KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 発展
  • 芸術
  • 日本
  • 技術
  • 企業
  • 平成
  • 歴史
  • 特色

「文化産業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
614
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
614
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Prehistory. Objects found around Riga city. Neolithic era. Stone axes.

    Prehistory. Objects found around Riga city. Neolithic era. Stone axes.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051310000

  • 1948年09月22日
    上野市

    白風城(文化産業城)=整理1948(昭和23)年9月、三重県上野市(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016021700471

  • 1993年08月24日
    交換大会の皇太子ご夫妻 全国農業青年交換大会開く

    全国農業青年交換大会で発表をご覧の皇太子ご夫妻=24日午後、滋賀県、米原町の県立文化産業交流会館

    商品コード: 1993082400019

  • 1999年04月14日
    会場の若者たち 韓国で日本文化の博覧会

    14日、ソウル市内で開かれた日本文化産業博覧会で、日本の最新歌謡を聴く韓国の若者たち(共同)

    商品コード: 1999041400136

  • 1999年04月15日
    バンドのメンバーたち 日本バンドの韓国公演中止

    15日、ソウル市内で開催されている「日本文化産業博覧会」で公演が中止され、ステージであいさつする日本のインディーズ系バンドのメンバー(共同)

    商品コード: 1999041500141

  • 2010年02月23日
    Poliedro de Caracas, Venezuela.

    February 23, 2010, Caracas, Distrito Capital, Venezuela: The Poliedro de Caracas is a venue designed and built to host events and shows, and sometimes for pandemic-damaged or disease-ridden shelters; located south of the city of Caracas (Venezuela), in the area of La Rinconada, adjacent to the Hippodrome La Rinconada. Venezuela (Credit Image: © Jimmy Villalta/ZUMA Wire)、クレジット:©Jimmy Villalta/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803748

  • 2010年02月23日
    Poliedro de Caracas, Venezuela.

    February 23, 2010, Caracas, Distrito Capital, Venezuela: The Poliedro de Caracas is a venue designed and built to host events and shows, and sometimes for pandemic-damaged or disease-ridden shelters; located south of the city of Caracas (Venezuela), in the area of La Rinconada, adjacent to the Hippodrome La Rinconada. Venezuela (Credit Image: © Jimmy Villalta/ZUMA Wire)、クレジット:©Jimmy Villalta/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803983

  • 2010年02月23日
    Poliedro de Caracas, Venezuela.

    February 23, 2010, Caracas, Distrito Capital, Venezuela: The Poliedro de Caracas is a venue designed and built to host events and shows, and sometimes for pandemic-damaged or disease-ridden shelters; located south of the city of Caracas (Venezuela), in the area of La Rinconada, adjacent to the Hippodrome La Rinconada. Venezuela (Credit Image: © Jimmy Villalta/ZUMA Wire)、クレジット:©Jimmy Villalta/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803773

  • 2010年02月23日
    Poliedro de Caracas, Venezuela.

    February 23, 2010, Caracas, Distrito Capital, Venezuela: The Poliedro de Caracas is a venue designed and built to host events and shows, and sometimes for pandemic-damaged or disease-ridden shelters; located south of the city of Caracas (Venezuela), in the area of La Rinconada, adjacent to the Hippodrome La Rinconada. Venezuela (Credit Image: © Jimmy Villalta/ZUMA Wire)、クレジット:©Jimmy Villalta/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803932

  • 2010年02月23日
    Poliedro de Caracas, Venezuela.

    February 23, 2010, Caracas, Distrito Capital, Venezuela: The Poliedro de Caracas is a venue designed and built to host events and shows, and sometimes for pandemic-damaged or disease-ridden shelters; located south of the city of Caracas (Venezuela), in the area of La Rinconada, adjacent to the Hippodrome La Rinconada. Venezuela (Credit Image: © Jimmy Villalta/ZUMA Wire)、クレジット:©Jimmy Villalta/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803901

  • 2011年04月20日
    貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省

    四川博物院が所蔵する「比丘法愛造観世音像」。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年〜589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2011(平成23)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012216032

  • 2014年05月16日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    第10回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会で、深圳の文化クリエーティブ企業、深圳華強方特文化科技集団が制作した「熊出没」のアニメキャラクターオブジェの前で写真を撮る来場者。(2014年5月16日撮影)都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエーティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2014(平成26)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201627

  • 2015年07月31日
    貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省

    山東省の青州市博物館が所蔵する「彩絵石彫思惟菩薩像」。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2015(平成27)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012215693

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、建物、城、城址、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515965

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、城、城址、天守閣、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516049

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、城、城址、天守閣、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516149

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、城、城址、天守閣、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516103

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、建物、城、城址、天守閣、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516072

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城

    キーワード:伊賀上野城、屋外、城、城址、天守閣、日本、風景、無人、史跡、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516098

