KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 登録
  • 歴史
  • 芸術
  • 作品
  • 国家
  • 制作
  • 古代
  • 技術

「文化遺産保護」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
480
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
480
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年08月23日
    事務所発足式 ユネスコ事務所が発足

    アジアで初めて開設された「ユネスコ・アジア文化センター文化遺産保護協力事務所」の発足式=23日午前、奈良市法蓮町のホテル

    商品コード: 1999082300069

  • 1999年09月23日
    開設記念公開セミナー アンコール遺跡の現状報告

    奈良市内で開かれた「ユネスコ・アジア文化センター文化遺産保護協力事務所」の開設記念公開セミナー=23日午後3時30分

    商品コード: 1999092300060

  • 2006年08月23日
    シンポジウム ODAで無形遺産支援を

    ユネスコの無形文化遺産保護条約発効を記念して開かれたシンポジウム=23日午後、東京・丸の内

    商品コード: 2006082300251

  • 2007年03月19日
    握手する伊吹文科相ら 壁画修復などで日伊協力へ

    文化遺産保護の共同研究などについて合意し、握手する伊吹文科相(右)とイタリアのルテリ文化財・文化活動相=19日午前、東京都内のホテル(伊吹文明)

    商品コード: 2007031900064

  • 2010年07月27日
    小島康誉さん

    中国文化遺産保護に貢献した10傑に選ばれた仏教大客員教授で浄土宗僧侶の小島康誉(こじま・やすたか)さん

    商品コード: 2010072700167

  • 2011年06月07日
    あいさつする門川京都市長 世界文化遺産保護で連携

    「世界文化遺産地域連携会議」の会長に就任しあいさつする門川大作京都市長=7日午前、東京都千代田区の都道府県会館

    商品コード: 2011060700097

  • 2011年06月07日
    世界文化遺産地域連携会議 世界文化遺産保護で連携

    初会合を開いた「世界文化遺産地域連携会議」=7日午前、東京都千代田区の都道府県会館

    商品コード: 2011060700398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年12月05日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    都江堰市の奎光塔。(2013年12月5日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2013(平成25)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804845

  • 2015年03月15日
    文化遺産保護の会合 文化遺産保護へ国際協力を

    国連防災世界会議の文化遺産保護をテーマにした専門家会合=15日午後、仙台市

    商品コード: 2015031500314

  • 2016年02月20日
    無形文化遺産伝承者の映像記録作業進む遼寧省

    劉蘭芳氏(左)のステージの様子を収録する遼寧省文化遺産保護センターの作業スタッフ。(資料写真)中国遼寧省はこのほど、国家図書館「中国記憶」プロジェクトチームに第2期国指定無形文化遺産の代表的伝承者に対する緊急記録作業の成果を提出した。これには北京評書(講談のような語り芸)伝承者の劉蘭芳(りゅう・らんほう)氏、単田芳(ぜん・でんほう)氏ら国の無形文化遺産伝承者7人が含まれており、動画資料278時間余り、写真1万5500枚、整理された口述筆記原稿は159万7300字となっている。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2016(平成28)年2月20日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403182

  • 2017年01月22日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡の概況を周小棣氏(後列左端)と董衛氏(後列、右から3人目)に説明する考古学調査チームの隊長(後列、手を上げている人物)。(2017年1月22日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001197

  • 2017年01月25日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡西側の村の入り口で、仏塔の3Dスキャンマッピングを行う董衛氏。(2017年1月25日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001038

  • 2017年01月26日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡南側の寺院建築の3Dスキャンマッピングを行う東南大チームのメンバー。(2017年1月26日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000875

  • 2017年01月27日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡で小型固定翼無人機を飛ばす準備をする周小棣氏。(2017年1月27日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000913

  • 2017年05月01日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡周辺の村で、住民への訪問調査を行った際、子どもたちと親しく交流する東南大チームのメンバー。(2017年5月1日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001188

  • 2017年05月06日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡の周辺の村で、東南大の教員が小型無人機で測量して地形図を作成する様子を周りに集まって眺める地元の子どもたち。(2017年5月6日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001085

  • 2017年05月06日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡周辺の村で、東南大の教員が小型無人機で測量して地形図を作成する様子を周りに集まって眺める地元の子どもたち。(2017年5月6日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001059

  • 2017年05月09日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    一緒にいる東南大の学生(バイク後部座席の若い男性とそばの女性)とミャンマーのミャウ・ウー考古学調査チームのメンバー(バイクの運転席の人物)。(2017年5月9日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001177

