KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • うしょう
  • 彩文土器
  • 図案
  • アンダーソン
  • スウェーデン
  • 中心
  • 分布
  • 判断

「文彩」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて
    2019年10月07日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    7日、西夏博物館の新館に展示された1998年に西夏王陵遺跡3号陵の西側の碑亭遺跡から出土した「西夏文彩絵描金雲竜紋灰砂岩残碑」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003219

  •  (7)鄭州博物館で黄河流域の文化財を紹介する展覧会河南省
    2021年05月08日
    (7)鄭州博物館で黄河流域の文化財を紹介する展覧会河南省

    4月30日、鄭州博物館の新館で展示された青海省博物館所蔵の「舞踏文彩陶盆」。中国河南省鄭州市の鄭州博物館新館で4月30日から、黄河流域の文化財を紹介する展覧会「黄河珍宝-黄河流域9省・自治区文物精品展」が開かれている。会場には、16の文化機関・博物館が所蔵する文化財を含む貴重な品々計42点(組)が展示されている。会期は6月1日まで。(鄭州=新華社記者/李文哲)= 配信日: 2021(令和3)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050804887

  •  (13)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市
    2021年11月01日
    (13)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市

    廟底溝仰韶文化博物館で展示されている月牙文彩陶罐。(10月17日撮影)中国河南省三門峡市でこのほど、廟底溝(びょうていこう)仰韶(ぎょうしょう)文化博物館がオープンした。新石器時代・仰韶文化の廟底溝遺跡に建てられたテーマ博物館で、中原地域(黄河中・下流域)の先住民が生産や生活に用いた道具など4千点近くを展示する。7割以上の展示品は近年実施された発掘調査の最新成果で、彩陶土器は数が多く、種類も充実しており、先史時代の人々の生活を生き生きと伝えている。10月18日の第3回中国考古学大会開幕式で発表された「百年百大考古発見」の最終審査結果には同遺跡も選ばれた。(三門峡=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(令和3)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110111890

  •  (14)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市
    2021年11月01日
    (14)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市

    廟底溝仰韶文化博物館で展示されている弧線三角文彩陶盆。(10月17日撮影)中国河南省三門峡市でこのほど、廟底溝(びょうていこう)仰韶(ぎょうしょう)文化博物館がオープンした。新石器時代・仰韶文化の廟底溝遺跡に建てられたテーマ博物館で、中原地域(黄河中・下流域)の先住民が生産や生活に用いた道具など4千点近くを展示する。7割以上の展示品は近年実施された発掘調査の最新成果で、彩陶土器は数が多く、種類も充実しており、先史時代の人々の生活を生き生きと伝えている。10月18日の第3回中国考古学大会開幕式で発表された「百年百大考古発見」の最終審査結果には同遺跡も選ばれた。(三門峡=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(令和3)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110112075

  •  (12)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市
    2021年11月01日
    (12)廟底溝仰韶文化博物館を訪ねて河南省三門峡市

    廟底溝仰韶文化博物館で展示されている単旋文彩陶盆。(10月15日撮影)中国河南省三門峡市でこのほど、廟底溝(びょうていこう)仰韶(ぎょうしょう)文化博物館がオープンした。新石器時代・仰韶文化の廟底溝遺跡に建てられたテーマ博物館で、中原地域(黄河中・下流域)の先住民が生産や生活に用いた道具など4千点近くを展示する。7割以上の展示品は近年実施された発掘調査の最新成果で、彩陶土器は数が多く、種類も充実しており、先史時代の人々の生活を生き生きと伝えている。10月18日の第3回中国考古学大会開幕式で発表された「百年百大考古発見」の最終審査結果には同遺跡も選ばれた。(三門峡=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110111888

  •  (20)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (20)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬廠類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613642

  •  (11)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (11)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の葫蘆網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613621

  •  (8)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (8)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613597

  •  (10)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (10)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613598

  •  (5)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (5)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐(部分)。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613628

  •  (2)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (2)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳壺。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613482

  •  (12)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (12)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613623

  •  (19)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (19)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の網格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613639

  •  (3)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (3)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613492

  •  (1)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (1)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化馬家窯類型の弦文彩陶双耳瓶。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613486

  •  (13)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (13)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の菱格文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613625

