611459

  •  (14)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省
    2022年03月06日
    (14)雪山の麓で楽しむ歌と踊り甘粛省

    4日、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の壁画をモチーフにした「敦煌舞」を披露する西北師範大学敦煌学院の学生。中国の祁連(きれん)山麓にある甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県の七彩花田・千畝花海広場で4日、同県と敦煌市が合同で民族団結文芸公演を開いた。両地域の文芸従事者や民衆、愛好家が集まり、歌や踊りを楽しんだ。(酒泉=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030611460

  •  (5)敦煌の歴史文化に触れるスタディーツアーが人気に甘粛省
    2022年07月15日
    (5)敦煌の歴史文化に触れるスタディーツアーが人気に甘粛省

    11日、甘粛省敦煌市莫高里工匠村で、敦煌の歴史文化をツアー参加者に説明する敦煌学の専門家。中国の甘粛省敦煌市はここ数年、豊かな歴史文化資源と自然景観を生かし、青少年を中心とする多くの観光客に敦煌の歴史や文化を体験してもらうスタディーツアーを実施している。敦煌文化の魅力に直接触れることができるスタディーツアーは、敦煌観光の目玉となっている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071509311

  •  (1)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い
    2022年11月02日
    (1)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い

    蘭州大学敦煌学研究所で鄭炳林教授(右)と話をするプロンキナさん。(9月15日撮影)中国甘粛省蘭州市の甘粛政法大学で教授を務めるロシア人、オルガ・プロンキナさん(36)は、2009年から同市に在住している。2019年に蘭州大学敦煌学研究所の博士課程に入学すると、敦煌学の著名学者、鄭炳林(てい・へいりん)教授の下で研さんを積んだ。在学中は幾度も敦煌で実地調査を行ったほか、大量の関連文献を閲読または翻訳し、敦煌文化への造詣を深めた。将来の展望については、敦煌学の研究を続け、より多くの学術書を翻訳したいとし「もし可能なら、敦煌文化に関する歴史小説の翻訳にも挑戦したい」とも語った。文明交流と文明対話の使者になるのが夢だという。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2022(令和4)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110207652

  •  (2)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い
    2022年11月02日
    (2)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い

    甘粛省博物館を見学するプロンキナさん。(9月15日撮影)中国甘粛省蘭州市の甘粛政法大学で教授を務めるロシア人、オルガ・プロンキナさん(36)は、2009年から同市に在住している。2019年に蘭州大学敦煌学研究所の博士課程に入学すると、敦煌学の著名学者、鄭炳林(てい・へいりん)教授の下で研さんを積んだ。在学中は幾度も敦煌で実地調査を行ったほか、大量の関連文献を閲読または翻訳し、敦煌文化への造詣を深めた。将来の展望については、敦煌学の研究を続け、より多くの学術書を翻訳したいとし「もし可能なら、敦煌文化に関する歴史小説の翻訳にも挑戦したい」とも語った。文明交流と文明対話の使者になるのが夢だという。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2022(令和4)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110207676

  •  (3)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い
    2022年11月02日
    (3)「文明対話の使者に」ロシア人研究者の敦煌への思い

    甘粛政法大学図書館で資料を探すプロンキナさん。(9月15日撮影)中国甘粛省蘭州市の甘粛政法大学で教授を務めるロシア人、オルガ・プロンキナさん(36)は、2009年から同市に在住している。2019年に蘭州大学敦煌学研究所の博士課程に入学すると、敦煌学の著名学者、鄭炳林(てい・へいりん)教授の下で研さんを積んだ。在学中は幾度も敦煌で実地調査を行ったほか、大量の関連文献を閲読または翻訳し、敦煌文化への造詣を深めた。将来の展望については、敦煌学の研究を続け、より多くの学術書を翻訳したいとし「もし可能なら、敦煌文化に関する歴史小説の翻訳にも挑戦したい」とも語った。文明交流と文明対話の使者になるのが夢だという。(蘭州=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2022(令和4)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110207675

  •  (2)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化
    2023年04月23日
    (2)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化

    「デジタル蔵経洞」での三層楼。(スクリーンショット)中国甘粛省敦煌市にある世界文化遺産、莫高窟(ばっこうくつ)で発見された文物を研究する「敦煌学」の研究成果とゲーム技術を融合させた「デジタル蔵経洞」がこのほど、公開された。(敦煌=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2023(令和5)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042308840