  • 2017年05月16日
    古都洛陽博物館の都を目指す

    2017年5月16日、明の時代の壁画の修復作業を行う洛陽古代芸術博物館壁画修復センターの壁画修復師、薛峰さん。中国河南省洛陽市は5千余年の文明の歴史、4千余年の都市の歴史、そして1500年以上の建都の歴史を有し、移動可能な文物は約42万点(組)に上る。ここ数年、洛陽は豊かな歴史文化資源を活用し、博物館の都となることを目指しており、現在66の博物館が建設され、古都の新たな文化的ランドマークとなっている。同市はまた、博物館の都になる目標に向け、博物館や遺跡公園の無料開放を徐々に拡大している。これらの博物館は公共文化施設として、市民や観光客を大いに楽しませ、一般市民の文化生活を豊かなにするために、ますます重要な役割を果たしており、文化遺産保護の成果を市民と十分に分かち合っている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2017(平成29)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300583

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月04日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    清代に奎光塔を再建した灌県知県の周因培を記念して建てられた周公祠。(2017年8月4日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2017(平成29)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804901

  • 2017年08月07日
    古都洛陽博物館の都を目指す

    2017年8月7日、洛陽周王城天子駕六博物館本館の車馬坑で、整理・保護作業を行うスタッフ。中国河南省洛陽市は5千余年の文明の歴史、4千余年の都市の歴史、そして1500年以上の建都の歴史を有し、移動可能な文物は約42万点(組)に上る。ここ数年、洛陽は豊かな歴史文化資源を活用し、博物館の都となることを目指しており、現在66の博物館が建設され、古都の新たな文化的ランドマークとなっている。同市はまた、博物館の都になる目標に向け、博物館や遺跡公園の無料開放を徐々に拡大している。これらの博物館は公共文化施設として、市民や観光客を大いに楽しませ、一般市民の文化生活を豊かなにするために、ますます重要な役割を果たしており、文化遺産保護の成果を市民と十分に分かち合っている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2017(平成29)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300589

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月02日
    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市

    奎光塔の下で開かれた「壩壩舞(バーバーウー)」と呼ばれるダンスのコンテストに参加する都江堰市民。(2017年9月2日撮影)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=2017(平成29)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804877

  • 2017年12月01日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡の中心部北側の仏塔建築のスキャンをする東南大の学生。(2017年12月1日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001088

  • 2018年04月06日
    古都洛陽博物館の都を目指す

    4月6日、博物館に展示されている文物。中国河南省洛陽市は5千余年の文明の歴史、4千余年の都市の歴史、そして1500年以上の建都の歴史を有し、移動可能な文物は約42万点(組)に上る。ここ数年、洛陽は豊かな歴史文化資源を活用し、博物館の都となることを目指しており、現在66の博物館が建設され、古都の新たな文化的ランドマークとなっている。同市はまた、博物館の都になる目標に向け、博物館や遺跡公園の無料開放を徐々に拡大している。これらの博物館は公共文化施設として、市民や観光客を大いに楽しませ、一般市民の文化生活を豊かなにするために、ますます重要な役割を果たしており、文化遺産保護の成果を市民と十分に分かち合っている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2018(平成30)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300596

  • 2018年04月11日
    古都洛陽博物館の都を目指す

    2018年4月11日、洛陽の龍門洞窟を見学する観光客。世界遺産「龍門洞窟」は洛陽市の南の郊外に位置し、北魏の孝文帝(在位471年9月20日-499年4月26日)が洛陽に都を移した時期に造営され、1500余年の歴史を持つ。現存する仏壇は2345基、各種仏像は10万体以上で、露天石刻芸術博物館として評価されている。中国河南省洛陽市は5千余年の文明の歴史、4千余年の都市の歴史、そして1500年以上の建都の歴史を有し、移動可能な文物は約42万点(組)に上る。ここ数年、洛陽は豊かな歴史文化資源を活用し、博物館の都となることを目指しており、現在66の博物館が建設され、古都の新たな文化的ランドマークとなっている。同市はまた、博物館の都になる目標に向け、博物館や遺跡公園の無料開放を徐々に拡大している。これらの博物館は公共文化施設として、市民や観光客を大いに楽しませ、一般市民の文化生活を豊かなにするために、ますます重要な役割を果たしており、文化遺産保護の成果を市民と十分に分かち合っている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300584

  • 2018年05月16日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    村で住民への対面聞き取り調査を展開する東南大チームとミャンマー考古学調査チームのメンバー。(2018年5月16日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001187

  • 2018年07月16日
    甲午戦争沈没艦の第1期調査始まる山東省

    16日、劉公島海域で沈没艦の遺物を探す水中考古隊員。中国国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館が共同で進める「2019・山東威海湾甲午沈没艦遺跡第1期調査プロジェクト」の始動式が20日、山東省威海市の劉公島で行われた。(済南=新華社配信/威海劉公島管理委員会提供)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:威海劉公島管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600236