  • 2016年03月29日
    伊賀上野城跡

    キーワード:伊賀上野城、屋外、城、城址、石垣、跡、日本、敷石、風景、無人、史跡、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2016(平成28)年3月29日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515916

  • 2018年04月13日
    寧波市で「特色文化産業交易博覧会」が開幕

    13日、ヨーロッパ館で来場者にイタリアのグルメをPRする出展者。「特色文化産業交易博覧会」が13日、中国浙江省寧波市の国際エキシビジョンセンターで開幕した。文化メディア企業やデジタル技術関連企業、文化・創造産業など1500社以上が出展した。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700457

  • 2018年04月13日
    寧波市で「特色文化産業交易博覧会」が開幕

    13日、ヨーロッパ館で英国の日用雑貨を見学する来場者。「特色文化産業交易博覧会」が13日、中国浙江省寧波市の国際エキシビジョンセンターで開幕した。文化メディア企業やデジタル技術関連企業、文化・創造産業など1500社以上が出展した。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700467

  • 2018年04月13日
    寧波市で「特色文化産業交易博覧会」が開幕

    13日、「一帯一路」国際テーマ館で出展品の写真を撮る来場者。「特色文化産業交易博覧会」が13日、中国浙江省寧波市の国際エキシビジョンセンターで開幕した。文化メディア企業やデジタル技術関連企業、文化・創造産業など1500社以上が出展した。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700497

  • 2018年04月13日
    寧波市で「特色文化産業交易博覧会」が開幕

    13日、「一帯一路」国際テーマ館で出展された陶磁器を眺める来場者。「特色文化産業交易博覧会」が13日、中国浙江省寧波市の国際エキシビジョンセンターで開幕した。文化メディア企業やデジタル技術関連企業、文化・創造産業など1500社以上が出展した。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041700505

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、河北省衡水市饒陽県の琺瑯製造企業で作業する従業員。一般的な銅器に釉薬を焼き付け、非常に華やかで美しい琺瑯に仕上げる。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100662

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、ビニールハウスでブドウを収穫する県民。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100676

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日に撮影した河北省衡水市饒陽県の大規模ビニールハウス地区。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100665

  • 2018年05月09日
    河北省饒陽県特色ある産業で貧困脱却を実現へ

    9日、河北省衡水市饒陽県の楽器製造企業で、楽器を作る従業員。同県内の民族楽器メーカーは現在、40社余りに達し、生産している楽器の種類は弾奏楽器や弦楽器、打楽器合わせて約300種類に及ぶ。中国河北省衡水市饒陽県は省級貧困県に指定されており、貧困脱却の堅塁攻略戦に勝利するため、同県では地域産業の特徴を十分生かし、野菜の施設栽培と文化産業による独自の貧困脱却の道を歩んでいる。(衡水=新華社記者/張碩)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100728

  • 2018年05月10日
    第14回中国国際文化産業博覧交易会深圳で開幕

    10日、中国(深圳)国際文化産業博覧交易会で出展された、視覚障害者が触感で時間を知ることができる腕時計を撮影する来場者。第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会が10日、中国広東省の深圳市で開幕した。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100647

  • 2018年05月10日
    第14回中国国際文化産業博覧交易会深圳で開幕

    10日、中国(深圳)国際文化産業博覧交易会の広州館でVRゲームを体験する来場者。第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会が10日、中国広東省の深圳市で開幕した。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100630

  • 2018年05月10日
    第14回中国国際文化産業博覧交易会深圳で開幕

    10日、中国(深圳)国際文化産業博覧交易会の第1展示館を見学する来場者。第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会が10日、中国広東省の深圳市で開幕した。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100645

  • 2018年05月10日
    第14回中国国際文化産業博覧交易会深圳で開幕

    10日、中国(深圳)国際文化産業博覧交易会の北京文旺閣木作博物館のブースを見学する子供。第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会が10日、中国広東省の深圳市で開幕した。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100646

  • 2018年05月10日
    第14回中国国際文化産業博覧交易会深圳で開幕

    10日、中国(深圳)国際文化産業博覧交易会の第1展示館。第14回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会が10日、中国広東省の深圳市で開幕した。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100665

  • 2018年06月20日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    深圳の文化スポット「NanhaiE-cool(南海意庫)」にある景観デザイン企業、深圳奥雅設計で働くデザイナー。(2018年6月20日撮影)都市としての歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、2008年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエイティブ産業の付加価値額は2018年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月01日
    進む観光振興新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県

