KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 孝文帝
  • 記者
  • 歴史
  • 令和
  • 北魏
  • 竜門石窟
  • 李安
  • 仏像
  • 創建
  • 指定

「文帝」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(組み合わせ写真、2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803528

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の飛天造像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803691

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の看経寺で、唐代(618~907年)の石刻羅漢像を見つめる観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803649

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代の石刻羅漢像の一つ、提多迦(だいたか)尊者像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803618

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の入口。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803578

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803446

  • 2016年03月07日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟にある看経寺の壁面に彫られた唐代(618~907年)の石刻羅漢像を撮影する観光客。(2016年3月7日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803407

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803631

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「龍門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803602

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟風景区にある奉先寺にたたずむ仏像。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803389

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    空から望む竜門石窟。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803373

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803518

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の盧舎那大仏。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803472

  • 2017年04月18日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内に建つ香山寺。(2017年4月18日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803496

  • 2018年04月11日
    古都洛陽博物館の都を目指す

    2018年4月11日、洛陽の龍門洞窟を見学する観光客。世界遺産「龍門洞窟」は洛陽市の南の郊外に位置し、北魏の孝文帝(在位471年9月20日-499年4月26日)が洛陽に都を移した時期に造営され、1500余年の歴史を持つ。現存する仏壇は2345基、各種仏像は10万体以上で、露天石刻芸術博物館として評価されている。中国河南省洛陽市は5千余年の文明の歴史、4千余年の都市の歴史、そして1500年以上の建都の歴史を有し、移動可能な文物は約42万点(組)に上る。ここ数年、洛陽は豊かな歴史文化資源を活用し、博物館の都となることを目指しており、現在66の博物館が建設され、古都の新たな文化的ランドマークとなっている。同市はまた、博物館の都になる目標に向け、博物館や遺跡公園の無料開放を徐々に拡大している。これらの博物館は公共文化施設として、市民や観光客を大いに楽しませ、一般市民の文化生活を豊かなにするために、ますます重要な役割を果たしており、文化遺産保護の成果を市民と十分に分かち合っている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2018(平成30)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300584

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    降りしきる雪の中にたたずむ盧舎那大仏。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803594

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    雪化粧した竜門石窟の一角。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803630

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    洛陽市の郊外にある竜門石窟の雪景色。(1月9日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803519

  • 2019年01月09日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    竜門石窟の敷地内にたたずむ雪化粧した香山寺。(1月9日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803563

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803342

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803640

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区を訪れた観光客。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803368

  • 2019年02月08日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある天王像、力士像と牡丹の花が織りなすコントラストが、趣ある風景を作り出している。(2月8日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803678

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑豊かな河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803682

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を訪れた観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803436

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区で、金剛力士像の前でたたずむ観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803601

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    緑に囲まれた竜門石窟の敷地内にたたずむ香山寺。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803369

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある奉先寺を見学する観光客。(3月26日撮影、小型無人機から)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803537

  • 2019年03月26日
    1500年余りの歴史を刻む世界遺産「竜門石窟」をゆく河南省

    河南省洛陽市の竜門石窟風景区にある看経寺を見学する観光客。(3月26日撮影)中国河南省洛陽市の南郊にある竜門石窟(りゅうもんせっくつ)は、北魏(386~534年)の孝文帝が洛陽に遷都した頃から造営が始まり、1500年以上の歴史を持つ。現存する仏龕(ぶつがん、仏像や位牌を安置する壇)は2345に上り、造像は11万尊余り。最大の仏像である盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)は、像高17・14メートル、頭の長さ4メートル、耳の長さ1・9メートル。甘粛省敦煌市の莫高窟、山西省大同市の雲岡石窟と並び「中国の三大石刻芸術の宝庫」と称される竜門石窟は、2000年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産(文化遺産)に登録された。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803590

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼(部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(東側部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の香亭(手前)と正殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507620

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の山門。通路両側が舞台になっている。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507526

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(西側部分)。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟に残る元代の「秋風辞」石碑。表面は拓本で覆われている。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507551

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の並列戯台(手前)と山門。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507615

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507511

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の献殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507517

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月05日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    5日、万栄后土廟の献殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    汾河河畔から見た万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月14日
    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市

    雪化粧した万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091507621

  • 2020年12月13日
    (27)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    江蘇省揚州市の大明寺境内に立つ棲霊(せいれい)塔。大明寺塔とも呼ばれる。隋文帝の仁寿元(601)年に建立され、唐武宗の会昌3(843)年に焼失した。1994年に再建された現在の塔は唐代の規模と形を模して造られ、レンガとコンクリートを用いた擬木構造となっている。九層の方形楼閣式で、高さは73メートル。今では揚州市を代表する建築物となっている。(2015年12月14日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506520

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:42.80
    2021年05月01日
    「新華社」よみがえる国宝竜門石窟「帝后礼仏図」をリアルに再現