  • 01:46.90
    2018年08月08日
    「新華社」「刀の山を上り、火の海を渡る」広西金秀ヤオ族の妙技

    「刀の山を上り、火の海を渡る」、この普通の人間が聞いたら恐れおののくようなことが、中国広西チワン族自治区の金秀ヤオ族自治県(金秀県)にある羅漢山のヤオ族の集落では日常的に繰り返し上演されている。地元の村民はヤオ族文化のショーと観光を組み合わせることで、失われかけていた民族文化を継承・発展させ、増収にもつなげた。「刀の山を上り、火の海を渡る」は金秀ヤオ族同胞の「成人の儀式」の一部で、ヤオ族の男子が民族の伝統文化教育を受ける重要な方式であり、同族の人々に認められるための重要な象徴でもある。ヤオ族の人々は祭事、幸福への祈りなどの儀式の中で、よくこうした妙技を披露する。地元の人々は刀と火の洗礼を受けることで災難が払われ、その地の平安を保てると信じている。近年、金秀県では無形文化遺産の「保護を中心に、(消失からの)救出を第一に、合理的に利用し、継承発展させる」方針に従い、ヤオ族文化の保護継承にいっそう力を入れ、無形文化遺産保護規則を改訂の上、積極的に実施し、無形文化遺産保護活動は順調な進展を見せている。<映像内容>ヤオ族の文化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801880

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、会場に展示された木版を撮影する来場者。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021134

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、展覧会場で木版水印作品「四美図」を見る来場者。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021209

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、展覧会場で「十竹斎二十四節気水印版画」シリーズの作品を撮影する来場者。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021163

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」で撮影した木版。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021175

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、展覧会場で「十竹斎二十四節気水印版画」シリーズの作品を入場者に紹介する国家級無形文化遺産「木版水印技術」の代表的伝承者、魏立中氏。同シリーズは中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021186

  • 2018年09月05日
    「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」開催北京市

    5日、会場に展示された木版水印作品「一団和気」を撮影する来場者。中国無形文化遺産保護協会、中国古籍保護協会、杭州市文化広電新聞出版局が主催し、杭州市十竹斎(じっちくさい)芸術館が運営する「現代に生きる中国の印刷技術-十竹斎木版水印芸術作品展」が5日、北京市の中国美術館で開幕した。「十竹斎二十四節気水印版画」は中国美術館と中国国家図書館に収蔵されている。同展覧会は杭州市十竹斎芸術館の代表的な作品を通して木版水印(古代彩色版画印刷)技術の描画、彫り、刷りの工程に見られる巧みさや優雅さ、中国の無形文化となっている伝統技術の幅広さや奥深さを伝えている。国家芸術基金の2017年度普及交流推進支援事業となった「十竹斎木版水印芸術作品展」は、国家級無形文化遺産の代表的伝承者で杭州市十竹斎芸術館館長の魏立中(ぎ・りっちゅう)氏の30年にわたる創作活動の成果だ。十竹斎の木版水印技術は2014年、第4期国家級無形文化遺産代表項目リストに登録され、魏立中氏は2017年12月、第5期国家級無形文化遺産代表項目「木版水印技術」の代表的伝承者に選ばれている。今回の展覧会は16日まで開催される。(北京=新華社記者/呂迅)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月21日
    大連沖で甲午海戦の軍艦「経遠」見つかる

    船体舷側に残る「経」と「遠」の文字。(資料写真)中国国家文物局の水中文化遺産保護センターと遼寧省文物考古研究所、大連市文物考古研究所による合同チームは今年7~9月、遼寧省大連市の荘河市沖合で水中考古調査を行い、中日甲午戦争の甲午海戦(黄海海戦)で沈没した清朝北洋水師(北洋艦隊)の軍艦(装甲巡洋艦)「経遠」を発見した。防護巡洋艦「致遠」の発見に続き、中国の甲午海戦遺跡の水中考古活動で新たな重大成果が得られた。(北京=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825719

  • 2018年09月21日
    大連沖で甲午海戦の軍艦「経遠」見つかる

    陸揚げされた遺物を洗浄する作業員。(資料写真)中国国家文物局の水中文化遺産保護センターと遼寧省文物考古研究所、大連市文物考古研究所による合同チームは今年7~9月、遼寧省大連市の荘河市沖合で水中考古調査を行い、中日甲午戦争の甲午海戦(黄海海戦)で沈没した清朝北洋水師(北洋艦隊)の軍艦(装甲巡洋艦)「経遠」を発見した。防護巡洋艦「致遠」の発見に続き、中国の甲午海戦遺跡の水中考古活動で新たな重大成果が得られた。(北京=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825677

  • 2018年09月21日
    大連沖で甲午海戦の軍艦「経遠」見つかる

    軍艦「経遠」から回収されたモーゼル小銃弾、リボルバー銃弾、37mm砲弾、47mm砲弾。(資料写真)中国国家文物局の水中文化遺産保護センターと遼寧省文物考古研究所、大連市文物考古研究所による合同チームは今年7~9月、遼寧省大連市の荘河市沖合で水中考古調査を行い、中日甲午戦争の甲午海戦(黄海海戦)で沈没した清朝北洋水師(北洋艦隊)の軍艦(装甲巡洋艦)「経遠」を発見した。防護巡洋艦「致遠」の発見に続き、中国の甲午海戦遺跡の水中考古活動で新たな重大成果が得られた。(北京=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825678