    1日、中国新疆ウイグル自治区モンゴルキュレ県の天馬観光文化産業園で、観光客と交流する肯巴提・買達力さん(中央)。彼女は今年5月に馬術ショーのチームに加わり、月に2千元(1元=約16円)ほどの収入があるという。中国新疆ウイグル自治区の西部、イリカザフ自治州のモンゴルキュレ(昭蘇)県は観光シーズンを迎え、1日当たりの観光客が2千人近くに達している。同県はここ数年、全域で観光業の発展に力を入れ、インフラ整備と生態環境保護にも努めている。独特な自然と地理環境を生かし、数多くの観光客を引き寄せ、現地の農牧民の増収を支援している。(昭蘇=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300388

  • 2018年08月15日
    豊かな自然に恵まれた古堰画郷浙江省麗水市

    15日、浙江省麗水市蓮都区古堰画郷景区にある「古堰」、通済堰。(小型無人機から)中国浙江省麗水市の南西部に位置する蓮都区古堰画郷景区は自然と歴史・文化が一体を成しており、上から2番目の国家4A級観光地、国家水利観光地に認定されている。「古堰」は、505年に建設された全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の通済堰を指す。画郷の文化の特色や発展の位置づけは際立っており、「行画(油絵工芸品)」産業の発展が古堰画郷文化産業パークの主要な柱と特色になっている。(麗水=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700223

  • 2018年08月15日
    豊かな自然に恵まれた古堰画郷浙江省麗水市

    15日、浙江省麗水市蓮都区の古堰画郷景区で、漁の様子を撮影する観光客。中国浙江省麗水市の南西部に位置する蓮都区古堰画郷景区は自然と歴史・文化が一体を成しており、上から2番目の国家4A級観光地、国家水利観光地に認定されている。「古堰」は、505年に建設された全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の通済堰を指す。画郷の文化の特色や発展の位置づけは際立っており、「行画(油絵工芸品)」産業の発展が古堰画郷文化産業パークの主要な柱と特色になっている。(麗水=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700290

  • 2018年08月15日
    豊かな自然に恵まれた古堰画郷浙江省麗水市

    15日、浙江省麗水市蓮都区の古堰画郷景区で、通済堰を眺める観光客。中国浙江省麗水市の南西部に位置する蓮都区古堰画郷景区は自然と歴史・文化が一体を成しており、上から2番目の国家4A級観光地、国家水利観光地に認定されている。「古堰」は、505年に建設された全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の通済堰を指す。画郷の文化の特色や発展の位置づけは際立っており、「行画(油絵工芸品)」産業の発展が古堰画郷文化産業パークの主要な柱と特色になっている。(麗水=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700289

  • 2018年08月15日
    豊かな自然に恵まれた古堰画郷浙江省麗水市

    15日、浙江省麗水市蓮都区の古堰画郷景区を流れる瓯江に停泊する小舟。中国浙江省麗水市の南西部に位置する蓮都区古堰画郷景区は自然と歴史・文化が一体を成しており、上から2番目の国家4A級観光地、国家水利観光地に認定されている。「古堰」は、505年に建設された全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の通済堰を指す。画郷の文化の特色や発展の位置づけは際立っており、「行画(油絵工芸品)」産業の発展が古堰画郷文化産業パークの主要な柱と特色になっている。(麗水=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081700285

  • 2018年08月24日
    中信出版日本株式会社、戦略発表会開催中日文化産業の架け橋目指す

    24日、中信出版日本株式会社が日本で出版する中国語書籍「螞蟻金服」の日本語版出版に関する著作権ライセンス契約の調印式。中信出版日本株式会社は24日、中国北京で開かれている第25回北京国際図書展示会(BIBF)で「テクノロジー&アート美しい生活の提案」をテーマに戦略発表会を行った。同社は出版業務を基礎に中日の文化交流のハイライトを深く掘り下げ、両国の文化産業分野の交流と協力を促進していくとした。(北京=新華社記者/胡暁格)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715555

  • 2018年08月24日
    中信出版日本株式会社、戦略発表会開催中日文化産業の架け橋目指す

    24日、中信出版日本株式会社が中国で出版する日本の有名デザイナー、原研哉氏の著作「HOUSEVISION」の中国語版出版に関する著作権ライセンス契約の調印式。中信出版日本株式会社は24日、中国北京で開かれている第25回北京国際図書展示会(BIBF)で「テクノロジー&アート美しい生活の提案」をテーマに戦略発表会を行った。同社は出版業務を基礎に中日の文化交流のハイライトを深く掘り下げ、両国の文化産業分野の交流と協力を促進していくとした。(北京=新華社記者/張暁華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715427

  • 2018年08月24日
    中信出版日本株式会社、戦略発表会開催中日文化産業の架け橋目指す

    24日、中信出版日本株式会社の戦略発表会で、同社が日本語版を出版する中国語書籍「螞蟻金服」と中国語版を出版する日本の有名デザイナーの原研哉氏の著作「HOUSEVISION」について深い交流を行う出席者。中信出版日本株式会社は24日、中国北京で開かれている第25回北京国際図書展示会(BIBF)で「テクノロジー&アート美しい生活の提案」をテーマに戦略発表会を行った。同社は出版業務を基礎に中日の文化交流のハイライトを深く掘り下げ、両国の文化産業分野の交流と協力を促進していくとした。(北京=新華社記者/張暁華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715606

