KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 再現
  • 北西
  • 可能性
  • 奥行き
  • 委託
  • 富士五湖
  • 富士山
  • 山口県
  • 山梨
  • 山陽新聞

「文人画」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1904年12月31日
    本栖湖からの富士山

    富士五湖のひとつである本栖湖の北西側から富士山を望んだ写真(「目録番号3338」)のステレオ写真である。写真注記には「文人画家に愛された壮麗なる富士、本栖湖の北西より望む」とあり、木立の間から奥行きある光景を再現すべくステレオ写真化されたものであろう。=1904(明治37)年、山梨、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐82‐0]

    商品コード: 2017081600804

  • 2018年11月07日
    浦上玉堂の製作 不明の琴発見

    見つかった浦上玉堂製作の七絃琴「瑶芳琴」。岡山に生まれた江戸後期の文人画家浦上玉堂(1745~1820年)が製作し、親交のあった山口県の大庄屋・上田堂山に贈ったものの、所在不明になっていた七絃琴(しちげんきん)「瑶芳琴(ようほうきん)」が22日までに見つかった。玉堂製と伝わる琴は10面ほどあるが、玉堂自筆の墨書きが入り、銘の由来を示す書簡も添えられていることから、玉堂を顕彰する岡山県立美術館(岡山市北区天神町)は「瑶芳琴に違いなく、唯一来歴が明らかで状態も良い琴といえる。諸国を旅した玉堂の交遊を裏付ける第一級の資料」と位置づける。=2018(平成30)年11月7日、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112700256

  • 1