  • 2018年09月21日
    大連沖で甲午海戦の軍艦「経遠」見つかる

    水中で作業を行う考古学チーム。(資料写真)中国国家文物局の水中文化遺産保護センターと遼寧省文物考古研究所、大連市文物考古研究所による合同チームは今年7~9月、遼寧省大連市の荘河市沖合で水中考古調査を行い、中日甲午戦争の甲午海戦(黄海海戦)で沈没した清朝北洋水師(北洋艦隊)の軍艦(装甲巡洋艦)「経遠」を発見した。防護巡洋艦「致遠」の発見に続き、中国の甲午海戦遺跡の水中考古活動で新たな重大成果が得られた。(北京=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092825740

  • 2018年09月26日
    無形文化遺産伝承者の映像記録作業進む遼寧省

    無形文化遺産伝承者に対する緊急記録を行う遼寧省文化遺産保護センターの作業スタッフ。(資料写真)中国遼寧省はこのほど、国家図書館「中国記憶」プロジェクトチームに第2期国指定無形文化遺産の代表的伝承者に対する緊急記録作業の成果を提出した。これには北京評書(講談のような語り芸)伝承者の劉蘭芳(りゅう・らんほう)氏、単田芳(ぜん・でんほう)氏ら国の無形文化遺産伝承者7人が含まれており、動画資料278時間余り、写真1万5500枚、整理された口述筆記原稿は159万7300字となっている。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403183

  • 01:55.22
    2018年10月08日
    「新華社」キプロスの友人とともに、中国のストーリーを語る

    中国広東省広州市文化広電新聞出版局の企画イベント「糸路花語海上シルクロード文化の旅」のプロモーション活動がこのほど、地中海の島国キプロスで行われ、同国政府関係者、同国駐在の外交官、同国市民、同国在住の華僑、華人など計200人余りが参加した。キプロスの研究者は、海上シルクロード文化の保護・発展という国際的な共通認識を構築する上で同イベントが果たす実践的な価値を高く評価した。また、両国が不定期にシンポジウムを開いて海のシルクロード文化遺産保護事業における経験の交流を促進し、協力・発展・交流の場を作り、両国の国際的な影響力をさらに高めることで一致した。(記者/張章)<映像内容>キプロスで開催された「糸路花語海上シルクロード文化の旅」イベントの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920279

  • 2018年10月15日
    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省

    プミ族の歌と踊りを記録する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(2018年10月15日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102631

  • 02:48.19
    2018年10月16日
    「新華社」周口店遺跡発見100周年テクノロジー展示進む猿人洞

    「周口店遺跡発見100周年記念および先史時代文化遺産の保護と研究、持続可能な発展に関する国際会議」が11日から13日にわたり中国北京市で行われた。北京市中心部から南西に50キロほど離れた周口店村の竜骨山上にある遺跡からは、20世紀の20年代から30年代にかけて北京原人や上洞人(山頂洞人)の人骨化石が発見されている。遺跡保護業務は現在、多くのテクノロジーが活用され、猿人洞内では裸眼3D技術により北京原人が再現されている。今回の会議は、先史時代の文化遺産保護や研究、持続可能な発展の新しい理念や方法、技術の共有と研究を進めることを目的に、「文化遺産の保護と管理、資源利用」「人類の起源と進化の研究」「文化遺産とデジタル化応用、テクノロジー革新」「文化遺産と経済、観光、教育、文化・クリエイティブ」の4テーマで討論を行った。周口店は今年、遺跡発見から100年を迎える。同遺跡は1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)から第1期世界遺産に認定されて以降、世界から幅広い注目を集めてきた。極めて代表的な古人類遺跡であり、国際古人類学術界でも高い評価を得ている。<映像内容>周口店遺跡発見100周年記念および先史時代文化遺産の保護と研究、持続可能な発展に関する国際会議の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818275

  • 2018年10月23日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    23日、作業部屋で作業員の木彫り作品を確認する林建軍氏(右から2人目)と妻の陳琴さん(左)。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000111

  • 2018年10月23日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    23日、自身が創作した木彫作品のほこりを払う林建軍氏。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000108

  • 2018年10月23日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    23日、作業部屋で創作活動に励む林建軍氏(右)と妻の陳琴さん。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000161

  • 2018年10月23日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    23日、作業部屋で創作活動に励む林建軍氏。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000129

  • 2018年10月23日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    23日、自身の木工芸店で、来場者に創作した木彫り作品を説明する林建軍氏(左から2人目)。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000152

  • 2018年10月24日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    24日、作業部屋で創作に励む林建軍氏。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000155

  • 2018年10月24日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    24日、作業部屋で沈香を材料とする彫刻の創作を検討する林建軍氏(左)と妻の陳琴さん。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000157