  • 2018年08月24日
    中信出版日本株式会社、戦略発表会開催中日文化産業の架け橋目指す

    24日、中信出版日本株式会社戦略発表会であいさつする中信出版集団の王斌董事長。中信出版日本株式会社は24日、中国北京で開かれている第25回北京国際図書展示会(BIBF)で「テクノロジー&アート美しい生活の提案」をテーマに戦略発表会を行った。同社は出版業務を基礎に中日の文化交流のハイライトを深く掘り下げ、両国の文化産業分野の交流と協力を促進していくとした。(北京=新華社記者/張暁華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715158

  • 2018年08月24日
    中信出版日本株式会社、戦略発表会開催中日文化産業の架け橋目指す

    24日、中信出版日本株式会社戦略発表会で出版理念を紹介する同社の白方啓文副社長。中信出版日本株式会社は24日、中国北京で開かれている第25回北京国際図書展示会(BIBF)で「テクノロジー&アート美しい生活の提案」をテーマに戦略発表会を行った。同社は出版業務を基礎に中日の文化交流のハイライトを深く掘り下げ、両国の文化産業分野の交流と協力を促進していくとした。(北京=新華社記者/胡暁格)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715510

  • 2018年09月04日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市にある鬼谷子文化産業園の牌坊(はいぼう、中国の伝統的建築様式の門の一つ)。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605573

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607126

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607027

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606834

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606941

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607105

  • 2018年10月12日
    「第4回中国越劇芸術節」が開幕浙江省紹興市

    12日、越劇「王陽明」を演じる紹興小百花(しょうこう・しょうひゃっか)越劇団の舞台俳優。「第4回中国越劇(えつげき、中国の地方劇の一つ。発祥地にちなんで紹興劇ともいう)芸術節(祭)」が12日、浙江省紹興市で開幕し、24の演目が演じられた。同芸術節ではハイレベル対話、越劇文化産業展などのイベントも行われる。(紹興=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607137

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、孔子研究院本部体験基地に置かれた文化クリエイティブ製品。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213909

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、尼山聖地にある孔子「七十二賢人」(孔子の弟子のうち特に優れた者)の塑像を見学する観光客。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213821

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、孔子研究院本部体験基地を見学する観光客。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213830

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、「論語」の物語を元にした出し物を披露する曲阜市小雪街道武家村の子どもたち。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213769

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、「曲阜市第5回市民儒学祭・祭孔大典(孔子を祭る式典)」で伝統儀礼を披露する人たち。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213901

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、孔子研究院本部体験基地で伝統的な「燻香」の技芸を学ぶ女性たち。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213891

  • 2018年11月20日
    孔子の故郷、伝統文化の継承と発展に尽力山東省曲阜市

    20日、孔子研究院本部体験基地で観光客に古代の加冠成人式を披露する男性たち。孔子の故郷として知られる中国山東省曲阜(きょくふ)市はこの数年、優れた伝統文化の創造的な転換、革新的な発展を進めてきた。同市は「文化+(プラス)」理念のけん引の下で、曲阜市優秀伝統文化継承・発展モデル区と孔子研究院本部体験基地の建設と連携し、全力で国家級文化産業モデル地区中心エリアの管理・運営を行っている。また、孔子博物館や尼山聖地などの重要文化産業プロジェクトを加速し、「三孔彩絵」(孔子の直系子孫が住んだ孔府、孔子を祭祀する孔廟、孔子とその子孫の墓園である孔林の建築に描かれた絵)や魯国故城国家考古遺跡公園などの文化財保護プロジェクトを進めている。(済寧=新華社配信/李明放)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213827

  • 2018年11月29日
    第1回長江デルタ国際文化産業博覧会、上海で開幕

    29日、第1回長江デルタ国際文化産業博覧会の展示ブースで、製品である包装紙について来場者に説明するスタッフ(左端)。中国上海市静安区にある上海展覧センターで29日、第1回長江デルタ国際文化産業博覧会が開幕した。(上海=新華社記者/方喆)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310398

  • 2018年11月29日
    第1回長江デルタ国際文化産業博覧会、上海で開幕

    29日、第1回長江デルタ国際文化産業博覧会で、ロボットによる動作と音声のデモンストレーションを見学する来場者。中国上海市静安区にある上海展覧センターで29日、第1回長江デルタ国際文化産業博覧会が開幕した。(上海=新華社記者/方喆)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310233

