KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 先史時代
  • 土石流
  • 地震
  • 新石器時代
  • 東方
  • 歴史
  • 災害遺構
  • 発生
  • 西寧

「斉家文化」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された4千年前の麺が入った器の写真。研究者は器の中の厚さ約6センチの堆積物から採取したサンプルを分析し、麺の主成分がアワで、少量のキビも含まれていることを明らかにした。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した斉家文化の陶器は主に夾砂褐陶(きょうしゃかっとう)や泥質紅陶、泥質黄陶で、その制作技術は比較的原始的だったという。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102655

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された骨器。ナイフとフォークようなの形をしている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102591

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館の前の広場を歩く人たち。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102559

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102563

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて

    14日、青海喇家国家考古遺跡公園を見学する観光客。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300752

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて

    14日、青海喇家国家考古遺跡公園のVR(バーチャル・リアリティ)コーナーで、VR体験を楽しむ来場者。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300746

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて

    14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300779

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて

    14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300794

  • 1