  • 2018年10月24日
    「おしどり刀」夫婦で莆田木彫り工芸技術を継承

    24日、作業部屋で2人が制作したミニサイズの仏像と沈香に金を施したアクセサリーを手に持って見せる林建軍氏(左)と妻の陳琴さん。中国福建省莆田(ほでん)市の木彫り工芸家、林建軍(りん・けんぐん)氏は16歳で師匠に弟子入りし木彫り技術を学び始めた。20年以上にわたり懸命に努力し莆田の伝統的技法「精微透彫」の技術を磨き、2018年に福建省無形文化遺産保護プロジェクトの「莆田木彫」の代表的な継承者に認定された。林氏は2014年、同郷の陳琴(ちん・きん)さんと結婚した。夫の影響を受けた陳さんも次第に木彫り工芸を好きになった。陳さんは中国伝統技巧の「金銀錯」を学び、沈香(香木の一種)に金を施したアクセサリーを制作して女性に大いに好まれると、革新の道を歩み出した。夫婦は近年、学校での講義や弟子への技術伝承、他地域での交流、無形文化遺産の展示などの機会を活用して、莆田木彫り工芸技術の伝承を盛り上げている。勤勉で精巧な「おしどり刀」は幸福な人生を刻み出している。(莆田=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000145

  • 2018年11月21日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    21日、チベット自治区藏医院リウマチ防止治療研究所羊八井(ヤンパチェン)基地で、浴槽を点検する職員。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310608

  • 2018年11月21日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    21日に撮影した「チベット医学の薬浴療法」に用いる薬剤。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310653

  • 2018年11月23日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    23日、チベット自治区山南(さんなん)市の藏医院で、弟子たちにチベット医学の薬浴療法のプロセスを説明する「チベット医学の薬浴療法」の国家級無形文化遺産伝承者、明珠さん。(左端)。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310511

  • 2018年11月23日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    23日、チベット自治区山南(さんなん)市の藏医院薬浴センターで、患者の治療状況について尋ねる「チベット医学の薬浴療法」の国家級無形文化遺産伝承者、明珠さん。(右端)モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310303

  • 2018年11月23日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    23日、チベット自治区山南(さんなん)市の藏医院薬浴センターで、チベット医学の薬浴療法に用いる薬剤を煎じる職員。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310537

  • 2018年11月28日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    28日、ポートルイスで開かれた会議に出席する中国の文化・観光部副部長で同委員会の中国代表団団長、張旭(ちょう・きょく)氏(中央)。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ポートルイス=新華社配信/ブラームス)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310570

  • 2018年11月28日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    28日、モーリシャスの首都ポートルイスで開かれた会議で、「チベット医学の薬浴療法」を紹介する映像が上映された。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ポートルイス=新華社配信/ブラームス)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310548

  • 2018年11月28日
    「チベット医学の薬浴療法」、ユネスコ無形文化遺産に登録

    28日、ポートルイスで開かれた会議に出席する代表ら。モーリシャスの首都ポートルイスで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。(ポートルイス=新華社配信/ブラームス)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310639

  • 2018年12月25日
    中国·サウジ合同調査チーム、港湾遺跡の第2回発掘調査開始

    12月25日、サウジアラビアの首都リヤドで、第1回発掘調査の際に複写した碑文の拓本をサウジアラビア側に手渡す中国側合同調査チームのメンバー。中国国家文物局水中文化遺産保護センターとサウジアラビア国家考古学センターが組織する中国・サウジアラビア合同調査チームは12月29日、紅海沿岸の港湾遺跡であるAlSerrian港遺跡に対する第2回発掘調査を開始した。(リヤド=新華社配信/王霽)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019012301428

  • 2018年12月29日
    中国·サウジ合同調査チーム、港湾遺跡の第2回発掘調査開始

    12月29日、AlSerrian港遺跡で記念撮影する中国·サウジアラビア合同調査チームのメンバー。中国国家文物局水中文化遺産保護センターとサウジアラビア国家考古学センターが組織する中国・サウジアラビア合同調査チームは12月29日、紅海沿岸の港湾遺跡であるAlSerrian港遺跡に対する第2回発掘調査を開始した。(リヤド=新華社配信/王霽)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019012301426

  • 2018年12月29日
    中国·サウジ合同調査チーム、港湾遺跡の第2回発掘調査開始

    12月29日、AlSerrian港遺跡の発掘現場で話し合う中国·サウジアラビア合同調査チーム。中国国家文物局水中文化遺産保護センターとサウジアラビア国家考古学センターが組織する中国・サウジアラビア合同調査チームは12月29日、紅海沿岸の港湾遺跡であるAlSerrian港遺跡に対する第2回発掘調査を開始した。(リヤド=新華社配信/王霽)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019012301427