  • 2018年11月29日
    第1回長江デルタ国際文化産業博覧会、上海で開幕

    29日、安徽省の文房四宝(筆、墨、紙、硯)生産企業の展示ブースで見学する来場者。中国上海市静安区にある上海展覧センターで29日、第1回長江デルタ国際文化産業博覧会が開幕した。(上海=新華社記者/方喆)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310246

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、徳化県の宝竜瓷芸(ほうりゅうしげい)研究所で、ろくろを回す作業員。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521056

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会を見学する来場者。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521127

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会で、お茶とコーヒー兼用のアイデア茶器を見る来場者。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521063

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会を見学する来場者。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521164

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会で茶芸を披露する茶芸師。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521251

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、徳化県の宝竜瓷芸(ほうりゅうしげい)研究所で、手作業で茶器を製作する1980年代生まれの工芸美術師、徐金宝(じょ・きんほう)さん。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521179

  • 03:46.51
    2018年12月21日
    「新華社」携帯化、ハイテク化、多様化-変貌する中国の伝統茶器

    第1回中国(德化)茶器文化産業博覧会が21日、中国の陶磁器芸術発祥の地の一つである福建省泉州市德化県で開幕した。同博覧会には中国の10省(自治区・直轄市)、29の陶磁器産地から数百の茶器ブランドが集まり、中国茶器産業の最新のトレンドを示した。市場規模も拡大の一途をたどっている。福建省德化県の陶磁器製茶器の生産額も、2018年は60億元(1元=約16円)に達する見込みだ。巨大な市場ニーズが企業のイノベーションを活性化させている。同博覧会では、金属鉱物を用いた茶碗や景泰藍(七宝焼き)工芸を取り入れた白磁、彩り鮮やかなガラス製茶器など、さまざまなスタイルや材質、デザイン、機能を持つ茶器が精巧さや美しさを競い合うように並んでおり、来場者を魅了している。電子商取引(EC)が発達した中国では、多くの人がインターネット経由で茶器を購入している。深圳から出展した積木易搭科技技術有限公司は、茶器ネット販売の「泣きどころ」に目を付け、3Dスキャン技術によって茶器をオンライン上に立体表示させ、茶器の購入をより直感的な体験に変えようとしている。茶器を3Dスキャンすると、わずか5分で商品のスキャニングが完了するので、多くの茶器メーカーに歓迎されている。(記者/邰暁安、李穎)<映像内容>第1回中国茶器文化産業博覧会の様子、撮影日:2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520519

  • 2018年12月21日
    革新で陶磁製茶器が産業の新たな強みに福建省徳化

    21日、第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会で、子豚型の携帯茶器を紹介するスタッフ。第1回中国(徳化)茶器文化産業博覧会が21日、陶磁器の都・福建省泉州(せんしゅう)市徳化(とくか)県で開幕、全国の陶磁器生産地から数百の茶器ブランドが出展した。同県は近年、陶磁器産業構造の転換と高度化を推進し、市場の細分化を通じ、陶磁製茶器が陶磁器産業の強みや成長分野となるよう取り組んできた。技術革新の強化、専門性・品質・特徴面への注力、若手職人の育成、産業博覧会などの場の活用によって、陶磁製茶器の迅速な発展を後押ししてきた。(徳化=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月08日
    子どもたちがナン作りに挑戦新疆ウイグル自治区

    8日、ウルムチ市ナン文化産業パークでナンを作る子どもたち。新疆ウイグル自治区ウルムチ市内のある幼稚園の園児が8日、同市のナン文化産業パークを訪れ、スタッフにナンの作り方を教わり、自分で料理を作る楽しさを体験した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120599

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月08日
    子どもたちがナン作りに挑戦新疆ウイグル自治区

    8日、ウルムチ市ナン文化産業パークでナンを作る子ども。新疆ウイグル自治区ウルムチ市内のある幼稚園の園児が8日、同市のナン文化産業パークを訪れ、スタッフにナンの作り方を教わり、自分で料理を作る楽しさを体験した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120614

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月08日
    子どもたちがナン作りに挑戦新疆ウイグル自治区

    8日、ウルムチ市ナン文化産業パークで子どもにナン作りを教えるスタッフ。新疆ウイグル自治区ウルムチ市内のある幼稚園の園児が8日、同市のナン文化産業パークを訪れ、スタッフにナンの作り方を教わり、自分で料理を作る楽しさを体験した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月08日
    子どもたちがナン作りに挑戦新疆ウイグル自治区

    8日、ウルムチ市ナン文化産業パークで自作のナンを食べる子ども。新疆ウイグル自治区ウルムチ市内のある幼稚園の園児が8日、同市のナン文化産業パークを訪れ、スタッフにナンの作り方を教わり、自分で料理を作る楽しさを体験した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120650

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月08日
    子どもたちがナン作りに挑戦新疆ウイグル自治区