  •  (4)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化
    2023年04月23日
    (4)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化

    「デジタル蔵経洞」の部分。(スクリーンショット)中国甘粛省敦煌市にある世界文化遺産、莫高窟(ばっこうくつ)で発見された文物を研究する「敦煌学」の研究成果とゲーム技術を融合させた「デジタル蔵経洞」がこのほど、公開された。(敦煌=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2023(令和5)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042308855

  •  (3)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化
    2023年04月23日
    (3)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化

    「デジタル蔵経洞」の部分。(スクリーンショット)中国甘粛省敦煌市にある世界文化遺産、莫高窟(ばっこうくつ)で発見された文物を研究する「敦煌学」の研究成果とゲーム技術を融合させた「デジタル蔵経洞」がこのほど、公開された。(敦煌=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2023(令和5)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042308837

  •  (1)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化
    2023年04月23日
    (1)「デジタル蔵経洞」で味わう敦煌文化

    莫高窟の三層楼の前で足を止める観光客。この中に蔵経洞がある。(資料写真)中国甘粛省敦煌市にある世界文化遺産、莫高窟(ばっこうくつ)で発見された文物を研究する「敦煌学」の研究成果とゲーム技術を融合させた「デジタル蔵経洞」がこのほど、公開された。(敦煌=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2023(令和5)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042308841

  •  (3)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催
    2023年07月12日
    (3)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催

    10日、座談会で発言する敦煌研究院の樊錦詩名誉院長。中国敦煌研究院の樊錦詩(はん・きんし)名誉院長(85)の敦煌文化財事業従事60年を記念する座談会が10日、甘粛省敦煌市で開かれた。座談会では、国際番号381323の小惑星が「樊錦詩星」と命名された。樊さんから敦煌文化財事業の推進や人材育成に充てる資金として中国敦煌石窟保護研究基金会に1千万元(1元=約19円)が寄付された。樊さんは5月にも母校の北京大学に敦煌学研究費用として同額を寄付している。樊さんは北京大で考古学を専攻した。1963年の卒業から現在まで60年間、敦煌の文化財事業に従事している。(敦煌=新華社記者/張睿)= 配信日: 2023(令和5)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071208352

  •  (1)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催
    2023年07月12日
    (1)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催

    10日、座談会で発言する敦煌研究院の樊錦詩名誉院長。中国敦煌研究院の樊錦詩(はん・きんし)名誉院長(85)の敦煌文化財事業従事60年を記念する座談会が10日、甘粛省敦煌市で開かれた。座談会では、国際番号381323の小惑星が「樊錦詩星」と命名された。樊さんから敦煌文化財事業の推進や人材育成に充てる資金として中国敦煌石窟保護研究基金会に1千万元(1元=約19円)が寄付された。樊さんは5月にも母校の北京大学に敦煌学研究費用として同額を寄付している。樊さんは北京大で考古学を専攻した。1963年の卒業から現在まで60年間、敦煌の文化財事業に従事している。(敦煌=新華社記者/張睿)= 配信日: 2023(令和5)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071208344

  •  (2)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催
    2023年07月12日
    (2)樊錦詩さんの敦煌文化財事業従事60年座談会、敦煌市で開催

    10日、「樊錦詩星」の命名証書を受け取る中国敦煌研究院の樊錦詩名誉院長(左)。中国敦煌研究院の樊錦詩(はん・きんし)名誉院長(85)の敦煌文化財事業従事60年を記念する座談会が10日、甘粛省敦煌市で開かれた。座談会では、国際番号381323の小惑星が「樊錦詩星」と命名された。樊さんから敦煌文化財事業の推進や人材育成に充てる資金として中国敦煌石窟保護研究基金会に1千万元(1元=約19円)が寄付された。樊さんは5月にも母校の北京大学に敦煌学研究費用として同額を寄付している。樊さんは北京大で考古学を専攻した。1963年の卒業から現在まで60年間、敦煌の文化財事業に従事している。(敦煌=新華社記者/張睿)= 配信日: 2023(令和5)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071208343

  •  China‘s cultural treasure Dunhuang goes digital to survive, thrive
    01:55.77
    2023年07月12日
    China‘s cultural treasure Dunhuang goes digital to survive, thrive