  • 04:10.71
    2018年12月30日
    「新華社」中国の「チベット医学の薬浴療法」がユネスコ無形文化遺産に登録

    インド洋の島国モーリシャスの首都ポートルイスで行われている国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産保護条約第13回政府間委員会は28日、中国が申請した「チベット医学の薬浴療法」を無形文化遺産に登録することを決めた。チベット自治区の著名温泉地「羊八井」(ヤンパチェン)には、チベット自治区藏医院がリウマチの予防や治療を行う研究基地を設置し、農牧民に無償で伝統的なチベット医学の薬浴療法による治療を行っている。チベット医学の薬浴療法がどのように病を治すのかをより分かり安く説明するため、ツェタンナムゲル氏は、薬の配合、発酵から煎じるところ、使うところまで、全体の過程を見せてくれた。(記者/余剛)<映像内容>チベット医学の薬浴療法の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120311201

  • 01:13.34
    2019年02月15日
    「新華社」2千年の歴史持つ人形劇の保護進む陝西省合陽県

    陝西省渭南市合陽県の糸繰り人形は2千年余りの歴史を有し、中国で最も長い歴史を持つ人形劇の1つとされる。糸操り人形は「線戯」(糸芝居)とも呼ばれ、人形の動きは全て演者が手に持った細い糸を操るだけで行われる。同時に唯一無二の(秦腔などの)節回しで演じ、地元文化を代表する最も有名な存在になっている。合陽糸操り人形は2006年、国の無形文化遺産保護リストに第1陣で登録された。民衆のための文化公演への参加、週末劇場など、劇団は年500回以上の公演を行っている。また、伝統的な脚本を整理し、新しい演目を追加し、弟子を募集して芸を伝え、人形劇の保護と伝承は広がりつつある。(記者/張晨俊、都紅剛)<映像内容>合陽糸操り人形の公演の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501696

  • 03:20.19
    2019年02月20日
    「新華社」無形文化遺産と共に楽しむ元宵節遼寧省

    旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を前に、中国遼寧省の100人近い無形文化遺産の伝承者がこのほど、遼寧省文化遺産保護センター文馨苑で行われたイベントに登場、踊りや伝統工芸などの技術を披露し、この伝統的祝日に彩りを添えた。イベントで披露された満州族の伝統的踊り「撫順(ぶじゅん)満族地秧歌」は、国の無形文化遺産に登録されており、軽快で躍動感に富んだリズムが祝日のムードを一層高めた。秧歌(ヤンコ踊り)の楽しさを感じてもらおうと、演者が来場者の手を取り一緒に踊る一幕も見られた。「元宵節の習俗体験」コーナーでは、にぎやかな元宵節の雰囲気に合わせ、元宵団子作りやなぞなぞ遊びなどを実施。伝承者が元宵節に関連する伝統の職人技を披露し、来場者は団子作りの全過程を間近で見て、出来立ての元宵団子を堪能した。今回のイベントは、元宵節文化の含意を存分に掘り起こし「伝統技芸展示」「元宵節の習俗体験」「インタラクティブ即興実演」「無形文化遺産公開講座」「無形文化遺産バラエティーの夕べ」の五つのテーマごとに催しが行われた。多様な年始の習俗体験と多彩な無形文化遺産の実演により、来場者は一層楽しい元宵節の雰囲気を満喫した。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国遼寧省の元宵節のイベント開催の様子、伝統工芸や踊り、元宵団子作りなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003168

  • 01:03.87
    2019年03月12日
    「新華社」ウズベキスタン·タシケントでSCO加盟国児童絵画展開催

    ウズベキスタンの首都タシケントで12日、同国の上海協力機構(SCO)民間外交センターが主催する絵画展「子どもの目で見た世界」が開幕した。中国、ロシア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、インド、パキスタンの子どもたちが描いた作品100点が展示され、多くの来場者が訪れた。ウズベキスタンSCO民間外交センターは今年初めに正式に運営を開始した。同センターは今年、各国間の相互信頼と善隣友好の促進を目的とした博覧会や文化遺産保護活動など30以上のイベントを予定している。<映像内容>SCO加盟国児童絵画展開催の様子、撮影日:2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031401133

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日に撮影した張小紅チームの刺しゅう工房の様子。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200265

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日、刺しゅうをする張小紅さん(左)と呉婉菁(ご・えんせい)さん。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200276

  • 2019年03月26日
    夏布刺しゅう復興への道江西省

    3月26日、刺しゅうをする張小紅チームの刺しゅう娘。中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。(南昌=新華社記者/田耘)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200278

  • 01:28.00
    2019年03月28日
    「新華社」円通山の桜が見頃に雲南省昆明市

    中国雲南省昆明市の円通山の桜が3月中旬から見頃になっており、満開の桜を見に多くの市民が訪れ、「春光似海、盛世如花」(春の景色は大海に似て、世の繁栄は花の如し)の詩境を感じている。春を迎えた3月、円通山に登って散歩と花見をするのは昆明の人々の伝統的な風習になっている。詩人で小説家の李広田(り・こうでん、1906~1968)が円通山の桜を描写した有名な散文「花潮」の一節「春光似海、盛世如花」により、「円通桜潮」(円通山の桜の盛り)は国内外で広く知られるようになった。「円通桜潮」は2017年、雲南省の無形文化遺産保護リストに登録された。(記者/楊牧源)<映像内容>中国昆明市の満開の桜の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032801275