    8日、ウルムチ市ナン文化産業パークでナン作りを体験した後、ナンを頬張る子ども。新疆ウイグル自治区ウルムチ市内のある幼稚園の園児が8日、同市のナン文化産業パークを訪れ、スタッフにナンの作り方を教わり、自分で料理を作る楽しさを体験した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120604

  • 2019年01月09日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    「中国油絵第一村」と称される深圳市竜崗(りゅうこう)区の大芬(だいふん)村で、クリエーティブ作品の仕上がりを確認する芸術家の陳求之(ちん・きゅうし)さんと娘の陳山葉(ちん・ざんよう)さん(右)。(2019年1月9日撮影)都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエーティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201561

  • 2019年01月09日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    「中国油絵第一村」と称される深圳市竜崗(りゅうこう)区の大芬(だいふん)村で、書道作品を制作する芸術家の陳求之(ちん・きゅうし)さん(2019年1月9日撮影)。都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエーティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201572

  • 2019年01月11日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    「中国油絵第一村」と称される深圳市竜崗(りゅうこう)区の大芬(だいふん)村にある自身のアトリエで、自作の作品を見つめる画家の趙小勇(ちょう・しょうゆう)さん。(2019年1月11日撮影)都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエイティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201591

  • 2019年01月11日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    「中国油絵第一村」と称される深圳市竜崗(りゅうこう)区の大芬(だいふん)村にある自身のアトリエで、創作に取り組む画家の趙小勇(ちょう・しょうゆう)さん。(2019年1月11日撮影)都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエーティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201592

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:32.43
    2019年02月07日
    「新華社」バラエティ豊かな新疆のナンお好みの一品もきっと見つかる

    中国新疆ウイグル自治区で「ナン」は庶民の食卓に欠かせない主食。「肉は3日なくとも良いが、ナンは1日も欠かせない」と言われている。ナンの歴史は古く、6世紀の北魏時代に編さんされた農業技術書「斉民要術(せいみんようじゅつ)」にもナンの前身「胡餅(こべい)」の記載がある。ナンは何百もの種類があるとされる。大きなものには同自治区の無形文化遺産に指定されている「クチャの大ナン(庫車大饢)」があり、乗用車のタイヤほどの大きさがある。小さいものは子供の手のひらサイズで、実にさまざまな種類がある。ウルムチ市は2018年、ナン文化産業パークを設立し、食品加工企業19社を誘致した。環境にやさしいナン焼き窯を導入し、雑穀で作ったトウモロコシナンや激辛味の具入り唐辛子ナン、香り豊かなローズナン、水の代わりにヨーグルトを加えて作ったネギ入りナンなど、さまざまな風味のナンを製造している。各メーカーは独自の特色を活かした製品や新たに創作した製品を世に送り出している。製造されたナンは、手軽で便利な物流網を通じ地元のホテルやスーパー、コンビニに配送される。ECサイトを通じた通信販売も行われている。ナン文化産業パークでは、観光客がオープンキッチンで作られる各種ナンの製造過程を見学できるだけでなく、自らナン作りに挑戦することもできる。(記者/張嘯誠)<映像内容>中国新疆「ナン」の調理の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717863

  • 2019年02月21日
    映画·テレビ文化産業クラスター形成に尽力河北省大廠

    21日、大廠回族自治県の「影視小鎮」に進出した企業で、撮影用の道具を製作するスタッフ。中国河北省大廠(だいしょう)回族自治県では近年、京津冀(北京市、天津市、河北省)協同発展の推進をチャンスととらえ、「映画+(プラス)」を発展方向に定め、「影視小鎮」(映画・テレビの町)づくりに力を入れている。映画製作やアニメ・ゲーム製作、テレビメディア、テーマ体験などの分野を網羅する、映画・テレビ文化産業クラスターの形成を目指している。(大廠=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500616

  • 2019年02月21日
    映画·テレビ文化産業クラスター形成に尽力河北省大廠

    21日、大廠回族自治県の「影視小鎮」に進出した企業で、レコーディング作業を行うスタッフ。中国河北省大廠(だいしょう)回族自治県では近年、京津冀(北京市、天津市、河北省)協同発展の推進をチャンスととらえ、「映画+(プラス)」を発展方向に定め、「影視小鎮」(映画・テレビの町)づくりに力を入れている。映画製作やアニメ・ゲーム製作、テレビメディア、テーマ体験などの分野を網羅する、映画・テレビ文化産業クラスターの形成を目指している。(大廠=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500529

  • 2019年02月21日
    映画·テレビ文化産業クラスター形成に尽力河北省大廠

    21日、大廠回族自治県の「影視小鎮」にある版権サービスステーション。中国河北省大廠(だいしょう)回族自治県では近年、京津冀(北京市、天津市、河北省)協同発展の推進をチャンスととらえ、「映画+(プラス)」を発展方向に定め、「影視小鎮」(映画・テレビの町)づくりに力を入れている。映画製作やアニメ・ゲーム製作、テレビメディア、テーマ体験などの分野を網羅する、映画・テレビ文化産業クラスターの形成を目指している。(大廠=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500582