  •  (18)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (18)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の四圏漩渦(渦巻)文彩陶双耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613630

  •  (9)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県
    2022年01月26日
    (9)5千年前の馬家窯文化に触れる甘粛省臨洮県

    18日、臨洮県博物館で展示されている馬家窯文化半山類型の鋸歯文彩陶単耳罐。中国甘粛省定西市臨洮(りんとう)県にある馬家窯遺跡は、1924年にスウェーデンの地質学者・考古学者のアンダーソンが初めて発掘し、甘粛仰韶(ぎょうしょう)文化と名付けた。その後、1940年代に同遺跡を調査した中国の考古学者、夏鼐(か・だい)は、同文化が独自の文化類型に属すると判断し、文化名称を馬家窯文化に改めた。馬家窯文化は5千年余り前に栄えた文化で、主に甘粛省中西部と青海省東部一帯に分布する。彩陶(彩文土器)が同文化の最も顕著な特徴とされ、発展順序と文化的特徴に基づき馬家窯、半山、馬廠(ばしょう)の三つの類型に分けられる。臨洮県博物館では各類型の彩陶を見ることができる。彩陶の多くはだいだい色で、黒を中心に赤や白などの顔料で彩色が施されている。図案もさまざまで、中国の彩陶芸術の輝かしい成果を代表している。(定西=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012613596

  •  (13)甘粛省博物館で黄河文明の特別展
    2022年06月15日
    (13)甘粛省博物館で黄河文明の特別展

    11日、甘粛省博物館で展示された内彩変体鳥文彩陶碗(左)と葫芦形網文双耳鳥形彩陶壷。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館で11日、「木本水源-黄河流域史前文明展」が開幕した。200点(組)余りの文化財が、黄河文明の活動的な歴史を映し出す。同展は黄河流域の長年の考古学的発見に基づき、彩陶(彩文土器)文様、生産・生活道具、楽舞、集落建築など多様な文化財要素を読み解く。展示品は黄河沿線の甘粛、山東、河南、陝西など各省の博物館から集められた。会期は9月11日まで。(蘭州=新華社記者/何問)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504538

  •  (1)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省
    2022年09月06日
    (1)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省

    4日、中国百年百大考古発見展で展示された幾何魚文彩陶葫芦瓶(きかぎもんさいとうころへい)。中国河南省鄭州市の鄭州博物館で2日、「繁星盈天-中国百年百大考古発見展」が始まった。全国各地の代表的な文化財を集中的に展示する。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090606927

  •  (4)「中国彩陶の里」、文化研究を強化甘粛省臨夏回族自治州
    2022年10月22日
    (4)「中国彩陶の里」、文化研究を強化甘粛省臨夏回族自治州

    臨夏回族自治州博物館に所蔵されている馬家窯文化馬家窯型の星斗弧線文彩陶盆(せいとこせんもんさいとうぼん)。(資料写真)「中国彩陶(彩文土器)の里」として知られる甘粛省臨夏回族自治州でこのほど、臨夏州文物保護研究センター、甘粛省馬家窯(ばかよう)文化研究会臨夏研究基地のプレート除幕式が行われた。研究力を強化して地元の特色ある歴史や文化の保存と伝承を促進することを目的とする。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102209265

  •  (2)「中国彩陶の里」、文化研究を強化甘粛省臨夏回族自治州
    2022年10月22日
    (2)「中国彩陶の里」、文化研究を強化甘粛省臨夏回族自治州

    臨夏回族自治州博物館に所蔵されている馬家窯文化馬家窯型の四圏文彩陶壺(しけんもんさいとうかん)。(資料写真)「中国彩陶(彩文土器)の里」として知られる甘粛省臨夏回族自治州でこのほど、臨夏州文物保護研究センター、甘粛省馬家窯(ばかよう)文化研究会臨夏研究基地のプレート除幕式が行われた。研究力を強化して地元の特色ある歴史や文化の保存と伝承を促進することを目的とする。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102209266

  •  (3)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市
    2023年02月10日
    (3)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市