  • 2019年04月02日
    無形文化遺産伝承者の映像記録作業進む遼寧省

    無形文化遺産伝承者に対する緊急記録を行う遼寧省文化遺産保護センターの作業スタッフ。(資料写真)中国遼寧省はこのほど、国家図書館「中国記憶」プロジェクトチームに第2期国指定無形文化遺産の代表的伝承者に対する緊急記録作業の成果を提出した。これには北京評書(講談のような語り芸)伝承者の劉蘭芳(りゅう・らんほう)氏、単田芳(ぜん・でんほう)氏ら国の無形文化遺産伝承者7人が含まれており、動画資料278時間余り、写真1万5500枚、整理された口述筆記原稿は159万7300字となっている。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=撮影日不明、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403185

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.64
    2019年04月02日
    「新華社」夏布刺しゅう復興への道江西省

    中国上海市で3月中旬、中国国際紡績生地および補助材料博覧会が開催され、刺しゅう作品「曹知白山水」が多くの来場者の注目を集めた。作者の張小紅(ちょう・しょうこう)さんは今年61歳で、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんが今回出展した作品は、元代の著名な画家が描いた山水画を、夏布刺しゅうの技術で再創造したものとなっている。張さんは2002年、蘇州市を訪れ半年間刺しゅう芸術を学んだ。学び終えた張さんは「他人と同じ道ではなく、地方の特色あふれる刺しゅうを作りたい」と考え、故郷に戻り起業した。江西省分宜(ぶんぎ)県は中国夏布の故郷となっている。夏布はイラクサ科の多年生植物苧麻(カラムシ、ちょま)を原料としている。江西省の古越族先住民が2600年前に栽培を始めた苧麻は、国際的には「中国草」と呼ばれている。張さんは夏布の品質を改良しただけでなく、新たに6種類の刺しゅうの技法を編み出した。材料に合わせた技術を用いて、千年の歴史を持つ民間麻布刺しゅうを現在の夏布芸術刺しゅうへと昇華させ、作品の芸術的・審美的価値を大きく向上させた。張さんは2014年、国家級無形文化遺産保護プロジェクト「夏布刺しゅう」の代表的継承者に認定された。日ごとに希少化する民間刺しゅうを継承し保護するため、張さんは江西省中西部地区の隅々にまで足を運び、民間に点在する古い刺しゅう作品を広く収集し、個人で夏布刺しゅう博物館を設立、1100点の刺しゅう作品を収蔵している。これまでの20年余りで、張さんは2千人以上の刺しゅう娘を無償で養成してきた。その中にはリストラされた女性労働者や身体障害者もいる。(記者/黄浩然、田耘)<映像内容>「夏布刺しゅう」制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402054

  • 2019年04月27日
    遼寧省無形文化遺産公開講座伝統的泥人形の絵付け体験

    無形文化遺産公開講座「千山(せんざん)泥人形絵付け」の様子。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市でこのほど、同省文化演芸集団(遼寧省公共文化サービスセンター)主催、同省文化遺産保護センター運営の無形文化遺産公開講座「千山(せんざん)泥人形絵付け講座」が開催された。伝統的泥人形絵付けの歴史は長く、種類も多い。宋代に民間の風俗と結びつき、鑑賞用の泥人形絵付け作品が現れた。遼寧省千山地区に伝わる泥人形絵付けの技術は、最も古いものは唐代まで遡ることができ、中国東北地域独自の文化となっている。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702472

  • 2019年04月27日
    遼寧省無形文化遺産公開講座伝統的泥人形の絵付け体験

    無形文化遺産公開講座「千山(せんざん)泥人形絵付け」の様子。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市でこのほど、同省文化演芸集団(遼寧省公共文化サービスセンター)主催、同省文化遺産保護センター運営の無形文化遺産公開講座「千山(せんざん)泥人形絵付け」が開催された。伝統的泥人形絵付けの歴史は長く、種類も多い。宋代に民間の風俗と結びつき、鑑賞用の泥人形絵付け作品が現れた。遼寧省千山地区に伝わる泥人形絵付けの技術は、最も古いものは唐代まで遡ることができ、中国東北地域独自の文化となっている。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702499

  • 2019年05月11日
    無形文化遺産「古彩戯法」の公開講座開催遼寧省瀋陽市

    11日、遼寧省瀋陽市で開催された無形文化遺産「古彩戯法」公開講座の授業風景。中国遼寧省瀋陽市でこのほど、無形文化遺産「古彩戯法」(伝統的な手品の技法)の公開講座が開かれた。同講座は遼寧省文化演芸集団(遼寧省公共文化サービスセンター)が主催し、同省文化遺産保護センターの運営で行われた。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400595