  • 02:03.52
    2019年03月12日
    「新華社」【両会】代表議案と提案それぞれ491件、8千件受領第13期全人代第2回会議

    第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議事務局は12日、大会主席団が決定した代表の議案提出期限までに、大会事務局の議案組(グループ)が代表議案を合計491件受領したことを明らかにした。うち代表団が提出した議案は14件、代表が連名で提出した議案は477件だった。また議案組は、代表からの提案や批判、意見を約8千件受領した。全人代常務委員会副秘書長で大会事務局議案組組長の郭振華(かく・しんか)氏は次のように紹介した。初歩的な整理と分析を終え、代表らが提出した議案は立法関連が487件、監督関連が4件だった。これらの議案は党と国家活動の大局と緊密に結びつき、立法を通じて重要な政策決定を推進、保障し、重大な戦略を実行に移す。議案内容は主に①総合的に改革を深化させ、対外開放を拡大②国民生活に対する保障と改善③生態文明の建設とグリーン発展を推進④国家安全の擁護と社会ガバナンスに対する革新⑤文化事業と文化産業の発展-の5つの分野に集中している。代表らの提案で比較的関心が集中した問題には、三大堅塁攻略戦の着実な遂行、重要な地域発展戦略への支持、中小企業の「資金繰り難、資金調達コスト高」問題の解決、農村地域のインフラ不整備などがあった。(記者/李姝莛、林凱)<映像内容>中国全人代の第2回会議事務局の様子、撮影日:2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401129

  • 01:46.39
    2019年03月13日
    「新華社」伝統手工芸「連史紙」の生産技術が蘇る福建省連城県

    中国福建省竜岩市連城県姑田鎮上保村にある千平方メートル余りの木造土壁造の古びた工房では、男女10名余りの職員が地元に明清時代から伝わる伝統的な手すき紙の「連史紙(れんしし)」を毎日生産している。連史紙手すき技術伝承者の鄧金坤(とう・きんこん)氏は、同鎮の伝統技法による紙すき工房「美玉堂」のショールームで、清代嘉慶年間(1796~1820)の連史紙を見せてくれた。同氏によると、連史紙は72種類の製造工程によって作られ、竹繊維の漂白技術と連城県に伝わる紙すきの技術を融合させたもので、主な製造工程は材料の準備と手すきに分かれ、出来上がるまでに8カ月もかかるという。連史紙は「紙のシルク」と称えられ、清の乾隆帝(1711~1799)は、連史紙を恩賞として大臣に下賜し、当時の書籍・契約書・文書の多くも同紙で製作していた他、朝廷の上奏文や科挙の試験、役所の告示などの用紙として広く使われていた。400年以上前の最盛期の連城県には、千以上の紙すき槽と50以上の工房があり、1万人以上の労働者が年間6万トン以上の連史紙を生産していた。清の嘉慶年間、連史紙は国内で広く人気を博し、遠くは現在のタイ・フィリピン・マレーシアなど東南アジア諸国へも輸出され、かつての海上のシルクロードにおける重要な大口輸出商品となっていた。「美玉堂」は1897年創業で、11代目の鄧金坤氏は、この「百年以上続く老舗」が生産する連史紙の中国での特許を出願している。また、数年前には浙江省杭州市の篆刻関連の有名企業である西泠印社と業務提携を行い、文化産業共同拠点を設立、「G20杭州サミット出席各国首脳の名印と肖像印の拓本集」を共同出版している。今年50歳の鄧氏は、8年前に中国版ツイッターの微博(ウェイボ)やECサイトの淘宝(タオバオ)を始め、伝統的な連史紙に新たな風を吹き込み、ネット販売を行っている。また、これまでに60万元(1元=約17円)を投じ、「連史紙文化博覧園」をオープンし、連史紙の生産、文化展示、工芸技術の伝承を一体化した体験型文化観光拠点として、連史紙の伝統的な手すき技術を蘇らせ商機を掴んだ。(記者/彭張青)<映像内容>伝統手工芸「連史紙」の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400188

  • 2019年03月30日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市にある鬼谷子文化産業園の智聖宮。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605571

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515930

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515996

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、史跡、上野公園、サクラの名所、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516021

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、日本、風景、無人、日本百名城、上野公園、サクラの名所、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516079

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516106

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、サクラの名所、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030516126

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、日本、風景、無人、日本百名城、史跡、サクラの名所、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515921

  • 2019年04月07日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、青空、天守閣、日本、風景、無人、日本百名城、上野公園、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月7日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515890