    中国河南省洛陽市にある竜門石窟の洞窟の一つ「賓陽中洞」の壁に刻まれたレリーフ(浮き彫り)「帝后礼仏図」に描かれた華やかなシーンが、現代の俳優によって再現され、1500年前の北魏時代にタイムスリップしたかのような光景がよみがえった。竜門石窟研究院の研究者、高丹(こう・たん)氏は「『帝后礼仏図』は、北魏時代に開削された皇室の洞窟、賓陽中洞の壁に刻まれていた。中国の石窟に残る、人物が刻まれた浮き彫りとして、極めて高い歴史的、文化的価値を持ち、その芸術性は国宝級だ」と説明した。「帝后礼仏図」は1930年代に剥ぎ取られ、売却され、海外に流失した。高氏は「われわれはあらゆる方法で『帝后礼仏図』を『復活』させたいと考えてきた。今回の俳優による再現もその一環で、準備に約3カ月間を費やした」と述べた。レリーフに描かれたシーンを再現するため、同研究院の研究者と制作チームはさまざまな関連の文献資料や写真を収集し、化粧や髪型から衣装、小道具、動きに至るまで研究を重ねてきた。高氏は「『帝后礼仏図』は『魏孝文帝礼仏図』と『文昭皇后礼仏図』の二幅一組からなり、賓陽中洞の両側に刻まれていた。俳優が再現した実写版やバーチャル展示、映像展示などを通じて、伝統芸術を現代的な方法で表現することで、中国の優れた伝統文化をより一層広めることができるだろう」と語った。(記者/王丁、王聖志、桂娟、袁月明)=配信日:2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011847

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月01日
    (7)よみがえる国宝竜門石窟「帝后礼仏図」をリアルに再現

    4月25日、洛陽市にある竜門石窟風景区の礼仏台で、「魏孝文帝礼仏図」に描かれたシーンを再現する俳優ら。中国河南省洛陽市にある竜門石窟の洞窟の一つ「賓陽中洞」の壁に刻まれたレリーフ(浮き彫り)「帝后礼仏図」に描かれた華やかなシーンが、現代の俳優によって再現され、1500年前の北魏時代にタイムスリップしたかのような光景がよみがえった。竜門石窟研究院の研究者、高丹(こう・たん)氏は「『帝后礼仏図』は、北魏時代に開削された皇室の洞窟、賓陽中洞の壁に刻まれていた。中国の石窟に残る、人物が刻まれた浮き彫りとして、極めて高い歴史的、文化的価値を持ち、その芸術性は国宝級だ」と説明した。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050105552

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月01日
    (3)よみがえる国宝竜門石窟「帝后礼仏図」をリアルに再現

    上:米ニューヨークのメトロポリタン美術館に収蔵されている「魏孝文帝礼仏図」。(資料写真、竜門石窟研究院提供)下:4月25日、洛陽市にある竜門石窟風景区の礼仏台で、「帝后礼仏図」に描かれたシーンを再現する俳優ら。中国河南省洛陽市にある竜門石窟の洞窟の一つ「賓陽中洞」の壁に刻まれたレリーフ(浮き彫り)「帝后礼仏図」に描かれた華やかなシーンが、現代の俳優によって再現され、1500年前の北魏時代にタイムスリップしたかのような光景がよみがえった。竜門石窟研究院の研究者、高丹(こう・たん)氏は「『帝后礼仏図』は、北魏時代に開削された皇室の洞窟、賓陽中洞の壁に刻まれていた。中国の石窟に残る、人物が刻まれた浮き彫りとして、極めて高い歴史的、文化的価値を持ち、その芸術性は国宝級だ」と説明した。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050105548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月01日
    (8)よみがえる国宝竜門石窟「帝后礼仏図」をリアルに再現

    4月25日、洛陽市にある竜門石窟風景区の礼仏台で、「魏孝文帝礼仏図」に描かれたシーンを再現する俳優ら。中国河南省洛陽市にある竜門石窟の洞窟の一つ「賓陽中洞」の壁に刻まれたレリーフ(浮き彫り)「帝后礼仏図」に描かれた華やかなシーンが、現代の俳優によって再現され、1500年前の北魏時代にタイムスリップしたかのような光景がよみがえった。竜門石窟研究院の研究者、高丹(こう・たん)氏は「『帝后礼仏図』は、北魏時代に開削された皇室の洞窟、賓陽中洞の壁に刻まれていた。中国の石窟に残る、人物が刻まれた浮き彫りとして、極めて高い歴史的、文化的価値を持ち、その芸術性は国宝級だ」と説明した。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050105593

  • 2021年08月13日
    (10)北京で広州秦漢考古成果展が開幕

    10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」で展示された「文帝行璽」竜鈕(りゅうちゅう)金印。中国北京市の中国国家博物館で10日、「海宇攸同-広州秦漢考古成果展」が開幕した。西漢南越王博物館や広州市文物考古研究院、南越王宮博物館など広東省広州市にある研究機関・博物館が所蔵する南越王墓や南越王宮、その他広州地区の秦漢時代の遺跡から出土した貴重な文化財330点(組)余りを展示する。会場は「南域明珠」「四宇同光」「美食美器」「シルクロード序章」の四つのエリアに分かれており、嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)の輝かしい古代歴史文化の様相と特色を系統的に紹介している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304712

  • 2021年08月23日
    (3)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    唐代転法輪殿跡にある霊獣。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406610

  • 2021年08月23日
    (6)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410436

  • 2021年08月23日
    (16)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺境内に立つ唐大興善寺大弁正広智三蔵国師碑。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410379

  • 2021年08月23日
    (10)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の救苦地蔵殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406653

  • 2021年08月23日
    (8)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の普賢殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406658

  • 2021年08月23日
    (2)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の文殊殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406603

  • 2021年08月23日
    (5)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺山門前の獅子。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410357

  • 2021年08月23日
    (13)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410412

  • 2021年08月23日
    (7)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門(裏側)。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410327

  • 2021年08月23日
    (1)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の鐘楼。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406576

  • 2021年08月23日
    (15)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の梅。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406671

  • 2021年08月23日
    (9)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の地蔵菩薩銅像。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406672

  • 2021年08月23日
    (14)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の大雄宝殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406677

  • 2021年08月23日
    (12)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406657

  • 2021年08月23日
    (11)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺法堂前庭の梅。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406643

  • 2021年08月23日
    (4)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    唐代転法輪殿跡にある礎石。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406619

  • 1