  • 2019年05月11日
    無形文化遺産「古彩戯法」の公開講座開催遼寧省瀋陽市

    11日、遼寧省瀋陽市で開催された無形文化遺産「古彩戯法」公開講座の授業風景。中国遼寧省瀋陽市でこのほど、無形文化遺産「古彩戯法」(伝統的な手品の技法)の公開講座が開かれた。同講座は遼寧省文化演芸集団(遼寧省公共文化サービスセンター)が主催し、同省文化遺産保護センターの運営で行われた。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400574

  • 2019年05月11日
    無形文化遺産「古彩戯法」の公開講座開催遼寧省瀋陽市

    11日、遼寧省瀋陽市で開催された無形文化遺産「古彩戯法」公開講座の授業風景。中国遼寧省瀋陽市でこのほど、無形文化遺産「古彩戯法」(伝統的な手品の技法)の公開講座が開かれた。同講座は遼寧省文化演芸集団(遼寧省公共文化サービスセンター)が主催し、同省文化遺産保護センターの運営で行われた。(瀋陽=新華社配信/遼寧省文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:遼寧省文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400576

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場で実演された遼寧省無形文化遺産、胡魁章制筆の職人による毛筆作り。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001357

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、遼寧省無形文化遺産の景泰藍珀晶画を描く伝承者の劉晶(りゅう・しょう)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001385

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された伝統的な匂い袋。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001320

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された遼寧省無形文化財、朝陽紅土泥塑(泥人形)。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001327

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場で版画を制作する遼寧省無形文化遺産、桓仁木板年画の伝承者陳東明(ちん・とうめい)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001326

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された遼寧省無形文化財の景泰藍珀晶画。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001392

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、遼寧省の無形文化財、烙画(焼き絵)を実演する職人。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001391

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された満族の伝統的な飾り。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001394

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された国家級無形文化財、岫岩玉(しゅうがんぎょく)の彫刻。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001356

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、伝統的な「かすがい継ぎ」技術を実演する職人の姜波(きょう・は)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001321

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された国家級無形文化財、阜新瑪瑙(ふしんめのう)の彫刻。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001396

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場であめ細工作りを実演する李氏あめ細工5代目の李鳳艶(り・ほうえん)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001122

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、塘坊遺跡から出土した銅銭。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625135

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、塘坊遺跡から出土した土器片の標本。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625264

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、天津市薊州区の塘坊遺跡で発掘作業をする天津市文化遺産保護センター考古部のスタッフ。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625066

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、塘坊遺跡から出土した土器片の標本。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624935

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、土器片の復元作業をする天津市文化遺産保護センター考古部のスタッフ。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625025

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、天津市薊州区の塘坊遺跡で発掘作業をする天津市文化遺産保護センター考古部のスタッフ。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625061

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、天津市薊州区の塘坊遺跡の発掘現場。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625253

  • 2019年06月20日
    天津の塘坊遺跡で夏商や後漢、明清代の遺構が多数出土

    20日、天津市薊州区の塘坊遺跡で発掘作業をする天津市文化遺産保護センター考古部のスタッフ。中国天津市の文化遺産保護センターはこのほど、同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所と合同で同区にある塘坊遺跡の発掘調査を行い、夏王朝や商(殷)王朝、後漢、明、清時代など異なる時期の遺構50数カ所を発見した。年代や材質が異なる文化財や標本数百点も出土した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625064

  • 2019年07月20日
    甲午戦争沈没艦の第1期調査始まる山東省

    20日、潜水の準備をする水中考古隊員。中国国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館が共同で進める「2019・山東威海湾甲午沈没艦遺跡第1期調査プロジェクト」の始動式が20日、山東省威海市の劉公島で行われた。(済南=新華社配信/威海劉公島管理委員会提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:威海劉公島管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600234

  • 2019年07月20日
    甲午戦争沈没艦の第1期調査始まる山東省

    20日、これまでの調査の進展について説明する第1期調査プロジェクトの責任者(右端)。中国国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館が共同で進める「2019・山東威海湾甲午沈没艦遺跡第1期調査プロジェクト」の始動式が20日、山東省威海市の劉公島で行われた。(済南=新華社配信/威海劉公島管理委員会提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:威海劉公島管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600209

  • 2019年07月20日
    甲午戦争沈没艦の第1期調査始まる山東省

    20日、第1期調査プロジェクトの始動式後、記念撮影に応じる関係者たち。中国国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館が共同で進める「2019・山東威海湾甲午沈没艦遺跡第1期調査プロジェクト」の始動式が20日、山東省威海市の劉公島で行われた。(済南=新華社配信/威海劉公島管理委員会提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:威海劉公島管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600282

  • 2019年07月20日
    甲午戦争沈没艦の第1期調査始まる山東省

    20日、調査プロジェクトの現場で同日引き揚げられた遺物。中国国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館が共同で進める「2019・山東威海湾甲午沈没艦遺跡第1期調査プロジェクト」の始動式が20日、山東省威海市の劉公島で行われた。(済南=新華社配信/威海劉公島管理委員会提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:威海劉公島管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600245

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5