  • 2019年04月09日
    春の伊賀上野城

    キーワード:サクラ、伊賀上野城、屋外、花、建物、春、城、晴れ、青空、日本、風景、本丸、無人、日本百名城、史跡、上野公園、サクラの名所、風景メイン写真、伊賀文化産業城=2019(平成31)年4月9日、三重県伊賀市、クレジット:HIRONORI_IJITSU/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515912

  • 01:12.70
    2019年05月04日
    「新華社」荒れ果てた砂浜が「黄金海岸」に変身河北省滄州市

    中国河北省滄州市渤海新区でメーデーの連休中、「2019年全域観光始動および滄海風景区オープン式典」が行われた。荒れ果てていた砂浜が、2年近い整備期間を経て美しく生まれ変わり、人気の観光スポットとなった。同風景区の計画面積30平方キロのうち、16平方キロが水域面積。文化、レジャー、教育・科学研究、ショッピング、グルメ、湿地浄化などの機能を持つエリアを建設し「海洋科学、湿地浄化、教育・科学研究、商業住宅区総合サービスおよび海辺保養」の五つの特色ある文化産業ベルトを重点的に構築していく。(記者/駱学峰)<映像内容>整備された砂浜の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402924

  • 2019年05月16日
    「文化の砂漠」から「デザイン都市」へ変貌遂げる深圳

    広東省深圳市で開かれた第15回中国国際文化産業博覧交易会の会場。世界103カ国・地域から、計2万1千人余りの出展者が参加した。(2019年5月16日撮影)都市として歴史が浅い中国広東省深圳市は、生活テンポは速い都市だが、文化的な蓄積が不足していることから、かつては「文化の砂漠」とされてきた。同市は2003年に「文化立市」戦略を率先して打ち出し、08年11月には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「デザイン都市」に認定された。ここ数年、文化面での革新的な発展で目覚ましい成果を上げている。統計データによると、同市の文化クリエーティブ産業の付加価値額は18年に2621億7700万元(1元=約16円)に達し、対GDP比が10%を上回った。今では文化産業が国民経済を支える支柱産業になっており、同市の発展において重要な位置を占めている。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201590

  • 2019年05月17日
    「深夜食堂」、文博会に登場広東省深圳市

    17日、文博会の会場に再現された「深夜食堂」の前で足を止める来場者。中国広東省深圳市でこのほど開催された第15回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会(文博会)の会場内に、中国版映画「深夜食堂」に登場する店舗が再現された。映画の宣伝のために設置されたもので、来場者は映画の場面を間近に体験した。(深圳=新華社記者/趙瑞希)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400142

  • 2019年05月17日
    「深夜食堂」、文博会に登場広東省深圳市

    17日、文博会の会場に再現された「深夜食堂」の前で足を止める来場者。中国広東省深圳市でこのほど開催された第15回中国(深圳)国際文化産業博覧交易会(文博会)の会場内に、中国版映画「深夜食堂」に登場する店舗が再現された。映画の宣伝のために設置されたもので、来場者は映画の場面を間近に体験した。(深圳=新華社記者/趙瑞希)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400171

  • 01:13.51
    2019年05月21日
    「新華社」荒れ果てた砂浜が「黄金海岸」に変身河北省滄州市

    中国河北省滄州市渤海新区でメーデーの連休中、「2019年全域観光始動および滄海風景区オープン式典」が行われた。荒れ果てていた砂浜が、2年近い整備期間を経て美しく生まれ変わり、人気の観光スポットとなった。同風景区の計画面積30平方キロのうち、16平方キロが水域面積。文化、レジャー、教育・科学研究、ショッピング、グルメ、湿地浄化などの機能を持つエリアを建設し「海洋科学、湿地浄化、教育・科学研究、商業住宅区総合サービスおよび海辺保養」の五つの特色ある文化産業ベルトを重点的に構築していく。(記者/駱学峰)<映像内容>整備されて人気の観光スポットとなった砂浜の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200207

  • 01:18.23
    2019年05月22日
    「新華社」呉橋の影彫り、無数の点で描き出す無形文化遺産芸術

    中国広東省深圳で開催されている第15回国際文化産業博覧交易会では、河北館が展示した影彫り作品が来場者の注目を集めた。河北省呉橋(ごきょう)県の影彫り技術の起源は清朝末期に遡り、現在は同省の省級無形文化遺産に登録されている。影彫りは写真や絵を石板の上に彫り込む技法を指す。作者は専用のノミで深さや密度の異なる白や灰色の点を打ち込むことで、作品に立体感を与えている。五代目継承者の方士英(ほう・しえい)さんは伝統工芸として受け継いだ技術に写真の光学的効果や絵画の技法を組み合わせることで、作品の写実感を際立たせている。(記者/毛思倩、李思佳)<映像内容>影彫りの制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400654

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6