    STORY: China‘s cultural treasure Dunhuang goes digital to survive, thriveDATELINE: July 12, 2023LENGTH: 00:01:56LOCATION: LANZHOU, ChinaCATEGORY: CULTURESHOTLIST:1. various of the Mogao Grottoes2. SOUNDBITE 1 (Chinese): FAN JINSHI, Chinese archaeologist3. various of the digitalization drive4. SOUNDBITE 2 (Chinese): CHEN XIN, Staff member, Dunhuang Academy‘s cultural relics digitalization institute5. SOUNDBITE 3 (Chinese): GU TINGTING, Staff member, Dunhuang Academy‘s cultural relics digitalization institute6. SOUNDBITE 4 (Chinese): YU TIANXIU, Director of Dunhuang Academy‘s cultural relics digitalization instituteSTORYLINE:An asteroid was named after Chinese archaeologist Fan Jinshi on Monday in recognition of her contribution to the protection, study, and promotion of the Mogao Grottoes, a UNESCO World Heritage Site in Dunhuang in northwest China‘s Gansu Province...= 配信日: 2023(令和5)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071300096

  •  (1)学術誌「敦煌研究」が創刊40周年敦煌学の発展支える
    2023年08月22日
    (1)学術誌「敦煌研究」が創刊40周年敦煌学の発展支える

    「敦煌研究」創刊号。(資料写真)中国甘粛省蘭州市で19日、学術誌「敦煌研究」の創刊40周年を記念する座談会が開かれた。中国の敦煌学はこの40年、同誌をはじめとする多くの学術組織の努力により大きく発展した。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023082207082

  •  (2)学術誌「敦煌研究」が創刊40周年敦煌学の発展支える
    2023年08月22日
    (2)学術誌「敦煌研究」が創刊40周年敦煌学の発展支える

    「敦煌研究」が第5回中国出版政府賞の定期刊行物賞を受賞した時の賞状。(資料写真)中国甘粛省蘭州市で19日、学術誌「敦煌研究」の創刊40周年を記念する座談会が開かれた。中国の敦煌学はこの40年、同誌をはじめとする多くの学術組織の努力により大きく発展した。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023082207080

  •  (16)シルクロード博覧会で交流と学び合い甘粛省敦煌市
    2023年09月11日
    (16)シルクロード博覧会で交流と学び合い甘粛省敦煌市

    4日、世界文化遺産保存モデル・敦煌学研究高地建設成果展に展示された莫高窟の壁画のレプリカ。中国甘粛省敦煌市で6、7両日、第6回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会が開かれた。「世界をつなぐ・文化交流と学び合い」をテーマに「一帯一路」の共同建設や敦煌文化の継承と発展、経済社会発展への貢献に焦点を当て、テーマ展や文芸公演、専門フォーラム、企業誘致説明会など一連の催しに50余りの国と地域、国際機関から1200人以上が参加した。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2023(令和5)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091109843

  •  (2)「敦煌」が世界に伝える古代シルクロードの物語甘粛省
    2023年09月17日
    (2)「敦煌」が世界に伝える古代シルクロードの物語甘粛省

    ササン朝ペルシャの芸術的特徴を示す莫高窟第249窟の狩猟図。(資料写真)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「敦煌学の研究と発揚の世界的意義」をテーマにした国際シンポジウムが開かれ、古代の多元的な文明が育んだ敦煌文化の研究は国際化の優位性を生かし、古代シルクロードの物語を世界に伝えているとの認識が示された。6、7両日に開かれた第6回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会の一環として開催。中国やロシア、米国、英国、フランス、日本など11カ国・地域の研究者100人余りが参加した。(敦煌=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091711709

  •  (1)「敦煌」が世界に伝える古代シルクロードの物語甘粛省
    2023年09月17日
    (1)「敦煌」が世界に伝える古代シルクロードの物語甘粛省

    中国甘粛省敦煌市にある莫高窟。(4月25日、小型無人機から)中国甘粛省敦煌市でこのほど、「敦煌学の研究と発揚の世界的意義」をテーマにした国際シンポジウムが開かれ、古代の多元的な文明が育んだ敦煌文化の研究は国際化の優位性を生かし、古代シルクロードの物語を世界に伝えているとの認識が示された。6、7両日に開かれた第6回シルクロード(敦煌)国際文化博覧会の一環として開催。中国やロシア、米国、英国、フランス、日本など11カ国・地域の研究者100人余りが参加した。(敦煌=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2023(令和5)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091711710

  • 1