    9日、孔子博物館「山東文物精品展」で、新石器時代後期・大汶口(だいぶんこう)文化の八角星文彩陶豆(はっかくせいもんさいとうとう、山東省文物考古研究院蔵)を撮影する人。中国山東省曲阜市にある孔子博物館で「山東文物精品展」が開催されている。省内の博物館など10施設が所蔵する文化財100点余りを展示しており、玉器や土器、陶器、青銅器などが含まれる。(曲阜=新華社記者/徐速絵)= 配信日: 2023(令和5)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021005969

  •  (4)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市
    2023年02月10日
    (4)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市

    9日、孔子博物館「山東文物精品展」で展示された新石器時代後期・大汶口(だいぶんこう)文化の雲雷文彩陶釜(うんらいもんさいとうふ、山東省文物考古研究院蔵)。中国山東省曲阜市にある孔子博物館で「山東文物精品展」が開催されている。省内の博物館など10施設が所蔵する文化財100点余りを展示しており、玉器や土器、陶器、青銅器などが含まれる。(曲阜=新華社記者/徐速絵)= 配信日: 2023(令和5)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021005915

  •  (2)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市
    2023年02月10日
    (2)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市

    9日、孔子博物館「山東文物精品展」で展示された新石器時代後期・大汶口(だいぶんこう)文化の八角星文彩陶豆(はっかくせいもんさいとうとう、山東省文物考古研究院蔵)。中国山東省曲阜市にある孔子博物館で「山東文物精品展」が開催されている。省内の博物館など10施設が所蔵する文化財100点余りを展示しており、玉器や土器、陶器、青銅器などが含まれる。(曲阜=新華社記者/徐速絵)= 配信日: 2023(令和5)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021005949

  •  (1)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市
    2023年02月10日
    (1)孔子博物館で「山東文物精品展」山東省曲阜市

    9日、孔子博物館「山東文物精品展」で展示された新石器時代後期・大汶口(だいぶんこう)文化の花弁文彩陶壺(かべんもんさいとうこ、山東省文物考古研究院蔵)。中国山東省曲阜市にある孔子博物館で「山東文物精品展」が開催されている。省内の博物館など10施設が所蔵する文化財100点余りを展示しており、玉器や土器、陶器、青銅器などが含まれる。(曲阜=新華社記者/徐速絵)= 配信日: 2023(令和5)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021005937

  •  (3)ミュージアムグッズ、文化財に新たな息吹甘粛省
    2023年05月23日
    (3)ミュージアムグッズ、文化財に新たな息吹甘粛省

    18日、甘粛省博物館が所蔵する文化財「神人文彩陶壺」(下)と、それをモチーフにした「緑豆糕(緑豆ケーキ)」(上)。(組み合わせ写真)中国甘粛省蘭州市にある甘粛省博物館はここ数年、所蔵文化財資源を活用し「銅奔馬」「駅使図」「彩陶瓶」などの図案を使ったミュージアムグッズを次々と打ち出している。ぬいぐるみやマグネット、食品など「かわいい、きれい、おいしい」を集めた商品をそろえ、文化財に新たな息吹を吹き込むことで、人々にその魅力を伝えている。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2023(令和5)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052308056

  •  (1)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展
    2024年02月28日
    (1)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展

    26日、甘粛省博物館「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」で、来場者に鯢魚文彩陶瓶(げいぎょもんさいとうへい、新石器時代)を説明する解説員(奥)。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館では今年の春節(旧正月)期間、干支(えと)の竜をテーマにした特別展「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」が人気を集めた。竜は時空を超え、自在に姿を変えながら彩陶罐(さいとうかん)や玉の装飾品、磁器などのモチーフとなり、中国の竜文化が持つ歴史の活力と精神性を示してきた。(蘭州=新華社記者/梁軍)= 配信日: 2024(令和6)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024022808413

  •  (5)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展
    2024年02月28日
    (5)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展

    26日、甘粛省博物館「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」で展示された鯢魚文彩陶瓶(げいぎょもんさいとうへい、新石器時代)に施された竜の原型とみられる図案。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館では今年の春節(旧正月)期間、干支(えと)の竜をテーマにした特別展「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」が人気を集めた。竜は時空を超え、自在に姿を変えながら彩陶罐(さいとうかん)や玉の装飾品、磁器などのモチーフとなり、中国の竜文化が持つ歴史の活力と精神性を示してきた。(蘭州=新華社記者/梁軍)= 配信日: 2024(令和6)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024022808442

  • 1